風と木の詩。 風と木の詩風と木の詩/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・少年愛を描いた名作ですが、最後に主人公のジルベールとセルジュは…。 #漫画

風と木の詩 (1) (中公文庫―コミック版)

風と木の詩

きみはわがこずえを鳴らす 風であった 風と木ぎの詩がきこえるか 青春のざわめきがーー おお 思い出すものも あるだろう 自らの青春の ありし日をーー 概要 19世紀末のフランス、アルルのラコンブラード学院の寄宿舎で繰り広げられる、思春期の多感な少年達を中心とする物語。 1976年、『週刊少女コミック』(小学館)第10号から連載開始。 1982年7月号から、連載誌を『プチフラワー』(小学館)に変えて1984年6月号まで連載された。 全2部構成。 第25回小学館漫画賞少年少女部門受賞。 当時としては非常に衝撃的な「を含む少年の」「少年への性的」 「肌の色による差別」といったテーマを織り込んでいたため、作者も本作品を構想してすぐに発表できたわけではなく編集者に却下される時期が続いた(当時はwebでの発表という手段も無かった)。 そこで作者は他のヒット作を出して自身の作家としての発言力を高めるという道を選んで6年の間に実行してやっと商業誌掲載の道を開くという経緯をたどっている。 (参照) 2007年の時点で490万部が出版され、少女漫画としては歴代53位。 は「これからの少女漫画は、風と木の詩以降という言い方で語られることとなるだろう」と語り、は「少女の内界を見事に描いている」と評し、は「少年愛漫画の金字塔」とした。 以上wikiより引用 言わずと知れた界のバイブル的存在。 2chの801板の名無しが「風と木の名無しさん」であるのを見ればこの作品の位置づけがお分かりであろう。 OVAは監督作品。 あらすじ.

次の

風と木の詩風と木の詩/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・少年愛を描いた名作ですが、最後に主人公のジルベールとセルジュは…。 #漫画

