スティーズ ct。 【19 ダイワ スティーズCT SV TW インプレ】特徴やスペックを紹介【2019年 ベイトリール】|バス釣りハック

スティーズ CT SV TW について

スティーズ ct

スティーズ CT SV TW について 私はオカッパリメインでバス釣りをしているのですが、最近使用しているリールにゴリ感が出てきたり、クラッチ不良が出始めるようになってきたので、買い替えを検討しています。 そこで経験者の皆様のご意見を聞かせていただきたく質問させていただきます。 現在メインで使用しているタックルは、スティーズ ファイアウルフにスティーズ 100SHLを搭載して、1・8gネコリグから高比重ワームノーシンカーなどのワーム、フィネス系の釣り。 スピナーベイトやチャター、スイムジグなど10g〜21g前後の巻物。 21gヘビキャロ。 など、ビッグベイト以外の物はほとんどこの1タックルでこなしています。 ヘビキャロは専用のタックルを別に組むことも視野に入れているのですが、できれば1タックルで近場のピッチング、オーバーハングやレイダウンの奥に高比重ワームやテキサスをスキッピングでねじ込む釣り。 巻物の釣りからヘビキャロで遠投しての沖の釣りができればいいなと思ってます。 て、みんなそう思いますよね(笑) スティーズ SV TW 、スティーズ CT SV TW、できれば実際に使い込んでいる方からのご意見をお聞きしたいなとおもいます。 もし同じタックルで釣りを楽しんでらっしゃる方もいらっしゃいましたら、是非ご意見をお聞かせください。 両方所有していますがctはノーシンカーのワームなどを使用するのに非常に使いやすいです。 自分は8lbフロロを巻いてミドストやDSなどで使っています。 ヘビキャロだと太いラインを使うと思いますし、ラインキャパが大遠投するには心許ないです。 一方sv twは竿にもよりますが4gのシケーダーなど抵抗があって軽いものがノーサミングでオカッパリで戦える距離は飛ばせますので、汎用性の高さからsv twの方がいいかと思います。 それよりも気をつけたほうがいいのはギア比。 swのXHとCT SVのXHでは巻き取り量が全然違いますので撃ちものやトップでエクストラハイギアを選ぶならご注意ください。

次の

スティーズCT SVTW 700XHL 適正ラインについて

スティーズ ct

スティーズCT SV TWはコンパクト&タフがコンセプト! (出典:) ダイワの新たなコンセプト「CT」=コンパクト&タフ。 年々プレッシャーの高まる日本のフィールドにマッチするように、より繊細に、より多彩なアプローチを可能にするために次世代のバーサタイルモデルとして提唱されたコンセプトのようです。 一番の特徴は30mmという超小口径のCTスプールを搭載していること。 SVライトリミテッドは32mm、これまでで最小口径だったピクシーが31mmとなっており、ダイワのバス用ベイトリール史上最小口径のスプールを採用しています。 また、素材はG1ジュラルミンとなっており、高剛性で軽量なスプールとなっているので、ビッグベイトからフィネスなライトリグまでを高次元で対応するモデルとなるようです。 スティーズ CT SV TWのスペックとラインナップ 品名 巻取り長さ(cm) ギア比 自重 最大ドラグ力 ナイロン糸巻量(Lb-m) スプール径(mm) ベアリング 個数 価格(税別) 700H 59cm 6. 3 150 4. 5kg 12Lb-35~70m 14Lb-30~60m 30mm 12 5万8800円 700HL 59cm 6. 3 150 4. 5kg 12Lb-35~70m 14Lb-30~60m 30mm 12 5万8800円 700XH 76cm 8. 1 150 4. 5kg 12Lb-35~70m 14Lb-30~60m 30mm 12 5万8800円 700XHL 76cm 8. 1 150 4. 5kg 12Lb-35~70m 14Lb-30~60m 30mm 12 5万8800円 重量は150gと超軽量で、スティーズSV TWよりも10g軽量化されています。 ギア比は6. 3:1のハイギアモデルと、8. 1:1のエクストラハイギアモデルで、さすがにスプール径が小さいのでハンドル1回転の巻取り量は76cmがマックスと少し物足りなさを感じるかも知れません。 しかし、ラインキャパシティーは12lbで70m巻けるので陸っぱりでもかなり使い勝手がいいモデルであるのは間違いなさそうです。 スティーズ CT SV TWの特徴 30mm径のスプール (出典:YouTube) 30mmのスプールで一体何が変わるのか? 31mm径のリベルトピクシーは元祖ベイトフィネスリールと言われる名品で、スプールの重量が14gもあるのに軽量ルアーが見事に飛んでいきます。 それぐらいスプール径は軽量ルアーの投げやすさにはかなり密接に関係していて、 スプール径が小さいければ小さいほど軽量ルアーは投げやすくなります。 30mm径ではどんな感触で投げられるのか非常に気になる所です。 川口さんが投げている様子からも、かなり伸びが良いリールということがわかります。 総重量3g程度のスモラバなんかも余裕で投げられる感じです。 Tウィングシステム (出典:YouTube) TWS(Tウィングシステム)はダイワ独自のレベルワインドです。 レベルワインドが幅広になっており、ラインの放出抵抗を抑えて飛距離に貢献します。 今回のT型レベルワインドはボディーのコンパクト化に合わせて、従来のものよりも一回り小さくなっているようです。 レベルワインドだけでそんなに変わるのか?と思われるかも知れませんが、 体感的にラインのヌケ感はまるで違います。 特にPEラインではかなり威力を発揮するので、スティーズCT SV TWにおいてもPEラインを使った小型のフロッグなどで威力を発揮しそうです。 超コンパクトボディー (出典:) スプール径が小さい恩恵はボティーにも反映されます。 ボディーサイズはかなりコンパクトになっていると思われます。 日本人はかなり手が小さいのでこのパーミングのしやすさはかなり重要です。 パーミングがしやすいことで、トウィッチングやジャーキングといった細かい操作はかなりやりやすくなるので、この点もかなり期待できます。 ハンドルはスティーズ SV TWと同じ? (出典:) ハンドルはSVライトリミテッドとは異なるクランクハンドルを採用しています。 スティーズSV TWと同じハンドルだと思われます。 ハンドルノブは見た感じだと、ハイグリップIシェイプ ライトノブを採用しているので、自重4gのダイワ最軽量ノブです。 フエゴCT、タトゥーラCT TYPE-RのCTと違うの? 以前からCTというモデルはフエゴ、タトゥーラに存在していましたが、今回のCTコンセプトは全く別物。 これまでのCTは北米モデルの大きなリールをコンパクト化したもので、小さくなったのは主にボディーの幅です。 スプール径は34mmと極一般的なサイズでした。 それに対して、今回のCTコンセプトは スプール径が小さくなっているので全く別物ということになります。 値段、価格について さすがにスティーズシリーズだけあって、値段はかなり高めの設定です。 実売価格は47,000 税抜き)ぐらいと予測されます。 スティーズシリーズはダイワリールのフラッグシップモデルで、発売後1年経っても価格があまり変動しません。 スティーズシリーズの比較 品名 巻取り長さ(cm) ギア比 自重 ナイロン糸巻量(Lb-m) スプール径(mm) ソルト対応 価格(税別) NEW CT SV TW 76cm 8. 76cmはもはやハイギアと呼べるのかというレベルに来ているので、少し物足りなさを感じるのが正直な感想です。 SVライトリミテッドよりも軽量ルアーへの対応は優れていると予想されるので、その点が期待されます。 ベイトフィネスの領域から重量のあるルアーまで対応できるのがメリットになるので、 陸っぱりでロッド1本でなんでもこなすスタイルには大変重宝するモデルになることは間違いないでしょう。 スティーズCT SV TWで軽量ルアーをストレスなく! スティーズ CT SV TWについて、速報でお伝えしてみましたがいかがだったでしょうか。 まだまだ、隠された性能があるかも知れないので判明次第アップデートしていきたいと思います。

