しみ ほくろ クリニック 熊本。 しみ・ほくろクリニック(熊本県熊本県熊本市中央区下通1丁目7

熊本県

しみ ほくろ クリニック 熊本

予約電話番号: 096-324-2415 皮膚は、身体のかがみ。 あなたの人となりを、あらわしています。 シミ一つにも、体質、紫外線予防の度合い、使っている化粧品、食事や飲酒喫煙などが影響しています。 かよこ・クリニックでは、自分が見たあなた、美容医が見たあなた、他人の目から見たあなたを総合して、ひとり よがりでない、あなたのキレイをいろんな方面から追求していきます。 当院で取り扱う治療のほとんどが、私が実際に体験してお勧めしたいと思ったものです。 美容医療の進化は日進月歩であり、新しい治療法や機械がどんどん開発されています。 自分自身が受けたい施術、使いたい化粧品類を皆様にご紹介できるよう、日々研究しています。 また、診断に基づき、根拠 エビデンス をもって、適切な治療をご提案いたします。 美容に関わることはもちろん、ちょっと聞いてみたいなと疑問に思っていることなど、何でもお気軽にご相談ください。 かよこ・クリニックで一緒に皮膚や体の美容、健康をより増進していきましょう。 また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

次の

しみ・ほくろクリニック(熊本県熊本県熊本市中央区下通1丁目7

しみ ほくろ クリニック 熊本

雑誌広告みてしみほくろクリニックへ 鼻に薄くて小さなホクロ3つ 小さいから気にしていませんでしたが大きく黒くなる前にと思い切りました 予約していったので待ち時間ほとんどなく とにかく先生の話し方が楽し... 雑誌広告みてしみほくろクリニックへ 鼻に薄くて小さなホクロ3つ 小さいから気にしていませんでしたが大きく黒くなる前にと思い切りました 予約していったので待ち時間ほとんどなく とにかく先生の話し方が楽しいです わかりやすく丁寧 先生と話すのがリラックス法になるかもと 男性患者さんも多いようでみなさんクリニックから出てくるときはマスク 私もホクロとってもらったあとは少し赤かったのでマスクしました 麻酔してもらってアッという間に終わり 値段安いのも魅力的です こんなち安いならもっと早くくれば良かったと思ったほど 1週間くらいでほとんど見た目わからないくらいに戻りました 首のホクロが気になってて、病院に電話で予約いれました。 当日は先生のカウンセリング、ホクロのサイズはかり金額をだしてもらい施術しました。 5分もかからず取ることが出来て満足してます。 他の病院では1mm50... 首のホクロが気になってて、病院に電話で予約いれました。 当日は先生のカウンセリング、ホクロのサイズはかり金額をだしてもらい施術しました。 5分もかからず取ることが出来て満足してます。 他の病院では1mm5000円だけど、ここは、1mm1500円で安くお財布に優しいです。 手入れも通院する事なく自分でできるし、次は顔のシミを取りに行きたいと思ってます。 ホクロや、シミで悩んでる方1度カウンセリングオススメします。 随分と悩んだ後にシミ取りに行きました。 というのも、以前、他院でシミ取りをしたことがあるのですが、その際は何度も通わないといけないし、その都度料金がかかり、結局いくら使ったかな?と後から思ったことがあっ... 随分と悩んだ後にシミ取りに行きました。 というのも、以前、他院でシミ取りをしたことがあるのですが、その際は何度も通わないといけないし、その都度料金がかかり、結局いくら使ったかな?と後から思ったことがあったからです。 このクリ二ックは、美容外科ですが、しみ、ほくろの除去を専門に実施しているだけあって1回で除去できて、再発の場合も格安で対応して頂けると聞き、とても良心的だと思いました。 カウンセリング時も、自分の希望や予算を聞かれますが、第3者から見て目立つシミもアドバイスして頂けるし、個人的にはとても気に入りました。 メイクが個人的にとても好きなんですけど、やっぱり素肌が綺麗なのが一番だなと改めて思いました。 残りのシミを除去するか検討中です。 強いて言えば、日曜日も診療していたらなと思います。

次の

しみ・ほくろクリニック~熊本市中央区下通のシミ取り専門機関!

