牡丹 灯籠 キャスト。 尾野真千子さん主演!『令和元年版 怪談牡丹燈籠』制作開始!

令和元年版 怪談牡丹燈籠 NHK あらすじ・出演者・キャスト情報

牡丹 灯籠 キャスト

全4話。 による傑作「」を、、、なども織り交ぜつつ元年の新たな視点と演出により映像化する。 脚本・演出は、主演は。 『 完本 怪談牡丹燈籠』(かんぽん かいだんぼたんどうろう)と題し、にて2019年およびの21時から23時に未公開映像を加えた前後編各120分にて放送された。 また、『 怪談牡丹燈籠 異聞「お露と信三郎」』(かいだんぼたんどうろう いぶん おつゆとしんざぶろう)がNHK BSプレミアムにて2019年の22時から23時30分に放送された。 この作品記事はが望まれています。 ください。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] お国(くに) 演 - 飯島家の奥方付き女中。 宮辺源次郎(みやべ げんじろう) 演 - 旗本・宮辺家の次男。 黒川孝助(くろかわ こうすけ) 演 - 飯島家に奉公する若い武士。 萩原新三郎(はぎわら しんざぶろう) 演 - 若い浪人。 お露(つゆ) 演 - 平左衛門の一人娘。 お米(よね) 演 - お露の侍女。 山本志丈(やまもと しじょう) 演 - 医師。 新三郎の友人。 伴蔵(ともぞう) 演 - 新三郎の下男。 お峰(みね) 演 - 伴蔵の妻。 飯島平左衛門(いいじま へいざえもん) 演 - 旗本。 剣の達人。 その他 [ ]• 沢村善兵衛 -• お徳 -• 宮部進之丞 -• 黒川孝蔵 -• 相川新五兵衛 -• 白翁堂勇斎 -• 新幡随院 良石和尚 - スタッフ [ ]• 原作 - 「」• 脚本 -• 音楽 -• 語り部 -• プロデューサー - 川崎直子()、石崎宏哉• 制作統括 - 千野博彦()、伊藤純(NHKエンタープライズ)、(オッティモ)• 演出 - 源孝志• 制作 - NHKエンタープライズ• 最終回 10月27日 復讐 壮絶悪女、愛に死す! 巻の壱は79分拡大版。 完本 怪談牡丹燈籠 放送回 放送日 サブタイトル 前編 12月 07日 前編 因の巻 後編 12月14日 後編 果の巻 異聞 [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 キャスト(異聞) [ ]• 萩原新三郎 - 中村七之助• お露 - 上白石萌音• 山本志丈 - 谷原章介• お米 - 戸田菜穂• 白翁堂勇斎 - 笹野高史• 良石和尚 - 伊武雅刀• 飯島平左衛門 - 髙嶋政宏• お峰 - 犬山イヌコ• 伴蔵 - 段田安則 スタッフ(異聞) [ ]• 原作 - 三遊亭圓朝「怪談 牡丹灯籠」• 脚本 - 源孝志• 音楽 - 阿部海太郎• 語り部 - 神田松之丞• プロデューサー - 川崎直子(NHKエンタープライズ)、石崎宏哉• 制作統括 - 千野博彦(NHK)、伊藤純(NHKエンタープライズ)、八木康夫(オッティモ)• 演出 - 源孝志• 制作 - NHKエンタープライズ• 制作著作 - NHK、オッティモ 脚注 [ ] [].