次の

スティーズCT SV TWが「SV」っぽくない理由【インプレ】

スティーズ ct

1 7. 1タイプで制作してみました。 その他細かなスペックに関しては、個別ページをまとめていますのでそちらを参照ください。 まず、比較表からとを比べていきます。 重量の差 の方がより 30g重くなっています。 これは、がスーパーメタルフレームを搭載している事が大部分をしめています。 確かに、リールを使用するなら【 軽い】方が間違いなくいいと思います。 やっぱり疲れないってのもありますが。。。 両方使用してわかった事は、そんな 大差が感じられなかったです。 全く持ち直しても違和感がなく使用できました。 30gの差って数字で見ると大きですが、使用していると全く気になりませんよ。 勿論、ロッドとのタックルバランスを合わせて使用しなければ、使いにくくなりますね。 ベアリング数の違い には ベアリング数が12搭載されています。 より4個多くなっています。 使っていて何がどう違うのか全くわかりませんよ。 ほんと。 【うわー、ベアリングが4個違うだけでこんなにも違うのか】 とか 【使用感が違う】 なんて全くわかりません。 勿論、中にはわかる方もいるかもしれませんが。。 も 十分すぎるスペックですからね。 ベアリング数などにこだわりがある方には、の方がいいです。 なぜスティーズA TWがおすすめなのか? 剛性感が半端ない には、 剛性がほんとにいい。 使用しててもわかりますが 少し、安っぽい軽さがあるからと言っても、 おもちゃ感が凄い。 それに比べは、 がっちり・しっかりしている為、使用していても安心感があります。 スーパーメタルフレームの恩恵はかなりでかいと感じています。 SVスープル化 SVスプールを別途購入する事でにSVスプールを搭載する事ができます。 って事はですよ、マグフォースZスプールが嫌いな方でもSVスプールを搭載することにより スティーズSV A TW が完成するわけなんですよね。 個人的にはこのパターンが一番おすすめ。 状況に応じて変更する事ができます。 風が強い場合等はSVスプールで対応• 遠投するときにはマグフォースZスプールで対応 琵琶湖など、遠投する事が多い場所では基本的にはマグフォースZを使用しています。 ほぼ、マグフォースZですけどね。 SVスプールを使用する事は、あまりありませんがサブとしては保有しています。 まとめ スティーズシリーズで迷っている方!を購入してみてください。 それで何か物足りないものがあるのなら、SVスプールを購入して自分にあったようにチューニングしたらいいと思います。 ハンドルもノブのカスタムパーツがたくさん発売されています。 をベースにカスタムするのもいいですよ! スティーズのメンテナンス方法はこちら.

次の