九星占術 早見表。 九星早見表

年齢早見表

九星占術 早見表

九星気学とは4000年以上前からアジアを中心にたくさんの人に愛されている占星術で、宇宙を含めた大自然と、私たち人間や事象との関わりを考える学問でもあります。 九星気学には文字どおり、それぞれ個性を持った9つの星が存在します。 「星」という名前がついていますがいわゆる星座の星とは違っています。 それらの星たちと、自然に存在する5つのエレメント「木・火・土・金・水」とが結びついてできたのがこの九星気学です。 自分が持って生まれた運命星によって私たちの性格、仕事、恋愛、運勢などは大きな影響を受けています。 持って生まれた要素を知ることで、過去の出来事を分析できるだけでなく、これからを生きるうえで大きなヒントを得られることでしょう。 占いや占星術には色々なタイプが存在しています。 その中でも、九星気学のベースにある考え方というのが、運は自分で変えることができるということ。 それぞれの星の持つ性質は、一つの要素なのであって、人間の一生のサイクルの中で運命というのは幾度も変化しますし、自分の日々の努力によって流れを変えることだって可能です。 しかるべき時に、必要な行動をすることによって(または、行動をしないことによって)確実に運命の流れをつかみ、実生活に取り入れてこそ、九星気学は活きてきます。 生きて行く上で、何か壁に直面した時、自分や他人を責めるのではなく、その現象が起こった原因や自分の心の内側を見つめる作業をしてみませんか? 目 次• 九星気学の本命星とは 本命星とは、その人の生まれた年(西暦、または和暦)から導き出す星です。 本命星は、個人の基本的な性質や、宿命を教えてくれるもの。 特に 成人以降は本命星の影響を強く受けて、人生を歩むことになるでしょう。 本命星と月命星を早見表で調べ、後述の自分の星から相性や性格などを詳しく見ることができます。 本命星早見表(西暦) 九星気学の計算方法 本命星の計算方法 九星気学では、生まれた年や月の気を9つに分類して、特徴を説明します。 方法は簡単です。 現在の1月1日からの暦とは違い、旧暦を基準としますから、立春(2月4日頃)から始まり、翌年の節分(2月3日頃)までが一年の周期となります。 九星気学の月命星とは 月命星とは、その人の生まれた月から導き出す星です。 本命星だけだと、同じ年に生まれた人は全て同じ運命ということになってしまいますから、この星を知ることで、対象への深い理解を生むことができるでしょう。 小学校にあがる年頃(5歳、6歳)から成人するまでの主に就学期間に、特に月命星の影響を受けます。 その後の人生においても、基本的な性格や、精神面、恋人や結婚相手に対する関わり方に顕著に表れるでしょう。 生まれた日から、小学校にあがる頃までの幼少期は、特にこの星の影響を受けます。 体を作る大切な時期に当たりますから、その人の基本的な体質を左右するものとなります。 まだ幼い時期ですので、あまり日命星を気にする必要はありません。 成人までは月命星を、その後は本命星を見るようにしましょう。 九星気学の自分の星 人はこの世に生を受けた時、その瞬間の星の運行状況に大きな影響を受けて、生きることになります。 そう言った要素があるというだけで、もちろん自分の力で人生を切り開いて行くことはできます。 ただ、自分がどういった要素を持っているのかを知ることで、もしくは気になる相手が本来持っている性質を知ることで、より効率的に、深い理解が得られることでしょう。 まずは自分の星を知ることから始めましょう。 一白水星 「水」の星、一白水星(いっぱくすいせい)さん。 流れる水のようにエネルギッシュで行動力があり、頭脳明晰でフレキシブル。 温和な性格でたくさんに人から愛されます。 ただ、同じ場所で長いこと留まっているのが苦手。 フットワークの軽さが過ぎると生活は波乱の連続。 周囲からは落ち着きのない人と思われているかも?? 自分の持った要素を知って、自分の人生を切り開いていきましょう。 二黒土星 「大地」の星、二黒土星(じこくどせい)さん。 自他共に認める真面目な性格。 