次の

落語 怪談牡丹灯籠 立川志の輔さん

牡丹 灯籠 キャスト

孝助(若葉竜也)は飯島家を存続させるため、逐電したお国(尾野真千子)と源次郎(柄本佑)を追って仇討ちの旅に出る。 2人はお国の実家がある越後村上へ向かったものと思われたが、実家の乾物屋は10年前に店じまいしていた。 一年が過ぎ、孝助は2人を見つけられぬまま江戸に戻ってくる。 その頃、幽霊と取引をして百両を手に入れた伴蔵(段田安則)とお峰(犬山イヌコ)夫婦は、武蔵国栗橋宿で金物問屋を始め、宿場一の大店にのし上がっていた。 伴蔵は〝お篠〟と名を変えて酌婦をしていたお国に入れ込み、邪魔になったお峰を追い剥ぎに襲われたと見せかけて殺してしまう。 伴蔵の手当をした医者の山本志丈(谷原章介)は、伴蔵を脅して大金を手に入れる。 志丈はお国とも再会し、口止め料の代わりに体を差し出すよう脅す。 お国から話を聞いた源次郎は孝助と決着をつけることを決め、江戸に果たし状を送る。 手紙を受け取った孝助は、単身果たし合いの場に乗り込む。 志丈は伴蔵からさらに金を強請ろうとし、伴蔵夫婦が盗んだ海音如来の仏像に目を付ける。 伴蔵は志丈に言われるがまま埋めた仏像を掘り起こすが、舟の上で志丈を殺して川に突き落とす。 直後、伴蔵は水中から浮かび上がってきたお峰の幽霊に川に引きずり込まれる。 孝助はお国と源次郎、そしてお国が雇った浪人たちを相手に、ひとり立ち向かう。 孝助は窮地に陥るが、「進退窮まれば退くべからず」という平左衛門の言葉を思い出し、源次郎の懐に飛び込む。 小刀で源次郎を斬り、お国を刺す。 「なぜ殿を裏切った?」と問う孝助に、お国は「おまえのような人間にはわかるまい。 死んでもわからないさ。 好きなだけ生きるがいい」と言い残して息絶える。 孝助は2人の首を持って古河城へ向かう。 原作・登場人物はこちら 最終回の感想 チャンバラの醍醐味 最後まで素晴らしかったなぁ。 お国と源次郎を探して1年間さまよって、ぼろぼろになった孝助がリアルでした。 仇討ちって、そんな簡単な話じゃないんだろうね。 一生かかっても見つけられなかったり。 この先ずっと逃げ続けるくらいなら、いっそおびき出して返り討ちにしようという源次郎のような人も、大勢いたかもしれない。 対決の場で窮地に追い込まれた孝助を救ったのは、亡き殿の遺言でした。 「これは剣の師としての遺言だ。 進退窮まれば退くべからず。 退くに利あらず、臆して引かば討たれ、火中に飛び込むとも進めば本望を遂ぐ」 孝助が意を決して「火中に飛び込む」場面は「」を彷彿とさせる映像で、見応えがありましたね。 チャンバラの醍醐味を味わうことができました。 悪人たちの末路 お国の最期は哀れだったけど、源次郎と出会えて幸せだったんじゃないかしら。 少なくともこの1年は孤独ではなかったと思う。 伴蔵は幽霊から巻き上げた百両で、大店の旦那に変身。 羽振りがよくなって、たまたま出会った酌婦に小判を渡して色目を使ってました。 その酌婦がお国っていうのも因縁ですかね。 嫉妬したお峰にお国との仲を裂こうとされて、お峰を殺してしまう伴蔵。 そこへ現れたのが、医者の山本志丈(さすがにこのあたりはできすぎ)。 伴蔵の弱みを握って、金を脅し取る志丈先生。 計算高い一面はあったけど、実は小悪党だったんですね。 結局、志丈先生も欲を出しすぎて伴蔵に殺されてしまい、伴蔵はお峰の幽霊に川に引きずり込まれてしまう。 本当に怖いのは誰? 変かもしれないけど、わたしはお国もお露も伴蔵もお峰もそんなに怖くなかった。 いちばん怖いと思ったのは、黒川孝蔵を殺した時の平左衛門でした。 お国が源次郎と2人で飯島家を乗っ取ろうとする気持ちも、お露が幽霊になって新三郎に会いにくる気持ちも、伴蔵が居丈高に振る舞うお峰を消そうとする気持ちも、まったく理解できないことはない。 人を殺す気持ちはわかりませんが、そこに至る思いはわかる気がする。 でも平左衛門の「斬ってみたい」だけは、理解できないんですよねぇ~。 自分の中のどこを探しても見当たらない心理なので、「怖い」と感じてしまうのでしょうね。 後半の伴蔵とお峰のくだりが物足りなくて、もっと時間があれば……と残念。 またこのチームで古典的な話をドラマ化してくれないかなぁ。 ひっそりと期待しながら、気長にお待ちしております。

