イヤホン 低音 おすすめ。 重低音イヤホン/ヘッドホンのおすすめ16選!【ワイヤレス/最強/低音重視】

【2020年版】イヤホンおすすめ21選|オーディオ専門家のランキング付き

イヤホン 低音 おすすめ

ドンシャリサウンド系が多い SONY(ソニー)のイヤホンは、ドンシャリ系サウンドが多いことが良く知られています。 ドンシャリという表現は、低音と高音域がブーストアップされていて、ヴォーカル音が含まれる中音域は控えめという構成のことです。 ヘッドフォンとは異なりドライバーサイズを極端に大きくすることは出来ないため、全音域を均等に強調することは難しくなります。 しかし、例外的にXBAシリーズのみ低音から高音までをフラットな構成としているイヤホンも販売されているので、SONY(ソニー)のイヤホンは幅広いシリーズ構成から自分好みのイヤホンを探す楽しみがあるわけです。 テクノサウンドやEDM系の音楽が好きな人におすすめ出来る製品が多くなっています。 密閉型イヤホンを得意としている背景として、限られたサイズ内で高音質を実現するために、設計を綿密に行っているからです。 SONY(ソニー)ならではの音質は、イヤホンのシリーズごとに特徴を持たせてあります。 再生周波数が幅広い SONY(ソニー)ならではの技術力を活かして、再生周波数帯域が幅広いイヤホンを発表しています。 中でもハイレゾ音源に対応した製品を多数展開している点は、高品質な音楽観賞を行いたい人におすすめです。 ハイレゾ対応製品は、高域再生性能40kHz以上が可能である点が条件となっているので、再生可能周波数帯が5Hz~50kHzといったイヤホン表記を確認することで分かります。 CD音源である16bit・44. 1Khzを超える高品質な音源を用いれば良いので、近年は音楽配信サービスやXPERIAシリーズとWALKMANシリーズでハイレゾ音源を再生可能なプレーヤーが増えている状況です。 SONY(ソニー)製品にハイレゾ音源対応モデルが多いことは、積極的に高音質な音楽を手がけていることが分かります。 生演奏を聴いている時には、アナログ状態でノイズと共に聞くことになりますが、音楽鑑賞時にはデジタル収録された音源を再生するので、サンプリングレートが高いほど高音質です。 Bluetooth対応製品も進化している スマートフォンに牽引される形でBluetooth対応のイヤホンが増えてきましたが、SONY(ソニー)のBluetoothイヤホンは、幅広い対応コーデックにより高音質化を実現しています。 従来のBluetooth規格では、標準で採用しているSBCコーデックは音楽愛好家にとって満足できる音質では無く、APT-XやAACといったより高音質なコーデックが開発されて来ました。 SONY(ソニー)のイヤホンには、ハイレゾ音源に対応したBluetooth接続のワイヤレスイヤホンが登場しています。 今まで有線接続のイヤホンしか選択肢に入らなかった音楽愛好家にもおすすめ出来る高音質モデルが増えているわけです。 SONY(ソニー)製のハイレゾ音源対応ワイヤレスイヤホンならば、音質に妥協することなく音楽観賞を楽しめます。 コスパの高い型落ちモデルも狙い目 SONY(ソニー)のイヤホンが欲しいと考えた時に、性能だけでなくデザイン性に優れている点を見逃せません。 全く同じ再生可能周波数帯であって、音質に極端な差が無ければ外出時に使用することが多いイヤホンほどデザインが優れている点はおすすめポイントになります。 なぜなら、SONY(ソニー)のイヤホンならば、ファッションとの一体感を演出しやすいからです。 しかし、同時にSONY(ソニー)製品のブランド力と人気の高さから、価格がやや高めな点は否定出来ません。 そこで、型落ち品を狙うという方法があります。 SONY(ソニー)のイヤホンは先進技術と流行に合ったファッション性を重視するので、製品投入サイクルが短く新製品が次々と登場するからです。 イヤホンにかけられる予算が追いつかなければ、少し待つだけで型落ち品として安くSONY(ソニー)のイヤホンを入手出来ます。 若者であっても手頃な価格で入手しやすくなる点もSONY(ソニー)ならではです。 ノイズキャンセリング機能にも注目 カナル型イヤホンを得意とするSONY(ソニー)製品には、音楽業界をリードする機器を多数開発してきた経緯から、ノイズキャンセリング機能が優れています。 密閉型のイヤホンだからこそ周囲の環境音を遮断出来ますが、同時に音楽観賞に必要な音とノイズを分けて再生出来るノイズキャンセリング機能が秀逸です。 