意思が強く忍耐力があり、どっしりと地に足のついた行動で、人から信頼を得やすいでしょう。 この星の人との結婚生活は、安定そのものです。 しかし、意思が強いのも度を越すと「頑固者」認定をされ、周囲と衝突し、物事が思う通り進まないかもしれません。 他を認めることができれば、思いやりの心が育まれ、トラブル回避ができます。 まずは、人がどのような要素を持っているのか、知っていきましょう。 三碧木星 「雷」の星、三碧木星(さんぺきもくせい)さん。 光が暗闇を照らすような明るい性格で、行動力があり、情熱的な性格の持ち主。 恋愛の星と言っても過言ではありません。 100年に一度の恋を何度もすることだってあります。 社交的で多趣味で、人から羨ましがられるスター性のある星ですが、熱しやすくて冷めやすいため、物事は最後までやり通す強い意志や、忍耐力に関しては課題がありそうです。 良いところを伸ばし、課題点は改善できるように、まずは落ち着いて腰をおろし、しっかりと自分を見つめましょう。 四緑木星 「風」の星、四緑木星(しろくもくせい)さん。 束縛を嫌い、自由を愛する平和主義で、繊細な心を持った優しい人です。 向上心と好奇心が強く、物事を深く掘り下げることに長けています。 運気が良い時は良いのですが、一度調子を崩すと、起き上がるのに時間がかかる傾向にあります。 体調が悪い時などは特に、無理は禁物です。 人から影響を受けやすい面があるので、しっかりと自分を確立させましょう。 そのためには、まず自分の身の回りから整理していく作業が必要となりそうです。 五黄土星 「帝(みかど)」の要素を持った五黄土星(ごおうどせい)さん。 頼りになる親分肌で、どっしり構えた気高き貴族のような度胸の持ち主。 仕事では、部下に対して厳しくも愛のある態度で接し、上司や同僚にはハッキリと物申すことのできる強い心と、闘争心を持っています。 頑固者で、一度怒らせると手がつけられませんが、一度心を開くととことん相手を信じ、恩義を尽くします。 しかし人を信じ過ぎるあまり、詐欺などに遭いやすい傾向にありますので注意が必要です。 また、物事を1か100かで考える極端な人が多く、簡単に言えば不器用な性格の人が多い星でしょう。 せっかく持っている素晴らしい要素を活かすために、まずは自分を見つめ直してみましょう。 六白金星 「天」の要素を持った六白金星(ろっぱくきんせい)さん。 気品高き立ち振る舞いで、周囲から一目置かれる存在です。 カリスマ性があり、引き立てられる運命にあるので、人から尊敬を集めます。 プライドが高過ぎるのが玉に瑕ですが、謙虚な心を忘れなければ、人を見下したような態度を取って、ひんしゅくを買うことは少なくなるでしょう。 家庭よりも、社会的活動の方を優先しがちですから、本当に大切なものにはしっかりと優先順位をつけ、改めて考えることが必要です。 ならぬものはならぬのです。 見栄を張らず、素の自分を受け入れることで道が開いてきます。 自分を客観的に見る練習をしていきましょう! 七赤金星 「喜」の要素を持った七赤金星(しちせききんせい)さん。 人生を謳歌することに命をかけている星です。 おしゃべり上手で世渡り上手、新しいもの好きで、そして情報収集力に長けています。 また、楽天的で寛大な性格ですから、自分が人に癒しを与えた分だけ、その果報として、たくさんの人から愛され、賑やかな生活を送ることでしょう。 しかし、楽しいことを求めるあまり、口で言うだけになって無責任さが生じ、物事を深く掘り下げることが得意ではないので、本当の幸せを見失いがちです。 時には自分にとって厳しいこと、苦しいことが、大きな気付きを与えてくれることだってあります。 気付きの第一歩として、自分を客観的に見る練習から始めてみませんか? あと、何事も抜かりないように、ダブルチェックをするクセを付けておきましょう。 八白土星 「山」の要素を持った八白土星(はっぱくどせい)さん。 コロコロと変化する山の天気のような性格で、様々な表情を持っています。 心の中も常に落ち着かず、変化しがちなので、物事をなかなか決められずに優柔不断の刻印を押されてしまいそうです。 