風と木の詩

展覧会メインビジュアル 待望の首都圏初開催! 2019年3月2日 土 より川崎市市民ミュージアムにてマンガ家・竹宮惠子の画業50周年を記念する巡回展「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」が開催されます。 川崎市市民ミュージアムは1988年、日本の公立館で初めてマンガ部門を設置したミュージアムです。 退廃的な生活を送る美少年ジルベールと正義感あふれる少年セルジュ。 この二人の主人公を中心に、ラコンブラード学院の寄宿舎で繰り広げられる代表作『風と木の詩』は、少年たちの同性愛、近親相姦、人種差別、虐待などのタブーに正面から取り組み、マンガ界のみならず、芸術表現の新しい扉を開きました。 『風と木の詩』『地球(テラ)へ…』『天馬の血族』などの名作を生み出し、マンガ界を革新・リードしてきたマンガ家・竹宮惠子。 今までに発表したマンガは、のべ180作品、2万6,000ページにもおよびます。 本展の3つの見どころ 『風と木の詩』連載前の設定資料を初公開! 『風と木の詩』クロッキーノート C 竹宮惠子 竹宮惠子が『風と木の詩』の着想を得たのは1970年。 1976年の作品発表までには、少年たちの同性愛、近親相姦、人種差別、虐待など、その衝撃的なテーマによって編集者たちに掲載を拒まれ続ける大きな苦労がありました。 今回の巡回展では、1971年には既に描き上げていた冒頭50ページのコマ割りや、作品の舞台となる19世紀末フランスの建築物や生活道具等を研究したスケッチなど、作家の7年越しの執念と熱き想いが立ち上がってくる数々の貴重な資料を初公開します。 竹宮惠子のトークショー&サイン会、劇場版『地球へ…』の上映会を開催! 会期中に竹宮惠子によるトークショーの開催が決定!画業50年の歩みを語。 るほか、トークショー当日にミュージアムショップで展覧会図録を購入された方のうち先着100名限定で、サイン会を同時開催。 さらに、翌日には劇場版アニメーション『地球へ…』の上映会を行います。 こちらは、今では珍しい35mmフィルムによる上映ということで、当時の雰囲気を感じられる貴重な機会となります。 通常の複製原画と違い、傷や汚れ、描線の濃淡や色彩の階調など微妙な細部まで再現し、原画と並べても見分けがつかない程の精度を持っています。 この研究は、退色のリスクが高い原画を保存し、広く公開することで後進を育てたいという竹宮惠子の思いにより開発されました。 竹宮惠子 徳島県徳島市出身。 1967年、マンガ雑誌「COM」に投稿作品『ここのつの友情』が掲載された後、68年『リンゴの罪』が「週刊マーガレット」新人賞に佳作入選し、正月号にてプロデビュー。 少年愛をテーマとした『風と木の詩』(1976~84年)は人間ドラマの傑作として、その後の少女マンガの世界に大きな影響を与えた。 他に『地球へ・・・』や『天馬の血族』など、幅広いテーマの代表作多数。 第9回星雲賞コミック部門、第25回小学館漫画賞、第41回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。 2014年には紫綬褒章を受章した。 2000年より京都精華大学で教授を勤め、2014年・学長に就任。 2018年に任期満了退任後、現在は京都精華大学大学院研究科教授・国際マンガ研究センター長・日本マンガ学会会長。 多彩な関連イベント トークショー、サイン会の他、多彩な関連イベントが準備されています。 事前申し込みが必要なものもありますので、申し込み方法や開催時間等の詳細は、川崎市市民ミュージアムさまのサイトを必ずご確認下さい。 ベビーカーツアー:3月7日(木)• 竹宮惠子 トークショー「マンガと向き合う50年」:3月9日(土)• 竹宮惠子 サイン会:3月9日(土)• 劇場版アニメーション『地球へ…』上映会:3月10日(日)• 担当学芸員によるギャラリーツアー:4月7日(日) 開催概要 項目 内容 展覧会名 竹宮惠子カレイドスコープ50thAnniversary 会期 2019年3月2日(土)~4月14日(日) 休館日 月曜日、3月22日(金) 開館時間 9:30~17:00 (入場は閉館の30分前まで) 会場 川崎市市民ミュージアム企画展示室1 主催 川崎市市民ミュージアム 協力 新潮社、北九州市漫画ミュージアム 特別協力 トランキライザープロダクト 観覧料• 一般800円(640円)• 65歳以上・大高生600円(480円)• 中学生以下無料• 川崎市市民ミュージアム公式サイトの展覧会ページ.

次の

『風と木の詩』連載前の設定資料も「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」見どころ紹介(川崎市市民ミュージアム)

風と木の詩

(私は白泉社の文庫コミックを全巻持っています。 ) 先日、古本屋でコミックス全17巻が売られているのを見て、ふと疑問に思いました。 コミック版には、文庫漫画にはない竹宮先生の柱トークやオマケ漫画みたいなものが収録されているのかな、と。 文庫コミックでは、全巻、巻末に「解説」ページがあります。 コミックでは、1巻以外は解説がないと思うのですが、それ以外に、原作者の竹宮先生、書き下ろしの風木解説とかコメントみたいな読み物はあるのでしょうか? それとも、せいぜい巻末に扉絵コレクションのようなものがあるだけでしょうか? とても気になったのでご存知の方、教えて下さるとうれしいです。 よろしく願いします。 『風木』に限らず、文庫版コミックは たいてい昔の名作を収録するため、当時のファンの方とかに 思い出とかを書いて貰ったりして新規の読者にアピールしたり または昔の読者への懐古的要素だったりするので。 週刊連載当時の広告スペースにはコミックスでは、 『1/4PAGE』というコラムが入ってました。 学院の制服はこんなの、とかリンゴ酒(セルジュが飲んでましたよね)の話しとか。 これは文庫版でもそのまま収録されてると思います。 ただ、最終巻(もしくは『幸福の鳩』だっけ?)には 『風木』の長い連載を終えての感想だかが収録されていた ように記憶していますが(ここら辺記憶がうっすら…).

次の