ほったらかしキャンプ場 ダイノジサイト。 ダイノジサイト・ほったらかしサイトのご紹介

ほったらかしキャンプ場

ほったらかしキャンプ場 ダイノジサイト

ほったらかしキャンプ場の新サイトの全貌 新しい管理棟 ほったらかし温泉の奥の道を進んでいくと、ほったらかしキャンプ場の管理棟に到着です。 新サイトオープンと同時に以前行った時と管理棟の場所が変わってました。 2018年11月現在の管理棟です。 受付時の駐車スペースも広く開放的でした^^ 管理棟には、レンタル道具も豊富で、薪と木炭も販売しております。 特に薪は太くて長持ちする、良い材質でした! 管理棟の受付時に頂いた地図です。 可愛いデザインのですね^^地図の右側が新サイトです。 管理棟の駐車スペースも素晴らしいロケーション!富士山側とは逆の景色です。 撮影台もありました。 受付から右へ進むと新しいサイトで、左へ進むと元々の区画サイトとハナレサイトがありました。 とりあえず新しいサイトへ見学に行きます! 管理棟から左へ進むと坂があります。 坂を登っていきます。 登っていくと炊事場とお手洗いが見えてきました! 新サイトのお手洗いと炊事場 左が新サイトのお手洗いで右が炊事場です。 木の柱も良い雰囲気です。 反対側にも炊事場あって、この建物内に全部で3つ炊事場ありました。 混雑時も使い勝手良さそうです。 続いてお隣のお手洗いです。 ウチの嫁さん曰く女性お手洗いにはウォシュレットが付いていていたとの事です。 男性お手洗いはウォシュレットが無かったです。 でも、旧区画サイト・ハナレサイトの方には男性お手洗いもウォシュレットが付いてました!男性でウォシュレット付きが良かったら、ちょい遠いですが旧サイトの方に行けば問題なし! 手洗い場がバケツを利用したユニークかつお洒落な作りです!ハイセンスです! 新サイトの各サイトを見学 新サイトを見学していきます。 ワクワク・テカテカ^^ まずは下段の地図のカミングスーンと書いてある場所です。 まだここはオープンしてない感じですが、フリーサイトになるんですかね〜 電源は無いっぽいです。 富士山もくっきり見えます!見晴らし良好! サイトの端から見た景色です。 甲府盆地もいい感じ ここのサイトからは富士山と反対側の街並みも見ることができます! 新サイトの区画サイトです。 電源もあります。 地面が芝生で緑が良い感じ! 区画サイトからの富士山の景色です。 旧管理棟と元々の区画サイトも見えます。 新サイトの区画サイトの先に坂道がありました。 まだまだ新しいサイトを作っているんでしょうか。 坂をちょっと登ったところから撮影。 どこから撮影しても絵になるロケーションです。 新サイトのほったらかしサイトです。 柵があります。 富士山の反対側の盆地も見えます! 電源もあります。 富士山も見えます。 個人的には新サイトは両方の景色が見える、このダイノジサイトがお気に入りです。 下のサイトはカミングスーンと書かれていたサイトです。 旧区画サイトとハナレサイトの全貌 次は元々の区画サイトとハナレサイトの全貌です。 ちなみに下記の画像の左の建物が旧管理棟です。 オシャレな建物です。 現在は管理棟としては稼働してなかったです。 その右隣がお手洗いです。 一番右端が炊事場です。 お手洗い 区画サイト 区画サイトのお手洗いです。 ウォシュレット付きで非常に綺麗なお手洗いです。 重要ですね。 炊事場 区画サイト) お手洗いの右隣に炊事場があります。 中もオシャレなつくりです。 テーブルと椅子もありました。 区画サイト 電源付き 区画サイトは 全てのサイトに電源が付いてます。 絶景です! ちなみにその下のちょいテントが見えるスペースがフリーサイトです。 絶景です! 左端にあるのが電源ボックスです。 絶景を見ながらのキャンプ場は中々無いです。 