年賀状 挨拶 ビジネス。 ビジネス年賀状の一言コメントやメッセージ、挨拶文の例文10選

【相手別】年賀状の一言の文例・ビジネスでの年賀状の添え書き

年賀状 挨拶 ビジネス

宛名面と裏面のルールとマナーを知ろう 年賀状の書き方 年賀状は、日ごろからお世話になっている人や友人、親戚などに年に一度、旧年中の感謝や相手の幸せを願う気持ちを伝えるものです。 意外と知らないマナーがあるので、礼を欠いた年賀状にならないように、最低限のルールをおさえて、相手に喜ばれる1枚を送りましょう。 宛名面の書き方 1住所1 郵便番号の右2桁の中心に、宛名よりも小さく高い位置から書く。 郵便番号の枠とはがき右端から1文字分スペースを空ける。 都道府県は省略せず正式な住所を記入。 数字は、縦書きは漢数字、横書きは算用数字を基本とする。 2住所2(マンション名など) マンション名は、郵便番号の小枠左2つの中心を目安に、住所よりやや小さく、下げて書く。 マンション名は省略せずに記入。 3宛名 郵便番号の左3桁の中心に合わせ、一番大きい文字で目立つように書く。 文字の間を1文字分空けてバランスを取る。 4敬称 原則的に名前の下は「様」をつける。 恩師や医師、弁護士、政治家宛の場合は「先生」とつける。 5年賀 私製はがきの場合、切手の下に朱色で「年賀」と必ず記入。 6差出人 切手幅の範囲か、差出人の郵便番号の幅に合わせて書く。 ただし裏面に書く場合は、書かなくても失礼にあたらない。 人数が多い場合は、代表者の名前とその横に「ご一同様」と書き添える。 旧字体や旧かなづかいの氏名には要注意。 「辺」は「邉」、「崎」は「﨑」、「斉」は「齋」など、パソコンにデータを入力している場合は、正式な表記を事前に確認しましょう。 2添え書き1(お礼や挨拶) 「旧年中はお世話になりました」「昨年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます」など。 3添え書き2(今後の指導や支援をお願いする言葉) 「今年もどうぞよろしくお願いいたします」「本年も変わらぬご芳情を賜りますようお願い申し上げます」など。 4添え書き3(相手の健康や繁栄を願う言葉) 「皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます」「御社のますますのご発展を心よりお祈りいたします」など。 5年号・日付 「令和2年元旦」「2020年1月1日」。 元号と西暦はどちらを使ってもよい。 6差出人 郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス・氏名など。 宛名面に記載する場合は不要。 本来、賀詞とは「祝意を表す言葉」ですが、近年では年賀状の文頭に使う決まり文句(新年のお祝いの言葉)として用いられています。 賀詞にはさまざまな種類がありますが、 送る相手によって使い分ける必要があります。 送る相手に合わせて正しく賀詞を選びましょう。 相手が目上の場合 「謹賀新年」「恭賀新年」など漢字4文字の賀詞。 相手が目下の場合(目上の人に使うと失礼になるもの) 「福」「賀」「迎春」「賀正」など、漢字1〜2文字の賀詞。 ビジネス関係の相手など、誰にでも使える賀詞 「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」など。 写真入り年賀状は、近況を伝えるには最適ですが、相手との関係性や相手の状況を考慮しましょう。 親しい友人や親戚など身内に送るのなら問題はありませんが、 上司や取引先などには控えた方が無難です。 ただし、出産祝いをいただいたり、家族ぐるみでお付き合いしている場合など、喜ばれる場合もありますので、日ごろのお付き合いの度合を見極めて判断してください。 裏面を作るとき気をつけたいポイント 送る相手に合わせたメッセージを 手書きで一言添えられていると受け取った相手もうれしくなります。 近況報告や相手への質問、感謝の言葉など、相手が読んで楽しくなるメッセージを一言添えましょう。 もし、特別に報告することがなくても仕事や趣味など、何気ない日常のことを書きましょう。 変わらず元気に暮らしていることを知らせるだけで相手にはばれるはずです。 暗い話題やデリケートな内容は避ける 病気やケガ、亡くなった方のことなど、暗い話題は控えましょう。 また、「彼との結婚話はどうなりましたか」「赤ちゃんを楽しみにしています」などの結婚や出産に関する内容は、 自分は励ましているつもりでも相手がプレッシャーに感じる場合もあるので注意が必要です。 相手の家族も読むことを考える メールと違い、 年賀状は送った本人以外の目に触れる機会があります。 過去の恋人のことや仕事上のミスなど、相手が家族に知られたくないようなことや、相手の家族が見て不快になる話題は書かないように気をつけましょう。 賀詞・添え書きには「、」「。 」を使わない もともと句読点は「子どもが読みやすいように」と使われ始めた記号であるため、 相手に敬意を示す挨拶状や賞状で用いることは失礼にあたります。 また、慶事に「区切りをつけない」という縁起を担ぐ意味もあるそうです。 「忌み言葉」は避ける 「去年」の「去」には「別れる」「離れる」といった意味があるため、年賀状では「旧年」「昨年」を用います。 また、「失う」「倒れる」「衰える」「枯れる」「絶望」「残念」などの「忌み言葉」や、「離婚」「倒産」「病気」などおめでたい場にふさわしくない話題は避けるようにしましょう。 言葉の重複は避ける 元旦は1月1日の朝のことです。 「2020年1月1日元旦」では重複していますので間違いです。 また「新年あけましておめでとうございます」は「新年」と「明ける」が重複しているという意見が多く、使わない方が無難です。 そのまま使える 挨拶文・一言添え書き文例集 「謹賀新年」などの賀詞の後につづる添え書きは、健康や幸せを祈り、新年の抱負を述べるなど明るい話題を簡潔にまとめるのがマナーです。 新年の挨拶とともに、結婚、出産などの近況報告を兼ねるほか、日ごろの感謝の気持ちや疎遠になっている方へ相手を気遣う一文を入れるように心がけましょう。 close 閉じる.

