2020 ビジター アンケート。 [詐欺サイト]「年間ビジターアンケート」の「当選しました!」系のサイトにだまされないで!

原因は?2020年間ビジターアンケート・ブラウザー意見アンケートはフィッシング詐欺!答えてしまった、入力してしまった方へ

2020 ビジター アンケート

Googleで何かを検索していたら突然いつもと違うページに飛ばされて 「2020年間ビジターアンケート」というサイトに飛ばされたことはありませんか? どうやら、アンケートに答えると 「iPhone11pro」が当たるチャンスをもらえるとのこと。 ぱっと見、詐欺っぽいがブラウザー意見アンケートと書かれており、ロゴがその時使っているブラウザーのロゴになっています。 Safariを使っている人ならSafariのアイコンのロゴが表示され、Google Chromeを使っている人ならChromeのアイコンのロゴが表示されるようになっています。 何も知らない人なら、ここだけで信用してしまい先に進んでしまう可能性があります。 しかし、これは正真正銘の 「フィッシング詐欺」です。 4クリック詐欺なんて呼ばれ方をする時もあります。 突然表示される 2020年間ビジターアンケートは突然表示されます。 何気なく、いつものようにネットを使って調べごとをしたりネットサーフィンをしていると突然なんの前触れもなくやってきます。 実際に僕も、 何気なくネットサーフィンをしていたらいきなり表示されました。 そういう油断をしているときにやってくるので、非常に厄介です。 簡単なアンケートで誘ってくる ページが表示されると、簡単なアンケートに答えるよう誘導されます。 普段ならめんどくさいのでスルーするのですが、アンケートの内容がめちゃめちゃ簡単な内容で4問くらいしかありません。 簡単なアンケートで質問数も少なくしているので、安易にアンケートに答えてしまう人が多いのでしょうね。 ちなみに、僕もその1人でした笑 どんな内容のアンケートなのかというと、1つの質問に対して4択で選択して答えるだけの超簡単アンケートです。 例えば 1つ注意しておくと、当たったと書かれていてもそんな賞品は用意されていないので信用しないでください。 相手はあなたの個人情報が欲しいだけです! 何ももらえないが個人情報だけが抜き取られる アンケート解答後どうなるかと言うと、当選しましたの画面が出ます。 そこで行うこととは、「iPhoneX」や「iPhone11pro」がなんと驚き100円で手に入れられるので 住所を入力し、カード払いで支払うようカード情報の入力をさせられます。 定価を考えたらとんでもない破格で手に入ることになります。 しかし、よく考えてください。 いくらGoogleとはいえそんなことすると思いますか? Apple社が行うキャンペーンやイベントだとしたらまだわかりますが、Googleがそんなことをしてなんのメリットがあるのでしょうか? しかもですよ? それを破格で手に入れるためには、届けるための住所を入力し、 クレジット決算しか対応していないのでカード情報を入力しなければいけません。 しかも、 時間制限付きです。 住所、カード情報を入力するための時間はわずか1分しか用意されていません。 流石に、住所とカード情報を入力するのに1分は無理です。 これはおそらく、時間制限をすることで冷静な判断をさせないようにする企みがあります。 他のことでもそうですが、時間制限をされると人間焦って冷静な判断ができなくなります。 そこをうまく突いてきた手段ですね。 仮に、カード情報まで全て入力を終え確定ボタンを押してもエラー画面が出て決算はできずにカード情報だけが抜き取られています。 つまり、絶対に買うことはできないけど相手に自分のカード情報だけがとたられた!と言うことになります。 カード情報を入力してしまったらどうしたら良いのか? 万が一にもカード情報を入力してしまったなら、 急いでカード会社に連絡をしてカードを止めてもらいましょう。 そうしないと、あなたのカードを不正に使われ多額の請求だけが自分の元へ来ます。 そうならないためにも、カードはすぐに止めましょう。 止めてしまえば、カード情報を盗んだ相手は何もできません。 その後はしっかり専門知識のある方へ相談しましょう! 回避方法 回避方法はいたってシンプルです。 2020年間ビジターアンケートの画面に飛ばされてしまったら、とにかく 何もせずにブラウザーを閉じましょう。 閉じて何もしなければそれ以上は何もありません。 どうしても心配ならば、キャッシュの削除などを行えば大丈夫です。 まとめ 結論を言うと、 「2020年間ビジターアンケート」はフィッシング詐欺です。 ページに飛ばされてしまった場合は、何もせずに閉じることによって回避できます。

