タイピング練習 文章 おすすめ 文章。 【文章を速く良質に書くコツ】webライター初心者におすすめの書き方を伝授!|かんさいべんどっとじぇーぴ

【無料】タイピング練習が続くおすすめゲーム11選!楽しくタイピング練習しよう♪

タイピング練習 文章 おすすめ 文章

有名なタイピング練習サイトであり、ご存知の方も多いでしょう。 回転寿司がモチーフになっており、タイピング文字列が書かれた寿司皿が右から流れてきます。 この 寿司皿が流れ切る前にすべての文字列を打たなければならないルールです。 また、 既定の秒数が過ぎると終了となり、それまで打てたお皿の数でスコアが決まります。 練習・普通・正確重視・速度必須・一発勝負の5モードがあり、流れてくる文字数に応じて3つのレベルがあります。 モード別説明• 練習:お皿がゆっくり流れてきます• 普通:スタンダードなモードです• 正確重視:ミスタイプをするとお皿がリセットされてしまいます• 速度必須:皿が一枚でも流れてしまうと終了です• 一発勝負:ミスタイプまたはお皿が流れてしまった時点で終了です ここにタイトル Ghost Typingの最大のオススメポイントは、他プレイヤーのタイピング時のGhost 分身 と対戦することが出来るということです。 他のプレイヤーの分身と 対戦形式で練習することが出来るので、「一文字間違えてしまうと負けてしまうかもしれない」という緊張感の中で練習することが出来ます。 この緊張感は検定試験での 「間違えてはいけない」というプレッシャーに負けない為に役に立ちます。 また、上達するごとにランキングが上がるので、 ランキングを上げるために練習するという良いサイクルが生まれます。 出題される文字も「-」長棒「! 」ビックリマーク「?」クエスチョンマークなどの記号類も頻繁に出てきますので、寿司打よりも文字のチョイス的には難しいかと思います。 e-typing イータイピング おすすめポイント一般的なローマ字タイピングからカナ文字タイピング、英語タイピングなど多様なメニューがそろっています。 タイピング文字のバラエティにも富んでおり、それぞれ切り替えることで長時間練習していても飽きにくいです。 さらにトップページの腕試しチャレンジでは、毎週お題が変わることによって新鮮なタイピング練習をすることが出来ます。 同じ文章を打ち続けることによって、本来の力ではなく「文字慣れ」でタイピング速度が速くなってしまう事が少なくなり、より本当の実力を測ることが出来ます。 一応私が挑戦してみたスコアを載せておきます。 タイピング結果が表示されるので、苦手なキーなどやタイピング速度の詳細な状況を把握することが出来ます。 また、ミスタイプしたワードのみを練習することもできる為、苦手克服にも使用することが出来ます。 ちなみに今回の結果でいうと、約43秒で330文字を入力したという結果になってますね。 オススメ練習方法 オススメ練習法は、タイピング練習サイトである程度ブラインドタッチができるようになり、後程説明する文章タイピングで実践的な練習をすることです。 詳細はこれから説明させていただきます。 タイピング練習サイトで1分80~90文字をブラインドタッチで打てるようになる まずはタイピング練習サイトで 1分80~90文字ラインをブラインドタッチで超えるまで練習することをオススメします。 もちろんこれは平均して超えることが出来るまで練習してください。 願わくば「調子が悪いな」と思った時でも超えれる状態が理想です。 「ローマ字表記」「カナ表記」はOFF その際できれば オプションで「ローマ字表記」「カナ表記」をOFFにしてください。 ローマ字表記やカナ表記が表示されているとどうしてもそちらを見ながらタイピングしてしまいます。 ワープロ検定の試験では、A4用紙に印刷された文章を入力する為、 ローマ字やカナ表記を見ながらのタイピングに慣れてしまうと実際に試験を受けた時に「表記が無くて」戸惑ってしまい、本来の力を発揮することが出来ません。 