次の

【ネタバレ有】令和元年版 怪談牡丹燈籠|全話あらすじ感想・登場人物(キャスト)・原作ネタバレ

牡丹 灯籠 キャスト

今回の「令和元年版 怪談牡丹燈籠」のキャスト相関図、あらすじ解説は、ネタバレふくみます。 なので、 「あたしゃ、テレビの前でマックス楽しみたいんじゃい!! 」という方は、うつろな目で読み進めていただければと思います。 「ネタバレはスッゲェやだ、でも気になって気になって、晩ごはんの米の量が30粒くらい減っちゃうわ」という方は、そろそろ本気でダイエットに取り組んでください。 さて、おふざけはこれくらいにして、 そもそも「牡丹燈籠」は、明治に作られた落語で、 男女の色あり、欲望あり、愛あり、様々な人間の真っ黒な部分を表現した名作落語です。 作者は明治の落語家、三遊亭圓朝。 25歳の時の作品です。 それをNHKさんが 「令和元年版 怪談牡丹燈籠」として映像化しました。 怪談牡丹燈籠自体はすでにストーリーが決まっている怪談話なので今回は、 令和元年版 怪談牡丹燈籠のキャストと相関図、あらすじをご案内しまっする。 令和元年版怪談牡丹燈籠のキャストと相関図 令和元年版 怪談牡丹燈籠に出てくる登場人物を物語に合わせて、 キャストを相関図にすると、下の画像になります。 しっかし、お国と伴蔵と宮辺が大概すぎるw それでは、ここからは明治落語「牡丹燈籠」を令和元年版に変更しつつ、キャストの名前入りであらすじを解説します。 医者の山本志丈(谷原章介)の紹介で、飯島平左衞門(髙嶋政宏)の娘・お露(上白石萌音)と美男の浪人・萩原新三郎(中村七之助)が出会い、互いにひと目惚れをしてしまいます。 萩原新三郎(中村七之助)に、恋い焦がれすぎたお露(上白石萌音)はそれがもとで死んでしまいます。 黒川孝藏の息子・孝助は、父の仇とつゆ知らず、飯島家の奉公人になる。 飯島平左衞門(髙嶋政宏)は自らが斬り殺した黒川の息子だと気づいたが、黙って孝助に剣術を教え始めます。 萩原新三郎(中村七之助)は、お露(上白石萌音)のことを想い日々悶々とした生活を送っていました。 飯島平左衞門の妾・お国(尾野真千子)は、平左衞門の留守中に隣家の息子・宮辺源次郎(柄本佑)と密通していたが、黒川孝助が見つけてしまい喧嘩になってしまいます。 死んだと聞いていたお露(上白石萌音)が、萩原新三郎(中村七之助)の前に現れ、萩原新三郎は喜びます。 相川新五兵衞が、飯島平左衞門宅を訪れ自分の娘・お徳と黒川孝助との養子縁組を持ちかけます。 人相をみれる白翁堂勇斎が、萩原新三郎(中村七之助)宅を訪ね、あなたには死相が出ていると告げます。 お露(上白石萌音)が幽霊であることがわかり、仏像とお札でお露封じを始めます。 宮辺源次郎(柄本佑)とお国(尾野真千子)は、邪魔な黒川孝助を消そうとするが、失敗に終わってしまいます。 伴蔵(段田安則)と妻のお峰(犬山イヌコ)は、百両で萩原新三郎(中村七之助)の幽霊封じの仏像とお札を取り外してやると、幽霊のお露(上白石萌音)に持ちかけられます。 