ロング チワワ。 ロングコートチワワのカットの仕方とは?おすすめのカット例|チワワのドッグフード

チワワのスムースとロングの違いって?どっちを飼おうか迷っている!

ロング チワワ

この項目では、犬について説明しています。 その他の用法については「」をご覧ください。 チワワ 愛称 チ-チ Chi-chi 原産地 特徴 体重 オス 1. 8—2. 7 kg 4—6 lb メス 1. 8—2. メキシコのが原産地。 ロングコートチワワ 日本ではより飼育されるようになり、ゆえの飼育のしやすさから、のの登録頭数は約8万6千頭とに次ぐ2位という人気になっている。 特にロングコートは若い女性に人気が高い [ ]。 アメリカではにのに登場するタレント犬 ()が話題を呼び、チワワは全米で人気の高い犬種の一つとなったが、ブームの沈静化とともに野良チワワが社会問題となった。 にはDJ BOBOの「(:チワワ de こんチワワ)」がでとして使われ、その後全土で大ヒットした。 日本では3Dアニメ「ちわわわーるど」タイアップ曲「チ・ワ・ワ ~愛のPOWER~」としてカバーされた。 外見 [ ] 身体の大きさは概して小さいが、均一ではない。 毛色も多種多様である。 多くの国のケネルクラブでは「体重6ポンド 約2. 7kg 以上はショードッグとして失格」としか規定されていない(JKCにおいては実情に鑑みて「2. 8kg以下」であった数値が「3kg以下」に変更された)。 近年の小型化ブームにより、(特に日本では)飼い主側に小型の個体を求め、賛美賞賛する傾向が強くなりつつあり、供給側もそれに応えてどんどん小型化しているという犬種の健全化という観点からは大変危険な実情がある。 鼻吻はやや詰まっており、大きな瞳は毛色と同様黒や茶褐色等様々な色が認められる。 体温調節を担う耳は頭部に対して大きく、僅かに外側へ反ったたち耳。 短毛種のスムースコートにやを交配して作られた長毛種のロングコートがある。 また、チワワならではの特徴としてはアップルドームと呼ばれる額が挙げられる。 その名の通り、のような丸みを帯びた形に由来するものである。 身体の大きさと色は様々である。 これはブラックをベースにタンが入ったスムースコートのチワワ。 特性・飼育上の注意 [ ] チワワは、献身性と個性を持っており、それが重んじられる。 機敏で知性がありかつ独立心もある。 日本の小さな家や部屋で飼うには非常に適した犬種であり、 近年 [ ]は若い女性に人気が高い [ ]。 長寿傾向にあり15年かそれ以上の長いつきあいを可能になっている。 しかし体格が小さく身体的に脆弱な為、細心の注意が必要である。 幼少時に甘やかし社会性を怠ると気に入らぬ事があればすぐに唸って噛み付くような社会適応力の無い犬になる。 前述の通りチワワは体が小さいなので、寒さに弱い(も参照の事)。 食事に関しては、偏食の傾向が多く見られる。 多くのチワワは彼らの愛情を1人の人間に集中させる傾向があり、誰にでも愛想良く振る舞う性質でない事が多い。 反面主人の他の人との人間関係や他の犬を可愛がる事にやきもちをやくケースも見受けられる。 また大部分のチワワは非常に大胆で無謀な面がある。 超小型犬という体格ながら、より大きな動物(大型犬など)にも臆せずに対峙する。 またその小ささから(、、など)等狩猟好きな動物に、獲物の小動物(やなど)と混同されてしまう事がある。 チワワの、特に仔犬を管理なしで屋外に放すことは極めて危険である。 多くのチワワは野外探検を楽しむ。 チワワは同種に対する忠誠心を持っているため、他の犬種以上にチワワどうしの親交を好む可能性が高い。 基本的に住宅用ペットであるという評判にかかわらず、チワワは非常に好奇心が強く、屋外(例えば公園やハイキングコース)の光景と臭いを調査して楽しむことが多い。 豊富な運動量が必要な犬ではないものの、他の犬種同様に毎日の適宜な散歩は必須である。 健康 [ ] チワワは、分娩、デンタルケアの分野で、のアドバイスを必要とする。 神経病学的に劣性の遺伝子を持つもの、例えば発作疾患や膝蓋骨脱臼の傾向がある。 また、眼のに敏感で弱いことが知られている。 先天性の泉門開存や関節異常などの骨格異常も多く見られる。 交配に際し、大きさやカラーなどの見た目にわかる希少価値(高額取引対象)が優先され、健康面などはあまり考慮されていない。 寿命は15~18歳。 2000年代半ばより日本ではデコが張って、マズルが詰まり、斜視の個体が可愛いと人気が出て広まって行くにつれ、本来少なかった水頭症を発症するチワワが多くなった。 チワワをモチーフとした作品 [ ] 映画 [ ]• (2008年)• 2001年 主人公の愛犬ブルーザー・ウッズ 演• 2011年 アニメ・漫画 [ ]• ちわわわーるど (映像作家の3Dアニメ2001年)• 1996年 音楽 [ ]• () 歌: キャラクター [ ]• チワワとその仲間達(のキャラクター)• ちわわんこ(のキャラクター)• ガルマ犬ザビ(のキャラクター)• キャンキャンチワワン(チャレンジのキャラクター)• チワワマン(II世のキャラクター) CM [ ]• 宝石みのわ 注・出典 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 チワワに関連する および があります。