印刷された文章を見ながらタイピング タイピング練習サイトで1分間70文字ラインをクリアするところまで上達したら、次は何でもいいので A4用紙に印刷された文章をパソコンの横に置いた状態でタイピングする「文章タイピング」をしてください。 自分の好きな歌の歌詞でもいいですし、から過去問をダウンロードしてもいいです。 この練習法を始めた時は、おそらく練習サイトでの平均速度を大きく下回ると思います。 理由は次に説明します。 練習サイトでは無かった「首振り」が発生する 理由の一つに練習サイトでは無かった 「首を振る」という作業が発生するからです。 出題文字を見るために首を横に振ることで画面から目が離れてしまいます。 そうすると自然と 体勢が崩れ、ブラインドタッチがしにくくなりミスタイプが大量に発生してしまうのです。 また、画面から一度目を離すため、次に画面を見た時に文章の続きを探す事に時間を取られてしまいます。 文章タイピングでは「BackSpace」も押さなければならない ミスタイプをしてしまうと、修正するためにタイピング練習サイトではなかった 「BackSpace」を押さなければなりません。 練習サイトでは、打ちっぱなしなので「BackSpace」を押すことはありませんが、実際の文章タイピングになると必須です。 「BackSpace」を押すときもホームポジションに指を置いた状態では届かない位置にありますので、そこでもポジションが崩れてしまいます。 漢字変換を行わなければならない 練習サイトはローマ字をそのまま打てばOKなのですが、 文章タイピングになると出題通りに漢字変換も行わなければなりません。 またこれが厄介で、思ったように漢字変換が出来ないのです。 よって 漢字変換の「クセ」に慣れなければなりません。 また、「あえて別の文字を打って狙った言葉を出す」技もあります。 例えば、「上方」という漢字を出したいとします。 読み方は、「じょうほう」「かみがた」とありますが、どちらも変換すると「情報」「髪型」が最初に出てきてしまいます。 そこで 「そうとしかよまない」言葉で変換することで、一発で変換出来ます。 「上方」であれば、「うえほう」とも読めます。 よって「うえ」で一回変換し「上」、「ほう」で一回変換し「方」とし、ピンポイントで「上方」を出すことが出来ます。 このように、 狙った漢字を出すテクニックも身に付けておくと、本番では楽にタイピングできます。 練習サイトは「慣れる為」 文章タイピングは「実践的な練習」 タイピング練習サイトと文章タイピングでは異なる部分が多く、タイピング練習サイトばかりを練習すると実務的に対応することが出来ません。 練習サイトで1分100文字打てていても、文章タイピングになると1分50文字ぐらいになってしまうケースも少なくありません。 合格ラインは1分70文字ですが練習サイトで「80~90文字打てるようにしてください」と説明したのはその為です。 住み分けとしては、練習サイトで「慣れる為」文章タイピングは「実践的な練習」をすると覚えてください。 まとめ オススメタイピング練習サイトと練習方法を紹介してきました。 まとめると。。。 タイピング練習サイトで「キーボードと友達になり」文章タイピングで実践的なタイピング練習を行ってください。 キャプテン翼みたいな言い回しになってしまいました 笑 これでワープロ検定1級の速度は合格できるはずです!! 一度ちゃんとしたタイピングを習得すると体が覚えるので、仕事でもチャットでも正確かつ高速にタイピングをすることが出来るようになります。 タイピングはキーボードも重要 タイピングには、キーボードも重要になってきます。 最近ではMacを始めとした薄さを追求したキーボードが増えてきました。 しかし薄いキーボードは非常に打ちにくく、手が疲れてしまいます。 また、ほとんど押し込みできない為、指も痛くなりがちです。 よって、私はキーボードにはお金をかけており、東プレのRealforce R2というキーボードを愛用しています。 Realfroceは、静電容量無接点方式と呼ばれるスイッチが採用されており、長時間のタイピングでもほとんど疲れません。 値段は少し高いですが、これからタイピングする機会が増えるのであれば、1台購入しておいても良いでしょう。

