妻が口を聞いてくれません。 【意味怖】私の悩み

ECナビ

妻が口を聞いてくれません

この記事の概要• 夜の営みがなかった 私は夫がいながらも大学生の男子と不倫をしたことがあります。 不倫をした当時私は25歳、不倫相手の彼は20歳でした。 夫の愛に満足がいかなかったということではありません。 夫はとても優しくていつも私のことを常に考えてくれていました。 仕事も早めに切り上げて帰ってきてくれるし休日も2人で買い物や旅行にもいきました。 不満があったことといえば夫はとてもピュアで、 夜のほうが全然なかったということでした。 元々私も夫も子供はあまり考えていなかったのですが、それでも夫が私を抱いてくれる回数は1ヶ月に3回くらいでした。 子どもができる、できないにかかわらず、「おんな」として見てほしかったのですが、もともと性欲があまりないタイプなのか、私が我慢するしかありませんでした。 不倫相手とのなれそめ 不倫相手の彼と出会ったのはあるバンドのライブです。 向こうから話しかけてくれて友達になりました。 最初はSNSでそのバンドについて語るくらいでしたが、しばらくして彼が会いたいと言ってきました。 私は夫のこと(既婚者であること)は隠し、彼とデートをすることにしました。 そして、その日に私たちは結ばれてしまいました。 自分でもびっくりするぐらいに性欲が溜まっていたのか、彼が家に来て欲しいと言うと拒否せずに向かってしまったのです。 私は後悔して、その時になって初めて夫のことも話しましたが、それでもいい、付き合って欲しいと言われ付き合うことになりました。 彼は夫にない若さと少しの強引さと男らしさがありました。 会うたびに好きになっていき、ついには夫がいない平日に家に呼び出し体を重ねてしまう日もありました。 夫に不倫がばれた結果 不倫がばれたのは夫が外回り中に私たちのデートを、ホテルに入るところを見てしまった時です。 その日の夜は、 普段優しい夫の面影もなくただ私を責め立て、それから口も聞いてくれませんでした。 大学生の彼も「大学内で既婚女性と不倫している」といった噂を立てられてしまい、大学になかなか行けなくなってしまいました。 修羅場に発展したこともあり、私たちはついに会うことをやめ、大学生の彼からの連絡も途絶えてしまいました。 不倫がばれ、その後夫とは約1ヶ月間口をきかない日々でした。 その時は本当に辛くて、毎日泣いていました。 夕食も作りますが、不倫した妻のつくるものは食べたくないのか、ほとんど外で食べてきて、休日も夫はほとんど家にいることがなくなってしまいました。 私は我慢の限界でついに離婚届を提出しました。 最初、夫は慰謝料請求をするなどと言ってきましたが、共通の友人に説得してもらい離婚が成立。 現在、私は実家に帰り、細々と暮らしています。 不倫は自分も夫もそして不倫相手の将来も、一気に変えてしまうものだと痛感しました。 一時の幸せを得られても後先考えずに行動することは本当にダメなんだなと今回で教わりました。 今回はバンドのライブで出会ったとのことでしたが、既婚者と大学生の不倫は、パート先での出会いが圧倒的に多いような気もします。 旦那様はピュアでおとなしい草食系男子、不倫相手は少しの強引さと男らしさ、若さなど、夫にはないものを求めて、それに惹かれてしまうことも珍しくありません。 そうはいっても不倫は不倫です。 今回の場合は(不倫をした)妻から離婚を切り出し、受理されたようでした。 慰謝料はなかったとのことで、個人的には言葉は悪いですが「不幸中の幸い」かもしれません。 「不倫は自分も夫もそして不倫相手の将来も、一気に変えてしまう」とありますが、不倫で幸せになる、勝ち組というのはめったにありません。

次の

妻が離婚してくれません。 妻と結婚して5年経つ某AV制作会社に勤める28

妻が口を聞いてくれません

妻が離婚してくれません。 妻と結婚して5年経つ某AV制作会社に勤める28歳男です。 子供はいません。 妻とは仲良かったんですが、疲れてるからとセックスに応じてくれなくなってから喧嘩するようになり愛想を尽かしました。 2年前から妻との関係を同じ会社の3歳下の後輩に相談しているうちに好きになり後輩の家でセックスをしました。 それから現在まで不倫関係で、避妊しないでセックスをしてたので相手の女性は妊娠してます。 不倫相手は顔も綺麗でGカップの巨乳でスレンダーで身長167cmのスタイルで性格もしっかりもので料理も上手で優しくて仕事がとてもできる人です。 残念ながら僕と付き合う前に1人元彼で卒業して処女ではないのでセックスはとても上手でした。 でも彼女は僕にとってもったいない女性です。 現在は妻に不倫相手が妊娠してること、妻に恋愛感情がない事、離婚してほしい事を伝えて離婚届けを渡しましたが、妻は離婚しないと言います。 完全に関係が冷え切ってるのになぜ妻は離婚に応じてくれないのかわかりません。 妻と離婚する良い方法を教えてください。 お願いします。

