世帯 主 と は 一人暮らし。 世帯主の意味とは? 一人暮らしのときは住民票の項目にどう書くべき?

世帯主の意味とは?「一人暮らし」「同棲」では誰?世帯主は2人でもOK?

世帯 主 と は 一人暮らし

「世帯」および「世帯主」とは? まず、そもそも「世帯」や「世帯主」とは何か?というところから説明いたしますが、 世帯とは「 生計を同じくするものの集団」と定義されており、 世帯主とは、その世帯という集団の中の代表者のことです。 例えば父、母、子の3人暮らしで、父が主な収入を得て生計を立てているという場合には、基本的にはその父が世帯主として登録されていることになるかと思います。 それに加えて祖父母なども同居されている場合には、世帯主が祖父になっている可能性もありますので、誰が世帯主かというのはよく確認しておきましょう。 (親御さんに聞けばわかるかと思いますが、住民票をとれば確実に記載がありますので間違いありません。 ) 学生で一人暮らしの場合の世帯主は「住民票」を移したかどうかで決まります。 例えばあなたが大学生となり、父と母とあなたの3人暮らしの世帯から1人離れ、別の住所で一人暮らしをすることになった場合、 転出届と転入届の提出を済ませ、住民票を移している場合には、新住所の世帯主は あなた自身になります。 この転出届と転入届の手続きをした覚えがないという場合、あなたの住民票の情報は実家の世帯の情報のままになっていますので、実際に世帯主を記入するような書類を作成される場合には、 住所欄 世帯主の欄 続柄の欄 実家の住所 実家の世帯主(通常父親) 父親か母親が世帯主の場合「子」と記入 というように、実家の住所や世帯主、そしてその世帯主から見たあなたの立場を続柄に書くことになります。 具体的な例を挙げると、例えば一人暮らし中にアルバイトなどをされる場合にそういった世帯主や続柄を記入する書類を作成されるかと思いますが、住民票を移していない場合にはそのご実家の住所や世帯主などの情報を記入するということです。 (住民票を移している場合はあなた自身が世帯主であり、続柄には「本人」と記入します。 ) スポンサードリンク 学生の一人暮らしの場合、住民票を移す必要がないケースもあります。 もし一人暮らしをされる場合には、原則として先ほど説明した転出届や転入届による住民票の移動が必要となり、期限を過ぎてもその手続きが行われていない場合には、5万円以下の過料の支払いを命じられるような場合もあります。 しかし、例えば 学生の場合で、もしもその学校を卒業後に再び実家に戻るという風に決めている場合には、例外として住民票を移さなくても良いということになっています。 すなわち、新住所にずっと住むというわけではなく、あくまで生活の拠点はご実家であると決めている場合には、住民票をわざわざ移す必要はありません。 学生に限らず、例えば転勤で1年以内にまた元の住所に戻るということが分かっているような場合にも住民票を新住所の方に移す必要はありません。 つまり住民票に記載されているべき住所とは、あなたの 生活の拠点となるべき場所の住所であり、それは現在主に暮らしている場所ではなくても大丈夫ということです。 ただ、生活の拠点を実家にしておくと決めたものの、もしも学生を卒業した後にやはりご実家には戻らずに新住所に住むということになった場合には、住民票を移すようにしましょう。 また、現時点ですでに引っ越しからしばらく経っており、住民票を移したいという場合には、やはり転出届と転入届の提出を行い住民票を移しましょう。 5万円以下の過料が取られる可能性があると言いましたが、よほどのことが無ければ役所の方も融通を聞かせて適切に処理をしてくれます。 まとめ 今回の記事では、学生の一人暮らしの場合、 世帯主は誰になるのかという部分について詳しくまとめました。 ちなみに私も大学と大学院に通うために6年間一人暮らしをしていたのですが、その間の住民票は実家にしてありました。 ただ、卒業後にやはり一人暮らしの方の住所にそのまま住むことになったため、転出届、転入届の手続きを行い住民票を移動させました。 実際に手続きを行われる場合には、転出届を提出した際に「 転出証明書」という書類をもらうことになるため、その転出証明書と転入届をもって新しい住所の役所で所定の手続きを行うことになります。 (転出届、転入届は役所においてありますので、その場で記入することになるかと思います。 ) また「世帯主」及び「続柄」の記入の際になんと記入したら良いのかわからないという方もいると思うのですが、 もしも父か母が世帯主の場合には、 あなたの続柄は「子」となります。 ただし、もしもあなたの祖父か祖母が世帯主の場合には、 続柄の欄には「 子の子」と記入することになっているため、「孫」と記入しないようにご注意ください。

