タンパク質 の 食べ物。 タンパク質がおすすめ!血糖値やHbA1cを下げる食べ物

ダイエット中におすすめの高タンパク質で低カロリーな食べ物!

タンパク質 の 食べ物

タンパク質は筋肉、臓器、血液など、ヒトの体を作る栄養素の一つです。 食事からタンパク質を摂取するのが理想ですが、さまざまな理由で摂取が難しいことがあります。 そんなとき、間食や食事の補助として手軽に摂れるものの一つに、タンパク質を含む飲み物があります。 本記事では、コンビニでも手に入りやすく、タンパク質を多く含む飲み物をご紹介します。 タンパク質を摂れる飲み物は? タンパク質は、さまざまな食品に含まれている栄養素です。 例えば米やトウモロコシ、ブロッコリーやキャベツなどにもタンパク質は少量ですが含まれています。 食品のなかでは、肉、魚介類、卵、大豆や大豆製品、牛乳や乳製品にタンパク質は多く含まれ、飲み物では牛乳、ドリンクタイプのヨーグルト、豆乳などがあります。 摂取したタンパク質は体内でどうなる? 食品から摂取したタンパク質は、消化酵素で分解されます。 分解されたものがアミノ酸です。 体に吸収されたアミノ酸は、筋肉、皮膚、臓器、神経などでタンパク質に再合成され、そのほかにはホルモン、酵素などの構成成分となります。 また、糖質や脂質などエネルギー源が不足すると、アミノ酸がエネルギーとして使われます。 アミノ酸として蓄えられる量には限度があり、 過剰になると脂肪や筋肉のグリコーゲンに変わります。 そのため、1度にタンパク質をたくさん摂取するのではなく、3回の食事や必要に応じて間食から適切な量を摂取したいものです。 厚生労働省が定めている「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日あたり18歳以上の男性は60g、女性は50gのタンパク質摂取を推奨量として定めています。 タンパク質を含む飲み物を活用 1回の食事から十分にタンパク質が摂取できない場合は、タンパク質を含む飲み物を取り入れてみましょう。 仕事の合間に飲むコーヒーの代りに牛乳や豆乳にするなど、飲み物であれば手軽に置き換えることもできるのではないでしょうか。 また、スポーツを日常的に行っていると、エネルギー消費量が増加します。 運動後のエネルギー補給に糖質とタンパク質を摂取することで筋タンパク質の合成が高まるという研究結果もあります。 weider-jp. 運動後のエネルギー補給にタンパク質は必要ですが、食事からの摂取が難しい場合には、タンパク質を含む飲み物やプロテインはおすすめです。 カルシウムが豊富な「牛乳」 小学校の給食では飲み物として牛乳が配膳されます。 牛乳には、 タンパク質、カルシウム、ビタミンDなどが含まれており、成長期に必要な栄養素が補える飲み物です。 日本人のカルシウム摂取量は不足している傾向にあるため、成長期だけでなく成人や高齢者もうまく牛乳を取り入れてみてはいかがでしょうか。 牛乳には脂質も多く含まれているので、食事の量によってはエネルギーの摂りすぎになることもあります。 その場合は、低脂肪乳や無脂肪乳を活用してみましょう。 また、粉末のプロテインを活用している場合は、水だけでなく牛乳で溶かすこともあるかと思います。 プロテインを溶かすときの水と牛乳の使い分けは、以下の記事を参考にしてください。 「」 カルシウムのはたらき ヒトの体のなかでカルシウムは、ほとんどが骨や歯に、残り1%は血液、筋肉、神経などに存在しています。 食品からのカルシウム吸収率は20~30%と高くはありません。 そのため、カルシウムを含む食品を積極的に摂りましょう。 カルシウムは、牛乳や乳製品、野菜、豆類、魚介類などに多く含まれています。 牛乳はタンパク質を摂れるだけでなく、カルシウム不足が気になる場合にもおすすめしたい飲み物です。 乳酸菌を手軽に摂るなら「ドリンクタイプのヨーグルト」 牛乳や脱脂粉乳などを原料に、乳酸菌を加えて発酵させたヨーグルト。 