退職代行 saraba 怪しい。 退職代行サービス「SARABA」とは?金額や特徴について説明するよ!【PR】

退職代行サービス【SARABA】体験談を実際に辞めた社員に聞きました|30代からはじめるグッジョ部

退職代行 saraba 怪しい

いまよく耳にする「退職代行サービス」について、リアルな体験談が知りたい。 そんな疑問に当記事では、実際に 退職代行サービスの「SARABA(サラバ)」を使い退職に成功した体験談についてお伝えします。 私は現在、社員1500名以上の企業の本部人事担当をしています。 つい先日、支店の管理者から社員(以下:Sさん)が退職代行サービスの「SARABA(サラバ)」を使い退職を申し出てきたという情報を入手しました。 そしてSさんは代行サービスの担当者を利用して会社を退職しました。 その後、転職フェアでばったりとお会いすることがあり、その時の体験談について伺ったところ快諾していただきました。 当記事ではリアルなの体験談についてお伝えします。 退職代行の流れが知りたい• 退職代行のメリットが知りたい• 利用した感想が知りたい こんな疑問や悩みをお持ちの方には特におすすめの記事となります。 退職は人生を変える大きな出来事の1つですので、ぜひゆっくりとお読みください。 今回、体験談をお話ししてくださったSさんはこんな方です。 退職代行サービスの体験談 結論から言えば、Sさんはを利用して退職し、サービスに満足していました。 仕事をしていた時よりも体調も良く、新しい仕事に前向きになり転職活動にも積極的になっているそうです。 ではどの部分において満足しているのか、具体的に話を聞いてみました。 きっかけは悩みを相談できる人が社内にいなかった そもそも退職代行サービスを利用しようと思ったきっかけは、 「社内に相談できる人がいなかった」という理由でした。 元々福祉業界から転職したSさんでしたが、介護度が高い今の業務内容が合わず、夜勤も多い仕事の為体力的な限界も感じていました。 仕事をしていれば楽しいこともあれば辛いこともあり、時に愚痴を言う仲間がいることでまた仕事を頑張ろうという気持ちになれるものです。 ところがSさんの社内環境にはちょっとしたことを打ち明ける心を許せる人がいませんでした。 そんな小さい事の積み重ねから仕事に行き詰ってしまい、いつの間にか会社に行くことに対して恐怖心を抱くようになってしまいました。 これではいけないと思い直属の主任に今の仕事の辛さを相談しました。 この状況が続くのであれば辞めたい意向を相談したのですが…。 人手不足が続く福祉業界の為すぐに辞めることができず取り繕ってもらえなかったため、会社への不信感が増してしまいました。 以前テレビで見た記憶から退職代行サービスにLINE もう…辞めてしまいたい。 そう思っていたところ、以前テレビで見た記憶からをみて、 軽い相談のつもりでLINEをしました。 退職代行サービスは、本来なら自ら退職するにあたっては直接会社へ退職のやりとりをしなくてはいけないものを、 労働者と会社のやりとりを間に入って連絡してくれる仲介のサービスです。 契約が決まれば「SARABA(サラバ)」から会社へ電話対応で退職の意向を伝えてもらうことができます。 Sさんが「SARABA(サラバ)」でLINEで相談し実際に踏み切ったのは、契約後すぐ退職でき有休消化の交渉もしてもらえるというところに魅力を感じたという点でした。 福祉の業界では慢性的な人員不足のため有休がもらえない、有休があっても消化せず退職に至るケースも多くあります。 (念のためですが、わが社はそんなことありませんでした。 しかし、Sさんは前職でその経験がありここでも同じことになると妄想してしまっていました) 「SARABA(サラバ)」の利用料金を支払いしても 有休分のお金がもらえれば頼む価値があると判断し契約に動きました。 退職代行は実際どうやった?経験者の申込み一部始終を聞いた 退職代行サービスLINE 「SARABA(サラバ)」のLINEから相談したSさんは利用を決め、前払いで料金を支払いを行いました。 振り込みが完了すると、LINEでヒアリングシートが送られます。 そのヒアリングシートを元に「SARABA(サラバ)」の担当者が会社に電話連絡し、連絡結果がSさんに報告されます。 会社からは退職届と欠勤届、要望書(源泉徴収票・離職票・私物の処分の有無など)の提出を求められたため、書き方についてはLINEでサポートしてもらい提出をしました。 たったこれだけ。 入金してからは即対応してもらえ、Sさんは「SARABA(サラバ)」に退職代行をお願いし、3日で会社の退職が決まりました。 月末までは有休および欠勤対応で会社を辞めることができました。 