画像 編集 無料。 【無料】Photoshopの代わりに使える画像編集ソフト おすすめ7選

簡単に使える画像編集ツール・ソフト9選|無料から有料まで機能を紹介

画像 編集 無料

画像加工サイト26選 それでは、無料で使える画像加工サイト26選をご紹介します。 加工機能の欄の「基本加工」とは、サイズ変更、切り取り、回転、反転、鮮明度、ハイライト、影、コントラスト、彩度などを指します。 基本的な加工だけでなく、フレームやスタンプを付けることもできます。 AviaryのSDK(ソフトウェア開発キット)を使っているので、画像加工機能はAviaryのものとほとんど同じです。 2016年5月現在、480種類以上のエフェクトを選択できます。 エフェクトは細かくカテゴリー分けされているほか、キーワードを入力して検索することもできるので選びやすいです。 フィルターをかけるといったシンプルな加工から、顔写真を映画のキャラクターや本などに合成するといったおもしろい加工もできます。 今回は、写真を本のカバーに合成してみました。 最初に編集、コラージュ(複数の画像を組み合わせて一枚の画像にする)、デザインのいずれかの項目を選択してから、画像の加工を始められます。 画像編集では、スタンプの種類が豊富で、編集画面の背景色(白か黒)を切り替えられるのも嬉しいです。 また、デザインの項目を選択すると、FacebookやTwitter、Youtubeのカバー画像、ポスター、はがきなど、用途を選択してから画像を加工することもできます。 fotorは、基本的には無料で利用できますが、有料でないと利用できないスタンプやフレーム、エフェクトなどがあります。 加工機能が充実しているので、細かい調整も可能です。 エフェクトやオーバーレイ、フレームの種類が多いのも嬉しいです。 Photoshopに慣れていない人にとっては、最初はとっつきにくいかもしれませんが、覚えてしまえば高度な編集ができます。 パソコンに入っている写真だけでなく、ウェブカメラで撮影した写真を加工することもできます。 画像加工だけでなく、コラージュもできるのは嬉しいです。 また、Designerを選択すると、Facebookやtwitterのカバー画像、名刺、グリーティングカードなどを作ることもできます。 基本的には無料で利用できますが、有料でないと利用できないスタンプやオーバーレイなどがあります。 英語表記のみですが、シンプルな加工画面なので使い方はわかりやすく、加工機能が充実しているのが嬉しいです。 また、Pic Monkeyのユニークな点として、学校や吸血鬼、ハロウィーンなどのテーマを選択し、画像加工をすることができるという点があります。 テーマ選択をすることで、テーマに沿ったスタンプやフォント、フレームなどを選ぶことができます。 例えば、「Santa Land」というテーマを選んだ場合はこのような感じです。 fotoflexerでは、平面のスタンプや文字だけでなく、キラキラ光るアニメーションが付いたものがあるのが特徴的な点です。 fotoflexerは英語のサイトですが、複数の言語に対応しており、トップページの下で言語を日本語に設定すると、日本語の編集画面が出てきます。 Photoshopに慣れていないと、最初はとっつきにくい印象を持つかもしれませんが、一度覚えてしまえば高度な編集ができます。 英語のサイトですが、トップページの下で言語を日本語に設定すると、日本語に変換することができます。 基本的な加工だけでなく、フレーム加工やフィルター加工、アニメや映画のキャラクターや動物などに顔を合成するおもしろい加工などもできます。 また、加工した画像はダウンロードするだけでなく、そのままSNSでシェアすることもできます。 画像編集では、AviaryのSDKを使っているので、加工機能はAviaryのものとほとんど同じです。 コラージュやポスター、Facebookのカバー画像、雑誌の表紙や有名な絵画などの合成写真を作ることができます。 会員登録をしなくても画像加工をすることはできますが、会員登録をしないと利用できないテンプレートがあります。 画像の加工後は、登録などの手間なく画像を保存(JPGまたはPNG)したり、加工した写真をそのまま投稿したりすることもできます。 加工画面の右側にヒストリー(操作履歴)の表示があるので、処理が気に入らなかった際にやり直しやすいのが便利です。 加工できる画像のサイズは、最大長辺1000ピクセルまでです。 おしゃれなフィルターやスタンプ、フレームなどを使って簡単に画像の加工をすることができます。 可愛い加工ができるので、女性に嬉しい画像加工サイトです。 画像のファイルサイズは15MBまで 会員登録がやや面倒ですが、簡単におしゃれでかわいい画像を作ることができるので、一度試してみるのも良いかもしれません。 スタンプやフレームなどの加工はできませんが、基本的な加工をするには十分な画像加工サイトです。 プレビューとオリジナルを切り替えることで、加工した画像と元画像を見比べられるのがとても便利です。 21種類のエフェクトがあり、エフェクトを選んだ後の細かい調整もできます。 また、画像を加工した後は、そのままFacebookやTwitterに投稿することもできます。 編集履歴が表示されるので、気に入らない処理のやり直しも簡単にすぐできます。 また、GIFアニメ、ロゴ、ボタン、QRコードなどを作ることもできます。 Photoshop(有料)の一部機能を無料で使えます。 画像のファイルサイズは16メガピクセルまでで、加工した画像はJPEGで保存できます。 加工画面はシンプルでわかりやすいですが、加工機能は充実しているので細かい調整までできます。 色合いや明るさなどをワンクリックで自動調整し、料理写真を美味しく見せてくれます。 写真加工. 加工機能は、全ツールの一覧リストや人気ツールのリストを見て選ぶことができます。 画像のファイルサイズは50MBまでなので、大きな画像も加工できるのは嬉しいです。 画像加工サイトを活用しよう! 画像加工サイトを使えば、無料で簡単に画像を加工できます。 サイズ変更をはじめ、エフェクトやスタンプ、文字入れなど、充実した加工機能を上手く使うことで、簡単におしゃれな画像やおもしろい画像を作れるのは嬉しいですよね。 便利な画像加工サイトを活用して、素敵なホームページを作ってみてくださいね。