牛乳の栄養に加えて乳酸菌を摂取できる食品です。 ドリンクタイプのヨーグルトは、飲みやすくするために砂糖を加えて甘くしたものや、ブルーベリーやイチゴなどの味が付いており、おやつ感覚で飲みながら、手軽にタンパク質を補給できます。 一方で、 体重の増加を気にしている場合は、摂取エネルギーが増えてしまう原因にもなります。 ドリンクタイプのヨーグルトに記載された栄養表示を確認して、うまく取り入れると良いでしょう。 乳酸菌のはたらき 乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を作る細菌の総称です。 ヒトや動物の腸に生息して、腸内の環境を整えるほか、腸の動きを助けるなどの働きをしています。 腸内だけでなく自然界にも存在し、古くから乳酸菌は活用されてきました。 ヨーグルト、チーズ、漬物、みそなどの発酵食品は、乳酸菌によって風味が変化した食品です。 乳酸菌はたくさんの種類があります。 ドリンクタイプのヨーグルトも、使われている乳酸菌はさまざまです。 鉄を含む「豆乳」 豆乳は、大豆を原料にしたしぼり液です。 乾燥大豆を水に浸け、十分に吸水したらミキサーに掛けます。 ドロドロの状態になった大豆と水を鍋に入れて火に掛け、布巾で大豆の皮などを取り除いたしぼり液が豆乳です。 豆乳ににがりを加えて固めると、豆腐になります。 豆乳は牛乳と比べると、含まれているカルシウムは少なく、鉄が含まれていることが特徴です。 豆乳の栄養素については、以下の記事を参考にしてください。 「」 豆乳の種類は3種類 豆乳は、豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の3種類に分類されます。 豆乳:大豆固形分8%以上• 調整豆乳:大豆固形分6%以上• 豆乳飲料:果汁入りは大豆固形分2%以上、その他は大豆固形分4%以上 豆乳は、パッケージに無調整豆乳と書かれている製品です。 大豆のしぼり液を加工していないので、にがりを加えると豆腐ができ、加熱すると湯葉を作ることができます。 大豆の風味をそのまま味わえるのが無調整豆乳です。 調整豆乳は、無調整豆乳を飲みやすくするために砂糖などを加えている豆乳です。 大豆のクセが抑えられています。 豆乳飲料は、さまざまな味を付けた飲み物で、調整豆乳よりもさらに飲みやすく加工された飲み物です。 運動中も飲みやすいドリンクタイプの「栄養補助食品」 牛乳、ドリンクタイプのヨーグルト、豆乳のほかに、プロテイン入りのドリンクやゼリー飲料からもタンパク質を摂ることができます。 粉末状のプロテインとは違って水や牛乳に溶かす手間がないため、手軽に飲むことができます。 ピーチ味で飲みやすい「inドリンク プロテイン」は、水分補給をするようにプロテインを摂取できます。 運動の合間にも飲みやすいタイプです。 inドリンク プロテイン PET ゼリータイプの「inゼリー プロテイン」は、脂質0gで、カルシウム、ビタミンB群なども含まれています。 食事の時間が取れないときなどの栄養補給にも活用できる商品です。 inゼリー プロテイン 飲み物でタンパク質を摂るときのポイント タンパク質を含む飲み物は、仕事の休憩時間や運動の合間にも摂りやすいですね。 紙パックやペットボトルなど容器に入っているものを選べば、食器を洗う必要もありません。 水分補給も同時にできて手軽です。 しかし、手軽さゆえに、 エネルギーやタンパク質を必要以上に摂ってしまう可能性もあるため、食事とのバランスを考えて、飲み物を取り入れましょう。 加糖タイプなのかをチェック タンパク質を含む飲み物には、飲みやすいよう、甘みを添加しているものもあります。 加糖タイプの飲み物を飲みすぎると、エネルギー量がオーバーしてしまう可能性があるので注意しましょう。 飲み物のエネルギーやタンパク質量は、容器に記載されている栄養表示で確認できます。 いろいろな飲み物を選ぶ 牛乳、ドリンクタイプのヨーグルト、豆乳、栄養補助食品は、 タンパク質だけでなく脂質、ビタミン、ミネラルなどを摂ることができます。 1種類だけを飲み続けるのではなく、さまざまな種類の飲み物を取り入れると、幅広い栄養を摂ることができますよ。 まとめ タンパク質を含む飲み物は、コンビニなどで手に入ります。 食事から摂取するタンパク質が足りない場合に、タンパク質を含む飲み物をプラスしてみましょう。 手軽に摂取できる飲み物は、時間がないときにも重宝します。 飲み物を選ぶときには、含まれている栄養も考えて取り入れるのがおすすめです。