次の

2020年間ビジターアンケートとは?答えてしまったらどうする?

2020 ビジター アンケート

こんにちは、あきしゅんです。 下の画面が出てきて... あれ?ラッキーじゃね?iPhoneもらえるじゃん!! ちょっと待ったー!!それフィッシング詐欺だよ、気をつけて! 詐欺!?じゃあiPhoneもらえないの?? 画像出典: はい、もらえません。 これは フィッシング詐欺です。 簡単なアンケート数問に答えるだけでiPhone 11 Proが100円でもらえるという内容。 とてもラッキーなように思えますが、 これは詐欺です。 (2020年1月22日の情報です。 話題の商品に変わります) そんなうまい話あるわけありません。 よく考えたら無料じゃなくて100円というのも怪しい。 カード情報を入力させようとしているんだ これを見た人が引っかからないためにも内容を簡単に載せておきます。 Chrome• Safari• Fire Fox• Microsoft Edge 私のようにテンポよく答えてしまったあなた! 私も アンケートを答えましたが、特に今まで問題は起きてません。 アンケート回答だけで止めたのなら、そのままサイトを閉じましょう! 2020年間ビジターアンケートではiPhoneは手に入らない アンケート4問を回答し終わると 「アンケート答えてくれてありがとう。 Apple iPhone 11 Proが100円で差し上げるよ。 発送するから個人情報いろいろ載せてね」 といった感じで、 個人情報入力へ誘導してきます。 いわゆる フィッシング詐欺です。 気づくのが遅いですが、私はここで怪しいなと思い始めます。 ただ、SNSで他の人が当たった感想が並べられてました。 更新され続けていてるのでホントに景品がもらえるのではと期待もしてました。 怪しいなと思い「2020 年間ビジターアンケート 」で検索。 いろいろな記事が出てきましたが、 景品がもらえるという情報はありませんでした。 古いのだと2018年の記事もあったので、同じ方法で景品を変えてやっているようです。 人間って怖いもの見たさなとこあるので、私はその先の画面に進んでみました。 メールアドレスを入力する画面へ。 オファーの残り時間が「 01分00秒」と要求され、ユーザーを急かしてきます。 私は入力して迷惑メール来るのも嫌だなと思い、ここでサイトを閉じました。 その後、住所や名前といった個人情報を入力するように要求されます。 最後にクレジットカード情報を入力するように要求されるようです。 ここまでで述べたようにこれは フィッシング詐欺です。 しかし、 個人情報を入力さえしなければ問題ありません。 豪華商品に目が眩みそうですし、慌てて個人情報を入力してしまいそうになりますが、我慢です。 ここまでアンケートに回答や情報の入力をしてしまって、心配な方も多いでしょう。 心配な方はお進みください。 再度同サイトにいっても表示はされない 一度ウィンドゥを閉じてからアンケートが表示されたサイトにいったのですが、アンケートは表示されませんでした。 ただ、ネット情報の中には何回サイトに入っても、この記事が表示されるという報告もあります。 何回表示されるされないにしても、とにかく 個人情報は入力しないでください! Q&A このアンケートが出てきて心配な人も多いでしょう。 私も心配になってすごく調べました。 30サイト見てまとめた情報です。 ウイルスに感染したのでしょうか? 感染してません! 「ブラウザー意見アンケート」が表示される仕組みですが、ウェブサイトの改ざんです。 あなたのスマホやパソコンに問題はありません。 アンケート答えてしまった 私のようにアンケート4問勢いよく回答してしまった方! 大丈夫です! 私はこの回答から何ヶ月か経ちますが、迷惑メールだったり、ウイルスに犯されたりと、特に トラブルは起きていません。 メールアドレスを入力してしまった 私は入力していませんので、詳しいその後の詳細は体験しておりません。 ただフィッシング詐欺側からすると、 あなたは警戒力が低いのではとロックオンします。 すると 迷惑メールを送りつけるか、再度フィッシング詐欺を狙ったメールが届くことが考えられます。 特にこれらを気にしないという方は、そのままのメールアドレスで構いません。 気になる・心配という方は新しいメールアドレスに変更しましょう。 クレジットカード情報を入力してしまった 入力すると「エラー」と出ることが確認されています。 2019年と少し過去のものですが例を見つけました。 カード情報を入力し送信した場合は、 ご契約のカード会社に連絡して早急にカードを止めてもらってください。 被害に会う前にすぐに対策をしてください。 2020年間ビジターアンケートまとめ 2020年間ビジターアンケートについて概要から解決策までお話しました。 突然表示されるが、これはフィッシング詐欺• 個人情報を入力しなければウイルスやメールの心配は大丈夫• カード情報を入力してしまったら、早急にカードを止める いかにもラッキーを装って、 個人情報を入力させようとするのはフィッシング詐欺。 他にも、似たような方法で個人情報を手に入れようとしてくることもあるでしょう。 美味しい話には必ず裏があります。 怪しいなと思った時は一度立ち止まり、調べてみてください。 個人情報は信用できる時のみに入力しましょう。 あなたの個人情報はあなた自身が守るのです! 新サービス始めました! もし、同じように回答してしまったという方で心配な方は、下の記事を熟読の上ご相談ください。 電話やメッセージから無料でご相談のります。