選択肢がたくさんあることは良いことですので、自分のためだけではなく、人のためになるにはどうしたら良いかを考えてみると、答えは簡単に出ることもあります。 真面目で実直に仕事をする人が多く、周囲からの信頼は厚いはず。 忍耐力があるので、結婚に大変適した星でもあります。 家庭を第一に考え、身内をとても大事にすることでしょう。 素直で純粋な心の持ち主で、良くも悪くも影響を受けやすいため、不特定多数の人との交流は運気を下げる一因となりそうですので、気を付けましょう。 気になる人がいるなら、盲目にならず、相手のことをよくよく知りましょう。 九紫火星 「火」の要素を持った九紫火星(きゅうしかせい)さん。 一言で言うと「アーティスト」。 燃え上がるように情熱的で、集中力があり天才肌、そして頭脳明晰。 センスフルで華があり、人々から注目を集めるカリスマ性を持っています。 しかしその反面、人からの評価を気にしすぎて、何のために自分は頑張っているのだろう?と言うようなジレンマに陥り、自分の本当の目的を見失いがちです。 常日頃から、物事の本質を見極められるようになりたいものです。 恋愛、結婚、仕事、全てにおいて言えることは、追いかけられるよりも自分が追いかける方が長続きすると言うことです。 運勢や相性など、対象の情報は、できるだけ事前に確認しておきましょう。 大人気占いはこちら!.

次の

九星気学占いでわかる性格と相性【早見表付き】

九星占術 早見表

九星気学とは?運勢と相性を占う 九星気学とは、生年月日とそこから割り出される干支、火・水・土・木・金からなる五行説を組み合わせた占いで、運勢や誰かとの相性、方位の吉凶を知るための占術として生み出されました。 「九星」という字から東洋占星術の一種だと思われがちですが、九星とは星座ではなく9種類に分類されたエネルギー(気)を意味します。 九星気学では、このエネルギーの循環を干支と五行説で読み解くことで、運勢や吉凶、相性を占うのです。 干支とは、天のエネルギーをあらわす「十干」と地のエネルギーをあらわす「十二支」を組み合わせたもので、「甲子(きのえね)」や「丙午(ひのえうま)」など、60通りの組み合わせがあります。 また、五行説とは天地に存在する物体や気体などあらゆるものを構成する「火・水・土・木・金」の5つの要素をあらわすとされ、この五行説に「陰と陽」の考え方、…たとえば、昼と夜、男と女、善と悪、静と動のように、世界には相反する2つの物が存在するという二元論を加え、「陰陽五行説」とも言われています。 十二支と十干をそれぞれ陰陽五行に分類し、それを火・水・土・木・金と循環する形に当てはめた時、良い影響を及ぼす五行同士を「相生」といい、「相性が良い」と同じ意味があります。 また、木と木、金と金のように、同じ属性を「比和」といい、相生と同じように良い影響を与え合う関係です。 一方、お互いに対立し、悪い影響を及ぼすものを「相剋」といい、反発し合う「相性が悪い」組み合わせです。 火・水・土・木・金を均等に円形に並べた時、お互いに隣り合う五行同士は相生となり、お互いに向かい合う五行同士は相剋の関係になります。 古代中国で発祥し、日本に伝来した 九星気学は、古代中国の易経において最古のものといわれる「河図(かと)」「洛書(らくしょ)」からの流れを受け継ぐ、東洋占術の統括的なものと考えられています。 古代中国で発祥し、538年に日本に方位術として伝来。 明治42年に園田真次郎によって気学としてまとめられました。 龍の頭をした馬(龍馬)の体に描かれていた模様とされる河図は、1・3・5・7・9の奇数を天の数、2・4・6・8・10の偶数を地の数として10数図をつくるもので、一般的には「卍(まんじ)」が有名です。 数字の組み合わせが十字架の形となり、キリスト教の文化圏では守護のシンボルとして使われていました。 「八卦(はっけ、はっか)」は、天地自然の事物事象をあらわしているとされる、「乾・兌・離・振・巽・坎・艮・坤」と方位を当てはめ、運勢や吉凶を占いました。 