次の

タンパク質が多い食品リスト

タンパク質 の 食べ物

タンパク質の重要性 タンパク質は、筋肉・骨・血液の材料となる重要な栄養素です。 スポーツや筋トレなどで全身を動かすために必要で、体作りにおいて大きな役割を担っています。 筋肉は強い運動によって分解され、材料となるタンパク質を吸収して合成するというプロセスを経ながら強く大きくなっていきます。 適切な量とタイミングで補給すると筋肉を作るサイクルがスムーズに働きますが、不足してしまうと筋肉量が増えないばかりか、骨や血液にも影響が及び故障しやすくなったり、スポーツ貧血の原因になったりすることもあります。 詳しくはこちら「」 トップアスリートも重要視する高タンパク食品 アスリートと私たちでは、日々のエネルギー消費量が違います。 アスリートは、その分の補給やコンディショニングのために意識して栄養摂取しています。 トレーニング終了30分以内にあなたは何を補給していますか? アスリートは「回復のゴールデンタイム」とされるこの時間帯を有効に使い、トレーニングで酷使した体の材料となるタンパク質を積極的に補給しています。 同じ100キロカロリーを補給するときにも、ただ何も考えずに食べるのと、どの栄養素が体内で何に変わるのか意識して食べるのとでは差が生まれます。 納豆 植物性タンパク質、そしてカルシウム・鉄分などミネラルも含むため、タンパク質強化、貧血予防など種目に関わらず重宝される食材です。 納豆に含まれるビタミンKは骨の中のタンパク質を活性化し、新しい骨の形成を促す効果があります。 パッケージに密封性があることから持ち歩きもでき、保存にも優れているため補食や外食時のプラス食材として活用するアスリートも多くいます。 無脂肪牛乳 余分な脂肪摂取を抑えたいアスリートには乳製品のなかでも無脂肪牛乳がよく好まれます。 牛乳にはタンパク質を吸収するのに役立つミネラルも多く含まれているため、骨を作るのに欠かせない成分も摂取できます。 そのまま飲むことはもちろん、プロテインを溶かしたりするのにも使えます。 牛乳が苦手な方は、豆乳にもタンパク質が豊富に含まれているのでおすすめです。 ツナ 缶を開ければすぐに食べられる手軽さとともに、タンパク質補給の定番として、主に体を大きくしたいアスリートに重宝されています。 水煮タイプのツナは、オイル漬けと比べて余分な油分を含んでいないため、タンパク質を純粋に補給したいときにおすすめです。 アスリートフードマイスターおすすめ!高タンパク質メニューのコツ タンパク質を食材として選ぶときのコツをおさえましょう。 多くの食材を組み合わせてみよう 体を作るタンパク質はさまざまなアミノ酸の組み合わせによって構成されています。 単一の食材ばかりだと、決まったアミノ酸しか体に取り入れられないので、さまざまな食材を食べるようにしましょう。 また植物性・動物性タンパク質を組み合わせて摂ることで補足効果が生まれ、バランスが良くなります。 動物性タンパク質の割合が低いと貧血や血漿タンパク質の不足が起こるため、さまざまな食材からバランスよくタンパク質を摂ることが重要です。 またタンパク質を食事から摂るとき、食材に含まれる脂肪量も気になるところです。 高タンパク低脂肪を意識するために可食部100gあたりの含有量を比較してみましょう。 食材 タンパク質量(g) 脂質量 g 牛もも肉 20. 7 10. 7 豚もも肉 22. 1 3. 6 鶏むね肉(皮つき) 19. 5 17. 