地面は結構硬めでペグ打ちは、ちょっと苦労しました。 記事の後半に区画サイトの体験記も書いてます。 小谷付きサイト 区画サイトの上段に小谷付きサイトがあります。 オシャレなタープが張られてました。 木造が良い雰囲気です。 区画サイトを抜けて、50ほど歩いた場所にあるサイトです。 ハナレサイトは上段下段共に電源付き 上段と下段があります。 上段と下段共にが電源付き仕様となってます。 以前は上段にしか電源なかったのですが、下段にも電源設置されたようです。 逆側からの撮影。 甲府盆地もバッチリ見えます。 どちらかというと区画サイトの方が正面から見えるかな。 こちらはハナレサイト上段電源付きとなってます。 逆側から撮影です。 上段の方がより景色が良い印象です。 雨が降っても安心です^^ ハナレサイトお手洗い・洗い場 お手洗いです。 木の造りが良いです。 中も綺麗でした!左に洗い場があります。 洗い場です。 ほったらかしキャンプ場 区画サイト体験記 2016年の11月に、区画サイトを利用した時の体験記です。 ほったらかしキャンプ場はチェックインができるのが13時からとの事なので 13時丁度に到着しました。 区画サイト 電源付き の早速テント設営です。 今回でキャンプ3回目ですが、テント設営も30分ぐらいでできるようになりました。 初めて設営した時は一時間かかりましたからね 笑 安定のコールマンのクロスドームのテントです。 両サイドから出入りできます。 テント内に荷物を搬入。 全然整理してないけど 笑 テーブルも出して一通りセットが完了致しました。 一息ついたら、ほったらかし温泉へ向かいました。 ここのほったらかしキャンプ場から車だと2、3分で徒歩だと10分ほどで行けます。 景色を楽しみたいので歩いて、ほったらかし温泉まで行きましたよ。 スポンサーリンク すぐ側に温泉があるキャンプ場はあまりないので、快適です。 ほったらかし温泉の入り口です。 あっちの湯とこっちの湯がの2種類あります。 帰りに有名な揚げ玉子を買いました。 ほったらかし温泉の駐車場からの夕日を撮影 揚げ玉子をおつまみに、とりあえずお風呂上がりの一杯です。 中の黄身はとろーり半熟です。 お酒が進みますよ 笑 揚げ卵を食した後は、焼き芋作ります。 ここからはひたすら食べてばっかです。 一時間ほどでいい感じに焼けました。 夕食の準備です。 寒いということで、暖かいシチューを作ってくれました。 寒い時はこういう温まる料理が良いですね。 夕暮れ時の富士山。 10月で標高が高いので結構冷えます。 炭火が暖かいです。 ステーキも焼きました。 食後は焚き火をしながら、お酒を飲み続けます。 夜景が素晴らしくて、夜遅くなってもずっと起きてられます。 テントに入り、テント内でハイボールを飲みながら、眠りにつくのでした。 朝6時になりました。 昨夜、お酒をたくさん飲んだせいか、爆睡してました。 天気はちょっと雲が多いですが、甲府盆地は靄がかかってて、幻想的な景色です。 朝食です。 目玉焼きを作ります。 パスタのペペロンチーノも作りました。 そして、撤収。 区画サイトは、真っ正面に甲府盆地の景色が楽しめました。 夜景も、もちろん綺麗です。 ハナレサイトと比べると、賑やかな雰囲気です。 区画サイトはハナレサイトへの通り道になっているので、結構人の行き来があります。 ハナレサイトだと静かすぎて、ちょい寂しい場合は、賑やかな雰囲気の区画サイトがオススメです。 スポンサーリンク ほったらかしキャンプ場 ハナレサイト体験記 次はハナレサイトを利用した時の体験記です。 こちらは2017年の9月に利用しました。 利用したの場所はハナレサイト下段の区画サイト寄りの端から二番目です。 こんな感じで設営完了です。 ハナレサイトは静かに過ごしたい場合に最適なサイトです! テントに並ぶ形でタープも設営。 