九星気学で使用されている後天定位盤はこの方位盤を参考に作られており、九星気学における方位の吉凶のとらえ方には八卦の影響が色濃く残っています。 本命星、月命星、日命星とは? 九星気学には、本命星、月命星、日命星があり、年齢によって見る星が変わってきます。 それは私たちの運気が絶えず循環して運勢や相性が変化しているためです。 7歳までは日命星、8~18歳の頃は月命星、それ以降は本命星で運気を見て、それぞれの運勢や相性を占っていきます。 運気の循環は年、月、日、時間ごとにめぐっており、運勢や相性が変化していくのです。 その年に満ちている運気を「年の気」、その月に満ちている運気を「月の気」、その日に満ちている運気を「日の気」と呼びます。 私達は気のエネルギーから様々な影響を受け、運勢や相性が定まっていきます。 また、生まれた時に満ちていた気によって、私たちがどんな運命を辿るのかがある程度決まってしまうのです。 そのため、九星気学では生まれた年、月、日が「どんな気に満ちていたのか」を詳細に調べることがその人の運勢や相性を見るために大切な要素となります。 また、本命星のことを「生年精気」、月命星を「生月精気」、日命星を「生日精気」とも呼びます。 九星気学で吉凶を占うには、まず後天定位盤に9つの数字を当てはめ、吉方位、凶方位を左右する九星がどこに位置するかを見て行きます。 方位盤には南、南西、西、西北、北、北東、東、東南の8つの方位と中央に九星が当てはめられています。 方位盤は、私達が普段使う地図とは方位が逆に位置しており、上が南、下が北、右に西、左に東の配置になっています。 また、九星を割り出す場合に生年月日が必要ですが、私達が現在使っている太陽暦の暦と九星気学で使う暦は異なります。 通常、一年は元旦(1月1日)から始まりますが、九星気学では立春(2月4日前後)が1年の始まりとなる旧暦とも呼ばれる太陰太陽暦を使います。 その為、九星を割り出す際は、立春までのあいだは、旧暦では年が明けていないので、年盤表で方位を調べる時は前年のものを見るようにします。 また、月の初めの節日は現在の暦の4~8日になるので、それ以前の日付は前月と考えてください。 凶殺方位とは? 九星気学で導かれる吉凶に凶殺というものがあり、運勢や相性に悪影響を及ぼす方位を凶殺方位といいます。 凶殺方位とは、引っ越しや旅行、買い物、デートなど何か行動する時の運勢が低迷し、必ず悪い結果を招いてしまう方位のことです。 凶方位の怖ろしさは、その影響がすぐに表れるとは限らないというところです。 たとえば、凶方位に引っ越してしまった場合、悪い影響を少しずつ受け続け、引っ越しから何年か経ったあとにとても悪い事があらわれたり、人間関係が徐々に悪化したりするなど、運勢や相性が変化したのを後々実感することもあります。 どうしても凶殺方位に向かわなければいけない場合は、滞在時間を最低限にして速やかに立ち去ることをお勧めします。 また、吉方位と凶方位はひとつの方位に固定されているわけではありません。 九星は、年ごと、月ごと、日ごと、時刻ごとにめぐっていくので、九星が今どの方位に位置しているのかは、年盤、月盤、日盤、時刻盤表を調べて、運勢や相性を知る必要があります。 その人にだけ作用する凶方位は、本命星や月命星の九星が運行する「精気殺」、精気殺の反対側に当たる「対気殺」、本命星や月命星の九星と相剋関係にある九星が運行する「相克方位」があるのですが、凶方位には全ての人にとって共通するものもあります。 それが、方位盤に五黄土星が運航する「五黄殺気」と五黄殺気の反対側に当たる「悪殺気(暗剣殺)」、五行の水と火の強烈な相克関係から生じる「水火殺」、その年・月・日の十二支の反対側に当たる「歳破」「月破」「日破」の6つです。 中でも、強く悪い影響を与えるのが五黄殺気と悪殺気で、九星方位気学では「二大凶方位」と言われています。 凶方位による運勢や相性の悪影響を受けない最善の方法は、何といってもその場に向かわないこと。 事前に自分の凶方位を把握し、運気の低下する方角へは向かわないように心がけましょう。 当サイトで運勢や相性をチェックし、素敵な人生にするためのヒントにして下さい!.