次の

写真切り抜き・画像切り抜きができる無料アプリ5選

画像 編集 無料

この記事は、2016年9月24日に公開された記事を再編集しています。 企業 ブログやSNS投稿など、ビジネスで画像を編集するシーン機会は多くあります。 そのため、Webデザイナーではなくても、簡単な画像編集のスキルは求められることが増えてきました。 パソコンで画像編集をする場合、Photoshopを活用して画像編集を行いますが、作業担当者全員に画像編集ソフトを支給することには限界があるでしょう。 今回は、 デザイナー以外の人でも簡単に操作できる無料の画像編集ソフトをピックアップしてみました。 WindowsとMacでは利用できるソフトが異なる場合もありますので、対応しているかどうかも合わせてチェックしてください。 サービス内容が変更する可能性もありますので最新情報は各サービスサイトでご確認ください。 Photoshopのように加工できる無料の画像編集ソフト 1. 参考: その代わりにPhotoshopの体験版を無料でお試しできます。 Photoshopのような画像編集ができるフリーソフトは多々ありますが、本格的な画像編集をやるならばPhotoshopがおすすめです。 Photoshop体験版で使ってみて、購入を検討するのもアリではないでしょうか。 ただし、Photoshopを購入するとなるとコストがかかります。 「画像編集は少しだけできればいい」という場合は、1ヶ月だけ使ってみて以下で紹介するツールを利用するのも手です。 「そもそもPhotoshopってどんなことができるの?」という方は、以下の記事をチェックしてください。 通常のPhotoshopが月額980円〜なのに対して、こちらは無料で使用できます。 もちろん無料の画像編集ソフトなので、通常のPhotoshopより機能が制限されており、画像はJPEGのみで保存可能です。 また、読み込める画像ファイル形式がJPEG、PSD、RAWのみとなっています。 Photoshop Express Editorは、ブラウザ上で使用可能でインストールの必要がありません。 また、スマホ アプリ版での提供もあります。 「少しだけ画像編集がしたい」という方におすすめの、無料画像編集ソフトです。 またPhotoshop Express Editorには、スマートフォンでも使えるモバイル版 「Photoshop Express」 もあります。 使える機能はほとんど一緒です。 以下の記事でモバイル版の使い方を詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。 FotoFlexer(Web) FotoFlexerは、ブラウザ上で簡単な画像編集が可能なサービスです。 機能は画像のリサイズ・トリミングや回転・反転からコントラスト、カラー調整、ブラシを用いたカラーレタッチなど、豊富な機能が魅力です。 アンドゥやリドゥの機能も付いているため、画像編集に失敗してしまっても安心です。 また、ローカルへの保存だけでなく、SNSへの投稿も行えます。 SUMO Paint(Web) SUMO Paintは、ブラウザ上で画像ファイルを開き画像編集ができるフリーソフトです。 ブラシを使ったレタッチや、真っ白なキャンバスに直接描くこともできます。 レイヤーの機能やフィルタ機能も充実しています。 また、画像の回転や反転、トリミングやリサイズなどもできるため、これ一つで簡単な画像編集が完了します。 過去にいずれかの画像編集ソフトを使用したことある方ならば、操作はスムーズにできるでしょう。 保存はローカルだけでなく、SUMO Paintが提供しているクラウドへの保存も可能なため オンラインストレージとしても機能します。 参考: 5. PIXLR(Web) PIXLRは、3DCGソフトウェアで有名なAUTODESKが提供している画像編集ソフトです。 デスクトップ版や、モバイル版は、ダウンロードしインストールすることで使用可能で、WEB APPSから活用できるブラウザベース版はインストール不要で手軽な画像編集ができます。 