このコールマンのタープは、かなり安定感があります。 辺りは真っ暗に。 夜景が綺麗です。 一晩中見てても飽きない夜景です。 おまけで、夜明け前の薄明かりです 朝焼けの景色です。 区画サイトとハナレサイトの両方を利用してみて 区画サイトとハナレサイトの二つを体験してみての感想ですが、どちらも甲乙つけがたい素晴らしいサイトでした。 あとは好みの問題ですね。 区画サイト付近は管理棟がそばにあって上段に小屋サイト・中段に区画サイト・下段にフリーサイトとなってます。 賑やかな雰囲気があります。 逆に、ハナレサイトは名の通り離れているので、ホント静かです。 個人的には静かに過ごしたいので、あえて選ぶなら、個人的にはハナレサイトですかね〜 携帯の電波状況 ドコモのエクスペリアとアイフォンの両方を持っておりますが、電波はバリバリ最大で常に安定してました!テザリングでPCをネットに繋いでも安定してましたよ!オンラインゲームも安定してプレイできました 笑 周辺情報 ほったらかしキャンプ場周辺の買い出しスーパーや飲食・観光地などの情報です。 オススメのスーパーなどの買い出し場所は? 個人的なオススメの買い出し場所は、 里の駅いちのみや という道の駅付近 です! ほったらかしキャンプ場からも、車で20分ぐらいです。 里の駅いちのみやには大型スーパー・100円ショップが隣接しております。 道路の対面にはホームセンターもありますし、薪や炭もたくさん売ってました。 総合的にキャンプの食材や不足している道具のある程度は 里の駅いちのみや に行けば、不自由なく買い出しができるのでオススメの場所です^^ ほったらかしキャンプ場の区画サイトとハナレサイトの体験記でした^^ 肉を購入するならココがオススメ!岩の精肉店 キャンプといえば、肉を焼く事が多いですが、やはりスーパーで購入するより、精肉店がオススメ!ほったらかしキャンプ場から近くの岩野精肉店は良かったです! ほったらかしキャンプ場から車で15分ちょいの場所です 結構な種類の肉を販売してます。 ステーキ用や焼肉用の肉も売ってます!スーパーとは一味違った本格的な肉を楽しめました!焼肉用の牛タンやハラミも販売してました。 岩野精肉店のお気に入りが、毎回購入している馬刺しです。 馬刺しは本当に美味しくて、毎回ほったらかしキャンプ場へ行く際必ず購入します。 安定の美味しさです! そして、自宅お土産用に帰りも岩野精肉店に立ち寄り、お土産用として馬刺しを購入するほどのお気に入りな精肉店です。 スーパーでは、ちょっとした野菜とか購入して、本格的に肉を堪能したいのであれば、やはり精肉店でしょう! 周辺観光情報など ほうとう歩成 甲府といえば、食べたいのが「ほうとう」キャンプ場近くの歩成というお店は激ウマでした。 場所もキャンプ場から近いです。 歩成に関してこちらの記事にもまとめました。

次の

ほったらかしキャンプ場のダイノジサイトでまったり春キャンプ

ほったらかしキャンプ場 ダイノジサイト

ご覧いただきありがとうございます。 まことの雨のち晴れブログのまことです。 中央自動車道を勝沼ICまたは一宮・御坂ICから車で25分ほど。 その予約方法はどうなっているのでしょうか・・・ 実は最近までは、ほったらかしキャンプ場は全て 電話受付のみの予約でした。 どんなサービスかというと、 予約を希望したい日にちを予め登録しておき予約キャンセルが出た際にメールで知らせてくれる機能です。 ゴミに関して ほったらかしキャンプ場ではごみは分別すれば 300円支払えば捨てていただけます。 キャンプではごみ問題困りますよね・・・ ビン:缶:可燃(ペットボトル可)に分けて、捨ててもらうようにいたしましょう!! センターハウス センターハウスでは主に チェックインと 備品やグッズ購入ができます。 