次の

九星気学の本命星がすぐわかる年齢早見表を公開!

九星占術 早見表

九星気学とは? 九星気学とは生年月日を元にして自分がどのような性格なのかを知るツールとなる占いです。 九星気学は神社の暦、本屋さんなどで売っている暦に使用されているものです。 特に九星気学は自分の吉方位・凶方位について知るために使用されるケースが多いです。 九星気学は自分の生まれた年によって自分の性格が分かります。 生まれた年だけで自分の性格が判断されるなんて何か変な感じがするかもしれませんが、地球は自然の一部であり年によって空気が違います。 生まれた瞬間に年代によって違う空気を吸うことによって生まれた年代の特徴を持つ性格になっていくのです。 もちろん生まれた年だけではなく生年月日によって性格は変わってきます。 もっと具体的に性格を知りたい場合は四柱推命や六星占術など生年月日を用いた占いによって性格を詳しく診断していくのです。 六星占術で自分が何星人か、いつが大殺界なのかを知りたい場合はを参考にすると自分が何星人か分かります。 参考: 九星気学で自分の本命星を知る方法・早見表 自分が九星気学において本命星を知る方法・早見表を紹介します。 九星気学は旧暦を基準としています。 旧暦のお正月にあたるのは2月4日になります。 2月4日以前生まれの方は生まれた前年度が自分の星人になります。 1992年2月1日生まれの方でしたら九星気学では1991年生まれの欄を見て九紫火星と分かります。 平年よりも歴が一日多くなる閏年(うるう年)の方は前年度を見ます。 スポンサーリンク 九星気学の性格の特徴 九星気学の性格の特徴を簡単に紹介していきます。 九星気学・八白土星の性格 九星気学のは自分の中にしっかりとした信念を持っていて自分を貫くタイプの人間です。 非常に信念が強い性格で「自分がこれをやる!」と決めた事に対してはどこまででも信念を貫くタイプなので頑固者と思われてしまうケースが多くなります。 ただ八白土星は非常に優しい性格で困っている人がいれば相手の悩み、相談にとことんまでに付き合ってあげる事ができます。 八白土星について詳しく紹介した記事はになります。 スポンサーリンク 九星気学・一白水星の性格 の性格はクールで相手を中心に物事を考える事ができる相手主体の人間です。 そのために一緒に過ごしていているとどこか安心感、自分の話を聞いてくれているような感覚になります。 また一白水星は我慢強い性格です。 非常に忍耐強い性格でどんな困難も何とかして乗り越えようとします。 忍耐強い性格は自分の目標を達成するための大きな手助けになってきます。 恋愛においてはモテますが異性に対して自分の心を開くまでに時間を要してしまう傾向にあります。 一白水星について詳しく紹介した記事はになります。 九星気学・二黒土星の性格 九星気学のの性格はとても真面目で自分の役割を着実に実行してコツコツと努力していく堅実な人間です。 非常に堅実な性格をしていて安定感があります。 ただ二黒土星は堅実すぎる性格は恋愛面でも出てしまいます。 異性に対して積極的にアプローチするのを渋るような性格で恋愛、交際のチャンスを逃しがちになるといった面があります・ 二黒土星について詳しく紹介した記事はになります。 九星気学・三碧木星の性格 九星気学のの性格は非常にエネルギーに溢れ積極的に行動を起こしていく人間です。 若い頃から積極的に行動を起こし物事に対して本気でぶつかっていく性格なので若くして活躍する人が多いのが印象的です。 三碧木星は自分に対して自信を持っているために異性に対する理想も高いです。 自分と釣り合りがとれると思う異性に積極的にアプローチしていきます。 三碧木星について詳しく紹介した記事はになります。 スポンサーリンク 九星気学・四緑木星の性格 九星気学のの性格は穏やかで人当たりが良い性格をしています。 