スーパー カブ。 【カスタムカブ】インドネシアの改造スーパーカブ事情がスゴイことになっている

スーパーカブのクラッチ交換、オーバーホールをやってみた! │ カブわか.com

スーパー カブ

テイラー E-2 カブ もっとも基本的な複座機を可能な限りの低価格で提供することを狙ってテイラーが設計した同機は、タンデム複座の高翼機で、木金混合構造に羽布張りの機体であった。 エンジンは当初20だったが、すぐに40馬力のものに変更された。 に初飛行を行い、優れた操縦性を発揮したカブは翌年に形式証明を取得したが、この時期テイラー・ブラザーズ・エアクラフト社は深刻な経営難に陥っており、この機体を1機も量産できないまま倒産してしまった。 そこでパイパーが新たな資本を投入しと名を変えて再生させ、パイパーは同社の役員兼管財人となった。 37馬力のエンジンを搭載して量産されたカブは、コストパフォーマンスに優れた機体として極めて良好な販売成績を収め、エンジンの変更などを行いF-2、G-2、H-2と改良されていった。 しかし、再び陥った経営難により製造・販売権がパイパーの手に渡り、からは彼がカブの生産を継続するために設立した社で生産が行われるようになった。 この頃には、機体形状が大幅に洗練された J-2に生産が移行していた。 最終的にテイラー社とパイパー社はこれらの形式をおよそ1,576機生産した。 パイパー J-3 カブ [ ] 設計技師 ()の製図版から誕生した J-3は、カブシリーズ中もっとも有名な機体となった。 胴体の直径を広げたことでより強力なエンジンが搭載可能となり、エンジンの強化に伴い垂直安定板も大型化した。 これにより性能が向上し、より高い市場性を獲得したJ-3は、1937年に形式証明を取得し、翌年には737機もの大量生産が行われた。 パイパーは「1938年にアメリカで販売された民間機の内、3分の1がカブであった」と吹聴していた。 J-3は搭載するエンジンの違いによって大きくJ-3C(製エンジン)、J-3F(フランクリン製エンジン)、J-3L(ライカミング製エンジン)などに分けられ、さらに馬力により-40、-50、-65と分けられていた。 例えばもっとも一般的なモデルであったJ-3C-65は、65馬力のコンチネンタル製エンジンを搭載していることを意味する。 を装備した型の場合は、形式名の最後に「S」が付けられた(例:J-3C-65S)。 5月、複雑な装置を装備したカブが、ケネス・クレスとグレン・イングラートの操縦によりから間の総距離3,486km以上に及ぶ往復飛行を行った。 また、同年11月にはトム・スミス操縦のJ-3がの上空を218時間23分に渡って飛行し続け、軽飛行機の滞空時間記録を樹立した。 J-3はおよそ20,043機(後述する無動力型を除く)が生産され、にカブシリーズは生産を終了した。 現在でも多数の機体が現役であり、複数の企業が部品やアクセサリーを供給している。 J-4 カブ・クーペ(Cub Coupe)は、J-3の胴体幅を広げ並列複座としたもので、皮肉にも会社を去ったテイラーが設計した ()との競合を狙って開発されたものであった。 J-4は1938年に形式証明を取得したが、によりの生産に移行することになったため間もなく生産が停止してしまった。 J-5 カブ・クルーザー(Cub Cruiser)は後席に2名を乗せられるようにした3座席の機体で、こちらはより長く生産された。 J-4とJ-5の合計生産数はおよそ2,761機である。 軍用型 [ ] カブシリーズはとしても採用され、民間からした機体と共にで多用された。 はにJ-3をとして評価を行い、 O-59の名称で採用したが、一部 UC-83と命名されていた機体も含め、就役時に L-4 グラスホッパー(Grasshopper)へと改称された。 も NEの名称で練習機として採用した。 J-5もアメリカ海軍に HE-1の名称で患者輸送機として採用されている。 その他の派生型 [ ] 戦後になっても、カブは以下のような数多くの派生機を生み出している。 ()(Cub Special) J-3から発展。 エンジン全てがカウリングで覆われるようになり、主翼内に燃料タンクが増設されたほか、前席からも単独操縦ができるようになった。 ()(Super Cruiser) J-5から発展した3座席機。 ()(Family Cruiser) PA-12のキャビンを拡大した4座席機。 ()(Vagabond) 翼幅が短く、弦長の長い主翼を持つ複座機。 PA-17では二重装置の追加などの改良が施された。 合計601機生産。 ()(Clipper) PA-14の胴体にPA-15の主翼を組み合わせた機体。 736機生産。 ()(Pacer) PA-16の改良型。 より強力なエンジンを装備。 1,120機生産。 コルトは複座の練習機型で、1,861機生産。