センターハウスへは ほったらかし温泉を横目に見てまっすぐ行くとほったらかしキャンプ場の看板が見えてきます。 いろいろなものが売っていました!! アイスクリーム 地図上の中にある「 アイスクリーム」は自販機の「 セブンティーンアイス」がありました。 トイレ 区画サイトのトイレ フリーサイトに降りていく分かれ道にあります。 ノースフェイスのテントを使用したおしゃれなキャンパーさんで。 サイトの土が固い!!皆さん気を付けて ほったらかしキャンプ場のサイトの土は固くて中々ペグが刺さりません!! おすすめは スノーピークのソリッドステークを持ってきてご使用ください。 付属のプラスチックなどだと本当に入りませんよ・・・ 最強ペグの呼び声高いこの1品、持っておいても損はないはずです!!• 2・アマゾンでめちゃめちゃ安くに買った焚火台 謎ブランドの焚火台です!!これ値段の割にめちゃめちゃよかったです。 写真はこんな感じで 隣にはケーズデンキがありGOPROのmicroSDがなくなってしまったので、ついでに購入もしました!! ベイシアはかなり大きかったので大抵の食材は揃うと思います。 岩野精肉店ではオリジナルブランド豚肉「 眠り豚はるな」をはじめ、良質の牛肉、豚肉、鶏肉、最高級の国産和牛、馬肉、ラム肉などを取り扱っており、近年ではギフトや景品のお肉詰め合わせセットが好評をいただいております。 当店のお肉で喜び、感謝の贈り物、家族の笑顔と団らんにお役立てください。 ハンバーガー 地元のスーパーでハンバーガーのバンズが売っていなかったため、スーパーに問い合わせたところ、仕入れて売ってくれるとの事。 ほったらかし温泉 ほったらかしキャンプ場に併設されて ほったらかし温泉という施設があります。 営業時間 ほったらかし温泉の営業時間は ・年中無休 ・日の出一時間前~22時(最終受付21時半) 12月・1月・2月 6時前後 開場 3月 5時半前後 開場 4月 4時半前後 開場 5月・6月・7月 4時前後 開場 8月・9月 4時半前後 開場 10月 5時前後 開場 11月 5時半前後 開場 キャンプ場からのアクセス 一番近いサイトからだと 徒歩5分ほど 僕が泊ったハナレサイトからだと 歩いて10分ほどかかりました。 ほったらかし温泉の駐車場もかなり大きいので車で行くのありだと思います。 名物の温玉揚げ ほったらかし温泉の 名物温玉揚げ。 トロっとした卵と外のカリカリがたまらなく合って美味かったです。 是非ご賞味ください。 2つとも 料金800円で変わらないのですが、 早朝営業の日の出を拝むことができるのはあっちの湯のみです。 その為こっちの湯に入れるときにはこっちの湯に入った方が良いかなと個人的には思っています。 ちなみにこっちの湯の方が古いみたいです。 源泉も違うとか・・・ こっちの湯 あっちの湯 早朝、日の出を見に行く方へ 早朝ほったらかし温泉に着くと 券売機の前に行列ができています。 こっちの湯が早朝は営業していないのですが券売機は営業しているため、入り口に近いこっちの湯の券売機に行列ができてしまいます。 しかしあっちの湯の中にも券売機があるので、こっちの湯の券売機が混んでいたら、行列を交わして あっちの湯の券売機でご購入されることをおススメします。 2箇所おすすめの場所があるのでご紹介します!! 1.天皇献上品の草餅|早川製菓 ほったらかしキャンプ場の山を下りること10分ほどのところにある、「 早川製菓」 自社で作られたヨモギで作られる香り豊かな天然ヨモギの草餅は絶品です!! 1個150円でしたが納得のお値段でした。 営業時間:8時半~17時 定休日:毎週月曜日 2.高速インター手前|信玄餅で有名な桔梗屋 ほったらかしキャンプ場から車で20分ほど信玄餅で有名な桔梗屋。 高速インターもすぐ近くなのでお立ち寄りすれば楽しめると思います。 3.山梨県笛吹川フルーツ公園 ほったらかしキャンプ場から車で5分ほど・・・ すごく近くにあるフルーツ公園です。 ダメ人間の部類に入るかと思います。 笑 そして・・・ このブログでは今までの経験を活かして、読んでくださる皆様が少しでもタメになったなと思ってもらえるよう内容を工夫して書いていきたいと思います。 初心者で不慣れな点もございますが、よろしくお願いいたします。