しみ ほくろ クリニック 熊本

また、適切な診断、施術で傷が残らない施術を施します。 傷が残る可能性のある治療は基本的にはお勧めしていません。 価格 1mmにつき2,000円と明朗会計。 適正価格を設定しています。 カウンセリングのみは無料です。 治療時間 希望して頂くと、診察後に直ぐ施術可能。 1個につき施術時間は、わずか数分。 ほとんど1回の施術で除去できます。 一度に数十個のしみやホクロを除去される方も少なくありません。 通院 基本的に通院の必要はありませんので、九州一円はもとより、関西地方、関東地方からも多く来院されています。 アフターケア 術後の診察を含めて、気になる場合はいつでも無料で対応させて頂いています。 クリニックでも拭き取りシート、洗顔等は準備しておりますが、可能でしたら薄化粧で来院頂きますとスムーズにご案内できます。 尚、施術をされた場合は、当日は患部を濡らせませんので、翌日の朝まで、施術箇所により、洗顔、洗髪、入浴等をお待ち頂くことになります。 *当日施術をされるかは診察とカウンセリングを受けられた上で決定して頂いています。 *後日改めて施術のご予約をされても大丈夫です。 *相談のみは無料となっております。 黒アザは、大きなものは色素性母斑といいます。 小さなものはホクロといいますが、青いものから褐色まで、平らなものからイボ状に盛り上がっているものまでさまざまです。 一般に、色の青いものは深く、茶色や黒いものは浅いといえるでしょう。 しかし、一見、ホクロのようにみえても、まったく別なものがあります。 皮膚がんである「悪性黒色腫」、良性ですが大きくなりやすい「基底細胞上皮腫」あるいは「老人性いぼ」などです。 「悪性黒色腫」は、頻度がひじょうに稀なのですが、悪性度が高いので見過ごすと大変です。 ホクロ(とくに盛り上がったもの)は、十年単位で、少しずつ大きくなることが多いので、取るのでしたら早めに取った方が良いでしょう。 大きくなればなるほど、傷跡が残りやすく、費用もかかります。 受診された医療機関で、「取ることが難しい」「切らなくてはだめです」「かなりの傷跡が残ります」「完全になくなるまで4~5回の施術が必要です」と言われたり、まつ毛の生え際・くちびる・鼻の周りにある巨大なホクロなど、難易度の高いものは、ぜひ当院にご相談ください。 最新の医療用レーザーにより、大きなホクロでも1分たらずで取ることが可能です。 ホクロの形状・大きさ・場所・個人差により、傷跡が残ることがあるからです。 ホクロがなくなっても、大きな傷跡が残ったら、なにをやっているかわかりませんね。 一般に、小さなもの・盛り上がっているものほど、きれいに取ることができます。 (意外に思うかもしれませんが、盛り上がっているものは、直径が1cm以上でも、傷跡が残らないことが多いのです) 小さくても色調が青いもの、平らで毛が生えて直径が5mm以上のものは、傷が残りやすいといえます。 体のどの場所にあるのかも関係があります。 一般に、鼻のきわ・下まぶたの周囲・くちびる・眉や頭の有毛部は跡が残りにくく、鼻の頭や人中(上くちびると鼻の間の溝)の近くにあるものは、跡が残りやすいものです。 (皮ふの厚い所はくぼみやすく、人中の周囲は、小さな毛穴がなくなり、白くなったりします)顔以外の場所は、くぼむことは少ないのですが、色が抜けたり、肌目が失われて火傷のあとのようになることがあります。 また、傷跡がふくれやすい人や(肥厚はんこんといいます)、日本人の数十人に一人はいるというケロイド体質の人は、胸の前・下あご・上腕・肩のホクロは、慎重に取る必要があります。 従いまして、ホクロを取る場合は、適当にレーザーをあてたり、液体窒素や電気メス、はてはハサミで切りとればよいというものではありません。 少なくとも、ダーマスコープというホクロの色素を見る器械で、色素の深さを確認し、ホクロのある場所や肌質・体質を慎重に見極めなければなりません。 当院では、傷跡が残るかどうか、残るとしたらどのような傷跡が、何パーセントの割合で残るかを、施術の前に説明し、そのあとで取るかどうか決めていただいています。 手術時間 直径が3mm程度の小さなホクロ・イボの除去には、1つにつき1~2分、1cmを越えるような大きなものでも、3~4分程度です。 一度に50個以上取られる方も多く来院されます。 通院・アフターケア 直径が3mm程度の小さなホクロ・イボの除去後は、基本的に通院は不要です。 5mmを越える大きなものは、1~2度診せに来ていただきます。 場所や色素の深さにより、「塗り薬」「テープやシリコンシートによる圧迫」などのアフターケアを行うことがあります。 かなり大きなシミでも、取る時間は1~2分です。 小さなものは4~5日、直径2cmを超える大きなものは10日間で、新しい皮ふが再生します。 しばらくは、毛細血管の拡張により赤くなりますが、大きさに応じて数か月~1年の経過で、色調が薄くなり跡形もなく消えます。 治った時(4~10日後)から、お化粧ができます。 男性の場合は、赤くなっても比較的目立ちませんので問題ありません。 手術時間 直径が3mm程度の小さなシミ・ソバカスの除去には、1つにつき1~2分、1cmを越えるような大きなものでも、3~4分程度です。 一度に50個以上取られる方も多く来院されます。 通院・アフターケア 直径が3mm程度の小さなシミ・ソバカスの除去後は、基本的に通院は不要です。 5mmを越える大きなものは、1~2度診せに来ていただきます。 場所や色素の深さにより、「塗り薬」によるアフターケアを行うことがあります。 肝臓とは直接関係なく、色と範囲が肝臓に似ているのでそう言われるのです。 原因はまちまちですが、一つには、ほほのあたりを強くマッサージすると、ほほ骨に皮ふが圧迫されて、できやすくなるといわれています。 プロのエステは別として、自分で顔を強くこすらないよう注意が必要です。 この肝斑は、レーザーで取るのが難しく、L-システィンである程度よくなりますのでお試しください。 (当院でも処方しています)詳しくは。 ただ、作用が非常に弱いので、最低でも3年間以上の長期服用が必要です。 肝斑とシミが混合していることも多く、適切な診断と施術が必要になります。

次の