次の

ロングコートチワワの平均・最高寿命は?長生きのコツや飼い方を紹介

ロング チワワ

com CMなどで大注目をあび、その後国民的に大人気となった(CHIHUAHUA)は、最近の日本の人気犬種ラキングではいつもトップ5にランクインしています。 メキシコが原産で、メキシコのチワワ州にちなんで「チワワ」という名前を持ちます。 そのウルウルの大きな瞳と、大人の人ならその腕にすっぽりと収まるほどの小ささで、今でも圧倒的な人気を誇ります。 得に、日本ではが人気です。 ロングコートチワワは、被毛が長く、毛並みが柔らかくて手触りもいいのが特徴です。 そして、ゆるくウェーブのかかった被毛なので見た目もエレガントでゴージャスです。 チワワは世界最小の犬種とも言われています。 テチチという犬が祖先で9世紀ごろにはもうすでに存在していたと言われるチワワですが、もともとはスムースコートでした。 そこに、パピオン、といった犬種を交配させて生まれたのがロングコートチワワなのです。 それで、ロングコートチワワの中には、にとても良く似た個体がいたり、ポメラニアンのような顔つきをしている個体がいたりするんですね。 性格は、小さいので臆病なのですが、気も強くて、相手に対して果敢に立ち向かうこともあります。 警戒心が強く良く吠えるので番犬としても優秀と言われますが、無駄吠えをしないようにしっかりと しつけることも大切です。 好奇心が旺盛で、飼い主さんには従順で、とっても愛らしい犬種です。 チワワは毛の色や、その模様、さらには体型にも様々なバリエーションがあり、組み合わせによって無限にバリエーションが広がるとも言われています。 ロングコートチワワの外見的特徴 チワワは体高が15~23cmほどで、体重は1. 5~3kgです。 それで、超小型犬に分類されています。 現在、公認されている中で最も小さい犬種となっています。 ただ、大きさには個体差があり、4kg以上になるチワワもいます。 ロングコートチワワの一番の外見的特徴は、やはりエレガントでゴージャスな被毛です。 手触りのよい、柔らかい被毛が生えています。 ストレートに近い被毛、もしくは少しだけウェーブがかかった被毛です。 立ち耳の縁には飾り毛として長い毛が生えているので、それがまた優雅な印象をプラスしています。 耳の他にも、腕や頭部、さらに尻尾などにも飾り毛があります。 様々な被毛の色があるのも特徴です。 頭は「アップルヘッド」と言われるまあるい形をしています。 そして、ウルウルの大きな瞳を持ちます。 手足がとても細く、ケガをしないように十分に気を付けてあげる必要があります。 ロングコートチワワの寿命・体型 じつはチワワの体型には3種類あるってご存知でしたか? 一つはドアーフと言われる、脚が短めでずんぐりとした体型で、もう一つがハイオンと言われる脚が長くてスリム名体型です。 そしてもう一つが、ドアーフタイプとハイオンタイプの中間に当たるスクエアタイプなんです。 ドワーフタイプのチワワは、手足も首も短くて、コロコロっとしたずんぐりむっくりな体型です。 骨太でむっちりとしています。 ペットショップでは、ドワーフタイプが人気のようですよ。 ハイオンタイプは、ドアーフタイプに比べると、手足が長くスラッとしていて、全体的にスッキリとして見えます。 バンビタイプとか、シカタイプとも言われることがあります。 まるでモデルのようです。 脚が長いため、体高が高く横からみたときに正方形の見えます。 そして、中間のスクエアタイプですが、手足や首が長くもなく、短くもなく・・・、ちょうどいい!といった感じの体型です。 街で一般に見かけることの多い体型が、スクエアタイプになります。 ドワーフタイプとハイオンタイプは、同じ犬種とは思えないほどに、まるで違った体型をしています。 そのような、被毛の長さ、カラー、毛質、そして体型にも様々なパターンがあって、バリエーション豊かなところも、チワワの魅力の一つとなっているわけですね。 しかし、中には20歳まで生きた個体もいます。 大型犬に比べると、小型犬のチワワは長生きしてくれます。 スムースコートチワワとの違い スムースコートチワワは、被毛が短く、どちらかというとやんちゃで元気いっぱなイメージがあります。 光沢のある短い被毛で、スッキリとした印象です。 一方、ロングコートチワワはふんわりとひた被毛が優雅で大人っぽい印象です。 どちらもとても可愛くて、どちらにも魅力があります。 