次の

ほったらかしキャンプ場レポ前編|絶景に温泉ありといえば、人気あるのそりゃわかるわ

ほったらかしキャンプ場 ダイノジサイト

目次 []• ほったらかしキャンプ場に決めた理由 2020年1回目のキャンプは 夜景見ながらキャンプしたいな~と関東近辺で通年営業、夜景が見えるキャンプ場を黙々と探していました。 条件に該当したのがほったらかしキャンプ場。 前回は曇りでほったらかしキャンプ場の絶景夜景を100%堪能できていなかった心残りもあり、2回目のほったらかしキャンプ場への出撃を決めました。 が!予約状況を見ると「 満」の文字が…。 さすが予約が取れない超人気キャンプ場。 前日まで「 満」の文字が変わる事がなく当日を迎えます。 あとは予約を獲得するのみ…。 ほったらかしキャンプ場の当日予約は朝9時から電話受付しています。 かしこまりました!それではお名前を… 終始丁寧に案内していただき、無事予約を確保! ほったらかしキャンプ場のスタッフさんは電話から神対応です。 あまりの嬉しさに歓喜の雄たけびをあげていると謎の視線を感じ、ふと横を見ると我が家の次男と三男が父を冷たい目で私を見ていました。 「なんなんだこいつは」と訴えかけるような目で。 フルーツラインを通ってほったらかしキャンプ場に向かいます。 急いで車に荷物を積み込み自宅を出発。 しかし、家を出て5分のところで テントを忘れたことに気づき自宅に戻る。 テントを積んで家を出たら、次は ダウンを忘れたことに気づき再度自宅に戻る。 3回目は大丈夫だろうと安心して、ふと下を見たら社会の窓が全開でした。 そして、勝沼インターを降りて途中のコンビニ。 一眼レフの予備バッテリーも充電器も忘れた事に気付き絶望。 積み込みチェックリストでも作ろうかな…。 高速降りて下道20分くらい。 フルーツラインを通ってほったらかしキャンプ場に向かいます。 前回、曇りで見れなかった富士山も見える! ジムニーの非力なエンジンを酷使しつつフルーツラインの坂道を上がっていきます。 ほったらかしキャンプ場の進化していた管理棟 ほったらかしキャンプ場に到着したのは13時30分。 ホッタラカシキャンプジョーグッズに埋め尽くされた管理棟で予約用紙に記入をして、チェックインを済ませます。 前は無かったスウェーデントーチもあったり 管理棟の横にはオリジナルグッズの販売スペースができていたりと、管理棟周りが超進化してました。 子連れも嬉しい「 駄菓子屋ほったらかし」も営業中。 とてつもなくどうでもいいことかもしれませんが、管理棟前の自販機だけ電子マネーに対応していました。 最近、全て電子マネーで決済している私にはありがたい。 チェックインを済ませて区画サイトへ向かいます キャンプ場入って右、以前「あたらしいサイト」の看板があった道を進みます。 最初の分岐点。 左は以前はComing Soonだった新サイトエリア。 橋はフルサイズの車だと少し冷や冷やする道幅かもしれません。 ほったらかしキャンプ場の区画サイトも最高! 予約した区画サイト9に到着しました。 区画サイトからはっきりと笛吹市の街並みと富士山を見る事ができました。 お隣の1段上の区画サイト10。 現在、ほったらかしキャンプ場で一番高い場所にあるサイトだと思います。 