次の

文章力が最速でプロレベルになる方法

タイピング練習 文章 おすすめ 文章

タッチタイピングの練習がしたいけれど、すぐに飽きてしまって長続きしない・・・。 練習ソフトやゲームも試してみたけれど、なかなかスコアが上がらなくて・・・。 効率的なタッチタイピング(ローマ字入力)のおすすめ練習方法を教えて! こういった悩みに答える記事を書いてみました。 間違った練習方法を続けていると、いつまで経ってもタッチタイピングが上達しないばかりか、妙な癖が付いてしまいかえって逆効果です。 そこで、この記事ではタッチタイピングがなかなか上達しない理由である NG練習方法に加えて、 おすすめの正しいタッチタイピング練習方法を具体的なステップでまとめています。 タッチタイピングが上達しない理由【NG練習方法】• 具体的なタッチタイピング(ローマ字入力)の練習方法【5ステップ】• タッチタイピング練習を継続するコツ 内容としてはこんな感じ。 タッチタイピングが身に付く前に、練習に飽きて放り出してしまう・・・なんてことがないように、正しい練習方法を覚えて確実に基本をマスターしてしまいましょうね。 タッチタイピングが上達しない理由【NG練習方法】 タイプミスが多くて、なかなかタイピングゲームのスコアが伸びない・・・。 その理由は、 あなたがタイピングゲームばかりやっているからです。 タイピングの練習をしようという人の多くが、「寿司打」や「特打」のような、いわゆるタイピングゲームにいきなり手を出してしまいがちです。 しかし、これは自動車教習所に通わずにいきなり公道に出るようなもの。 むしろ いきなりF1レースに参戦しようとしているにも等しい行為だったりします。 タッチタイピングの基本がしっかりと体に染み付いていないうちにスピード重視のゲームに注力してしまうと、ミスタイプばかりでなかなか思ったようなスコアが出ないだけでなく、妙なタイピングの癖が付いてしまって上達の大きな妨げとなってしまいます。 タイピングゲームにも基礎練習モードがあったりしますが、多くの人がテキトーに済ませてさっさとゲームで遊んでしまっているはず。 かく言う僕も、このことに気づくのに一年近くかかってしまいました。 案の定、すっかり変なタイプ癖が付いてしまっており、直すのにかなり苦労した経験が・・・。 僕のようにならないためにも、みなさんはあらかじめしっかりとタッチタイピングの基本ポイントを押さえておきましょう。 タッチタイピングで重要な5つのポイント ひとことで「タッチタイピング」と言っても、そこにはいくつかの要素・スキルが組み合わさってます。 それぞれを分解し、一つ一つしっかりと身につけていくことこそ、タッチタイピング上達の最短ルートです。 ポイントは以下の5つ。 環境づくり• ホームポジション• キー配列• ショートカットキー• スピード これらをまとめて一度にすべてやろうとするよりも、一つ一つのポイントに絞ってマスターしていったほうが、結果として上達スピードも速いものです。 次項では、各ポイントをどのようにして押さえていくかを具体的に解説しますね。 具体的なタッチタイピング(ローマ字入力)の練習方法 タッチタイピングに重要な5つの要素は、次の5ステップで身につけていきます。 タイピング環境を整える• ホームポジションを体に覚えさせる• タイプミス0(ゼロ)で打てるようになる• 便利なショートカットキーを覚える• 速度をひたすら極める 多くの人がいきなり5から始めようとしてしまいますが、スピードは最後に追求していくべきです。 以下、それぞれのステップごとに詳しく解説していきますね。 タイピング環境を整える 正しい姿勢でタイピングを行わないと、タイプミスがいつまでも減らないだけでなく、肩や手首に負担をかけて健康を害してしまいます。 そこで最初はタイピングに適した環境作りから始めましょう。 モニターの高さは目線のやや下になるように調整。 デスクは肘がちょうど直角になるような高さにしましょう。 椅子はなるべく良いものがいいですが、背もたれはタイピング中は使用しない(ほうがいい)ので、体に合っていればそれほど高級チェアでなくてもOKです。 タイプミス0(ゼロ)で打てるようになる ホームポジションが体にしっかりと染み付いたら、お次はキー配列をしっかりとマスターしましょう。 はじめのうちはどうしても手元を見てキー刻印を確認しながらタイピングしたくなってしまいますが、これではタッチタイピングはいつまでも身につきません。 心を鬼にして、最初から(勘でもいいので)なるべく手元を見ずに文字を入力してみてください。 ポイントは視線は正面のまま、意識だけをキーボードに向けてキー配列を思い浮かべながらゆっくりタイピングしていくこと。 タイプミスがゼロに限りなく近くなるまで、以下の 『魔法の言葉』を繰り返しタイピングして、確実にキー配列を自分のものにしましょう。 ここはどこわたしはだれ• 奥の細道ぼくの近道• ファジイで粋で最高だ• FだJださあ来いさあ来い• パーキングエリアじゅうで、ファンはずっと湯花を蒸す 便利なショートカットキーを覚える マウスやカーソルキー・テンキーなどを使ってしまうと、どうしてもホームポジションが崩れてしまい、ミスタイプの原因となってしまいます。 そこで、余裕が出てきたらこれらのツールの代わりとなるショートカットキーを覚えて、できる限りホームポジション内ですべての作業が完結するようにしてみましょう。 ポイントはあくまで「正確さ」を重視し、タイプミス0(ゼロ)を意識して速度を徐々に上げていくこと。 速度計測アプリなどを使って、自分のミスゼロ限界速度を記録しておくと、日々のモチベーションにもつながりますよ。 タッチタイピング練習を継続するコツ いろいろと細かく説明してきましたが、それでも途中で飽きてしまったり、面倒になってしまったりする人もいるはずです。 そういった方のために、 タッチタイピングの練習を継続するコツを最後に紹介。 それは、 毎日何かしらの文章を書いて発信することです。 文章を書くことを習慣化すれば、日々の向上を確実に実感していくことができますし、人に公開する文章を書くとなればモチベーションもアップしようというものです。 あくまでタッチタイピング練習のためと割り切れば、文章自体のクオリティや評価はそれほど気にしなくて済むので、毎日発信のハードルもぐっと下がるはず。 ブログを毎日更新するのもいいですし、小説を書いている人は投稿サイトに毎日短い話をアップするのもいいでしょう。