2 鶏むね肉(皮なし) 24. 4 1. 9 さけ 22. 3 4. 1 かつお 25. 0 6. 2 牛乳 3. 3 3. 8 豆乳 3. 6 2. 0 たまご (Mサイズ1個40g 12. 3 10. 3 木綿豆腐(1丁:300~350g) 6. 6 4. 2 トレーニング量や自分の作りたい身体に合わせて食材を選んでいくのもとても効果的です。 なるべく赤身の多い部位を選ぶ いわゆる赤身と呼ばれる部位は、タンパク質を効果的に吸収するミネラルも多く含みます。 牛肉ではランプ・もも、豚肉はもも・ひれの部位に多く含まれます。 赤身ではありませんが、鶏肉では皮を取り除いたむね肉は高タンパク低脂肪の代表的な食材です。 お魚ではマグロ・カツオ・ブリ・イワシなどの回遊魚が赤身の魚として分類されます。 プロテインを利用して効率的に摂取する 余分なカロリー・脂肪摂取を抑えて、タンパク質を補給したいとき、食事のプラスアルファとしてプロテインを活用するのもおすすめです。 プロテインは商品によって含まれるたんぱく質量が異なります。 タンパク質含有量が多いものほど、純粋なタンパク質補給に適したものといえます。 パッケージに記載されている栄養成分表示を必ず確認しましょう。 主食・主菜・副菜とバランスのとれた食事にプロテインを1杯プラス。 食事の間隔が開いてしまうときは補食としての活用もお勧めです。 食事で糖質(炭水化物)をしっかり摂ったうえで、プロテインをプラスするとタンパク質が体内に吸収されやすくなります。 プロテインの飲み方に関してはこちらも参考にしてみてください。 「」 ビタミンB 6を含む食品を合わせて取るとさらに効果アップ ビタミンB 6はたんぱく質の代謝に必要な、タンパク質の摂取量と比例して必要量が増加する栄養素です。 肉や魚などの動物性食品、サツマイモ、アボカドなどの植物性食品に含まれますが、動物性食品のほうが体内での利用効率が良いとされています。 代表的な食材として、牛・豚レバー、鶏ささみ、マグロ(赤身)・カツオ・サバ・鮭などがあります。 ビタミンB 6を含む食材を取り入れた食事にプロテインをプラスすることで、タンパク質の摂取量が増加しても、代謝をよりスムーズに促してくれます。 補食としての摂取はバナナがお勧めです。 バナナにもビタミンB 6は多く含まれるので、バナナ&プロテインはたんぱく質の利用効率を上げる組み合わせといえるでしょう。 出典:知っておきたい栄養学(白鳥早奈英 学研パブリッシング) 96ページ ビタミンB6 77ぺージ タンパク質 アスリートたちはどんな食事をしているのか? 国立スポーツ科学センター(JISS)では、日本代表クラスのトップアスリートが日々トレーニングを行っています。 こちらで提供されている食事のなかから、日常でも取り入れやすい高タンパク質のメニューをご紹介します。 牛肉のオイスターソース炒め 牛肉は豚・鶏と比べて鉄分が多く含まれています。 加えて、赤身で低脂肪の牛もも肉を使うことがコツです。 増量・減量、またスポーツを問わず取り入れやすいメニューです。 詳しい作り方 鶏の梅しそレンジ蒸し 鶏肉の脂肪分は大半が皮に含まれています。 肉に付着している細かな白い部分も含め丁寧に取り除きましょう。 電子レンジで簡単に蒸すことができるため、トレーニングから帰ってきてもすぐに作れます。 余分な脂肪を摂取したくないときや、減量したいときにおすすめです。 詳しい作り方 豆乳鍋 トレーニングで疲れている胃腸でも消化しやすいようにお肉は薄切りを選びましょう。 体を大きくしたいときや筋肉を増やしたいときは、支える骨の強さも重要となるため、骨の強化に欠かせないカルシウムも豆乳と共に鍋に欠かせない豆腐と併せて摂りましょう。 栄養バランスが整うだけではなく、さまざまな栄養素を摂ることが期待できます。 また、実際にアスリートたちが食べている食事を真似して作ってみることもおすすめです。 このページで紹介したコツや料理をぜひ試してみてくださいね。 おすすめ商品.