飯島平左衞門(髙嶋政宏)の金百両が何者かに盗まれ、お国(尾野真千子)はこれを利用し、黒川孝助が疑われるように工作し、宮辺源次郎(柄本佑)との密通を隠そうとします。 伴蔵(段田安則)と妻のお峰(犬山イヌコ)は、幽霊から百両を受け取り、萩原新三郎(中村七之助)の身辺から仏像とお札を取り外します。 (お札はがし) 飯島平左衞門(髙嶋政宏)の機転と計らいで、黒川孝助の濡れ衣は晴れましたが、孝助は平左衞門を間男の宮辺源次郎(柄本佑)と間違えて刺してしまいます。 飯島平左衞門(髙嶋政宏)は、自分が孝助の父の仇であることを告げ、孝助を相川家へ逃がします。 「孝助の槍」 萩原新三郎(中村七之助)死亡(お札をはがしたため)。 飯島平左衞門(髙嶋政宏 は深手を負いながらも、宮辺源次郎(柄本佑)を殺しに行くが、反対に殺されてしまいます。 宮辺源次郎(柄本佑)はそのまま、お国(尾野真千子)と共に飯島家の金品を盗んで逃走します。 黒川孝助は、お徳と祝言をあげるが、亡き主人・平左衞門の仇を討つため宮辺源次郎(柄本佑)とお国(尾野真千子)夫妻を追います。 萩原新三郎(中村七之助)の葬儀を済ませたのち、伴蔵(段田安則)と妻のお峰(犬山イヌコ)は悪事がばれるのを恐れ、伴蔵の故郷・栗橋に引っ越します。 しかしその酌婦は、飯島平左衞門(髙嶋政宏 の元妾のお国(尾野真千子)だったのです。 伴蔵(段田安則)は、お国(尾野真千子)との仲を咎めた妻のお峰(犬山イヌコ)を騙して殺します。 伴蔵(段田安則)の悪事を知った山本は伴蔵にお国(尾野真千子)の身の上を暴露します。 お国(尾野真千子)の情夫・宮辺源次郎(柄本佑)が金をゆすりに来るが、逆に伴蔵(段田安則)に追い返されてしまいます。 伴蔵(段田安則)は、「関口屋」を捨て、故郷の栗橋を出て、山本と江戸に帰ります。 仇が見つからず、孝助はいったん江戸へ戻り、主人が眠る新幡随院を参り、良石和尚に会う。 婿入り先の相川家に戻ると、お徳との間に息子・孝太郎が生まれていたことを知る。 伴蔵(段田安則)は悪事の発覚を恐れて山本志丈(谷原章介)を殺すが、捕えられる。 孝助は良石和尚の予言に従い、人相見の白翁堂勇齋を訪ねます。 そこで偶然、4歳のときに別れた母親おりえと再会します。 すると、孝助が探していたお国(尾野真千子)が、母親の再婚相手の連れ子であり、宮辺源次郎(柄本佑)とともに宇都宮に隠れていることを知ります。 孝助の母おりえが、お国(尾野真千子)と源次郎の隠れ場所に手引きしてくれるというので、孝助は宇都宮に出向くが、おりえは、夫に義理立ててお国(尾野真千子)と源次郎に事の次第を話し、2人を逃します。 母おりえは孝助に事の次第を話し自害。 孝助は最終的には二人を追い、本懐をとげ、物語は終了します。 令和元年版 怪談牡丹燈籠キャスト相関図・あらすじの最後に 以上が令和元年版 怪談牡丹燈籠に関する情報でした。 かーなりの人間ドラマ、欲望が泥まみれのドラマになりそうですね。 まぁ人間的にアレな私は楽しみなんですけどね! ドラマの完成度は、お国(くに)役の 尾野真千子さんが、どれくらい人の黒い部分を表現できるかでしょうね! 楽しみや! また続報があれば、ご紹介しますね。

次の