次の

2020年間ビジターアンケート!ブラウザー意見アンケート「おめでとうございます」詐欺の詳細と対処法を徹底解説

2020 ビジター アンケート

【目次】• さて改めまして今回の投稿は、「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトの注意喚起に関する投稿になります。 当ブログにおいては、2018年1月に投稿させていただいた「2018 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトに関する注意喚起という投稿テーマについて、記事を記載いたしました。 そこでまずは、以下の「2018 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトの画像を参照してください。 <「2018 年間ビジターアンケート」> 2015年から2017年にかけては、「年次訪問者調査」という名称のフィッシングサイトでしたが、2018年からは「年間ビジターアンケート」という名称のフィッシングサイトに変更されており、2020年においても「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトの名称が継続使用されています。 そこで今回の投稿では、「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトの注意喚起について、記事を記載してまいりたいと思います。 それでは本題に入りましょう。 【スポンサーリンク】 「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトの概要 それでは初めに「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトの概要について記載いたします。 今回の投稿テーマである「2020 年間ビジターアンケート」については、当ブログ管理人が使用するパソコンの「Google Chrome」からバイクパーツのインターネット検索を行った際に、検索結果に表示されていたWebサイトにアクセスする際に「2020 年間ビジターアンケート」のサイト画面にリダイレクトされるという一連の流れでした。 それでは「2020 年間ビジターアンケート」のWebサイト画面について、実際に当ブログ管理人が画面内をクリックした様子を記載していきます。 まずは「2020 年間ビジターアンケート」のトップページ画面になります。 そして「2018 年間ビジターアンケート」のトップページ画面では、画面内のアンケートに答えると「iPhone 7」が当たるという名目でアクセスしたユーザーにアンケートへの回答を求めていましたが、「2020 年間ビジターアンケート」のトップページ画面においては、「iPhone 11」が当たるという名目でアクセスしたユーザーにアンケートへの回答を求めるというメッセージに変化しています。 次に「2018 年間ビジターアンケート」の質問が開始されますが、質問自体は「2018 年間ビジターアンケート」と同様に 「Chromeをどれくらいの頻度で使いますか」という質問項目が表示されています。 次に「2018 年間ビジターアンケート」と同様に 「以前のバージョンのChromeをどれくらい満足していますか」という質問項目が表示されています。 次に「2018 年間ビジターアンケート」と同様に 「他に使うブラウザは」という質問項目が表示されています。 次に 「どれくらいの頻度でインターネットを利用しますか」という質問項目が表示されています。 次に全てのアンケートに回答すると、アンケートに回答に対するお礼として、「iPhone 11」を期間限定で格安に入手することができるという画面が表示されます。 そして上記画面の 「ここをクリック」という項目をクリックすることにより、以下のように「iPhone 11」を入手するための個人情報を入力する画面が表示されるというわけです。 <個人情報を入力する画面> このように「2020 年間ビジターアンケート」については、「2018 年間ビジターアンケート」と同様に、「2020 年間ビジターアンケート」の画面にリダイレクトされたユーザーが使用するWebブラウザに応じて、アンケートの質問項目を表示することにより、最終的にアンケートの回答に対するお礼と称した「iPhone 11」を入手するための個人情報を入力する画面に誘導して、ユーザーの個人情報を搾取するという目的のフィッシングサイトになります。 