サラ番2 ガセ前兆。 【終了画面の示唆が遂に判明!】サラリーマン番長2(サラ番2) スロット 解析まとめ・スペック・打ち方・設定示唆・設定差・ゲーム性・ゾーン・終了画面・天井・押忍!サラリーマン番長2

演出の奥底「押忍!サラリーマン番長:前兆に潜む奥底」

サラ番2 ガセ前兆

上の記事内では、 通常Aレア役解除と天国マップ解除は5~15G前兆を確認する、と書きました。 共に天国率20%なので しかし、今日から立ち回りを変えます。 天国率20%である通常Aレア役解除、そして天国マップ解除。 これも1Gヤメにします! もちろん、チャンス球とか鏡スタートなら話は別です。 ただし、この場合は 前兆が出ても天国否定まで打ったほうが良いと思います。 問題は、「チャンス球無し&轟ステージ」のド平凡パターン。 これでは 天国率20%のベースは更に下がります。 20%よりも落ちるんだから、5~15Gの前兆をめくりに行く価値は無いと思います。 前兆確認の2つの盲点 そもそも、5~15G前兆の確認。 これには2つの盲点があります。 こういう展開では分からなくなる。 強チェ& チャ目を引いてしまうと台無し。 この場合は、前兆をフォローする以外ないです。 結局は天国否定までやらされます。 押忍ベルもそうです。 わけがわからなくなるww 弱チェなんかも微妙です。 弱チェの直後に前兆開始ならば、3Gほど様子見せざるをえない。 ちなみに、10Gで 強チェor チャ目or 押忍ベルを引かない確率。 これは、89. 4%です。 なので、 10回に1回は前兆判別を台無しにされるということです。 これに 弱チェが加わります。 弱チェの前兆挙動は良く分からないんだが、場合によっては判別を台無しにされるでしょう。 総合すると、8~10回のうち1回は判別不能になる。 台無しにされるってことです。 どういう事かって・・・ 通常Bだと 天国率30%がベースです。 そしてレア役解除だと 55%。 通常Aだとマップ解除が 天国率10%。 レア役解除は 20%。 そして「前兆無しがアツイ!」という評判は、 30%ベースや 55%ベースも内包されています。 あるいは剛天交渉など 100%ベースも含まれてるかもしれない。 だから評判というのは、全て含んだ平均値なわけです。 これが 10%ベースや 20%ベース限定になるとどうなるか。 平均値を大きく下回ります。 念のため説明すると、55%ベースの前兆無しが期待度80%とします。 じゃあ、10%ベースの前兆無しも期待度80%になるのか? これは違いますよね。 なので、20%ベースの「チャンス球無し&轟ステージ」。 これで前兆非発生だとしても・・・ そこそこ強くなる。 この程度だと思います。 スポンサードリンク まとめ 20%ベース以下ならば、前兆を確認しに行く価値は無いと思います。 そりゃ、確認しに行く作業がタダならやったほうが良い。 だけど、タダじゃないです。 5~15G相当のコインロスが発生します。 言ってしまえば、前兆が出ようが出まいが関係ないんですよね。 Aや天国マップならば、そもそも確認する必要がない。 Bならば、前兆が出ても101~132まで打つ。 結論としては、 前兆が出なければ期待度が上がるのは間違いない。 しかし立ち回りの文脈的には、全く重要ではない。 こんな風に考えています。 では、ここらへんで。 データがあれば説得力が違ったんですが・・・ ただ、鏡スタートのサンプルなんてググっても無いですからね〜。 緑チャンス球のサンプルはたまに見ます。 しかし、通常Aマップ後(10%)と通常B自力後(55%)がごっちゃにされています。 本当に重要なのは、通常Aマップ後(10%)&自力後(20%)に限定されたものです。 「前兆無しがアツい」というのも同じです。 Aマップ後や自力後に限定されたものでなくてはなりません。 ただし意味が無いと言ってる訳ではないです。 参考にはなります。 なので、そこから調整すると・・・ 本記事のようなヤメどきで良いのでは?という話です。 というか、このパターンは前兆発生でヤメようが続行しようがどっちでも良いと思います。

