チキン ガーリック ステーキ レシピ。 ガーリックチキンソテー作り方9選!パリパリジューシー人気レシピ♪

再現レシピ!あの味を家庭で!ガストのチキンガーリック編

チキン ガーリック ステーキ レシピ

この記事の目次• 基本のチキンソテーの焼き方 まずはチキンソテーの基本的な作り方をご紹介します。 ただ焼くだけでしょ?と思いがちですが、ひと手間ふた手間加えることで驚くほど美味しい仕上がりになりますよ! <用意するもの>• 鶏もも肉 切らずにそのまま 200g~300g• サラダ油 適量• バター 適量• にんにく 1片• ローズマリーやハーブ、パセリなどお好みのスパイス 適量 <作り方>• 冷たいまま焼いてしまうと仕上がりが上手くいかないので、このポイントはかならず抑えてくださいね。 フライパンに油をひきます。 その上に鶏肉を皮の面を下にして焼いていきます• 弱火で火をつけて焼いていきます• 肉が縮まったり反り返ったりするのを防ぐため、時おり肉を上から押さえて焼いていきます• 大きめのフライや取っ手のついた平たな蓋などで行うとよいでしょう• 焼けている途中で何度か、皮の下面に油を注いで焦げ付きを防ぎましょう• ある程度焼けたら皮の色を確認します• 全体的にコンガリときつね色になってきたら弱火からやや中火に火力を強めましょう• 出てきた油をスプーンですくい、肉の上にかけます• 何度かこの作業を繰り返します。 (最低でも3分間ほど)• 全体的に見て赤い部分が完全に消えているか、竹串などで刺しながら確認しましょう!• 完全に肉に火が通ったら、バターを入れてまんべんなく風味付けを行います• そしてお好みのハーブやスパイスを加えます• 味付けが必要であればこのタイミングで行います。 お塩やコショウ、ソースなどを振りかけましょう。 以上で完成です! 焼き方を工夫しただけでほんとうに皮はせんべいのようにパリパリで、肉汁のたっぷりなチキンソテーが出来上がります。 下準備なども特にいりません! ポイントとしては• 油をきちんと使うこと、何度も温めた油を上からかけること• ぎゅっと押さえながら焼くこと• 焼くのはほとんど皮の面だけでOK! の3点だけです。 味付けや用意する材料も大変シンプルです。 ピンクペッパーを使ったりと、見た目もとってもオシャレですね。 わさびの風味やツンとくるのがたまりません! しかもタレの作り方も簡単ですので、何度でも作りたくなりますね。 ソースの種類も沢山あるので、マンネリになりませんね!クリスマス時期にはピッタリのチキンソテー。

次の

再現レシピ!あの味を家庭で!ガストのチキンガーリック編

チキン ガーリック ステーキ レシピ

Sponsored Link 志麻さん ステーキステーキ&ガーリックライスの材料|きょうの料理 ステーキの材料• 牛ももステーキ肉 2枚• 塩 2つまみ• コショウ 適量 ガーリックライスの材料• にんにく 2片• 温かいご飯お茶碗 2杯分(360g)• 醤油 小さじ1• 塩コショウ 少々 志麻さん ステーキステーキ&ガーリックライスの作り方|きょうの料理• 冷蔵庫に入れていた牛肉は、外にだし室温に15分ほど放置して常温に戻す。 15分後、キッチンペーパーで牛肉から出てきた水気をしっかりと拭き取ります。 水気が残っているとうまみの素である焼き色がつかない上、味も染み込みません。 まな板の上に塩コショウを適量ふり、水気を拭き取った牛肉をのせ、さらに牛肉に塩コショウを全面に まんべんなくすりこみます。 (塩の量は、お肉の量の0. 8%~1%です。 しっかりと塩を振ることがポイントです。 フライパンを加熱し、熱々にしたら塩を振った牛肉を入れ強火で片面1分ずつ焼いて両面に焼き色をつける。 (焼き過ぎると お肉がかたくなるので注意!焼いているときは、お肉を動かさないことがポイントです。 お肉の両面に焼き色がついたら、アルミホイルで包んで5分ほど待ち肉汁を落ち着けます。 10分後、アルミホイルをとり、お肉の繊維に対して直角に切り器に盛りつけたら完成。 志麻さん ガーリックライスの作り方• にんにく2片分を薄くスライスします。 お肉を焼いたフライパンで残った油を使い、スライスしたにんにくを入れ火にかけ弱火で香りが出るまで炒めます。 (フライパンを斜めにし油でニンニクを揚げるような感じにする。 にんにくがきつね色になり、香りがたってきたら一旦にんにくを取り出します。 フライパンに温かいご飯お茶碗 2杯分(360g) を入れ中火で炒めます。 油が全体に絡んだら醤油小さじ1を鍋肌にかけ混ぜ合わせ塩コショウ少々で味付けする。 志麻さん オニオンソースの作り方• タマネギ 大 1個を すり下ろします。 熱したフライパンにサラダ油 小さじ1をひき、すりおろしたタマネギ、麺つゆ(濃縮4倍) 大さじ1、水150ml、薄い輪切りにしたレモン 3~4枚を加えて、軽く煮詰める。 仕上げに、黒こしょうをふったら「オニオンソース」の完成。 まとめ 志麻さん流「ステーキ」の作り方のポイントは、 お肉に、いつもより多めの塩をふり、常温で15分ほど置いてお肉の中の余分な水分をしっかりと出します。 牛肉から出てきた水分はキッチンペーパーなどで しっかりと拭き取ることが美味しく仕上げるコツ。 焼く時は強火で熱々にしたフライパンに、水気を拭き取った牛肉を入れ片面1分ずつ動かさず焼き目をつける。 焼きあがったらアルミ箔で包み余熱で火を通すとふっくらジューシーな「ステーキ」に焼きあがります。 お肉を切るときは、肉の繊維に対して直角に切ると繊維が断ち切られてやわらかい食感になります。 是非参考に作ってみてください。

次の

ガーリックチキンソテー作り方9選!パリパリジューシー人気レシピ♪

チキン ガーリック ステーキ レシピ

また余分な皮の脂身は取っておきます。 我が家はヘルシオで焼きますが、フライパンの方は皮を下にし、焼いていってください。 焼いたチキンにかけて、できあがり~! クリームチーズやとろけるチーズをかけるのが我が家流。 ガストのチキンガーリックのポイント ニンニクは多目がいいですよ。 きらいでなければ、マル1個使ってしまってもいいです。 チキンは塩麹に漬けるのが、我が家流。 試したことない方は是非お試しを! 安いチキンでも、やわらかい高級なチキンになります。 チキンの脂身は油として使いましたが、油を取ったあとの皮はかりかりなので、サラダなどに入れると いいです。 捨てるところが全くないです。 他には、トマトソースはトマト缶だけでなく、フレッシュなトマトも入れると後味がすっきりとして、そのくせコクのある、 美味しいトマトソースになります。 このソースは多目に作っておいて、翌朝のチーズトーストにしたり、マカロニと合えたりと使い方はたくさんあります。 なんにでも合う、美味しいソースです。 是非、お試しください。

次の