次の

一人暮らし・自立の支援! 精神障害者が世帯主になるとメリットも!

世帯 主 と は 一人暮らし

賃貸アパートの世帯主は誰? 状況別に解説! アパート暮らしを続ける中で、今住んでいる物件の「世帯主」は誰なのか困ったことはないだろうか。 本記事では、賃貸アパートの世帯主は誰になるのかということと、公的書類などにある「世帯主」「続柄」欄には誰の名前を書くべきなのかについて、場合別に説明する。 賃貸アパートの世帯主。 どうやって決まる?世帯主は「住民票」が基準となって決まる 世帯と世帯主について、法律では明確に決まっていない。 ただ、厚生労働省が毎年行っている「国民生活基礎調査」で定義されているので紹介しよう。 二世帯住宅やシェアハウスなどの例を考えると分かりやすい。 そして、住民票は世帯ごとに作られているので、住民票の「世帯主」欄を確認することで、世帯主は特定できる。 「物件を借りる際、自分が契約者となったのだから、世帯主は自分だろう」と考えてはいけない。 賃貸アパートを借りるときに契約者として自分の名前を書いていたとしても、世帯主が誰になるかは住民票が基準となって決まるので影響されないことに注意しよう。 一人暮らしの場合の世帯主は「住民票を移しているかどうか」で判断 大学生や単身赴任など、実家が別にあって一人暮らしをしている場合は、世帯主は、住民票をそのアパートに移しているかどうかで決まる。 住民票の扱いによって世帯主はどうなるかを見ていこう。 一人暮らしの場合は住民票を移しているかどうかで世帯主を判断する住民票を賃貸アパートに移した場合 一人暮らしを開始する際に住民票をアパートに移した場合、その物件には一人しか暮らしていないのだから世帯主は自分自身だ。 公的書類などに「世帯主との続柄」を書く場合、「本人」と記載すればよい。 住民票を実家のままにしている場合 一人暮らしをしていても、住民票を移さずに実家の住所のままにしている場合、実家の世帯主がそのアパートの世帯主となる。 実家の住民票を見てみれば正確に確認できるが、実家で主に生計を支えている人、つまり収入が多い人が世帯主となっている場合が多い。 学生なら実家の父親または母親という場合が多いだろう。 また、単身赴任の社会人の場合も同様に住民票の記載に従うこととなり、世帯主は自分または配偶者となる場合が多いだろう。 書類に住所と世帯主を書く場合、親が世帯主なら世帯主との続柄は「長男」「長女」などとなるし、配偶者が世帯主の場合は、「夫」「妻」となる。 同棲カップルの場合、世帯主の決め方は3パターン 話が少し複雑になるのが、賃貸アパートに「同棲」、つまり、未婚のカップルが二人暮らしをする場合だ。 世帯主の以下のパターンが考えられるので、順番に見ていきたい。 双方とも別々に住民票を作成し、自分を世帯主とすればよい。 未婚カップルの同棲の場合、同じ物件に住んでいてもそれぞれに収入があり、生計は別という場合も多い。 それぞれが独立した世帯主として考えることができるのだ。 この場合、お互いに一人だけの世帯を構成することになる。 書類などの世帯主との続柄欄には、二人とも「本人」と書けばよい。 こうしておくと、勤務先へ住民票を提出する場合や、書類にアパートの住所と世帯主を書く際にも、同棲していることが勤務先に伝わらずに済むというメリットもある。 