次の

猛獣王 やめ時 有利区間が継続した場合は即ヤメ厳禁 | パチスロ ジゴク耳

サラ番2 ガセ前兆

通常時はレア役、ゲーム数マップ、ハンコ10個獲得、特命(自力チャンスゾーン)からの番長ボーナス当選を目指す(頂RUSH直撃もアリ)。 番長ボーナスは赤7揃いと青7揃いがあり、後者の方が頂RUSH当選期待度が高い。 ボーナス中のジャッジ演出を3回クリアできれば頂RUSH当選となる。 頂RUSHは差枚数管理型のAT。 AT中は残り差枚数が特定数になると上乗せ特化ゾーンである頂SRUSHを高確率で抽選する一風変わった仕様だ。 残り差枚数が300枚を超えると限界突破となり、頂総決戦ボーナスor決算ボーナスが発生。 限界突破のための重要なカギになるので、ATに突入したらまずはココを目指そう。 6枚交換 持ちメダル 370G 250G 5. 6枚交換 現金投資 410G 310G 実戦上500G台、600G台のゾーンが強力。 さらに通常A天井最深部はAT突入率などが優遇されている影響で、そこそこ天井狙い向きの仕様だ。 ゾーン狙いは「50~100G」「200~250G」をピンポイントで狙っていこう。 200G台は通常Aゾーンなので、通常B挙動の台は極力避けるようにしたい。 クレジット左に上下2つ並んでいるランプのうち、下の方が有利区間ランプだ。 通常時は常に消灯しているため、リセット判別には使えない。 朝イチの雫ステージ移行ゲームに注目 百の倍数の規定ゲーム数到達で高確Bに突入した場合は雫ステージに移行する。 「AT直撃」「BB中青7揃い」「超番長ボーナス」以外の初当りから、特に何も上乗せなく2セット以上継続すれば設定5の可能性がアップする。 AT直撃時 設定 1セット 2セット 3セット 1 71. 通常 基本的に滞在している状態で、レア役やゲーム数消化で高確移行を目指す。 2で転落抽選が行われる 高確B(マップ高確) ・滞在中は成立役に関係なく毎ゲームのレバーオンでボーナスを抽選 ・特定ゲーム数で突入(通常時モードに応じて) ・滞在中は雫ステージに移行しやすい 超高確 ・高確Aと高確Bが重なった状態 ・剛天ステージに移行すれば超高確が濃厚となる どの高確においても、弱チェリーからのボーナス当選率は偶数設定かつ高設定が優遇されている。 特に高確B(マップ高確)中は、設定5以下と設定6では2倍近く差があるので注目しておきたい。 弱チェリー成立時 設定差アリ 設定 高確A (レア役高確) 高確B (マップ高確) 超高確 1 8. このため、復帰1G目にハズレや1枚役が引ければ残り差枚数が1枚以上増えて、頂総決算ボーナスor決算ボーナスに再突入となる。 このため、復帰1G目にハズレや1枚役が引ければ残り差枚数が1枚以上増えて、頂総決算ボーナスor決算ボーナスに再突入となる。 このため、復帰1G目にハズレや1枚役が引ければ残り差枚数が1枚以上増えて、頂総決算ボーナスor決算ボーナスに再突入となる。 Pプール含む) A 鏡ボイス 「お楽しみはこれからさ!」 ボーナス or 頂(X)SRUSHの 本前兆濃厚 消化中 (V. Pプール含む) A 鏡ボイス 「ハーーッハッハッハッハ!」 当該ゲームで 頂 X SRUSH濃厚 消化中 (V.

次の

【終了画面の示唆が遂に判明!】サラリーマン番長2(サラ番2) スロット 解析まとめ・スペック・打ち方・設定示唆・設定差・ゲーム性・ゾーン・終了画面・天井・押忍!サラリーマン番長2

サラ番2 ガセ前兆

朝一数G回された後のリセット確認方法 朝一コンビニステージからスタートした場合はリセット濃厚というのは、もうほとんどの方が知っていることだと思います。 なので大抵の場合、朝一数G回された状態で放置されていることも最近はよくあります。 しかし朝一の状況を見ていない場合やある程度回された場合など、どういう風にリセット・据え置きの判断すればいいのか? ここでは2つの判別方法を、考えていきたいと思います。 コンビニステージ対策されている場合は、数G後温泉もしくはひざまくらステージから始まることもあるのかもしれません。 ここで、注目なのが リゼロぽいんと。 据え置きの場合は、 リゼロぽいんとを引き継ぎます。 ですので据え置きの場合は、1000pt貯まってなくても ゼロからルーレットに行きます。 要は、聖闘士星矢のコスモポイントと同じです。 上の写真は異世界体操経由で、650ptしか貯まっていなかったのにゼロからルーレットに飛び、アイテム獲得後に170ptが余ったという状況です。 一番考えられるのは、前日温泉ステージでカードのレア度を見てヤメ、その時点で520pt貯まっていた。 で、当日の650pt中480pt分で前日と合わせて 1000ptに到達したため残りの170ptを残してゼロからルーレットに移行した。 そんな流れでしょう。 というわけで、リゼロぽいんとからも前日の様子がなんとなく把握できるのではないでしょうか。 まどマギのように当日のG数に依存するのか、サラ番のように内部のG数に依存するのか・・・ この台は大都の台なので、サラ番よりな気もしますが、少し前に出たHEY!鏡は据え置きであっても当日のHEYに依存して前兆が発生するとの事。 となると、リゼロもそういう仕様になっている可能性が高いと思われる。 まぁ、 当日のG数に依存してガセ前兆が発生していると言っていいでしょう。 今回は天井で当たってしまったのでなんともいえませんが、変なG数で前兆発生して当選した場合は据え置き濃厚になると思います。 高設定だとダメなモードが選ばれやすく、低設定だといいモードが選ばれやすいみたいな。 偶数奇数でも振分があるのかもしれません。 そこで「 おねだりアタックのモード一覧」的なものを、勝手にこんな感じではないかと考察してみました。 今後の情報に期待したいところですね。 結果は駆け抜けて終了。 ここで有利区間が終了するんですね。 この画面で有利区間ランプが点灯していれば、コンビに経由せずに有利区間続行となるのでチャンス。 逆に設定にも期待できない場合には、この時点でヤメるのもありなのかもしれませんね。 私は、未練がましく打ち続けNカードが出たためここでヤメました。 考察することの大事さ 昨今の情報社会では、自分たちで 考察しなくてもいくらでも情報は溢れてきます。 それにより、いつしか人間の脳は考察することをやめてしまいます。 パチスロの一つの楽しみとして、 情報が出ていないものを考察するというのがあります。 合っていようが間違っていようが、考えることが楽しいのです。 今回は、ガセ前兆のゲーム数依存が当日なのか否か・おねだりアタックのモードについて考察してみました。 どこの解析サイトにもほとんど載ってないような内容だったので、他にも「私はこんな考察しました!」なんて方がいらっしゃれば教えて頂きたいです。 結局のところ、どの情報が正しいなんて100%わかることは出来ないので、自分の考察した結果を信じるのが一番だと思います。 そこに、いろいろな情報や実践値を積み重ねていく。

次の