次の

タンパク質の摂れる飲み物を紹介。コンビニでも手に入る飲み物でタンパク質を摂取!

タンパク質 の 食べ物

ジェイフロンティア株式会社 くすりの健康日本堂 登録販売者(店舗管理者) 青木 将大 登録販売者とは一般用医薬品(第2類・第3類)を販売できる国家資格で、医薬品の販売のほか、薬剤師に次ぐ 医薬品の専門家としてお客様への情報提供や相談を行っています。 たんぱく質とは たんぱく質は、筋肉・内臓・皮膚・爪・毛髪など人の体のいろいろな部分を作るのに欠かせない栄養素です。 たんぱく質を構成するアミノ酸は20種類あり、その内の9種類は食事から摂取しなければいけないアミノ酸(必須アミノ酸)です。 たんぱく質の1日の推奨摂取量 1日のたんぱく質の推奨摂取量は成人男性ならば60g、成人女性ならば50gとなっています。 (厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準 2015年版による) それでは、どういった食べ物・食品にたんぱく質が多く含まれているのでしょうか。 文部科学省が公表している「日本食品標準成分表2015年版」から、 食材100gあたりのたんぱく質含有量が多い食べ物をランキング形式で100位から1位までご紹介します。 たんぱく質が多く含まれる食べ物・食品ランキング• 第1位: <畜肉類>ぶた [その他] ゼラチン たんぱく質 87. 第2位: 鶏卵 卵白 乾燥卵白 たんぱく質 86. 第3位: <牛乳及び乳製品>(その他) カゼイン たんぱく質 86. 第4位: <魚類>(さめ類) ふかひれ たんぱく質 83. 第5位: だいず [その他] 大豆たんぱく 分離大豆たんぱく 塩分無調整タイプ たんぱく質 79. 第6位: だいず [その他] 大豆たんぱく 分離大豆たんぱく 塩分調整タイプ たんぱく質 79. 第7位: <魚類>(かつお類) 加工品 かつお節 たんぱく質 77. 第8位: <魚類>(かつお類) 加工品 削り節 たんぱく質 75. 第9位: <魚類>(いわし類) たたみいわし たんぱく質 75. 第10位: <魚類>(さば類) まさば さば節 たんぱく質 73. 第11位: <魚類>(たら類) まだら 干しだら たんぱく質 73. 第12位: こむぎ [その他] 小麦たんぱく 粉末状 たんぱく質 72g• 第13位: <いか・たこ類>(いか類) 加工品 するめ たんぱく質 69. 第14位: <魚類>(いわし類) かたくちいわし 田作り たんぱく質 66. 第15位: <貝類>ほたてがい 貝柱 煮干し たんぱく質 65. 第16位: <魚類>にしん かずのこ 乾 たんぱく質 65. 第17位: <えび・かに類>(えび類) さくらえび 素干し たんぱく質 64. 第18位: <魚類>(いわし類) かたくちいわし 煮干し たんぱく質 64. 第19位: だいず [その他] 大豆たんぱく 繊維状大豆たんぱく たんぱく質 59. 第20位: <えび・かに類>(えび類) さくらえび 煮干し たんぱく質 59. 第21位: <魚類>うまづらはぎ 味付け開き干し たんぱく質 58. 第22位: だいず [その他] 大豆たんぱく 濃縮大豆たんぱく たんぱく質 58. 第23位: <畜肉類>うし [加工品] ビーフジャーキー たんぱく質 54. 