SONY(ソニー)のイヤホンには、マイク付きイヤホンが多くXPERIAシリーズとの相性が良いことからも、ノイズキャンセリング機能は通話時にも活躍します。 音楽プレーヤーとの相性が良く、一度使い始めると買い替え時にも同じラインナップから選ぶ人が多いほどおすすめの製品が並ぶわけです。 シリーズごとに音質とノイズキャンセリングの有無が異なり、ドライバーサイズとデザインにも違いがあるので、最初に好みの製品を見つけるまでが手探りとなります。 しっくり来たSONY(ソニー)のイヤホンを見つけることが出来れば、お気に入りの製品となるわけです。 SONY(ソニー)のイヤホンのおすすめ MDR-XB75AP SONY(ソニー)MDR-X75APは、切削アルミニウムハウジングを採用することにより、余計な振動を抑えたイヤホンです。 独自開発の12mmドライバーは、ドーム部分を大きくしたオリジナルデザインのために16mmドライバー相当のドームサイズを実現し、低音域に厚みがある音楽が好みの人におすすめ出来ます。 エッジ幅を抑えたドライバーのために、可動域が広くサイズの割に幅広い音域を出せるので、見た目よりも重厚な音響効果を期待可能です。 アングルドイヤーピースと呼ばれる小型のイヤーピースを採用しているので、SONY(ソニー)ならではの遮音性を有し、ドライバー部分から鼓膜までをより密閉させることに成功しています。 耳の奥までイヤーピースが入るので、多少動いてもイヤホンが外れにくくなっており、装着感と高音質のバランスが取れているわけです。 また、ハウジング上に設置したダクトにより低音域を調整するベースブースターにより、重低音が過剰にならないよう調整しています。 限られたスペースで様々な音質を追求する設計が施されていることから、ヘッドフォンで聴いているかのような幅広い音域を満遍なく高解像度にて聴取出来るイヤホンに仕上がっているわけです。 MDR-EX450AP SONY(ソニー)MDR-EX450APは、アングルドイヤーピース方式を採用したマイク付きと無しの2種類のモデルから選べる密閉型イヤホンです。 ドライバーサイズを最大化するために、イヤーピースの挿入角度とドライバー角度を変えてデザインすることにより、再生周波数帯域全体を高解像度再生出来るように工夫されています。 イヤーピース素材にも工夫が凝らされていて、2種類の硬度が異なる素材により、耳穴から抜けてしまわない工夫がされているわけです。 切削アルミニウムハウジングにより12mmドライバーによる低音であっても、共振を防いで低音域から中音域へスムーズに繋げます。 また、ビートレスポンスコントロールと呼ばれるハウジング部分に通気孔が空けられていて、低音域再生時にドライバーのドーム部分が大きく触れた時の余剰振動が抜ける状態です。 低音域から中音域への繋がりを良くすることで、ヴォーカル音をしっかり聴き取れる工夫もSONY(ソニー)ならではのこだわりです。 XPERIAを始めとするスマートフォンとの連携機能がSmartKeyアプリにより充実しているので、手元でコントロール可能なリモコンをカスタマイズして使いたい人におすすめのイヤホンとなっています。 XBA-N3BP SONY(ソニー)製イヤホンの多くは、低音と高音が強調されて中音域が控えめのドンシャリ系が多いですが、XBAシリーズのみフラットな音声コントロールが行われています。 XBA-N3BPは、SONY(ソニー)がこだわる原音そのままの音質を追求したい人におすすめの高品質イヤホンです。 再生周波数帯域として3Hz-40kHzというハイレゾ音源対応ギリギリの幅広い再生周波数を実現しているので、20Hz以下の超低音から40kHzというハイレゾ領域の入り口までをカバーしています。 LCP振動板採用の9mm高感度ダイナミックドライバーとバランスド・アーマチュア・コントロールを採用したHDハイブリッドドラバーシステムにより、原音が持つ生音をそのまま表現することが出来るわけです。 重低音ばかりブーストアップなイヤホンとは一線を画し、弦楽四重奏曲を聴いた時の感動度合いが大きく変わります。 高音域の再生環境を澄みきった音声とするために、ノイズ低減に対する取り組みを強化し、銀コートOFCケーブルという無酸素銅に銀コーティングを施した線を用いています。 銅線やイヤーピースに至るまで拘り抜いているからこそ完成した、生音そのままをリアルに再現可能な高品質イヤホンです。 MDR-EX750BT MDR-EX750BTは、SONY(ソニー)ならではのLDACコーデックに対応したハイレゾ音源Bluetoothイヤホンです。 従来のBluetoothで使われていた標準コーデックSBCでは、有線接続と比較して伝送可能な情報量に制限が大きかったため、音質に妥協が必要でした。 