次の

【相手別】年賀状の一言の文例・ビジネスでの年賀状の添え書き

年賀状 挨拶 ビジネス

宛名面と裏面のルールとマナーを知ろう 年賀状の書き方 年賀状は、日ごろからお世話になっている人や友人、親戚などに年に一度、旧年中の感謝や相手の幸せを願う気持ちを伝えるものです。 意外と知らないマナーがあるので、礼を欠いた年賀状にならないように、最低限のルールをおさえて、相手に喜ばれる1枚を送りましょう。 宛名面の書き方 1住所1 郵便番号の右2桁の中心に、宛名よりも小さく高い位置から書く。 郵便番号の枠とはがき右端から1文字分スペースを空ける。 都道府県は省略せず正式な住所を記入。 数字は、縦書きは漢数字、横書きは算用数字を基本とする。 2住所2(マンション名など) マンション名は、郵便番号の小枠左2つの中心を目安に、住所よりやや小さく、下げて書く。 マンション名は省略せずに記入。 3宛名 郵便番号の左3桁の中心に合わせ、一番大きい文字で目立つように書く。 文字の間を1文字分空けてバランスを取る。 4敬称 原則的に名前の下は「様」をつける。 恩師や医師、弁護士、政治家宛の場合は「先生」とつける。 5年賀 私製はがきの場合、切手の下に朱色で「年賀」と必ず記入。 6差出人 切手幅の範囲か、差出人の郵便番号の幅に合わせて書く。 ただし裏面に書く場合は、書かなくても失礼にあたらない。 人数が多い場合は、代表者の名前とその横に「ご一同様」と書き添える。 旧字体や旧かなづかいの氏名には要注意。 「辺」は「邉」、「崎」は「﨑」、「斉」は「齋」など、パソコンにデータを入力している場合は、正式な表記を事前に確認しましょう。 2添え書き1(お礼や挨拶) 「旧年中はお世話になりました」「昨年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます」など。 3添え書き2(今後の指導や支援をお願いする言葉) 「今年もどうぞよろしくお願いいたします」「本年も変わらぬご芳情を賜りますようお願い申し上げます」など。 4添え書き3(相手の健康や繁栄を願う言葉) 「皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます」「御社のますますのご発展を心よりお祈りいたします」など。 5年号・日付 「令和2年元旦」「2020年1月1日」。 元号と西暦はどちらを使ってもよい。 6差出人 郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス・氏名など。 宛名面に記載する場合は不要。 本来、賀詞とは「祝意を表す言葉」ですが、近年では年賀状の文頭に使う決まり文句(新年のお祝いの言葉)として用いられています。 賀詞にはさまざまな種類がありますが、 送る相手によって使い分ける必要があります。 送る相手に合わせて正しく賀詞を選びましょう。 相手が目上の場合 「謹賀新年」「恭賀新年」など漢字4文字の賀詞。 相手が目下の場合(目上の人に使うと失礼になるもの) 「福」「賀」「迎春」「賀正」など、漢字1〜2文字の賀詞。 ビジネス関係の相手など、誰にでも使える賀詞 「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」など。 写真入り年賀状は、近況を伝えるには最適ですが、相手との関係性や相手の状況を考慮しましょう。 親しい友人や親戚など身内に送るのなら問題はありませんが、 上司や取引先などには控えた方が無難です。 ただし、出産祝いをいただいたり、家族ぐるみでお付き合いしている場合など、喜ばれる場合もありますので、日ごろのお付き合いの度合を見極めて判断してください。 裏面を作るとき気をつけたいポイント 送る相手に合わせたメッセージを 手書きで一言添えられていると受け取った相手もうれしくなります。 近況報告や相手への質問、感謝の言葉など、相手が読んで楽しくなるメッセージを一言添えましょう。 もし、特別に報告することがなくても仕事や趣味など、何気ない日常のことを書きましょう。 変わらず元気に暮らしていることを知らせるだけで相手にはばれるはずです。 暗い話題やデリケートな内容は避ける 病気やケガ、亡くなった方のことなど、暗い話題は控えましょう。 また、「彼との結婚話はどうなりましたか」「赤ちゃんを楽しみにしています」などの結婚や出産に関する内容は、 自分は励ましているつもりでも相手がプレッシャーに感じる場合もあるので注意が必要です。 相手の家族も読むことを考える メールと違い、 年賀状は送った本人以外の目に触れる機会があります。 過去の恋人のことや仕事上のミスなど、相手が家族に知られたくないようなことや、相手の家族が見て不快になる話題は書かないように気をつけましょう。 賀詞・添え書きには「、」「。 」を使わない もともと句読点は「子どもが読みやすいように」と使われ始めた記号であるため、 相手に敬意を示す挨拶状や賞状で用いることは失礼にあたります。 また、慶事に「区切りをつけない」という縁起を担ぐ意味もあるそうです。 「忌み言葉」は避ける 「去年」の「去」には「別れる」「離れる」といった意味があるため、年賀状では「旧年」「昨年」を用います。 また、「失う」「倒れる」「衰える」「枯れる」「絶望」「残念」などの「忌み言葉」や、「離婚」「倒産」「病気」などおめでたい場にふさわしくない話題は避けるようにしましょう。 言葉の重複は避ける 元旦は1月1日の朝のことです。 「2020年1月1日元旦」では重複していますので間違いです。 また「新年あけましておめでとうございます」は「新年」と「明ける」が重複しているという意見が多く、使わない方が無難です。 そのまま使える 挨拶文・一言添え書き文例集 「謹賀新年」などの賀詞の後につづる添え書きは、健康や幸せを祈り、新年の抱負を述べるなど明るい話題を簡潔にまとめるのがマナーです。 新年の挨拶とともに、結婚、出産などの近況報告を兼ねるほか、日ごろの感謝の気持ちや疎遠になっている方へ相手を気遣う一文を入れるように心がけましょう。 close 閉じる.