スポンサーリンク 退職代行を実体験した人へ気になる質問を聞いてみた 今回、退職代行サービス「SARABA(サラバ)」を利用したSさんに、サービスに関わる気になる点を聞いてみたところ、快く答えてもらえました。 退職代行サービスって怪しいのでは?と思われる方はぜひ参考にしてください。 料金は本当に書かれている金額だけ? はい。 料金は前払いで27,000円で、私はクレジットカード決済で行いました。 前払い制というのは少し不安がありましたが、LINEで相談しやり取りの中で信頼できるサービスだと思ったので決断しました。 24時間対応してくれた? 私の場合、会社から夜23時頃に着信がありましたので、退職代行サービス「SARABA(サラバ)」に連絡したところすぐに会社に連絡してもらえました。 深夜の対応ではありませんでしたが、こんなにも遅くまで対応してもらえると思ってなかったのでありがたかったです。 24時間対応なのかはその時の都合もあるかもしれませんが、私の場合は遅くまで対応してもらえました。 会社から連絡や嫌がらせはあった? 先程も言いましたが、退職代行サービス「SARABA(サラバ)」を通じて退職を伝えてから一度だけ着信はありましたが出ていません。 それ以降は退職代行サービス「SARABA(サラバ)」が対応してくださったので、連絡はありませんでした。 もちろん、実家や保証人になっている方への連絡もありませんでしたので、正直ほっとしています。 即日退職できた? 会社の就業規則としては、退職の1ヶ月前に退職の意向を伝えなくてはいけません。 しかし、民法の規定で、「2週間前までに退職の旨を伝える必要」という部分を伝えてもらい、無事に退職できました。 LINEで相談してから料金の支払い、その後すぐに会社への連絡をしてもらえたので、手続きがスムーズに行けば即日退職できるサービスだと思います。 有給休暇はすべて消化できた? 私の場合、ここが1番のポイントでしたが、無事にすべての有給休暇消化ができており、給与に反映されていました。 私は9日に退職代行サービス「SARABA(サラバ)」を利用したので、10日間の有給、2日間の欠勤となりました。 それでも出勤、欠勤、有給を差し引いても退職代行サービス「SARABA(サラバ)」の元は十分に取れたと感じています。 何よりもその期間のお休みが取れたので、気持ちもリフレッシュでき新しい道に向かおうという時間ができたのが大きかったです。 退職代行を経験して確信したこと ここからは、人事を担当している私が感じたのメリットについてお伝えします。 「SARABA(サラバ)」の退職代行については他社と比較しても 27,000円(税込)と安く、追加料金も掛かりません。 また、電話での対応はもちろんLINEでの対応についても動きが早いなと感じました。 HPには24時間と書いており「本当か?!」と思ったのですが、23時にも対応していただいたというSさんの体験談もあり、本当に遅くまで対応してくれる会社なのだと実感しました。 そして最後にうまさの部分。 支店にかかってきた管理者の話によると、Sさんの退職について話をされ、具体的に知りたいなどいくつか質問をしたが、うまくかわされ結局は応じるしかなかった…とお手上げ状態でした。 「SARABA(サラバ)」の退職代行サービスを受けた会社側の実態については別記事にて詳しくお伝えしていますので、合わせてお読みいただくことで「SARABA(サラバ)」の信頼性が高まるはずです。 反対にデメリットとしては、会社側から離職票に「懲戒解雇」と書かれていたり、退職後に損害賠償を請求される可能性が全くないというわけではありません。 今は退職代行についての情報が少ないこともありますが、 今後は会社側も何らかの対策は練ってくるはずです。 現に私の会社でもSさんの退職代行の利用によって今後の対策を検討し始めています。 少なからず退職代行サービスを利用するリスクも頭に入れたうえで決定するようにしてください。 退職代行サービスは慎重に利用 私の会社の元社員の方に協力をしてもらい、の体験談をお伝えしました。 人事の仕事に携わる身でありながら、退職代行サービスを利用されてしまうことは。 本来よろしくないことだと感じています。 しかし、労働者の方にとっては異常な労働環境や様々なハラスメントにより退職が申し出できない方の強い味方でもあるがゆえ、リアルな体験談をお伝えしたいと思いました。 労働者側にとっては辛い仕事を今すぐ辞めたいあなたにとって、非常に有益なサービスです。 雇入側にとってはこれまでの過酷な労働環境を見直す時代になりました。 どちらの気持ちもわかる仕事をしている身として、どちらにとってもウィンウィンな環境づくりに取り組んでいきます。

次の

退職代行SARABAは2chで悪評ばかり?詐欺なの?