しかし、LDACを採用することにより最大990kbpsの伝送速度を取り扱えることになり、ハイレゾ音源の再生が可能となったわけです。 SONY(ソニー)の製品でハイレゾ音源対応マークを取得出来ることは、40kHz再生に対応する必要がありますが、MDR-EX750BTは5Hz~40kHzまで対応しています。 ワイヤレスイヤホンであっても音質に妥協したくない人におすすめのモデルです。 連続待受200時間と連続再生約7. 5時間あれば、1日外出していてもながら聴きを続けない限り電池持ちの心配がありません。 9mm高感度ドライバーを採用し、振動板の形を工夫することで、ドライバーサイズは小さくても幅広い音域再生を可能にしています。 マイク機能としてエコーキャンセレーションとノイズサプレッションを搭載しているので、相手との通話時に何度も聞き直してしまう問題が無くなり、大切な相手との通話時にも失礼無く対処出来るようになります。 WI-SP500 手軽に使えるワイヤレスイヤホンが欲しいなら、SONY(ソニー)のWI-SP500がおすすめです。 連続待受200時間と連続再生8時間というバッテリー性能は、通勤通学と休み時間に音楽観賞を行う時に適しています。 Bluetooth v4. 2を採用し、SBCとAAC再生コーデックに対応しているので、スマートフォンとの接続に必要な標準機能を搭載しています。 ペアリングを行う際には、音楽プレーヤーやスマートフォンがNFCに対応していれば、タッチすることでペアリング設定画面をすぐに呼び出すことが可能です。 オープンエアー型を採用しているので、周囲の環境音を聞きながら動くことが出来るために、通話着信と周囲の危険察知を同時に行えます。 軽くランニングをしながら装着してもイヤホンが外れにくいように、イヤーピース上に突起状の模様を用意してあります。 また、IPX4相当の防水性能を持っているので、ジョギングやワークアウト時に突然雨が降り出しても慌てること無く対処可能です。 WI-SP500は、日常生活でSONY(ソニー)のイヤホンをいつでも使えるように、最大8台までのマルチペアリング設定に対応しています。 常に持ち歩けるように設計された普段遣いのイヤホンです。 XBA-A3 原音を忠実に再生したいと考えている人におすすめのモデルとして、SONY(ソニー)製XBA-A3はハイレゾ音源対応モデルの中でも多くの人に支持されています。 最上位モデルZ5には手が届かなくても、XBA-A3ならば価格性能比が優れていて、3Hz~40kHzという幅広い再生周波数帯域を確保しています。 最大の特徴は、SONY(ソニー)が独自開発を行ったHDハイブリッド3ウェイドライバーユニットです。 16mmLCP搭載ドライバーをカナル型イヤホンと低域再生用に特化して配置したことにより、垂直設置が行われていてバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットをフルレンジと高音域ツイーターとして2基搭載しています。 低音・中音・高音域を担当するユニットの接続性が良くなるように考えられて設計されているので、音の繋がりが良いだけでなくブーストアップされて歪むといった心配もありません。 XBAシリーズならではの原音そのままの生音をいかに表現するかという点がしっかり考えられているわけです。 また、耳に合わせて形状を自由に変えられるアジャストフリーイヤーハンガーを採用しているので、耳が痛くなることなく多少激しい動きをしても安定してイヤホンを装着出来ます。 MDR-EX750NA 環境ノイズを気にせずに解像度が高い音楽観賞を行いたいならば、SONY(ソニー)製MDR-EX750NAがおすすめです。 なぜなら、ハイレゾ音源に対応する5Hz~40kHzという幅広い再生周波数帯域に対応しつつ、2つのマイクを使ったノイズキャンセリング機能を備えているからです。 イヤホンの内側にあるフィードバックマイクと外側にあるフィードフォワードマイクによりノイズを集音し、デジタルノイズキャンセリングエンジンにより即座に生成したノイズを打ち消す信号を生成してリアルタイムにノイズを打ち消します。 SONY(ソニー)製のデジタルノイズキャンセリングの中でも、MDR-EX750NAはフルオートAIを搭載しているので、環境音から3つのノイズキャンセリングモードを自動的に選択して動作する仕組みです。 9mmドライバーから生成される音声のうち、ハウジング部分に通気孔を設けて低音域再生時に出る余計な振動を空気の出し入れにより調整して、ノイズが発生しづらい構造としています。 