次の

ビジネス年賀状の挨拶文<取引先・顧客>文例…謹賀新年 旧年中は…

年賀状 挨拶 ビジネス

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 年賀状や暑中見舞い、残暑見舞い、気をつけなければいけないことは? プライベートでは年賀状や暑中見舞いなどの挨拶状を送ることも少なくなりましたが、ビジネスシーンにおいては、挨拶状を送ることもまだまだあります。 以前、移転案内状の例文をご紹介しましたが、今回は年賀状や暑中見舞いなど、一般的な挨拶の例文をお届けします。 参考: このような挨拶状は決まったタイミングやルールもありますので、うっかり失礼なことをしてしまう場合もあります。 そこで今回は、年賀状や暑中見舞い…ビジネスに使える挨拶例文と注意点についてご紹介したいと思います。 年賀状 取引先に出す場合の年賀状の例文です。 ちなみに「賀正」「迎春」「賀春」「頌春」などは、簡略化した表現なので取引先や上司など目上の方には避けたほうが良いでしょう。 参考: 寒中見舞い例文1 寒中お見舞い申し上げます ご丁寧な年賀状を頂き、ありがとうございました。 ちなみに、暑中見舞いや残暑見舞いなどによく使われる「ご自愛ください」は、「お体を大切にしてください」や「お体に気を付けてください」という意味です。 たまに「お体ご自愛ください」と書かれている書面を見ることがありますが、意味が重複してしまいますので、注意してください。 ぜひ参考にしてみてください。 ちなみに「残暑厳しき折〜」など時候の挨拶は、他にもいろいろなパターンがあります。 時候の挨拶、また季節の挨拶とは、手紙やはがきなどを書く際において、「頭語」の後に続く、文章の冒頭に使用する礼儀文のことです。 (中略) ビジネス文書、とくに案内状や暑中見舞いなどの書面においても多く用いられるため、ビジネスマナーとして簡単なものは覚えておくとよいでしょう。 参考: 「平素は〜」よりも少し気の利いた挨拶になるので、簡単なものは覚えておくと良いでしょう。 タグ一覧.

次の