基本的な操作としては、下にあるメニューよりツールを選択し操作していきます。 機能も豊富で基本的な画像編集はほぼほぼ行えます。 あらかじめ用意されている素材を貼り付けることや、文字ツールより テキストの挿入も可能です。 また、画像の拡大縮小もゲージのドラッグより行えます。 ブラウザベースの画像編集ツールは動作が重く感じることもありますが、PIXLRは比較的軽く快適に操作できるため使い勝手がいいです。 PIXER. US(Web) 最低限の機能だけ搭載しているブラウザベースでの無料画像編集ツールです。 リサイズやトリミング、回転や反転などの簡単な機能や明るさコントラスト、色調補正など簡単に可能です。 あらかじめ用意されている11個のフィルタもボタン一つで実行できます。 画像編集の中で必要な機能だけが用意されているため軽く動作するのが魅力です。 機能が多く、これ一つでほとんどの画像編集が完結できます。 レイヤー機能やマスクも使用でき、Photoshopとほぼ同様な機能が備わっています。 ブラシも細かく設定でき、フォトレタッチだけでなく着彩などに対しても強みがあります。 GIMPを使いこなせば、他のレタッチソフトが不要となるでしょう。 「GIMP」を使って画像編集する方法は以下の記事で詳しく解説しています。 Paint. net(Win) 初心者でも使いやすいインターフェースが特徴の画像編集ソフトです。 Windowsのみで使用可能です。 各機能のパレットも直感的で操作しやすく、今まで画像編集ソフトを使用したことがない方でも簡単に使いこなせるでしょう。 インターフェースはPhotoshopと近いような感じなので、将来的にPhotoshopを使いたい方の入門編の様な画像編集ソフトです。 上級者向けの仕様になっています。 MacとWindowsだけでなく、LIN UXも対応しており、幅広いプラット フォームで利用可能です。 デザイナーからイラストレーターまで画像を扱う方、すべてに一度は使って欲しいソフトです。 ベジェ曲線や テキストツールなど、他の画像編集ソフトでは物足りないところに強いのもINKSCAPEの特徴でしょう。 INKSCAPEの使い方は以下の記事で詳しく解説しています。 Seashore(Mac) Seashoreは、Macintosh上で動く画像編集ソフトです。 基本的な画像編集からレタッチまでオールインワンで入っています。 アルファチャンネルを直接編集することやブラシの細かい調整、情報パネルなど細かいところまで確認可能です。 6つの基本機能と5つのエフェクトが簡単に利用できます。 画像のトリミングでは、比率をあらかじめ設定することができ、縦横比は保ったままトリミングできます。 画像の回転では、直感操作が可能で、動作が軽いことが評価に繋がりそうです。 エフェクトに関しても基本的なものが備えられており、シャープ化やソフト化、カラーにおいてはセピア色やグレースケールもボタン一つで処理できます。 Photoshop以外の無料画像編集ソフトを試してみよう ブラウザベースで動くものや、ソフトウェアをダウンロードして起動するものまで様々な画像編集ソフトがあり、その多くが無料で利用できます。 Flash Playerの発達により、ブラウザベースでもできることが増え、手軽に画像編集が行えるようになったのは凄いところです。 ソフトウェアの起動時間も短縮したいと考えている方にとっては、とても有効でしょう。 ダウンロードするものに関しても、無料とは思えないくらい機能が豊富です。 Photoshopの代わりとして十分すぎるほど活用できます。 今回紹介したものも数多くある中の一つです。 まず興味があるものから使ってみて、画像編集しやすいソフトを選んでみましょう。 Macの方はこちらもチェック ブログ ブログとは、ホームページの一種です。 運営者はブログシステムに登録し、利用開始をすることで、ホームページ制作のプログラム技術を修得する必要なく、本文のみを投稿しつづければ、公開・表示はおろかページの整理や分類なども効率的に行えるシステムを言います。