第24位: だいず [豆腐・油揚げ類] 凍り豆腐 乾 たんぱく質 50. 第25位: だいず [その他] 湯葉 干し 乾 たんぱく質 50. 第26位: <魚類>やつめうなぎ 干しやつめ たんぱく質 50. 第27位: <魚類>(あじ類) むろあじ くさや たんぱく質 49. 第28位: 鶏卵 全卵 乾燥全卵 たんぱく質 49. 第29位: <えび・かに類>(えび類) 加工品 干しえび たんぱく質 48. 第30位: <魚類>きびなご 調味干し たんぱく質 47. 第31位: だいず [その他] 大豆たんぱく 粒状大豆たんぱく たんぱく質 46. 第32位: <いか・たこ類>(いか類) 加工品 さきいか たんぱく質 45. 第33位: <魚類>(いわし類) うるめいわし 丸干し たんぱく質 45g• 第34位: <魚類>(いわし類) みりん干し かたくちいわし たんぱく質 44. 第35位: <牛乳及び乳製品>(チーズ類) ナチュラルチーズ パルメザン たんぱく質 44g• 第36位: <いか・たこ類>(いか類) ほたるいか くん製 たんぱく質 43. 第37位: <魚類>いかなご 煮干し たんぱく質 43. 第38位: あまのり 焼きのり たんぱく質 41. 第39位: <魚類>(いわし類) しらす干し 半乾燥品 たんぱく質 40. 第40位: <魚類>(たら類) すけとうだら すきみだら たんぱく質 40. 第41位: <魚類>ぼら からすみ たんぱく質 40. 第42位: あまのり 味付けのり たんぱく質 40g• 第43位: あまのり ほしのり たんぱく質 39. 第44位: <畜肉類>ぶた [大型種肉] ヒレ 赤肉 焼き たんぱく質 39. 第45位: <鳥肉類>にわとり [若鶏肉] むね 皮なし 焼き たんぱく質 38. 第46位: かわのり 素干し たんぱく質 38. 第47位: <貝類>あわび 干し たんぱく質 38g• 第48位: <魚類>(かつお類) 加工品 なまり節 たんぱく質 38g• 第49位: だいず [全粒・全粒製品] 大豆はいが たんぱく質 37. 第50位: だいず [全粒・全粒製品] いり大豆 青大豆 たんぱく質 37. 第51位: だいず [全粒・全粒製品] いり大豆 黄大豆 たんぱく質 37. 第52位: だいず [全粒・全粒製品] きな粉 脱皮大豆 黄大豆 たんぱく質 37. 第53位: <その他>酵母 パン酵母 乾燥 たんぱく質 37. 第54位: だいず [全粒・全粒製品] きな粉 全粒大豆 青大豆 たんぱく質 37g• 第55位: だいず [全粒・全粒製品] きな粉 全粒大豆 黄大豆 たんぱく質 36. 第56位: だいず [全粒・全粒製品] いり大豆 黒大豆 たんぱく質 36. 第57位: <いか・たこ類>(いか類) 加工品 くん製 たんぱく質 35. 第58位: いわのり 素干し たんぱく質 34. 第59位: だいず [豆腐・油揚げ類] ろくじょう豆腐 たんぱく質 34. 第60位: <鳥肉類>にわとり [若鶏肉] むね 皮つき 焼き たんぱく質 34. 第61位: <牛乳及び乳製品>(粉乳類) 脱脂粉乳 たんぱく質 34g• 第62位: だいず [全粒・全粒製品] 全粒 国産 黒大豆 乾 たんぱく質 33. 第63位: だいず [全粒・全粒製品] 全粒 国産 黄大豆 乾 たんぱく質 33. 