振動板を駆動する磁気回路を外磁化することにより、ドライバーユニットの駆動力を引き上げているわけです。 小型のイヤホンでありながら、高音質を求める人に向いているイヤホンです。 MDR-XB55 グルーヴ感を重視して手軽に使えるイヤホンが欲しいなら、SONY(ソニー)製MDR-XB55がおすすめです。 カラーバリエーションが豊富に揃っているので、複数本持っていてもその日のファッションに合わせて好きな色を持ち歩けます。 再生周波数帯域として4Hz~24kHzに対応し、迫力ある重低音を得られるイヤホンとして人気です。 ベースブースターを搭載しているので、ドライバーユニットから鼓膜までの間を密閉型イヤホンとすることで気密性を高めています。 また、低音域を再生する際にドライバーユニットの駆動性を高めるために、ハウジング部分に設けたダクトにより低音と中音の境界線が滑らかになるように工夫されているわけです。 12mmのドライバーユニットは、ドーム部分のサイズが16mmドライバーと同等サイズとしていて、ドーム部分の可動性を高めることで4Hzという超低音を再生可能にしています。 SONY(ソニー)の技術力により、高磁力ネオジウムマグネットを16mmドライバーと同等のサイズを搭載し、ロングボイスコイルを採用することで安定性を増して歪みを消しているわけです。 重低音をしっかり再生出来ていながら、小型軽量タイプのイヤホンとして仕上がっています。 WF-1000X SONY(ソニー)WF-1000Xは、完全ワイヤレスタイプのイヤホンが欲しい人におすすめ出来る製品です。 単にワイヤレスイヤホンが必要なだけならば数多くの製品がありますが、アンビエントサウンドモードを搭載している点に特徴があります。 カナル型イヤホンは、耳穴を完全に塞ぐために遮音性に優れていますが、周囲を警戒しなければならない時に毎回イヤホンを外す動作は面倒です。 一度外してから再装着すると、フィッティング感が変わってしまうので、何度も着脱を繰り返すシーンでは音楽に集中出来るまでに時間を要します。 アンビエントサウンドモードならば、外部音声取り込み機能によりワンタッチで周囲の環境音を音楽を聞きながら取り込むことが可能です。 電車内で車掌のアナウンスを聞かなければならない時にも、音楽再生を止めずに必要な連絡事項を確認して再度音楽観賞に戻れます。 SONY(ソニー)が開発した専用アプリHeadphones Connectを使用すれば、ノイズキャンセリング機能のオンオフと、外音取り込み機能としてボイスモードとノーマルモードの切り替えが可能です。 専用ケースから取り出すだけですぐに電源がオンとなるので、必要な時に装着して使えます。 MDR-XB50BS SONY(ソニー)MDR-XB50BSは、Bluetooth v4. 1対応のワイヤレスイヤホンです。 ジョギングやワークアウト時にも使用出来るスポーツ仕様のモデルとして、IPX4相当の防水性能を持っているので、突然の雨であっても気にせずにそのまま最後までワークアウトを終えられます。 ジョギング時にも耳穴からイヤホン部分が外れないように、外耳に引っ掛けるタイプのアークサポーターを搭載しているので、耳の外側にフックを掛けるタイプが眼鏡のために苦手な人におすすめ出来るイヤホンです。 再生可能周波数帯として4Hz~24kHzと低音域を幅広くサポートしており、12mmドーム型ドライバーを使ったEXTRA Bass Soundを搭載した重低音が特徴です。 SONY(ソニー)製イヤホンの中でもスポーツモデルとしてワークアウトのモチベーションが上がるように、重低音を強調した音楽鑑賞に適しています。 操作ボタンを耳元に集約してあるので、走行中にあと一息頑張ろうという時には、ビート感をアップした曲へ素早く切り替えることで最後まで走り切ることが出来るわけです。

次の

《2020年》おすすめイヤホン15選!人気の製品を5つのタイプ別に紹介

イヤホン 低音 おすすめ