ただし賃貸契約を行う際には、不動産会社には二人で暮らすことをきちんと伝えなければならない。 賃貸契約の際に交わす重要事項説明書や契約書などの書類では、「入居者数は一人」「二人入居不可」などと明示されている場合が多い。 一人で暮らすという契約にしておいて、こっそり二人で暮らすということになると契約違反となり、最悪の場合は退去を余儀なくされてしまう可能性もあるので十分注意したい。 その場合は、アパートの世帯主をどちらか一人にして、もう一人を「未届の妻(夫)」または「同居人」として届け出ることとなる。 この場合、世帯主との続柄には、届出を行った内容のまま「未届の妻(夫)」または「同居人」とすればよい。 住民票を1つにするメリットは主に2点。 生計を一にしている証明となり、健康保険や公的年金の扶養対象にできることと、委任状なしでお互いの住民票を取得可能となることだ。 一方でデメリットもある。 もし同棲を解消した場合、世帯主だった方の引越し先が同一の市区町村内だと、住民票に相手の名前が残ってしまう。 同じ市区町村内での転居では新たな住民票が作成されず、住民票に上書きされるためだ。 新しいリスクを避けたい場合は、他の方法を取ることをおすすめする。 一人だけ住民票を移す 3つめのパターンは、どちらか一方のみが住民票を移す方法。 どちらか一方は住民票を実家から移さず、もう一方だけが住民票を移してアパートの世帯主となるという場合だ。 同棲するアパートと実家がさほど離れておらず、週に何度も実家に帰っているという「半同棲」の状態なら、実態としてもあまり問題にはならないだろう。 この場合、住民票を移した方の人は、世帯主との続柄に「本人」と書く。 住民票を移さなかった方の人は、自分の属する住民票の世帯主との関係を書くため、親が世帯主なら、世帯主の続柄を「長男」「長女」などとすることとなる。 ただし、生活の基盤が二人で暮らしているアパートの方にあるのであれば、基本的には双方ともに住民票を移すことをすすめる。 アパートの住所と実家の住所が別の自治体なら、住民税を納める先も違う。 生活の実態に合わせ、住民票を移すべきだろう。 友人との同居や「居候」の場合は? 友人との同居や「居候」の場合も、ここまで説明してきた同棲カップルの考え方と同じだ。 生活の拠点となることが明らかなのであれば住民票を移す。 その場合、それぞれ二人が世帯主となることも、友人を世帯主として自身は「同居人」として届け出ることも可能だ。 どちらの場合も、友人宅の賃貸契約において二人以上の入居が認められているかどうかを必ず確認するようにしよう。 友人との同居でも、基本的には住民票を移すべきだ世帯主・続柄は住民票の記載に従えばOK 賃貸アパートの世帯主は誰になるのか、という疑問について一人暮らし・同棲カップル・居候の場合別に説明した。 基本的に、世帯主は住民票の記載に従えばOKだ。 転入届を出して新しく住民票を作る場合は、世帯内で「この人が世帯の物事を中心になって取り計らう」と決めた任意の人を世帯主にできる。 住民票を移さないなら実家の住民票通りの続柄を契約書などの書類に記載すればよい。 世帯主が誰なのかについては、自身の住民票を確認して認識しておこう。

次の

世帯主の意味とは? 一人暮らしのときは住民票の項目にどう書くべき?

