吉永 小百合 cm。 吉永小百合が「五島の椿」新CM出演 「長崎 五島の力になれれば」 松下剛 MTG 代表らの産学官民連携事業に賛同(2020年2月29日)|BIGLOBEニュース

群馬県「古墳王国群馬篇」|大人の休日倶楽部:JR東日本

吉永 小百合 cm

このを、30秒・60秒に仕立てた新CMが、関東・関西・・福岡・札幌・長崎の6でオンエアが始まった。 吉永はこのCM出演を快諾した理由と、五島への想いをこう伝えている。 「初めて五島を訪れたとき、波止場で船を見送る地元の人たちの姿をみて、胸が切なくなる気持ちでした。 この五島で、たくさんの人たちが生き生きと暮らせるようになれば、素敵だなと思いました」 「空気や景色、人間が地の原点ともいえる五島の力になれればと思います」(吉永) 吉永を「胸が切なくなる気持ち」にさせたのは、五島の切実な事情。 長崎の西に浮かぶはいま、歯止めがかからない人口減少とが深刻……。 五島出身、松下剛 MTG 代表らが「生かされた命で世の中に恩返し」 この壁を打破すべく、産学官民の力を結集させ「五島の宝」といわれる椿を全国の消費者へ届ける「五島の椿」に、吉永が賛同。 この「五島の椿」をけん引するのが、 福江島 出身で、 代表社長の松下剛(松下財団 代表理事)。 福江島 出身の松下代表は、一般財団法人松下財団を設立し、産学官民連携・地域活性事業「五島の椿」を始動。 そこにかける想いについて、こう語った。 「生まれて3か月のときに、松下家に養子として育てられた。 にとって五島は『命の恩人の島』。 この五島がなかったら、いまの自分はなかった。 そして、満を持して登場させた同の第一弾商品が……。 第一弾は、椿酵母せっけんと椿酵母オイル 「五島の椿」認定商品 第一弾は、「五島の椿・椿酵母せっけん」と「五島の椿・椿酵母()」の2品。 手がけるのは、「五島の椿」認定の「五島の椿」()。 そのプロダクトの詳細は別で記すとして、この「五島の椿」の今後について。 松下代表は、五島の宝といわれる椿を核とした「持続可能な産業・雇用を創出する『五島の椿』について、こう期待を寄せた。 「いままで捨てていた椿の果皮や枝、根など、すべてを原料にし、あらゆる商品を産官学民で開発。 地域創生に貢献したい」 「すばらしい成分を発見し、新たな酵母も発見した。 まだまだ椿は奥が深い。 吉永がで着てみせた、染織家 志村洋子氏ら制作の着物「椿の詩」や、吉永の五島への想い、新商品の詳細についてなどは、また別記事で。 <五島の椿> <関連記事> 国内自生地、 「五島の椿」の & が新発売! が新CMで出演中.

次の

青森県「津軽の逆さ富士篇」|大人の休日倶楽部:JR東日本

吉永 小百合 cm

「歴史とは学ぶものではなく、旅するものかもしれません」。 俳優・吉永小百合さんのこの言葉で締めくくられる30秒のテレビCMが大変話題になっています。 「吉永小百合さんが訪れた古墳はどこなのか?」。 放映開始直後から歴史博物館への問い合わせも後を絶ちません。 こうしたお問い合わせに職員の誰もが正確にお答えできるよう、急きょマニュアルを作成、職員に配布したほどでした。 正解は、前橋市にある大室古墳群の二つの古墳。 CM冒頭、吉永さんが埴輪(はにわ)列の脇を歩く古墳は中二子古墳、石室の中を進む古墳は前二子古墳です。 聞くところによると、大室古墳群は多くの来訪者で駐車場がいっぱいの日もあったとか…。 3万年以上に及ぶ群馬の長い歴史には、それぞれの時代に魅力がいっぱいですが、「古墳王国・群馬」の魅力、その知名度をこのCMが一気に押し上げてくれました。 近年公表された群馬県教育委員会のデータによれば、群馬県にはかつて1万3千基以上の古墳があったとされています。 その中には、古墳時代以降、現在に至るまでの1300年以上の歴史の中で、その姿を失った古墳も多く含まれています。 しかし、それとともに2千基を超える古墳がその姿を今に残していることも再確認されました。 さらに、現存する古墳の中には、各自治体が保護措置を講じ、かつての雄姿を今に伝えている古墳も多くあります。 古墳の上に登れたり、石室の中に入ることのできる古墳もたくさんあるのです。 こうした「古墳王国」の名にふさわしい歴史的環境のもと、私は、古墳の現地を訪問することをお勧めします。 そして、その際、私は、古墳に登ることを特にお勧めしたいのです。 それはどうしてか? そこで想像してみてください。 小高い古墳に登る。 するとそこからは360度パノラマの景色が見えます。 そのとき、多くの建物や道路など、現代社会のさまざまな姿が目に入ります。 その先、遠くには山が見えることも多いはずです。 そして、その山は今も昔も変わらない山。 かつてこの地が古墳王国として栄えた頃にも見えた山。 その古墳を築いた人々が目にした山と、変わらない山の姿を同じ目線で見ていることになるのです。 私は古墳に登って山々を見るとき、歴史を旅している気分になります。 さらに、そこに風が吹けば、かつて同じ風に当たったであろう古墳時代の人々と感覚がシンクロします。 そして、時空を超えた旅ができているような錯覚を起こし、ワクワクしてくるのです。 古墳に登り、古墳で何かを感じる。 「古墳王国・群馬」を旅するとは、こういうことなのかもしれません。 県立歴史博物館学芸係長 深沢敦仁 高崎市上中居町 【略歴】県埋蔵文化財調査事業団や県教委文化財保護課で文化財保護行政に携わり、2016年から現職。 博士(歴史学)。

次の

大人の休日倶楽部・群馬県「古墳王国群馬篇」で紹介の古墳はここ!

吉永 小百合 cm

かつて13,000基を超える古墳が造られていた群馬県。 現在でも2,000基余りがその姿をとどめ、石室の中まで入ることができる「大室古墳群」をはじめ、貴重な古墳・遺跡が数多く残存します。 歩いて、登って、触れて、リアルに体感することで1,500年以上前の東国文化への想像が膨む。 書物や映像から学べる歴史もいいですが、その土地で、その空気で、想いを馳せる。 そんな歴史の旅もいいものです。 撮影地のご案内• 古墳時代から平安時代にかけて、現在の関東地方で栄えた「東国文化」の中心地であった「上毛野国(かみつけぬのくに)」。 現在の群馬県です。 豊かな自然に恵まれ、交通の要衝にあった上毛野国は、当時日本の政治・経済・文化の中心であった畿内地域を治めるヤマト王権と連携して、大きな勢力となっていきました。 ヤマト王権とのつながりを示す西日本と同様の大型の前方後円墳や豪華な副葬品など、歴史的な遺産が群馬県内には数多く残っています。 関連情報.

次の