ロングコートチワワはスムースと比べると、被毛が長いぶん、寒さには若干強いそうですが、それでもどちらも寒がりです。 ただ、ロングコートの場合、トリミングなどによって被毛をいろいろとアレンジすることができ、オシャレが楽しめるという特徴があります。 サマーカットといって、短く被毛をカットするとまるでスムースコートチワワのようになり、いつもとは違った印象の姿を見せてくれます。 ただ、被毛のお手入れが簡単なのはやはりスムースコートチワワですね。 シャンプーのあとも乾かすのが断然早くて簡単です。 でも、スムースコートチワワの場合皮膚トラブルが起きやすいという特徴があります。 特に夏は、強い直射日光が皮膚に直接当たることによって皮膚トラブルを発生することもあるようです。 どちらにも、魅力と良さがありますので、どちらが良いということはできません。 性格の違いですが、性格はほとんど変わらないとも言われています。 しかし、ロングコートチワワのほうが甘えん坊で、飼い主に従順だと言われることも愛rます。 そしてスムースコートチワワは、より活発で好奇心が旺盛だと言われます。 com 一般にチワワはメキシコが原産と言われてますが、じつはチワワの起源については、いろいろな説があり、メキシコ説に加え、中国説、ヨーロッパ説、キューバ説などがあります。 つまり、その歴史についてはまだ謎な部分が多いということなのです。 しかし、最も有力とされているのがメキシコ説なんです。 現在メキシコが位置している場所に、かつて15世紀〜16世紀ごろに栄えていたのがアステカ帝国です。 そのアステカ文明の王族に飼育されていた、小さな犬をテチチ(Techichi)といいます。 このテチチがチワワの祖先犬と考えられています。 それで、じつは儀式のときには生贄にもされていて、人間と一緒に埋葬されることもあったようです。 その頃のお墓に、テチチと思われる犬の化石も見つかっています。 アステカ帝国は1519年に滅びてしまい、その後テチチがどうなったのかということは不明のままです。 その後、1850年になり、メキシコに訪れた3人のアメリカ人が、チワワ州で小さい犬3匹を発見しました。 その犬こそ、現代のチワワの起源とも言える犬で、チワワ州で発見されたので「チワワ」と呼ばれました。 そして、そのアメリカ人はその3匹をアメリカに連れて帰ることにしました。 その後、繁殖と改良が進められていくことになります。 つまり原産はメキシコですが、チワワが育種されたのはアメリカということです。 アメリカにつれてこられたときのチワワは、今よりもサイズが大きかったようです。 それで、小さなスパニエルやチャイニーズクレステッドドッグなどを交配して、より小さいサイズとして改良し、固定化されました。 チワワの改良の過程の中で、ロングコートチワワが生まれました。 つまり、チワワのオリジナルというのはスムースコートタイプなのです。 そのオリジナルに長毛種の犬をかけ合わせて生まれたのが、ロングコートチワワということです。 ロングコートチワワは、スムースコートチワワに、やなどを交配しています。 アメリカのケネルクラブ(AKC)に登録されたのは1904年のことです。 その頃は、犬は使役犬として飼育することが多かったので、体の小さなチワワはあまり人気がなかったようですが、その後、1960年以降に都市化が進んだことにより、家庭の中で犬を愛玩犬として飼育することが増え始めてからは、チワワの人気が徐々に高まりました。 日本でチワワが飼育される様になったのは、1970年代でした。 その頃、まだ日本では長毛のやヨークシャテリアが人気で、輸入されてはいたとはいえそれほど飼育頭数が多くありませんでした。 しかし、バブルが崩壊した後に、人々の住宅事情が変化しコンパクトな住宅でも飼育しやすいチワワは注目を集めるようになります。 その後も、小型犬や超小型犬はマンションやアパート、都市部でも飼育しやすいということでとても人気となりました。 テレビCMにも起用されることとなり、うるうるのその瞳と「くーん」という愛嬌たっぷりの甘える姿に多くの人が虜になったことでしょう。 日本では毎年、チワワの飼育頭数は全体の中でも上位にランクインしています。 日本ではロングコートチワワが大人気ですが、海外ではスムースコートチワワが人気のようですよ。

次の

ロングコートチワワはどんな犬?体重・性格・飼い方をご紹介!