当記事を参照されている皆様におかれましては、このようなフィッシングサイトに騙されることがないようにご注意ください。 「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトの概要に関する記載は以上です。 「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトが表示される場合の原因 それでは次に「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトが表示される場合の原因ついて記載いたします。 インターネットを利用するユーザーがWebサイトにアクセスした際に「2020 年間ビジターアンケート」のようなフィッシングサイトにリダイレクトされる原因としては、Webサイトの改ざんを挙げることができます。 そこでまずは、以下のWebサイトの改ざん事例の画像を参照してください。 <「youtuber-encyclopedia[. ]com」> 1、リダイレクト前 2、リダイレクト後 この画像は2018年1月に投稿した「2018 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトに関する注意喚起の過去記事の中で記載する画像になりますが、「Yahoo! 」の検索結果画面を経由して「youtuber-encyclopedia[. ]com」というWebサイトにアクセスする場合に、「youtuber-encyclopedia[. ]com」というWebサイトに記載されている「meta refresh」というタグにより、「2018 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトにリダイレクトされています。 つまりインターネット上に存在するWebサイトに脆弱性などが存在する場合に、悪意ある第三者がWebサイトを改ざんして不正なスクリプトを埋め込むにより、Webサイトにアクセスするユーザーを「2020 年間ビジターアンケート」のようなフィッシングサイトに転送するというわけです。 それから次に「2020 年間ビジターアンケート」のようなフィッシングサイトにリダイレクトされる原因として挙げることができるのは、いわゆる「SEOポイズニング」と呼ばれる攻撃手法です。 まずは以下の「Yahoo! 」の検索結果画面の画像を参照してください。 <「Yahoo! 」の検索結果画面> このように「SEOポイズニング」と呼ばれる攻撃手法については、あらかじめ不正なスクリプトなどを仕組んでいるWebサイトをキーワードによってインターネット検索サイトに上位表示させることにより、アクセスするユーザーを不正なWebサイトに誘導するなどの攻撃手法を意味します。 つまり悪意ある第三者が不正なWebサイトを特定のキーワードでインターネット検索サイトに上位表示させることにより、Webサイトにアクセスするユーザーを「2020 年間ビジターアンケート」のようなフィッシングサイトに転送するというわけです。 そして残念ながら、通常のWebサイトを悪意ある第三者が不正改ざんする事例にせよ、「SEOポイズニング」と呼ばれる攻撃手法にせよ、インターネットを利用するユーザー側では防ぐことが難しいという側面があります。 「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトが表示される場合の原因に関する記載は以上です。 「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトが表示される場合の対策方法 1、【Webサイト運営者】 それでは次に「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトが表示される場合の対策方法について記載いたします。 まずはWebサイト運営者が行うべき対策方法について記載します。 