次の

無料PDF加工・編集ソフト一覧

画像 編集 無料

写真・画像切り抜きが無料でできるるおすすめアプリ5選 写真切り抜きアプリで自分好みの写真に まだスマートフォンがない時代は、カメラで撮影した写真を切り抜いてアレンジし、アルバムを作る方も沢山いました。 しかし、最近ではデジカメあるいはモバイル端末でデータ化した画像を使うことが多くなり、データ上の編集も身近なものになっています。 ここでは、 写真・画像切り抜きが無料でできる5種類のおすすめ 画像切り抜きアプリをご紹介しましょう。 Part1. 写真や画像切り抜きが無料でできるアプリ5選 1位. 手軽に写真切り抜きできる「背景透過」 消しゴムを使うように必要ない部分の画像を切り取れるアプリです。 撮影した画像の読み込みが済んだら、不要なところをどんどん消していけるので便利。 手動の他にも消す部分をタップして自動的に消してくれる機能が付いています。 これは色同士の境目の部分がはっきりした画像には使いやすい機能です。 仮に消すつもりがなかった部分を消した場合も、すぐ復元できる機能があるので心配は要りません。 合成も可能なアプリ「写真を合成」 画像切り抜きだけでなく、合成作業までこなせるアプリです。 「背景透過」と同一作者が手がけたアプリで、切り取る作業の使い勝手は同じですが、その上に写真合成の機能まで搭載。 切り取った画像をスタンプに登録しておくと、アプリの中でいつでも好きな時に呼び出しできるようになります。 手軽に切り抜きたいなら「Eraser」 取り込まれた写真を「選択エリア」を使ってある程度まで消して、残った部分については手動で消していけるアプリです。 作業自体が非常にシンプルな上に、自動削除の機能の精度も高くなっています。 この他に色の明度および彩度を変える機能も採用され、背景指定で合成することも可能です。 多機能が強みの「合成スタジオ」 こちらも切り取りから合成まで可能なアプリです。 非常に多機能なので様々なことができる点が特徴的。 切り取り機能に関しては、自動削除または消しゴムを用いながら不要部分を消すことができます。 なお、プロ版では切り取りが済んだ写真は縁取りを入れたり、周囲に透かしが入れられ、よりナチュラルに仕上げたい場合に適しています。 レイヤー機能で、切り取った画像を重ね合わせることも可能。 高度な自動削除機能が特徴の「背景透明」 「合成スタジオと同一会社のアプリですが、 画像切り抜きだけできるのがこちらです。 「背景透明」では不要な部分を自動で削除する機能の精度が非常に高い点が特徴。 複雑な形の被写体も、簡単かつスピーディに切り抜くことができます。 このアプリも、切り取った写真の周りに透かしをプラスできるので、自然な切り取り写真が完成します。 Part2. 画像切り抜きができるおすすめのソフト -Fotophire ご紹介した5種類アプリは確かに便利ですが、やはり切抜き処理を行うならパソコン上で作業を行えた方が便利です。 そこでおすすめなのが、現時点においてwindows版のみ対応の「」です。 画像切り抜きたい場合におすすめなものをいくつかご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 画像を単純に切り取るだけであれば、ここでご紹介したアプリを使うと上手に加工ができます。 しかし、使い勝手を考えるならwindowsで使える「」を用意しておくと、画像の切り取りやその他の編集もできるので、行事の記念や旅の思い出作りにも役立つでしょう。 試用期間は7日間用意されており、使い勝手を確かめられる点もメリットと言えるでしょう。 このソフトを活用する大きなメリットは、 切抜きをはじめとする画像加工処理が、何回かのクリックで終わってしまうこと。 用意されている機能の一つである 「フォトカッター」は、写真内で必要な部分を適切に取り出し、別の背景に合成することも簡単にできます。 しかもチュートリアルが用意されていますので、自信がない方も安心。 なお、チュートリアルを使うにはメニューから「ガイド」を選び、素材を選んで加工を開始しましょう。 切抜きの手順に関する指示が出ますので、その通りに必要な項目をクリックするだけで手順が学べます。 選んだ範囲以外の部分を消去できる「選択範囲を保留」、選択した範囲の修正が可能な「消えすぎた部分を修正」といった機能も搭載しており、必要によって調整することが可能です。

次の