次の

ホンダSUPER CUB90で人生最長ツーリング! 絶景の「白崎海洋公園」でキャンプもしたよ〈若林浩志のスーパー・カブカブ・ダイアリーズ Vol.2〉

スーパー カブ

【スーパーカブ&クロスカブ(2018)】 ディテール&試乗インプレッション スーパーカブと聞くと新聞や郵便の配達などで主に使用される「はたらくバイク」という印象が強いかもしれません。 ですが、同じカブでも遊べるカブや、普段使いにピッタリのカブがあるんです。 今回は、2017年と2018年にモデルチェンジしたスーパーカブ110と、クロスカブ50、そしてクロスカブ110を比較してみます。 スーパーカブに関しては50ccと110ccで基本的なサイズは共通ですが、クロスカブに関してはサイズが大きく異なります。 スーパーカブとも違いますし、クロスカブ50とクロスカブ110でもサイズは違います。 クロスカブ110の方がどっしりした印象でしょうか。 クロスカブ50もスーパーカブよりもボリュームを感じるサイズですね! カブシリーズの足つき性は抜群! カブシリーズはどれも足つきが非常に良く、女性や小柄な方にも安心の座り心地になっています。 ただ、スーパーカブ110とクロスカブ110の違いはここにも表れます。 【シート高】を比較 ・スーパーカブ110:735mm ・クロスカブ50:740mm ・クロスカブ110:784mm スーパーカブ110のシート高は安心安定の735mmですが、それに対してクロスカブ50で740mm、クロスカブ110で784mmと結構高さがあります。 でも足つき性はやっぱり良いです。 カブなので。 クロスカブ50には14インチのホイールが装着されており、軽快な走りが得意になっています。 参考までに、同じ排気量のスーパーカブ50は17インチです。 新型の価格がスーパーカブに比べると多少高いイメージがありますが、性能を考えると妥当な価格にも思えます。 カブシリーズの維持費は? カブといえば「燃費が良い!」というイメージは皆さんあるかと思いますが、正にその通りです。 少ない燃料で長く走れるのがカブのイイトコロ! 燃費のカタログ値を比較してみましょう。 ・スーパーカブ110:67. クロスカブ ・重量税:¥0 ・軽自動車税:¥2,000 スーパーカブ110、クロスカブ110 ・重量税:¥0 ・軽自動車税:¥2,400 (2018年3月時点) 消耗品もタイヤやプラグなど非常に安価に済ませる事ができるので、所有していても負担はほとんど増えません! 停める場所もあまり選ばないので、アパートの駐輪場などに停めても邪魔になることも少ないでしょう。 まとめ まったり走って楽しむならスーパーカブ。 アクティブに普段使いも遊びもガンガン楽しみたいならクロスカブ。 自分の用途に合った選択ができるのはバイク選びをする上で嬉しいですよね。 通勤通学から休日の遊びまで、いつでもどこでも付き合ってくれるカブは本当に万能です! 気になっている方は是非チェックしてみては如何でしょう。