次の

個人的長文タイピングおすすめサイト「成功タイピング」

タイピング練習 文章 おすすめ 文章

長文の文章のタイピング練習する時の方法は決して一つだけではなく、複数ありますので、それらを積極的に試してみると良いでしょう。 方法がさまざまにある事で、長文の文章のタイピングに飽きる事が無くなり、ずっと続ける事ができます。 途中で止めてしまうと、長文の文章を早くタイピングできなくなりますので、上手く方法を変えて、持続させましょう。 今の内に、長文の文章のタイピング練習をしておけば、レポートを作成する時などに、本当に役に立ってきます。 短時間で長文の文章を書く事ができるようになり、レポートにかける時間を簡単に削減させられます。 そのため、長文の文章のタイピング練習は意味がある物で、自分自身のためになってきます。 長文の文章のタイピング練習方法1 長文の文章のタイピング練習方法の2つ目は、新聞紙を活用する事です。 新聞紙も、文章が長文で書かれていますので、タイピングの練習には持ってこいの物になっています。 特に、新聞紙に関しては、現在の日本や世界で起きている事を知る部分にも繋がってきますから、知識を増やす面でも非常に良い影響をもたらします。 最近では、新聞紙を読まない人が増えていますから、長文の文章のタイピング練習も兼ねて、読んでみると適当でしょう。 新聞紙の内容は知っておいて、損は無い物ばかりですので、非常に良い物とされています。 よって、新聞紙を活用して、知識を増やすと共に、長文の文章のタイピング練習に役立てましょう。 長文のタイピング練習におすすめの例文は何か 長文のタイピング練習におすすめの例文もいくつかありますので、意識的に使用していきましょう。 おすすめの例文ですから、充分に効き目を期待でき、本当に長文をタイピングする時に生きてきます。 そのため、練習の際におすすめの長文を参考にして、自分の長文のタイピングに良い影響を与えるようにしましょう。 長文のタイピング練習をする時には、できる限り難しい文章が適切と考える人も多いですが、簡単な文章を何回も繰り返す方が賢明とされています。 簡単な文章ならば、誰でもしっかりとキーボードを打つ事ができて、徐々にタイピングの良い打ち方が身に付いてくるようになっています。 難しい文章よりも簡単な文章に絞る方が充分な効果を受けられる可能性が大きいですから、集中して、簡単な文章でタイピング練習をすると適当でしょう。 日本語 長文のタイピング練習におすすめの日本語の例文は、「おはようございます」や「こんにちは」などの挨拶から、「ありがとうございます」や「おめでとうございます」などの感謝・気持ちを伝えるような物を参考にすると良いでしょう。 日本人ならば、それらを日本語を早くタイピングする事は簡単ではありますが、基本的な部分こそ徹底して行いましょう。 「おはようございます」や「こんにちは」は一つの単語で、全く長文では無いですが、まず単語を早くタイピングできなければ、長文に関しもてこづる可能性がありますから、まずは単語からが適切でしょう。 そこから、徐々に長文のタイピング練習も行うようにしていけば、本当に上手くタイピングできるようになってきます。 長文のタイピング練習におすすめのツールとは 最近では、長文のタイピング練習におすすめのツールがたくさんありますので、上手く使っていきましょう。 自分自身の力で頑張る事も非常に良いですが、ツールを使う方がより早く長文のタイピング練習を行えますので、有効な方法とされています。 したがって、ツールをまだ使った事が無い人がいれば、まずは試しに手に取ってみると良いでしょう。 長文のタイピング練習におすすめのツールのそれぞれには、違った特徴が存在していますから、そこをまず理解すると適当でしょう。 自分に合っているかどうかもありますため、前もって本当に合うかを調べておけば、より上手く活用できます。 そのため、おすすめのツールを使うには、事前の確認も大切になってきます。 漢字変換つき 長文のタイピング練習におすすめのツールの1つ目は、漢字変換つきのタイピング練習の物です。 本当に長文のタイピングをする時に、漢字の変換がわからなければ、そこで止まってしまう可能性がありますので、漢字変換つきタイピング練習で、ひらがなやカタカナをどの漢字にすれば良いかを学びましょう。 長文のタイピング練習におすすめのツールの3つ目は、10分間で、どれだけの文字をタイピングできるかと言う物です。 