第64位: だいず [全粒・全粒製品] 全粒 ブラジル産 黄大豆 乾 たんぱく質 33. 第65位: だいず [全粒・全粒製品] 全粒 米国産 黄大豆 乾 たんぱく質 33g• 第66位: <香辛料類>からし 粉 たんぱく質 33g• 第67位: だいず [全粒・全粒製品] 全粒 中国産 黄大豆 乾 たんぱく質 32. 第68位: <魚類>(いわし類) まいわし 丸干し たんぱく質 32. 第69位: <魚類>(さけ・ます類) しろさけ イクラ たんぱく質 32. 第70位: こむぎ [その他] 小麦はいが たんぱく質 32g• 第71位: <魚類>(いわし類) みりん干し まいわし たんぱく質 31. 第72位: <魚類>(さば類) ごまさば 焼き たんぱく質 31. 第73位: <魚類>(かつお類) 加工品 角煮 たんぱく質 31g• 第74位: <魚類>(さけ・ます類) しろさけ すじこ たんぱく質 30. 第75位: 鶏卵 卵黄 乾燥卵黄 たんぱく質 30. 第76位: こむぎ [ふ類] 焼きふ 車ふ たんぱく質 30. 第77位: <畜肉類>ぶた [大型種肉] もも 皮下脂肪なし 焼き たんぱく質 30. 第78位: <畜肉類>うし [輸入牛肉] もも 皮下脂肪なし ゆで たんぱく質 30g• 第79位: <魚類>(かつお類) 加工品 なまり たんぱく質 29. 第80位: <魚類>(あじ類) むろあじ 焼き たんぱく質 29. 第81位: <茶類> (緑茶類) 抹茶 たんぱく質 29. 第82位: すいか いり 味付け たんぱく質 29. 第83位: <畜肉類>ぶた [その他] スモークレバー たんぱく質 29. 第84位: あさ 乾 たんぱく質 29. 第85位: <魚類>かじか つくだ煮 たんぱく質 29. 第86位: あおのり 素干し たんぱく質 29. 第87位: <魚類>いかなご つくだ煮 たんぱく質 29. 第88位: <魚類>(さけ・ます類) しろさけ 新巻き 焼き たんぱく質 29. 第89位: <茶類> (緑茶類) 玉露 茶 たんぱく質 29. 第90位: <魚類>(さけ・ます類) しろさけ 焼き たんぱく質 29. 第91位: <畜肉類>めんよう [マトン] ロース 脂身つき 焼き たんぱく質 28. 第92位: <牛乳及び乳製品>(チーズ類) ナチュラルチーズ エダム たんぱく質 28. 第93位: <畜肉類>ぶた [大型種肉] もも 皮下脂肪なし ゆで たんぱく質 28. 第94位: <香辛料類>パセリ 乾 たんぱく質 28. 第95位: <魚類>わかさぎ つくだ煮 たんぱく質 28. 第96位: <魚類>(あじ類) まるあじ 焼き たんぱく質 28. 第97位: <畜肉類>めんよう [ラム] もも 脂身つき 焼き たんぱく質 28. 第98位: <魚類>(かれい類) まこがれい 焼き たんぱく質 28. 第99位: <魚類>(さけ・ます類) べにざけ 焼き たんぱく質 28. 第100位: こむぎ [ふ類] 焼きふ 釜焼きふ たんぱく質 28. 5g いかがでしたでしょうか。 大豆と魚介類が非常に強い結果となっていますね。 たんぱく質は人間の体を形成する上でなくてはならない栄養素なので、この機会に普段の食生活の中で意識的に摂取してみてはいかがでしょうか。

次の