次の

ホンダ・カブ

スーパー カブ

バイクの積載アイテムの中でも、王道にして定番といえばシートバッグ。 車種を選ばないしサイズも豊富なので、さまざまなシーンで活躍してくれますよね。 でも、そのサイズの豊富さが曲者で、実際の装着感はどんな感じなんだろうってのが、あまり出てこない。 ならばやるしかない。 シートバッグを各サイズ集めるのだ、そしてカブに実際に装着するのだ。 載せるバッグは、自分も愛用してるプロトのIGAYAシートバッグ。 ついでにIGAYAの開発メンバーに、開発の話やシートバッグ装着のコツも聞いてみたぞ。 第1回である今回は自分のスーパーカブ90を使うので、バイク探しは問題なし。 で、もうひとつの主役であるところのシートバッグを入手するのです。 そこで頼ったのが、これまでにもちょくちょく登場しているスーパーカブ90乗りのY氏。 工具編にも登場してたよ。 Y氏ですが、実はIGAYAの開発メンバー。 その立場を活用させていただいて、シートバッグを2個もってきてもらうことに。 さらに私物のキャンプシートバッグとデイツーリングバッグ(こないだ買った)を加えて、全4種類コンプリートするのだ。 やったぜ。 IGAYAとY氏とセロー250 セローにIGAYAシートバッグ2個を積んで、さわやかに登場したY氏。 今日は会社のバイクで来たのね。 せっかくなんで開発メンバーらしく開発秘話とか教えてよ。 第1回 スーパーカブ90編。 〈若林浩志のスーパー・カブカブ・ダイアリーズ Vol. 第1回 スーパーカブ90編。 〈若林浩志のスーパー・カブカブ・ダイアリーズ Vol. 18〉 色々なバイクに着けてもマッチするように、あえての黒。 ミリタリーテイストを取り入れつつ、グローブを装着したままでも使いやすい大型バックルなど、機能性のあるデザインを目指しました。 ソフトバッグってハードバッグに比較して雨に弱いんですが、そこをなんとかしたくて 雨に耐えるソフトバッグということは考えていました。 そのために防水性を高めた大型フラップを採用しています。 そうそう、そういうの聞きたかった。 個人的に一番気になってたんだけど、やけに安いですよね、IGAYA。 第1回 スーパーカブ90編。 〈若林浩志のスーパー・カブカブ・ダイアリーズ Vol. 18〉 そうですね、個人的な考えとしてはもう少し高くても良いのかな、と思うこともあります。 素材にこだわった結果、原価もかなりかかってますし。 ただ、エントリーの方にも使っていただけるよう、良心的な価格を目指した結果、今の値段になっています。 なるほどなるほど。 ところで、そのセローいいね。 何が良いって都合が良いね。 第1回 スーパーカブ90編。 〈若林浩志のスーパー・カブカブ・ダイアリーズ Vol. 18〉 え、別に良いですけど ありがとうございます! IGAYAシートバッグシリーズのサイズを数字で確認 さて、そんなこんなで確保したIGAYA4種。 各ラインナップのサイズはこんな感じ。 数字だけではわかりにくいので、どれくらい荷物が入るかやってみようかな、と思ったんですが、ちょうどプロトツーリング部という公式チャンネルでそのあたりの解説してましたわ。 こちらの動画をぜひチェックチェック。 スーパーカブ90の積載イメージ いよいよカブ90に乗せてみます。 シートバッグを搭載するキャリアはこんな感じ。 いわゆる普通の純正です。 このボロさがたまらないんだぜ。 この企画で色々調べててわかったけど、現行のスーパーカブ110よりキャリアが小さいのね。 さて、本番。 小さいサイズから、どんどん大きくしていくよ。 ちなみに拡張していない状態での比較です。 で、実際に積むときの注意点。 キャリアってはじっこに棒が出てるじゃないですか、ついついそこに引っ掛けて固定しちゃうんですよね。 でも、MASA氏に聞いてみたところ、ループベルトをやや内側にしっかり固定するのがコツだそうです。 文字だとわかりにくいね、画像で見るとこんな感じ。 もちろん車種やキャリアの種類によって最適な固定方法はかわるので、あくまでも参考までに。 あと、若林の場合はあまりシートに寄せすぎないようにしてます。 長距離を走ってると尻が痛いじゃないですか。 そんときにある程度自由度があった方がありがたいのね。 ただ、背中ぎりぎりに荷物があった方が落ち着くという人もいるから、ライダーや車両の都合にあわせて千差万別ですな。 前にも積めるぞ、旅フロントキャリアがあれば。 シートバッグってくらいだから普通はリアシートやリアキャリアに積みますよね。 スーパーカブには純正フロントキャリアがありますが、幅が狭くてシートバッグはさすがに無理。 でもカビィさんの旅フロントキャリアならデイツーリングバッグをギリ載せれるのだ。 マンガっぽくてかわいいぞ。 キャリアの許容積載重量が5kg。 デイツーリングシートバッグが2. 6kgなので、あまり重いものをつっこむのはNG。 あんま詰め込むとハンドリングにも影響出るし。 雨具とか着替えとかGoProとかの軽いものをぽいぽい放り込むと良さげ。 普通のバイク(セロー250)に積むとこんな感じ。 さて、せっかくY氏あらためMASA氏が、プロトのデモ車であるところのセローで登場したので、こいつにも積んでみるのだ。 センタースタンド(参考出品)が装着されてて撮影も楽でありがたい。 仕様などは下の画像をクリックorタッチ。 plotonline. つまり、純正キャリアが小さいチームですな。 そのあたりの対策も検討中。 しかしまだリトルカブの車両確保ができてない。 不安とともに生きるのだ。 写真・文:若林浩志/取材協力:プロト 若林浩志/プロフィール 愛知の地方カメラマン。 1973年生まれ。 撮影は、バイクと料理とブツ撮りが好き。 所有バイクは、ホンダ・スーパーカブ90とヤマハ・TDR250。 平成終盤にキャンプに目覚め、ネットで用品を買いまくる毎日。 趣味はamazonレビュワーランキング上げ。 最近はメルカリにハマっています。

次の