次の

妻の努力を全然わかってくれません。

妻が口を聞いてくれません

義母と夫と3人で暮らしています。 義母が洗濯と風呂掃除、私は食事を担当しています。 義母が相当な偏食のため、毎日の食事の献立にいつも悩んでいます。 義母の嫌いなものを挙げると、肉類すべて、肉製品、乳製品、ツナ、 ねばねばしたもの、エノキ以外のキノコ類すべて、魚卵、ししゃも、鮭、卵はしっかり火が通ってないとダメなど…といった具合です。 義母用に別メニューを用意したり、義母が嫌いなものを入れる前に 取り分けておいたり、私なりに気を遣っているつもりです。 それなのに、夫は私の努力を全然わかってくれません。 また、義母が料理下手な上、 家族で外食もほとんどしなかったため、夫も食の好みが保守的です。 また、夫は結婚前は好き嫌いはないと言っていたにもかかわらず、 実際は好き嫌いが多く、騙された感じです。 夫は全く料理をしないので、 料理をする人の苦労がわかっていません。 夫は美味しくできても褒めてはくれないのに、 自分の口に合わない時だけ文句をつけ、 一口も食べずに残すこともあります。 それなのに、義母がたまに砂糖たっぷりの煮物を作ると、 これはうまい!と口に出して褒めます。 (甘すぎて私の口には合いません。 ) 義母は歯がそんなに良くないため、 今日は野菜の炒め方が足りないとダメ出しされました 洗濯してもらっているんだし、もっと気を遣ってやれ、 自分も歯が悪くなった時のことを考えろと言われました。 夫は私より母親の方が確実に大事です。 結婚したのは間違いだったかも…と思っています。 こんな夫に対して、私はどうしたらよいでしょうか? ユーザーID: 4383573618 婚活中に偏食の男性は全てお断りしました。 トピ主さんの旦那さんは、ママの味に毒されているからママがいるうちは変わらないですよ。 姑に姑と息子二人分の食事を作ってもらい、トピ主さんは自分の食事と掃除洗濯を担当すれば? 私なら面倒くさいから離婚するけどね。 偏食が激しい人って知性を感じません。 食事メニューは好き嫌いだけで決めるものではなく、栄養を摂るためのものですから。 欲に任せて好きなものしか食べないなんて、頭が悪いのだろうなと思ってしまいます。 彼らの食の好みに合わせていたら、トピ主さんも栄養が偏ってしまいますよね。 大問題です。 おまけにマザコンとは、目も当てられない。 もう生理的に無理です。 ユーザーID: 6665764447• 離婚一択。 子供がいない今なら逃げられます! 早く実家に逃げて! マザコン夫と、その母親、貴女の人生に必要ですか!? この高齢化社会では、姑、100歳まで生きるかもよ!? 脅しではなく、身近に実際起きている話です! 嫁が60代・70代になっても、義理親が亡くならないから、いつまでも嫁業が終わらないの。 老体に鞭打って、嫁業してますよ。 姑が長生きしたら、貴女は何歳ですか? そんな先まで、今の生活、耐えられます!? 貴女も、老体に鞭打って、嫁業したい? 御両親は、このこと、ご存知ですか?? 私なら、怒鳴り込みますよ。 「話が違うんじゃないですか!?どういうこと!?」って。 御主人や姑さんに改善するつもりがないなら、問答無用で娘を連れて帰ります。 私は、娘を不幸にするために、お腹を痛めて産んだのではありません。 幸せになって貰う為に、一生懸命育ててきました。 娘を不幸にするような、娘の夫や姑なんて要らない! 頭、かち割ってやりたいくらい、怒り心頭なんですけど! 貴女の御両親も、私と同じ気持ちになると思いますよ。 そもそも、私なら、同居を持ち出すような母子との結婚なんて絶対に許しませんが。 子離れ・親離れ出来ていないから、同居なんて発想が出るのです。 常識がある普通の母子なら、同居なんて発想は出てきません。 貴女も、どうして冷静に判断しなかったの? 同居なんて、完全アウェーな環境に身を投じるということよ? 夫は、名字が同じになろうが、一生、赤の他人です。 絶対に貴女の味方なんてならない。 彼には、そんなものになる気は最初から無いしね。 「そんなにお義母さんが大事なら、お義母さんと結婚すれば!?」等、その他諸々言いたいこと全部ぶちまけてキレまくり、出ていきましょう。 舐められたらダメよ。 ユーザーID: 1884424103• 子どもができる前に実家に帰ったら? ご主人、本当にわかってないよね。 自分は何にもしないくせに、同居してもらって母親だけの肩をもつなんて。 で、料理が完成したらあなたの分だけ取り分けてしまいましょう。 で、義母も夫分はくたくたになるまで炒め続けたり、良く染み込むまで煮詰めましょう。 砂糖まみれの料理で、腸内環境も乱れてるんだと思いますよ。 何か文句言われたら、「言われた通りに作りましたよ。 