区画サイト6~8 区画サイトは景色を遮るものはありません。 なので晴れていれば昼間は目の前に富士山、夜は絶景夜景をみながら過ごせます。 荷下ろししつつ、今回の宿となるパンダTCを設営。 ハナレサイトは地面がとてつもなく固くてペグ打ちに苦労しましたが、こちらは地面がやわらかくペグ打ちが楽でした。 大型テントを張ると少しパツパツ感があるかもしれません。 パンダTCタープを連結。 せっかくの景色なので洞窟スタイルはやめて、片側を跳ね上げて設営。 トイレ、炊事場も綺麗で安心 今回予約した区画サイトから一番近いトイレ。 中は相変わらず綺麗でウォシュレット、温便座です。 男性用は小便器が1つ、個室 大便器 が1つ、女性用トイレは個室トイレが2つ。 隣にある炊事棟。 ほったらかしキャンプ場のトイレ棟、炊事棟の付近には全て自販機が設置されています。 炊事棟は水のみ。 お湯はでません。 シンクは3つ。 写真の大きいシンクが1つ、写真反対側に小さいシンクが2つ。 炊事棟の隣には焚火台や鉄板を洗うための水場。 洗って持って帰れるのは助かります。 建設中のトイレと炊事場 2020年1月時点では先程紹介したトイレが一番近いのですが、区画サイト10の上に新しいトイレ棟と炊事棟と思われる建物がありました。 このトイレ棟と炊事場が完成すれば、ほったらかしサイト2、ダイノジサイト4、区画サイト6~10はトイレ、炊事場にかなり近くなると思います。 夜景を待ちながら夕焼けを堪能する 日が落ちてきて、綺麗な夕焼け富士が姿を現します。 夜に備えてランタンを準備。 ランタンは何年もお世話になっているコールマン286A。 良い相棒です。 夕焼けに染まる町並みが綺麗。 ソロにスノーピークの焚火台Lは重すぎる問題を解決するために新調したピコグリル760。 焚火台Lフルセット11kgに比べると ピコグリル760は約1kg。 かなりの軽量化に成功しました。 ピコグリル398とも迷いましたが、大きい薪もそのまま置ける事、そして安定度(若干作りが違う)を検討した結果、760を購入。 焚火料理もできる五徳機能も備わっていて軽くてコンパクト。 もし重い焚火台に悩まされているようならピコグリル760がおすすめです。 世界が変わります。 ほったらかしキャンプ場の夜景はやっぱり最高だった 徐々に空が暗くなり、日が落ちていきます。 日が落ちて暗くなると各テントに明かりが灯り、夜景を前に焚火を堪能するキャンパー達。 ほったらかしキャンプ場から見える絶景夜景。 通年予約がいっぱいで多くのキャンパーからほったらかしキャンプ場が愛される理由も納得。 本当はもっと綺麗な星空 撮影技術が未熟でごめんなさい。 でも私みたいな未熟者でも星空が撮影できるくらい、満天の星でした。 新しい焚火台ピコグリル760に火入れ。 夜景を見ながら焚火で暖をとりビールを飲む時間はたまらないものです。 ほったらかしキャンプ場の消灯時間は22時。 寝るまで曇らず風が強くなる事もなく、天候に恵まれた1日でした。 ランタンの明かりを落としコットにゴロゴロしながら夜景を見ていると睡魔に襲われ就寝。 おやすみ。 チェックアウトは11時だけどデイキャンで16時まで延長 おはようございます。 翌日は曇りスタート。 しかし雲の間から刺す光、天使の梯子が幻想的でこれはこれで良い。 前回はチェックアウト前に雨が降り始めて慌ただしい撤収になってしまったので、今回は、デイキャンをお願いしました。 デイキャンのチェックアウトは16時まで。 料金はサイト利用料+人数。 平日だったので、区画サイト利用料は宿泊価格から500円引きの3500円と大人1名1000円の 合計4500円。 ちょっと高いけど…2020年一発目のキャンプなので奮発。 ちなみに笠雲は雨などを予兆するものらしく、翌日の天気予報を見ると雨になってました。 