前項で記載するように「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトが表示される場合の原因としては、Webサイトの脆弱性に起因する不正改ざんを挙げることができます。 そのためインターネット上でWebサイトを開設する運営者については、以下のようなセキュリティ対策を必ず実施するようにしてください。 <Webサイト運営者が行うべきセキュリティ対策> 1、Webサイトに利用する「Wordpress」などの「CMS」や「CMS」で利用できるプラグインを最新の状態にする 2、Webサイトのデータを定期的にバックアップしてから、万一の場合にはWebサイトのデータを復元できる環境を整えておく 3、Webサイトに利用するWebサーバーに自分で設置したファイルがないか、またはWebサイトのデータファイルに不審なスクリプトなどが記載されてないかなどを定期的に確認する 特に「Wordpress」などの「CMS」や「CMS」で利用できるプラグインを最新の状態にすることやWebサイトのデータを定期的にバックアップしてから、万一の場合にはWebサイトのデータを復元できる環境を整えるというセキュリティ対策については、非常に重要なセキュリティ対策となるために、Webサイトにアクセスするユーザーを守る意味でも、必ず実行するようにしましょう。 なおWebサイトに利用する「CMS」が「Wordpress」の場合には、以下の「Wordpress」のセキュリティ対策に関する過去記事を参照してください。 <「Wordpress」のセキュリティ対策に関する過去記事> 1、URL ・ Webサイト運営者が行うべき対策方法に関する記載は以上です。 2、【インターネットユーザー】 それでは次にインターネットユーザーが行うべき対策方法について記載いたします。 先に記載するように通常のWebサイトを悪意ある第三者が不正改ざんする事例にせよ、「SEOポイズニング」と呼ばれる攻撃手法にせよ、インターネットを利用するユーザー側では防ぐことが難しいという側面があります。 しかしながらWebサイトにアクセスするユーザーにおいても、ユーザー自身のインターネット環境を守るために、以下のようなセキュリティ対策を必ず実施するようにしてください。 <Webサイトにアクセスするユーザーが行うべきセキュリティ対策> 1、ユーザーが使用する「Windows OS」などの基本ソフトウェアを最新の状態にする 2、Web保護機能を実装するセキュリティソフトを導入して最新の状態にする 特に当ブログにアクセスされる皆様におかれましては、「Windows OS」を使用するユーザーが多いと思われますが、「Windows Update」を必ず実行して「Windows OS」を最新の状態にすること、または「Windows OS」に対応するセキュリティソフトを導入して最新の状態にすることを忘れずに行ってください。 それから次に今回の投稿テーマである「2020 年間ビジターアンケート」にアクセスした際の対応方法ですが、Webブラウザの「2020 年間ビジターアンケート」が表示されているタブを閉じてしまえば問題ありません。 そしてお使いのWebブラウザで「2020 年間ビジターアンケート」にアクセスしただけでは、特にユーザーのインターネット環境にリスクがあるというわけではないのでご安心してください。 またお使いのWebブラウザで「2020 年間ビジターアンケート」が表示されているタブを閉じただけでは不安ということであれば、以下のWebブラウザのキャッシュを削除する方法に関する過去記事を参照してから、お使いのWebブラウザのキャッシュを削除するようにお願いいたします。 <Webブラウザのキャッシュを削除する方法に関する過去記事> 1、URL ・ 「2020 年間ビジターアンケート」というフィッシングサイトが表示される場合の対策方法に関する記載は以上です。 あとがき さて今回の投稿は以上となります。 今回の投稿で記載する記事以外のフィッシングサイトの対策方法に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下のフィッシングサイトの対策方法に関連する記事のまとめを参照してください。 <フィッシングサイトの対策方法に関連する記事のまとめ> 1、URL ・ それでは以上です。 【全カテゴリーの人気記事】.

次の