退職代行 saraba 怪しい

「 」は、依頼者に代わって退職手続きを代行するサービスです。 他社と違う最大の特徴は、 労働組合が運営しているという点。 団体交渉権がある労働組合が直接取引きをするため、 「退職代行会社を拒否されても必ず交渉できる」「法的範囲内で会社と交渉できる」という強みがあります。 会社側に損害賠償だと言われた場合の対応• 未払い賃金の請求• 退職日の調整 会社が実際に訴訟する可能性などは極めて小さいものの、万が一のリスクを避けたいという方は「 」であれば確実かつ安全に退職できます。 メリット2. とはいえ、それを除き全ての交渉に成功させています。 さらに 万が一退職できなかった場合は全額返金保証付き。 退職代行自体、認知度も低い業界であるため、人気・実績がある業者に依頼するのが安心でしょう。 メリット3. 業界最安級の料金 退職代行を依頼する上で気になるのがやはり「料金の安さ」。 「退職代行サラバ」では、 アルバイト・正社員など雇用形態を問わず一律27,000円で業界最安値。 そもそも退職代行の平均相場が3万円〜5万円であることを考慮すれば、いかに低価格かお分かりいただけるでしょう。 実際に主要業社7社で比較してみます。 退職代行業者 アルバイト・パート 正社員・契約社員 追加料金 27,000円 なし 30,000円 50,000円 なし 54,000円 オプション費・実費など 30,000円 通常価格50,000円 なし 39,800円 49,800円 なし 29,800円 通常価格49,800円 なし 54,000円 オプション費・実費など また、追加料金は一切発生せず、相談料は何回でも無料となっています。 メリット4. なお、もし有休消化を希望の場合は依頼時にその旨を伝えてください。 メリット5. 無料転職サポート 最後に5つ目のメリットは、 無料転職サポートが付いていること。 「退職代行サラバ」は人材会社と提携しており、退職が決まれば次の転職先も探してくれます。 転職先を見つけるのは費用や時間などのコストがかかるため、次の職場が決まっていない方は利用すると便利でしょう。 退職代行だけでなく 有休消化の利用サポート・転職サポートなどが充実しているのはサラバならでは。 LINEで依頼内容を伝えれば、あとは家でゆっくり休んでいればすべて手続きをしてくれるので 「低価格」で「確実なサービス」を受けるならサラバで間違いないでしょう。 24時間365日対応しているので、まずは無料相談からしてみましょう! \ 無料相談24時間対応 / これはサラバに限らずどの業者も共通することだね! とはいえ、会社に訴訟されることは裁判費用や時間を考慮すると現実的ではありません。 バックレや無断欠席の場合をのぞき、 退職することを理由に法的に罰する権利は会社側に一切ありません。 また、会社側としてもたった一人の社員に費用や時間を費やすよりも、新たに社員を募集する方が効率が良いです。 さらに「退職代行サラバ」では 過去一度もそういったケースは発生していないので心配する必要はないでしょう。 なお、「会社がブラック企業なので万が一のトラブルに備えたい」という方は、割高にはなりますが、顧問弁護士在籍の業者や、弁護士事務所に依頼する手もあります。 参考: 弁護士の退職代行「弁護士法人みやび」については \ 無料相談24時間対応 / 退職代行サラバの評判・口コミは? 最後に「 」を利用した実際の依頼者の声を見ていきましょう。 ここでは3つの口コミを引用してご紹介します。 口コミ1「労働組合が運営と聞いて依頼を決めた」 ー 依頼した理由は何ですか? 退職代行業社の中でもサラバが唯一、労働組合で運営していると聞いて依頼を決めました。 他の業者だと退職時に万が一交渉できなくなるリスクもあり悩んでいました。 しかし労働組合なら交渉する権利が法律上決まっているので、それならサラバにしよう、と。 ー 今回、退職代行サービスを利用した感想をお願いします 退職当日はやはり少し不安でした。 でも逐一担当者が連絡をくれ、最終的には無事退職できました。 あと、料金が公式サイトに書いてある通り28,000円で追加料金が本当になかったのも良かったです。 この度はありがとうございました。 やはり労働組合に魅力を感じて依頼する方が多いようです。 このように、いざという時のリスクも考慮しながら退職するなら非常にコスパが良いと言えるでしょう。 口コミ2「対応が早かった」 ー 依頼した理由は何ですか? 毎日残業で仕事が辛く、いつ辞めようか悩んでいました。 でもなかなか上司に言い出せず… そこで色々調べていくうちにこの退職代行サラバに依頼することにしました。 ー 今回、退職代行サービスを利用した感想をお願いします 深夜に依頼したにも関わらず、翌日に退職代行をしてくださって対応の早さに驚きました。 仕事が夜遅くに終わる身としては、24時間営業していたのは意外に大きかったかもしれません。 ありがとうございました。 「 」は24時間365日相談受付している数少ない業者なので、普段忙しい方でも気軽に連絡できるのは利点といえます。 口コミ3「料金が安い」 ー 依頼した理由は何ですか? 職場の人間関係で悩んでいて、体にも影響が出始めたので退職代行を使うことにしました。 「退職代行サラバ」にしたワケは他よりも料金が安かったから。 ー 今回、退職代行サービスを利用した感想をお願いします もし退職代行サービスを依頼した事が親にバレてしまったらどうしようとか、会社が納得しなかったらどうなるんだろう、という思いがありましたが、円満に退職できて感謝してます。 退職時に金銭的にも余裕がない場合でも優しい値段ですね。