人当たりがよく人の話をよく聞くために好印象を受けやすくそれをきっかけにチャンスを掴む傾向にあります。 ただ人当たりは良い性格ですが優柔不断な面があるために決断力に乏しかったり、異性からアプローチされると断り切れなくて浮気に走ってしまう傾向にあります。 四緑木星について詳しく紹介した記事はになります。 九星気学・五黄土星の性格 九星気学のの性格は自分の信念、自分が絶対に譲れないものは何としても貫くタイプの非常に強い人間です。 誰に何を言われても論理的に説得されても自分が達成したい事はあの手この手を使って成し遂げようとします。 五黄土星についての記事はになります。 スポンサーリンク 九星気学・六白金星の性格 九星気学のは非常にモテます。 人を惹きつけるような雰囲気が出ていて異性からの注目を集めます。 ただ六白金星は恋愛に対しては積極的ではなく相手の気持ちをもてあそぶ面もあります。 六白金星は自分が人生において何をするべきなのかをしっかりと理解している性格なので努力を惜しまない性格なので大きな結果を残す事ができます。 六白金星について詳しく紹介した記事はになります。 九星気学・七赤金星の性格 九星気学のの性格は非常に口がうまい性格です。 口達者で軽快なトークが持ち味で相手を楽しませる事ができるのが特徴です。 営業職は大変向いている仕事です。 七赤金星は恋愛に対しても駆け引き上手で異性の気持ちを掴むのが大変上手です。 そのため異性との関係が切れる事がなくモテますし、多くの異性との関係が続いて浮気、不倫などの不謹慎な恋愛が日常茶飯事といった面があります。 七赤金星について詳しく紹介した記事はになります。 スポンサーリンク 九星気学・九紫火星の性格 九星気学のの性格は感性が強く人が見えないものが見える第六感が見える特徴があります。 人が見えないものが見えるために不思議ちゃんと思われる事が多いですが周囲を惹きつけるでしょう。 九紫火星はイケメン、美女好きが多く異性を外見で選びがちという面があります。 異性を外見で選ぶために恋愛において失敗しやすいです。 ただ特に女性はモテるために失敗しても別の男性を求めていきます。 九紫火星について詳しく解説した記事はになります。 九星気学における相性 九星気学における相性を簡単に紹介していきます。 九星気学・八白土星の相性 九星気学・八白土星と相性が良い星人は八白土星、二黒土星、六白金星、七赤金星、九紫火星になります。 八白土星は信念を持っている性格なのでその姿に力強さを感じる相手との相性がよくなります。 相手が柔らかい雰囲気を持っている相手だと良いでしょう。 九星気学・八白土星と相性が悪い星人は三碧木星、四緑木星になります。 浮気性な面があからさまに出ているタイプとはうまくいきません。 九星気学・八白土星の相性についての記事はになります。 スポンサーリンク 九星気学・一白水星の相性 九星気学・一白水星と相性が良いのは一白水星、三碧木星、四緑木星、七赤金星になります。 一白水星は相手を主体として会話を進めていくタイプの人間です。 そのため押しの強い相手とうまくいく傾向にあります。 お互いの愛情を感じられるタイプも良いですね。 九星気学・一白水星と相性が悪いのは二黒土星、五黄土星、九紫火星です。 一白水星は恋愛に関しては盛り上がるのが遅いので熱しやすく冷めやすい相手とは合いません。 九星気学・一白水星の相性についての記事はになります。 九星気学・二黒土星の相性 九星気学・二黒土星と相性が良いのは八白土星、七赤金星、九紫火星になります。 二黒土星は恋愛に対してあまり積極的な性格ではありません。 そのため二黒土星の慎重な性格をしっかりと理解してくれるタイプが相性が良いです。 九星気学・二黒土星と相性が悪いのは一白水星、二黒土星です。 相手の反応を見て行動するタイプは物事が進展していかない関係になってしまいます。 九星気学・二黒土星の相性についての記事はになります。 