」でいいと思いますね。 それか担当制を止めて、義母は義母、あなたはあなたで料理も洗濯も自分の分だけをやってしまうかですね。 問題は夫の分はどちらがするかですね。 私なら料理は義母で、洗濯を妻で担当するかな。 義母亡き後に、何か言われそうだけど。 ユーザーID: 7768876131• そうだなぁ。 「う〜ん、、、。 なんか、もう無理。 」と、言って家を出るかな。 あれこれ分かってもらえなさそうなら、話し合いも面倒だし。 家を出て自分の食べたいものを食べて寝るかな。 洗濯と風呂掃除=注文だらけの料理を作る。 これ=(イコール)にはならんでしょ。 ご主人も義母さん側だし。 私なら、「ちょっと疲れたからぁ。 じゃあね。 」と、フラッと家を出るかな。 ホテルで一泊してもいいし。 まずは、自分を解放してあげるかな。 家に帰るなら、料理はもうしませんって。 そうか、作ったものを食べてください。 もしくは、自分で作ってください。 ユーザーID: 8298227347• 恋愛・結婚・離婚ランキング• 分かってくれません、って… 世の中には妻の努力が分かる思いやりのある男性と、 妻が完璧な家事をするのが当然と思う横柄な男性がいます。 あなたのご主人は後者なんですよ。 その男性のことを「分かってくれません」って言ってもどうしようもないんです。 分かる土壌がない人なんですから。 私の父があなたのご主人みたいな人です。 長男(父)の本家に嫁いできた母を長年奴隷扱いです。 母が70歳代になった今もそうです。 >こんな夫に対して、私はどうしたらよいでしょうか? あなたがどうしたいか考えて下さい。 他人に判断を任せることじゃないですよ。 ユーザーID: 1738432670• 妻が追い詰められていることを何度でも伝え説得 家事分担を変更 お辛いですね。 私も同様の苦労をしました。 世間一般の味覚や嗜好とかけ離れた人たちとの食生活は苦痛って、人生返せって思います。 同居に至った経緯は? 新婚さん?年齢や就業は? トピ本文って、新婚なら実家へ帰るレベルだと思います。 別メニューや取り分けでもう少し工夫をする。 夫の分も美味しく仕上げようと努力しない。 歯が悪い人向けに、野菜炒めはトピ主さんの分だけシャキシャキの美味のうちに取り分ける、姑と夫の分はフライパンに弱火放置かレンチンしてくったくたにして出す。 煮物などは「標準の味付け」にし食卓調味料をかけてもらう。 味醂と砂糖等を食卓にどーんと置いておく。 子供と自分のためにと言い切って屈しなくて良いのですよ。 家事含め家庭の全てが姑を中心に回っている=「妻の苦痛」を夫に何度でも伝える必要がありそうです。 良い悪いではなく、大人になるまで生活を共にしてきたか否かの違いですので、 夫には 「妻は嫁ではない。 結婚=妻と夫との二人の新生活を新しく築き上げていくこと、 そこに姑との折り合いをつけること、 その調整役は夫であること」 をしっかりと認識してうごいてもらわなければなりません。 動いてくれなくてひたすら不機嫌になることで拒否るようなら 他の家事をやる、って言って交代してしまう。 ユーザーID: 3415987296• どうもできない >こんな夫に対して、私はどうしたらよいでしょうか? マザコンの世間知らずな男に、何を言っても通じないんですよねぇ。 そういう人って、自分たちはまともだと思ってるので。 可能なら言い返してみるとか? もちろん姑もご主人も、黙っちゃいないでしょうけどね。 でも、今のままだとまるで2人の雇い主と家政婦。 そんなに文句があるなら、自分で作ってくださいとビシっと言ってみては? ハズレな旦那を持ってしまいましたね。 しかもうるさい姑付き。 こういう人たちは一生変わりませんよ。 トピ主さんには何を言ってもいい、何をしてもいいと思ってるんですよ。 ご主人+姑の中では、主従関係が出来上がってます。 ユーザーID: 5369296878• レスします 出来れば3連休以上ある時に、2日連続で朝昼晩作ってもらう。 もちろん、買い物からスタートする。 その間、トピ主さんはもちろん、義母さんも手だし無用。 それくらいしないと、料理を作る大変さなんて理解しません。 そうそう、もちろん後片付けも込みです。 そして、味付けが口に合わない時は、ご主人にしっかり言う。 頑張って作っても苦情が来るしんどさを味わってもらう。 その代わり、義母さんの料理を誉めるのは放置。 ただ、自分は食べられないなら、その対策は自分でする。 それでも理解が進まないなら、その家を出る。 そして、場合によっては離婚する。 そのご主人は、簡単には変わらないに一票。 ただし、やれることはやってみてからで遅くない。 ユーザーID: 2351146942• みなさま、ありがとうございます。

次の