ロング チワワ

com CMなどで大注目をあび、その後国民的に大人気となった(CHIHUAHUA)は、最近の日本の人気犬種ラキングではいつもトップ5にランクインしています。 メキシコが原産で、メキシコのチワワ州にちなんで「チワワ」という名前を持ちます。 そのウルウルの大きな瞳と、大人の人ならその腕にすっぽりと収まるほどの小ささで、今でも圧倒的な人気を誇ります。 得に、日本ではが人気です。 ロングコートチワワは、被毛が長く、毛並みが柔らかくて手触りもいいのが特徴です。 そして、ゆるくウェーブのかかった被毛なので見た目もエレガントでゴージャスです。 チワワは世界最小の犬種とも言われています。 テチチという犬が祖先で9世紀ごろにはもうすでに存在していたと言われるチワワですが、もともとはスムースコートでした。 そこに、パピオン、といった犬種を交配させて生まれたのがロングコートチワワなのです。 それで、ロングコートチワワの中には、にとても良く似た個体がいたり、ポメラニアンのような顔つきをしている個体がいたりするんですね。 性格は、小さいので臆病なのですが、気も強くて、相手に対して果敢に立ち向かうこともあります。 警戒心が強く良く吠えるので番犬としても優秀と言われますが、無駄吠えをしないようにしっかりと しつけることも大切です。 好奇心が旺盛で、飼い主さんには従順で、とっても愛らしい犬種です。 チワワは毛の色や、その模様、さらには体型にも様々なバリエーションがあり、組み合わせによって無限にバリエーションが広がるとも言われています。 ロングコートチワワの外見的特徴 チワワは体高が15~23cmほどで、体重は1. 5~3kgです。 それで、超小型犬に分類されています。 現在、公認されている中で最も小さい犬種となっています。 ただ、大きさには個体差があり、4kg以上になるチワワもいます。 ロングコートチワワの一番の外見的特徴は、やはりエレガントでゴージャスな被毛です。 手触りのよい、柔らかい被毛が生えています。 ストレートに近い被毛、もしくは少しだけウェーブがかかった被毛です。 立ち耳の縁には飾り毛として長い毛が生えているので、それがまた優雅な印象をプラスしています。 耳の他にも、腕や頭部、さらに尻尾などにも飾り毛があります。 様々な被毛の色があるのも特徴です。 頭は「アップルヘッド」と言われるまあるい形をしています。 そして、ウルウルの大きな瞳を持ちます。 手足がとても細く、ケガをしないように十分に気を付けてあげる必要があります。 ロングコートチワワの寿命・体型 じつはチワワの体型には3種類あるってご存知でしたか? 一つはドアーフと言われる、脚が短めでずんぐりとした体型で、もう一つがハイオンと言われる脚が長くてスリム名体型です。 そしてもう一つが、ドアーフタイプとハイオンタイプの中間に当たるスクエアタイプなんです。 ドワーフタイプのチワワは、手足も首も短くて、コロコロっとしたずんぐりむっくりな体型です。 骨太でむっちりとしています。 ペットショップでは、ドワーフタイプが人気のようですよ。 ハイオンタイプは、ドアーフタイプに比べると、手足が長くスラッとしていて、全体的にスッキリとして見えます。 バンビタイプとか、シカタイプとも言われることがあります。 まるでモデルのようです。 脚が長いため、体高が高く横からみたときに正方形の見えます。 そして、中間のスクエアタイプですが、手足や首が長くもなく、短くもなく・・・、ちょうどいい!といった感じの体型です。 街で一般に見かけることの多い体型が、スクエアタイプになります。 ドワーフタイプとハイオンタイプは、同じ犬種とは思えないほどに、まるで違った体型をしています。 そのような、被毛の長さ、カラー、毛質、そして体型にも様々なパターンがあって、バリエーション豊かなところも、チワワの魅力の一つとなっているわけですね。 しかし、中には20歳まで生きた個体もいます。 大型犬に比べると、小型犬のチワワは長生きしてくれます。 スムースコートチワワとの違い スムースコートチワワは、被毛が短く、どちらかというとやんちゃで元気いっぱなイメージがあります。 光沢のある短い被毛で、スッキリとした印象です。 一方、ロングコートチワワはふんわりとひた被毛が優雅で大人っぽい印象です。 どちらもとても可愛くて、どちらにも魅力があります。 