ほったらかしキャンプ場の景色を十分に堪能させていただいたところで撤収準備。 最後に忘れ物、ゴミが無い事を確認し後にします。 新サイトダイノジサイト、区画サイトの紹介 今回はキャンプ場入って右、新サイト、区画サイト、ダイノジサイトを中心に紹介します。 区画サイト6・7・8・9・10 区画サイト6、7、8は横並び、一段上がって区画サイト9、更に一段上がって区画サイト10 この並びで一番高いところにあるのが区画サイト10です。 区画サイト10からの眺望です。 ただすぐ下に区画サイト9が見えるので、お互い少し気になるかもしれません。 区画サイトまとめ ダイノジサイトに比べると若干サイトが小さいのでソロ、デュオ向きのサイトだと思います。 車2台でも別で駐車場を借りれるので車2台で行っても大丈夫です。 区画サイト9と10はまだWEB上で公開されていません。 予約条件については不明です。 ちなみに旧管理棟の先にある区画サイト1からの眺望です。 ほったらかしサイト2 ペットも一緒にキャンプができるフェンスに囲まれた「ほったらかしサイト2」 ほったらかしサイトは2箇所あります。 ほったらかしサイト2から 笛吹市街の景色を見るには区画サイト越しに見ることになります。 なので他のサイトに比べると眺望は劣るかも。 サイトの広さは大型のツールームテントでも余裕がある広さです。 ペット連れの夫婦、カップル、二人利用が多い印象。 車はフェンス入口の前に停めます。 ダイノジサイト4 ほったらかしサイト2の隣にあるダイノジサイト4。 区画サイトより一段高い位置にありますが、区画サイトに背の高いテントが張ってあると夜景が遮られ市街地の夜景があまり見れない可能性もあります。 ダイノジサイト1・2・3 少し狭く見えますが大型テント車でも余裕がある広さでした。 ダイノジサイト2の端からの景色。 一段下がったところに見えるのは、ダイノジサイト8。 ダイノジサイトは区画サイトに比べると広く、大型テント+タープの組み合わで利用している方が多かったです。 新サイト ダイノジサイト7・8 中段にあるダイノジサイト7と8 1段下がるだけで景色が結構変わります。 中段なのでダイノジサイト1、2、6、5に挟まれる感じになります。 新サイト ダイノジサイト5・6 ダイノジサイトエリアで一番下段にあり、管理棟に一番近いダイノジサイト5と6 ダイノジサイト6からの景色。 すぐ目の前に管理棟の裏が見えます。 そのため他のダイノジサイトに比べると眺望が劣る気がします。 他に比べ開放感は劣るものの管理棟より高い位置にあるので山々に囲まれた風景と夜景を堪能する事ができます。 ちなみにハナレサイト上にあるダイノジサイトはシンク付で、解放感抜群。 ダイノジサイトまとめ 区画サイト、ハナレサイトより広いダイノジサイト。 大型テントで家族、大人数で利用している印象でした。 眺望が良さそうなのがダイノジサイト2、3、8 ダイノジサイト4、5、6は他に比べると眺望が若干劣るような気がしました。 今後も増え続けるほったらかしキャンプ場の新サイト レイトチェックアウトなのでまったり過ごしていると、 ショベルカーとトラックが頻繁に出入りしていました。 その理由はこれ。 区画サイト10の先に伸びる道。 その脇には新サイト予定と思われるスペースが。 たぶん10サイト以上、建設中なのではないでしょうか。 少し登らせていただくとこの眺望。 ダイノジサイトなのか、区画サイトなのか、フジサンサイトなのか、超スーパー眺望サイトになるのか、名前は不明です。 現在ある全てのサイトより高い位置にあるので、既存のサイトより絶景景色が見えるサイトになると思います。 更に上段にもサイトがあり、まだまだ上に道は続き、建設中の新サイトが複数ありました。 