時間制限がある事で、文字を打つ人の集中力を上げてくれますので、長文のタイピングを短時間でしたい人にとっては、非常に有効とされています。 よって、10分間の時間制限があるタイピングのツールも、長文のタイピングの練習にはもってこいの方法です。 歌詞 長文のタイピング練習におすすめのツールの4つ目は、歌詞のタイピングをする事です。 歌詞のジャンルは全く問わなくても良いですが、なるべく続けていけるように、自分の好きな歌手の歌詞にすると適当でしょう。 どの歌詞を選択するかによって、タイピングの慣れ具合も多少違ってきますので、どの歌詞にするかにも、可能な限り気を付ければ良いとされています。 長文のタイピングのコツはどこか 長文のタイピングのコツに関しても、複数あると言われています。 それらのコツをどういう風に生かすにより、どれだけ短時間で、長文のタイピングをできるかが変わってきます。 そのため長文のタイピングを行う時に、コツはかなり重要な物になっています。 もし、長文のタイピングをより早くしたい人がいれば、コツに頼る事も一つの手段です。 コツについては、少し意識しているだけでも効果が現れますから、使用の難しさはほとんど無いです。 実際にコツを使う事で、不利益を講じる部分もほとんどないですので、あまり心配し過ぎない方が良いでしょう。 したがって、コツは自分自身を助けてくれる物になり得て、長文のタイピングをより早くする事ができます。 コツ1 長文のタイピングのコツの1つ目は、キーボードの位置を覚える事です。 キーボードのどこに、どの文字があるかを頭の中に入れておけば、脳内で考えなくても良くなり、手が勝手に動きます。 少しでも脳内で考えていると、時間にロスが生まれますので、キーボードの位置を覚える事は、とても役に立ってきます。 最初の段階では、キーボードの位置を全て覚える事は不可能に近いですが、長文のタイピングの練習をしている内に、慣れてきますので、それほど心配しなくても良いでしょう。 本当にキーボードの位置を覚える事ができれば、今まで以上に多くの文字をタイピングする事が可能になってきます。 そこで、キーボードの位置を覚える事がどれだけ凄いかがわかります。 コツ2 長文のタイピングのコツの2つ目は、文字を打っている最中に、次の文字は何かを見る事です。 できる限り先読みしていく事で、次に何の文字を打てば良いかを把握して、少しでも手が早く動くようにしましょう。 そうすると、長文のタイピングの早さが違ってきて、今までよりも本当に短時間で、長文をタイピングをする事ができます。 文字を打っている最中に、次の文字を見るかどうかにより、文字を打つスピードなどは異なってきますので、多少なりとも効果は表れます。 どれだけ早く脳内に次の文字を認識させるかが重要になってきますから、文字を打っている最中に、次の文字は何かを見る事をやってみたい人や、興味や関心がある人は積極的に試してみると適当でしょう。 コツ3 長文のタイピングのコツの3つ目は、可能な限り短時間で、多くの文字を打てるように、頭の中で意識する事です。 意識するだけでは、全く効果は無いと言う人も中にはいますが、実際には意識する事は、かなり大事になっていますので、なるべく実践で試してみると良いでしょう。 どれぐらいタイピングをできるかが本当に違ってきますから、効果は充分に期待できます。 もし、頭の中で意識する事が本当に効果があるかを信じる事ができない人は、自分自身で一回でも行う事が大切です。 そこで、どれほどの効果があるかを実感する事で、効果を理解できる場合もあります。 したがって、頭の中で意識する事がピンと来ない人がいれば、自分で行動に移してみましょう。 長文タイピングをマスターしよう 長文の文章のタイピング練習方法は、教科書や新聞紙を活用するなど、決して一つでは無いですので、さまざまに試してみましょう。 ただ一つの練習方法を続ける事も良いのですが、それだと飽きる可能性も充分にありますので、他の方法にも目を向ける方が適切でしょう。 そうすれば、タイピングの練習によりバリエーションを持たせる事が可能になってきます。 最近では、長文のタイピング練習におすすめのツールがたくさん増えていますので、それらを使用する事も良いやり方の一つとされています。 具体的なツールとしては、漢字変換つきの物、無料の物、10分間の制限がある物、歌詞などがあります。 これらのツールは、長文んおタイピングにかなり役立てる事が可能ですから、積極的に使っていきましょう。

次の