次の

退職代行サービス「SARABA」とは?金額や特徴について説明するよ!【PR】

退職代行 saraba 怪しい

退職代行って実際どうなの?• SARABA さらば の悪い口コミや評判ってあるの?• SARABA さらば についてまとめられている情報がみたい• 今いる企業をすぐにでも辞めたいけど、言い出す勇気がない!• 勇気をだして、退職届けを出したとしても嫌がらせをうけそう 最近、メディアでもよく取り上げられる『SARABA さらば の退職代行サービス』 馴染みの無い方からすると、「SARABA さらば の退職代行?!そんな怪しいサービス大丈夫?ってか退職届を出すことすら自分で出来ないの?!」って思われそうだと感じているはずです。 それでも、上記のコメントのように、退職代行サービスを利用したい人には、その人にしかわからない深刻な事情があるものです。 ですが、いざ行動を起こそうと思い、退職代行について調べてみると、 「 SARABA サラバ の検索結果には「詐欺?」「失敗?」といったマイナスワードが表記されます…• SARABA さらば に関する企業情報• SARABA さらば のリアル体験談、感想• SARABA さらば への問い合わせ時の生情報• 住所を詳しく調べるために、Google mapやYhoo mapでで所在地を確認しても、住所すら存在しないことがありますが、退職代行サービスのSARABA(サラバ)の母体である運営会社、株式会社ワン 旧:合同会社ゼロ)の所在地となっている建物は実在しています。 もちろん、電話番号も繋がり、退職代行サービスSARABA さらば の担当スタッフとサービスについての会話も問題ありません。 また、ホームページ内にはインタビューを掲載した詳細メディアも紹介されていたり、 2019年の4月では「とくダネ」で紹介されていました。 この時点で詐欺の可能性など限りなく0に近いんですよね。 テレビ局側も重大なミスがないように、下調べは徹底的にしていますので。 SNSのSARABA さらば 本アカウントはよくリツイートしている 下記が本アカウントです。 2017年10月と退職代行サービスが話題になったころから、ツイッターアカウント開始されていますね。 うつ病で休職した社員の4割が、休職中や復職後に退職しているそうです。 そりゃそうですよね。 日本だけで380万社も会社があるのに、嫌な思い出が詰まった1つの会社にこだわるなんて、洗脳されてるとしか言いようがありません。 怖いですね。 私は洗脳から解放されたので、会社を退職しました。 — ゲッティ. gettyblogg 退職代行サービスが流行るのわかる気がする。 辞めますって言ってその日に辞められるわけじゃないし、まず辞めるって伝えた時のあの雰囲気。 次決まってるの?とかそんなんじゃどこも同じで続かないよ!とか。 しっかりとHPも存在しています。 SARABA(さらば)の支払い方法に 「クレジットカード決済のペイパル」が採用されています。 PayPal(ペイパル)とは ペイパルは世界2億5000万人以上、1800万以上の店舗で利用できる安全な決済サービスです。 ペイパルは安全性を特に重視しており、クレジットカード情報の保護はもちろんのこと、トラブル時の保障も手厚く行う『買い手保護制度』もある決済サービスです。 したがって、『ペイパル導入=企業の安全性』とも捉えることができます。 ペイパルのようなバックアップが整っている決済サービスを主決済として導入している事は、 詐欺行為は不可能に近いと言えます。 なので、下記のような声や書き込みはありませんでした。 「退職代行サービス」自体が今までなかったサービスのため• 退職代行サービスを使われると都合の悪い企業がある• 人や世代によっては、退職を他人にお願いすることはNG ちなみに、『退職代行サービス』や『SARABA さらば 』をyahooやgoogleの検索時に「失敗」などの候補が出てくる理由は、退職代行サービス依頼者が「退職代行失敗したらどうなるんだろう?」と調べているからです。 今までなかったサービスなので、昭和世代には受け入れがたいサービスもあるため、「詐欺」のような言葉が一人歩きしています。 実際に退職代行サービスを利用しなければ行けない状況になっている企業が多いことの方が問題ですが、これからもっと需要が増すサービスと言えるでしょう。 — ライブドアニュース livedoornews 確かに連休中に今後のことを見つめ直したりする時間がありますからね。 