進化が止まらず今後もほったらかせない、ほったらかしキャンプ場。 景色、夜景が楽しめるキャンプ場としては関東最強になるはず。 そしてキャンパーカップルの愛の告白に最適なキャンプ場である事間違いなし。 「この夜景を君に」 【まとめ】ほったらかしキャンプ場は最高です! 2度目のほったらかしキャンプ場ソロキャンプ。 2回目にもかかわらず満足度を自己採点すると100点満点! 綺麗な富士山が見える、サイトからの景色と開放感、夜景が見える、施設設備が綺麗でオートキャンプ可、魅力溢れる最高のキャンプ場ではないでしょうか。 自然に囲まれた林間キャンプ、広大な野原の中でのキャンプも魅力的ですが、ほったらかしキャンプ場は、それらとは異なるキャンプの素晴らしさを感じさせてくれるはず。 もし雄大な夜景を見ながら焚火を囲い、友人と語らいあう、一人で想いにふける、家族との大切な時間を過ごしたい、非日常を過ごしたい、という方は一度ほったらかしキャンプ場に行ってみてはいかがでしょうか。 きっと素敵なキャンプタイムがあなたを待っているはず。 ホッタラカシキャンプジョー!最高! 【番外編1】珈琲豆を忘れたらキャメルへ行こう ある種カフェイン中毒と言われてもおかしくないくらい朝から晩まで珈琲を飲んでいる私ですが、特にキャンプ場で飲む珈琲は絶対に欠かせません。 しかし、珈琲豆を忘れてしまい唖然、そして絶望。 売店に売っているのでは!と管理棟に聞きに行くも売っておらず…。 絶望に打ちひしがれていると 「珈琲飲みたいですよね」とスタッフさん。 「かなり厳しい状態です」とカフェイン切れの私。 「車で10分くらいの所に良い珈琲ショップがありますよ。 珈琲豆も種類があったので、おすすめですよ」と珈琲ショップを紹介していただきました。 しかしこの時既に夕方。 夕暮れの景色も見たいが…せっかく紹介いただいたのと珈琲中毒の私は慌ててサイトに戻り珈琲ショップへ向かう事を決意。 フルーツラインを下り、ほったらかしキャンプ場を出て約15分。 夕方の山梨駅はかなり渋滞してて予定より時間がかかりました。 撮影許可をいただきオシャレな店内を写真撮影。 厳選されたコーヒー豆が並んでいます。 お洒落な店内。 飲食スペースもあって帰りがけによるのもいいかもしれません。 美味しそうなケーキもありました。 テントに戻り早速珈琲を早速一杯。 「うん、美味い!」 朝の珈琲も一杯。 「うん、美味い!」 帰りの珈琲も「うん、美味い!」 美味しさを伝える事のできない残念な私ですすみません。 でも、とても飲みやすく美味しい珈琲豆でした。 もし珈琲豆を忘れてしまい絶望した時には「キャメル」をおすすめします。 【番外編2】帰りはほったらかし温泉に行こう 前回は雨撤収となり、何も見えない霧を眺めながら露天風呂に入るような結果になってしまったのでリベンジ。 前回入ったこっちの湯は、設備修繕のため入れず。 年季が入ってる入口。 普段なら「大丈夫か?」となってしまうが、これはこれで 「良い雰囲気だ」と納得させる魅力があります。 施設内は撮影禁止。 今回は、笛吹市街の景色と富士山、これぞほったらかし温泉の風呂だ!というものを味わう事ができました。 また平日だったという事もあり、夕焼けが見れるタイミングでぽつぽつ人が増えてきたくらいで、ほぼ貸切状態でした。 たぶん土日は大賑わいの飲食コーナー。 休憩室、ベンチ、椅子も沢山あって温泉に入った後も楽しめます。 やっぱり最後はこれ。 以前より少ししょっぱくなったような気もするけど、美味しい! そんなこんなしながら、ほったらかし温泉で日が落ちていく夕焼けを見ながら揚玉を食べて、帰路につきました。 ありがとう!ほったらかし温泉! ありがとう!ほったらかしキャンプ場! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の