ロングコートチワワはスムースと比べると、被毛が長いぶん、寒さには若干強いそうですが、それでもどちらも寒がりです。 ただ、ロングコートの場合、トリミングなどによって被毛をいろいろとアレンジすることができ、オシャレが楽しめるという特徴があります。 サマーカットといって、短く被毛をカットするとまるでスムースコートチワワのようになり、いつもとは違った印象の姿を見せてくれます。 ただ、被毛のお手入れが簡単なのはやはりスムースコートチワワですね。 シャンプーのあとも乾かすのが断然早くて簡単です。 でも、スムースコートチワワの場合皮膚トラブルが起きやすいという特徴があります。 特に夏は、強い直射日光が皮膚に直接当たることによって皮膚トラブルを発生することもあるようです。 どちらにも、魅力と良さがありますので、どちらが良いということはできません。 性格の違いですが、性格はほとんど変わらないとも言われています。 しかし、ロングコートチワワのほうが甘えん坊で、飼い主に従順だと言われることも愛rます。 そしてスムースコートチワワは、より活発で好奇心が旺盛だと言われます。 com 一般にチワワはメキシコが原産と言われてますが、じつはチワワの起源については、いろいろな説があり、メキシコ説に加え、中国説、ヨーロッパ説、キューバ説などがあります。 つまり、その歴史についてはまだ謎な部分が多いということなのです。 しかし、最も有力とされているのがメキシコ説なんです。 現在メキシコが位置している場所に、かつて15世紀〜16世紀ごろに栄えていたのがアステカ帝国です。 そのアステカ文明の王族に飼育されていた、小さな犬をテチチ(Techichi)といいます。 このテチチがチワワの祖先犬と考えられています。 それで、じつは儀式のときには生贄にもされていて、人間と一緒に埋葬されることもあったようです。 その頃のお墓に、テチチと思われる犬の化石も見つかっています。 アステカ帝国は1519年に滅びてしまい、その後テチチがどうなったのかということは不明のままです。 その後、1850年になり、メキシコに訪れた3人のアメリカ人が、チワワ州で小さい犬3匹を発見しました。 その犬こそ、現代のチワワの起源とも言える犬で、チワワ州で発見されたので「チワワ」と呼ばれました。 そして、そのアメリカ人はその3匹をアメリカに連れて帰ることにしました。 その後、繁殖と改良が進められていくことになります。 つまり原産はメキシコですが、チワワが育種されたのはアメリカということです。 アメリカにつれてこられたときのチワワは、今よりもサイズが大きかったようです。 それで、小さなスパニエルやチャイニーズクレステッドドッグなどを交配して、より小さいサイズとして改良し、固定化されました。 チワワの改良の過程の中で、ロングコートチワワが生まれました。 つまり、チワワのオリジナルというのはスムースコートタイプなのです。 そのオリジナルに長毛種の犬をかけ合わせて生まれたのが、ロングコートチワワということです。 ロングコートチワワは、スムースコートチワワに、やなどを交配しています。 アメリカのケネルクラブ(AKC)に登録されたのは1904年のことです。 その頃は、犬は使役犬として飼育することが多かったので、体の小さなチワワはあまり人気がなかったようですが、その後、1960年以降に都市化が進んだことにより、家庭の中で犬を愛玩犬として飼育することが増え始めてからは、チワワの人気が徐々に高まりました。 日本でチワワが飼育される様になったのは、1970年代でした。 その頃、まだ日本では長毛のやヨークシャテリアが人気で、輸入されてはいたとはいえそれほど飼育頭数が多くありませんでした。 しかし、バブルが崩壊した後に、人々の住宅事情が変化しコンパクトな住宅でも飼育しやすいチワワは注目を集めるようになります。 その後も、小型犬や超小型犬はマンションやアパート、都市部でも飼育しやすいということでとても人気となりました。 テレビCMにも起用されることとなり、うるうるのその瞳と「くーん」という愛嬌たっぷりの甘える姿に多くの人が虜になったことでしょう。 日本では毎年、チワワの飼育頭数は全体の中でも上位にランクインしています。 日本ではロングコートチワワが大人気ですが、海外ではスムースコートチワワが人気のようですよ。

次の