その時にふと思い立ったように、電話に手をかけている人たちの絵が思い浮かびます。 大型連休中に依頼をしたほうがいいの? 実際、担当者をしている知人に話を聞いたのですが、 正直『大型連休中じゃないほうが良い』と返答がありました。 やはり、殺到するということは通常時より、対応が遅れてしまうことも考えられるため、できれば大型連休時でないほうが良いみたいです。 退職代行サービスSARABAさんありがとうございます! 今はまだ社宅の件で揉めてますが、ちゃんと今後は出勤しない意思を伝えてくれました。 同じように会社からの連絡がいらない方は、SARABA さらば に相談時に依頼しておくことをオススメします。 その時は電話もメールもラインも完全無視で大丈夫なようです!SARABA さらば に問い合わせ確認済み 詐欺ではなかった退職代行サービスSARABA(さらば)を利用するメリットとデメリット 退職代行サービスSARABA(サラバ)についての概要がわかったところで、実際にSARABA(サラバ)を利用するメリットとデメリットについて考えてみましょう。 退職代行サービスSARABA(サラバ)を利用時6つのメリット SARABA さらば に限らず、退職代行サービスを利用して今の会社をやめることが出来る最大のメリットは、 『退職時に今の会社と直接、交渉も何も関わらずに会社を退職する』ことです。 様々ある退職代行サービスですが、それぞれ企業により少々メリットやデメリットが異なります。 退職代行サービスSARABA(サラバ)を利用するメリットは次の6つの通りです。 よって、退職代行サービスの利用時、もちろんSARABA さらば 利用時も、本来は発生しない費用が発生することが、退職代行サービスのデメリットとしてあります。 上記以外で、SARABA(サラバ)デメリットは大きく2点! 1:弁護士が常に対応するわけではない SARABA さらば は弁護士事務所ではないので、弁護士が常に担当をしてくれるわけではありません。 *ただし、SARABA さらば のメリットでもある労働組合運営のため、団体交渉権があり交渉が可能です。 2:裁判の代理人になれない SARABA さらば の退職代行サービスは弁護士が行うわけではないため、裁判などの代理人対応はしていません。 そのため、法律的な問題に発展する可能性のある退職には不向きと言えるでしょう。 *利用時は、無料相談時点で現状の自分の状況を伝えて、退職代行サービスを利用することが可能か、初回相談時 無料です に聞いておく必要があります。 退職代行サービスSARABA さらば 特徴として以下のとおりです。 有給消化残ってると不安よな。 SARABA動きます。 なので、有給消化が残っていて、自分でもぎ取れない場合はSARABA さらば の利用をオススメ出来ます。 その他の有名退職代行サービス料金比較表 サービス名 料金 29,800円 返金保証あり 退職代行SARABA 27,000円 返金保証あり 正社員50,000円 バイト30,000円 退職代行辞めるんです 30,000円 返金保証あり 退職代行コンシェルジュ 32,400円 退職代行リスタッフ 30,000円 退職代行ヤメヨッカ 正社員50,000円 バイト30,000円 上記で、SARABA さらば 以外で、特にオススメの退職代行サービスは『セラピスト弁護士対応のjobs』と『退職代行サービスの火付け役EXIT』です。 利用手順:SARABA サラバ へ登録• もし、退職代行サービス活用時の事例を知りたければ、に退職代行の依頼があった様々な事例が紹介されています。 そこでは、どのような理由で退職代行を依頼しているのか、そしてサービス依頼事はどうやって退職のケースや流れを知ることができます。 \ 登録&相談 無料 / LINE相談対応なので便利! 24時間365日対応! 最後に 現在はブラック企業を排斥していく流れが強くなっていますが、それでもまだまだ蔓延っています。 社会人生活をやり直したい!心機一転新天地で花を咲かせたい!でも今の会社はやめることができない!と諦めているビジネスパーソンの強力な協力者です。 もし、あなたやあなたの大切な人が、次の道へ進みたいのに退職が出来ない悩みなどを抱えているのであれば、今回ご紹介したSARABA(さらば)をはじめ、退職代行サービスを利用してみるのも問題可決の糸口となってくれます。

次の