世帯 主 と は 一人暮らし

このページの目次• そもそも世帯主変更届と世帯主とは 住民票は普段の生活でも 馴染 なじみのある書類ですが、家族が死亡したら、住民票からは名前が除外されます。 具体的には、死亡届の提出によって故人を住民票から除外することになります。 世帯主変更届 もし亡くなられた家族が世帯主だったなら、 住民票の世帯主欄の氏名を変更しなくてはいけません。 出典: なぜなら、役所は世帯主の氏名や住所を、その世帯への連絡先としているからです。 そのまま世帯主不在では、いろいろ不具合があるので、死亡届の提出に合わせて世帯主を変更します。 この手続きで役所に提出する書類が、 世帯主変更届です。 世帯主変更届を提出することで、世帯員の中から新しく世帯主になる人が決まります。 世帯と世帯主 世帯主の変更について詳しく説明するまえに、まず世帯と世帯主について簡単に説明します。 世帯とは、同居しながら 生活費を共有しているグループのことです。 住民票に記載されている人全員が世帯員として、1つの世帯を構成しています。 単身赴任や学生など、別居していても住民票を移動していなければ同居扱いで1世帯です。 夫婦は、それぞれで生活費を管理していても、同居していれば1世帯です。 世帯主は、一般的にはその 世帯の中心となって活動している人のことで、世帯の代表者です。 ただし、15未満の子供は世帯主になることはできません。 国民健康保険は世帯主に請求される 世帯を代表して、役所からの通知や連絡、請求などを受けとることが世帯主の役割です。 その一例を紹介します。 国民健康保険に加入している世帯は、その保険費用は世帯主に請求されます。 世帯主が未加入でも、世帯員のだれかが国民健康保険に加入しているなら世帯主に請求がいきます。 正当な理由がなくて第二十五条の規定による届出をしない者は、五万円以下の過料に処する。 提出期限を過ぎても、世帯主変更届は受け付けてくれます。 しかし、世帯主変更届に合わせて 届出期間経過通知書(失期届)を提出しなくてはいけません。 遅れた理由を記入し、役所へ提出すれば簡易裁判所へ送られ、裁判所の判断で罰金になるか決定されます。 世帯主変更届の注意事項、必要書類と書き方 世帯主変更届の提出の方法を説明します。 世帯主変更届の提出先 世帯主変更届の提出先は、住民票を登録している市区町村の役所です。 戸籍課、区民課、市民課、住民課など役所ごとに名称は違いますが、戸籍を扱っている窓口に提出します。 役所での手続きに必要なもの 世帯主変更届の手続きには、次のものを持参しなくてはいけません。 認印(シャチハタ不可)• 届出者の本人確認証明書(運転免許証など)• 国民健康保険証(世帯全員分)• 後期高齢者医療被保険者証(世帯全員分) 保険証は、世帯主を変更することで、新しいものを発行してくれます。 死亡届の提出にあわせて、世帯主変更届を提出すれば、何度も役所を往復しなくて済みます。 世帯主変更届の書き方 世帯主変更届の様式は役所ごとに違いますが、ほとんどの役所では 住民異動届の用紙が使われています。 住民異動届は、転居や転入があった場合に提出する届出です。 世帯主を変更するために必要な項目を埋めましょう。 出典: 世帯主変更届の書き方は、氏名、住所、世帯主の変更日などの基本的なことを書くだけなので、難しいことはありません。 親から子供に世帯主を変更する 住民異動届を提出すれば、2世帯を合併することもできます。 その場合、世帯主変更ではなく、世帯合併の項目にチェックを入れます。 2世帯としていた同居の家族が、親が亡くなったことで1つの世帯とするケースなどが考えられます。 親世帯が無収入なら、世帯を合併することで国民健康保険の保険料が上がるので注意。 親から子供に世帯主を変更する場合は、よく検討してからにしましょう。 委任状の記入例 世帯主が死亡した場合、世帯員が世帯主変更届を提出します。 もし世帯員が役所に行けないなら、代理人に任せることもできますが、その場合は 委任状が必要です。 下の書式のように、世帯員の人が記入し押印すれば委任状になります。

次の