箱根 コロナ。 露天風呂付客室に1泊2日で3900円 「まじでコロナウイルス勘弁して下さいプラン」体験記: J

【新型コロナウイルス】箱根駅伝も中止に…関係者が恐れるコロナ第2波直撃の悪夢|日刊ゲンダイDIGITAL

箱根 コロナ

町がプレミアム分と事務委託料の計約4千万円を負担。 販売日と利用開始日は決定次第、各団体のホームページ(HP)に掲載する。 地域経済活性化促進クーポン券「箱いこ」は1セット2千円で販売し、2・5倍の5千円分の金券として町内の土産物屋や飲食店などで利用できる。 4千セットを販売し、町外者のみ「箱いこ」クーポン券特設HP(準備中)で1人2セットまで購入できる。 宿泊割引クーポン券「箱ぴた」は1枚5千円の券が2倍の1万円分の宿泊割引券として利用できる。 販売総数は1500枚。 箱根温泉旅館ホテル協同組合のHP「箱ぴた」で1人4枚まで販売し、同HP掲載の105施設で使える。 伝統芸能体験割引クーポン券「箱根芸者お座敷券」は1枚1万5千円で販売し、2万円分の花代割引券として箱根湯本芸能組合と契約している宿泊施設48軒で利用できる。 全部で1200枚販売し、1人10枚まで購入できる。 問い合わせは、箱いこが箱根町観光課電話0460(85)7410、箱ぴたは箱根温泉旅館ホテル協同組合電話0460(85)5571、お座敷券は箱根湯本芸能組合電話0460(85)5338。

次の

箱根駅伝も中止に…関係者が恐れる新型コロナ「第2波」直撃の悪夢(日刊ゲンダイDIGITAL)

箱根 コロナ

広告 楽天トラベルなどで京都・九州・東京などの格安プランが多数! 楽天トラベルなどの大きなホテル・旅館予約サイトでも格安プランがかなり出ています。 とにかく一度検索してみてください。 その地域の最高級のホテルでさえ、通常価格の半額とか、半額以下とか。 そんなのもゴロゴロ出てきます。 北海道・沖縄などの大人気リゾート地に加え、 京都・九州・箱根温泉などの温泉地、東京や近郊の千葉や埼玉などで格安プランがそろっています。 実際にはここまでしても、宿泊客は少なく、閑古鳥が鳴いている旅館・ホテルも多いようです。 イベント会社の中には破綻したところもあるそうです。 旅行業界も破綻の危険はかなり高まっています。 一刻も早い新型コロナウイルスを終息を祈るほかありません。 飲食店や居酒屋もコロナ割引クーポンなどで対応中 ホテルや旅館に泊まることになると、必要なのは昼食や夕食などです。 外出が自粛ムードということなので、飲食店・居酒屋も来客が少ない状況です。 だからこそ 割引やクーポン配布で少しでも来店してもらおうと努力しています! お目当ての飲食店・居酒屋を見つけたら、 入店前にぜひ検索してみてください。 ホットペッパーなどに掲載されているクーポンで、めちゃくちゃお得に食事できるかもしれません。 飲み放題が格安だったり、コース料理がありえない価格だったり。 コロナの語呂合わせで 「567円」で飲み放題とか設定しているお店もありました。 外食をすすめるわけではありませんが、もし外食が必要ということであれば、お得なクーポンは活用していきたいですね。 ち なみにお酒を飲んでも、 体内のアルコール消毒にはなりません(笑)ご注意ください。 広告 どうしても旅館やホテルが必要なら有効活用を。 新型コロナウイルスに罹患しないためには、人との接触を極力少なくすることが大切です。 無自覚・無症状の保菌者もかなり増えてきていると思います。 もしかすると私も保菌者かもしれません。 そんな人が増えてきているので、外出自体がリスクを負う行為です。 とは言え。 自宅に引きこもっているわけにもいきません。 どうしても現地に行かないといけない出張とか。 結婚式や法事。 どうしても旅館やホテルを使わないといけないこともあります。 そんなときはこの割引を十分に活用しましょう。 まずはその地域の中でも、 高級なホテルや旅館を検索。 もしかするとビジネスホテル並みの価格で泊まれるかもしれません。 そして、新型コロナウイルス対策がされているかどうか確認することを忘れずに。 いくらお得に泊まれても、新型コロナウイルスにかかってしまうとすごく悲しいですよね。 注意しすぎるほど注意して、無事に自宅まで帰れるように対策しておきましょう。

次の

箱根駅伝も中止に…関係者が恐れる新型コロナ「第2波」直撃の悪夢(日刊ゲンダイDIGITAL)

箱根 コロナ

「来年のことだから」と安心している人は皆無のようだ。 関東学生陸上競技連盟(関東学連)は18日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全日本大学駅伝(11月1日)の関東地区選考会(6月20日=相模原ギオンスタジアム)の中止を発表した。 代替の選考方法は調整するそうだが、関東学連の関係者によれば、出場予定者が昨年12月までに取得している1万メートルの公認記録を参考に決めることになりそうだ。 コロナの感染者は大幅に減少。 高温多湿の夏に向かい、一時的に終息するという専門家も少なくない。 一方で、規模まではわからないが、国内だけでなく欧米の感染症の専門家たちも、年内に感染の「第2波」が襲ってくることは、ほぼ確実とみている。 「だから心配でなりません」と、箱根駅伝の常連校の関係者が言う。 「大学3大駅伝の全日本と出雲全日本(10月11日)に、箱根駅伝の予選会は秋に開催されるので大丈夫かもしれない。 問題は1月の箱根です。 コロナの第2波はインフルエンザと同時期、ちょうどそのころにやってくると予想されているからです。 これまでインフルエンザで、箱根を棄権した学校はない。 各大学とも部員はワクチンを打ち、流行期にはマスクをして、人の集まる映画館などには行かないなど、徹底予防している。 チーム内で2、3人の選手がインフルにかかることはあっても、集団感染はない。 しかし、新型コロナにワクチンはない。 プロ野球やサッカーのJリーグは無観客試合での開幕、再開を目指しているが、一般道を走る駅伝は無観客で開催というわけにはいかない。 応援の自粛をお願いした3月の東京マラソンも沿道には多くの人が集まった。 箱根駅伝の舞台となる東京と神奈川は、感染者が最も多いところ。 感染の第2波がくれば、正月の風物詩だからと開催を強行するわけにいかない。 そうならないためにもワクチン開発を急いでほしいのです」 コロナは箱根駅伝も「殺す」のか……。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の