スポンサーリンク 九星気学・三碧木星の相性 九星気学・三碧木星と相性が良いのは一白水星、三碧木星、四緑木星です。 四緑木星は何事にも一生懸命に取り組んでいくタイプの人間です。 そのバイタリティ溢れる姿に惹かれる相手とはうまくいきます。 一歩引いてついてきてくれる相手が良いでしょう。 九星気学・三碧木星と相性が悪いのは八白土星、二黒土星、五黄土星、六白金星です。 三碧木星と相性が悪いのは自分をしっかり持っているタイプの人間です。 自分をしっかり持って行動していくタイプの人間とは主導権争いになってしまいます。 九星気学・三碧木星の相性についての記事はになります。 九星気学・四緑木星の相性 九星気学・四緑木星と相性が良いのは八白土星、一白水星、三碧木星、六白金星、九紫火星になります。 四緑木星は人当たりが良く色々な人と話が合います。 そのため相性が良い人が多くなってきます。 優柔不断な面を受け入れて引っ張ってくれる人が相性が良いです。 九星気学・四緑木星と相性が悪いのは二黒土星、五黄土星です。 優柔不断、決断力が乏しいタイプは相性が悪くなってきます。 九星気学・四緑木星の相性についての記事はになります。 スポンサーリンク 九星気学・五黄土星の相性 九星気学・五黄土星と相性が良いのは六白金星、七赤金星、九紫火星です。 五黄土星は自分の信念を強く持っている、持ちすぎている人間です。 それを受け入れてくれる人間とは相性が良くなってきます。 九星気学・五黄土星と相性が悪いのは、八白土星、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星です。 自分をしっかり持っているタイプとは相性が悪くなってきます。 九星気学・五黄土星の相性についての記事はになります。 九星気学・六白金星の相性 九星気学・六白金星と相性が良いのは八白土星、五黄土星です。 自分をしっかり持っていながらも相手を受け入れる事ができるタイプとは相性が良いです。 九星気学・六白金星と相性が悪いのは三碧木星、四緑木星、六白金星、九紫火星になります。 浮気性の人間とは相性が悪くなります。 九星気学・六白金星の相性についての記事はになります。 スポンサーリンク 九星気学・七赤金星の相性 九星気学・七赤金星と相性が良いのは八白土星、一白水星、二黒土星です。 七赤金星は軽快なトークが魅力で人を楽しませる事を得意とする人間です。 会話のテンポが速くしばしば自分ばかり話してしまう傾向があります。 それでもその姿を自分にはない面と捉えてくれる相手とは相性が良いです。 九星気学・七赤金星と相性が悪いのは三碧木星、四緑木星、五黄土星、七赤金星、九紫火星です。 七赤金星は浮気性ですがそれを軽薄だと感じる相手とは相性が悪いです。 表面上は仲良くしていても深くは仲良くなれない関係です。 七赤金星の相性についての記事はになります。 九星気学・九紫火星の相性 九星気学・九紫火星と相性が良いのは八白土星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、九紫火星になります。 九紫火星はプライドが高い人間ですが慎重に色々と考えるタイプで引っ張ってくれる人間を望んでいます。 しっかりと自分の意志を持って人生を歩んでいるタイプとは相性が良いです。 九星気学・九紫火星と相性が悪いのは一白水星、六白金星、七赤金星です。 九紫火星は信念が薄いところがあるのでそれを頼りないと感じるタイプとは相性が悪いです。 九紫火星の相性についての記事はになります。 まとめ ここまで九星気学の早見表・性格・相性について紹介してきました。 占いなんて信じない方もいらっしゃると思います。 ただ人間は大自然の一部であるのを理解すればそこには何らかの法則性ある事を理解できるでしょう。 自分の本命星を知ってよりより人生を送っていきましょう。 最後までお読みありがとうございました。

次の