イヤホン用語の基礎知識 ドンシャリとは? 低音の「ドン」と高音の「シャリ」という擬音語を組み合わせたのが「ドンシャリ」です。 その名の通り、低音と高音を際立たせたサウンドのことを示します。 この特徴があるイヤホンは中音域をカバーするボーカルの声よりも、ミュージックサウンド重視の傾向になるので、特にロックやハウス、テクノ、ヒップホップなどの低音が得意。 なかでも電子楽器を多用する音楽に向いています。 かまぼことは? 「かまぼこ」とは中域が強く、低音と高音を抑えたサウンドのこと。 周波数特性グラフが、かまぼこを切断したような形に見えることが由来です。 この特徴があるイヤホンは、ワイド音域レンジをカバーする性能よりも、ボーカルサウンドの再現性を優先しているタイプ。 極端な低音や高音をカバーしないので、サウンドの聴き疲れが少ないのが魅力です。 ギターやバイオリンなどの楽器も聴きやすい傾向にあります。 フラットとは? 「フラット」はその名の通り、すべての音域がまんべんなく出ていることを表しています。 音源をありのまま伝える傾向にあるため、生演奏に近いライブ感を再現できるのが特徴です。 なお、「ドンシャリ」や「かまぼこ」が特徴のイヤホンと比べると音が平坦で、サウンドにエッジやエフェクトを求めているユーザーには物足りなさを感じることがあります。 フラット=万能という意味ではないので、その点は注意しておきましょう。 イヤホンの種類 音漏れが少ない「カナル型」 By: カナル型は耳栓のようなイヤーピースを差し込むタイプのイヤホン。 密閉性の高さやコンパクトさが特徴で、最近のイヤホン市場の主流となっています。 その形状と密閉性から、低音が強めの製品が多く、細かい音を聴き取りやすいのもポイントです。 一方、高音の抜けに物足りなさを感じるモノもあります。 音のこもり具合や閉塞感に違和感をある方はインナーイヤー型がおすすめです。 カナル型イヤホンについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。 高音質を求めるなら「有線タイプ」 昔からあるイヤホンの接続方式が、3. 5mm径ステレオミニ接続による有線タイプです。 最近人気のBluetoothワイヤレスタイプと異なり、コードの煩わしさがデメリット。 しかし、Bluetoothのように伝送時に音のデータを圧縮しないので、高音質なモデルが多いのが魅力です。 また、有線タイプでもマイク付きリモコン機能を搭載していればスマホでの通話にも対応。 なかには、イヤホン本体とコード部が着脱可能なモデルもラインナップされています。 ワイヤレスが魅力の「Bluetoothタイプ」 By: コードの煩わしさを感じにくいのが魅力の「Bluetoothタイプ」。 スマホやPCなど幅広い機器に普及しており、データ転送をスムーズにできるのが特徴です。 Bluetoothイヤホンで音質を左右するのは、「コーデック」という音声伝送規格。 最も一般的な「SBC」はやや音の遅延があり、音質は標準的です。 そのSBCよりもワンランク上なのが、iPhoneで採用している高音質・低遅延の「AAC」やAndroid端末で採用されている「aptX」。 なお、「aptX」には上位規格の「aptX HD」もあります。 さらに、最近はハイレゾ音源に対応するコーデック「LDAC」も徐々に普及。 ハイエンドクラスのイヤホンに採用されています。 なお、「aptX HD」「LDAC」を使う場合は、送信側のコーデックが対応しているかどうかもしっかりとチェックしておきましょう。 Bluetoothタイプのさまざまな装着方式 Bluetooth対応のイヤホンは、イヤホンの左右間はコードがあるタイプと、そのコードすらも取り去った左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンがあります。 コードがあるタイプは、イヤホンが外れても紛失する心配がないほか、長時間の装着時でもストレスが少ないのが特徴。 なかでも、レシーバー部を首にかけるネックバンド型が人気です。 一方、完全ワイヤレスイヤホンはコードの煩わしさがないのが最大の魅力。 圧倒的な開放感で音楽を楽しめます。 しかし、形状の都合からバッテリー持続時間が短めなことや、落としやすく紛失しやすい点には注意しておきましょう。 イヤホンの選び方 ドライバーユニットをチェック By: イヤホンの音を発する部分の形式は大きく2つに分かれます。 最もスタンダードなのがダイナミック型。 低コストでもワイドレンジに対応でき、低音再生能力も高いなどがメリットです。 もうひとつはBA(バランスド・アーマチュア)型。 補聴器の技術を転用したタイプで、ダイナミック型では再現が難しい繊細なサウンドにも対応できるのが特徴です。 製品によっては周波数範囲が狭いこともあり、低音が弱くなりがちなので注意しておきましょう。 なお、上記2つのメリットを合わせたハイブリッド型もあります。 低音がよく響くダイナミック型と中音から高音のクオリティが高いBA型を兼ね備えているため、広音域をカバーできるのが特徴。 ただし、高価なモデルが多く、製品ラインナップも限られているので購入する際には注意が必要です。 防水機能をチェック By: 従来のCDを超える高音質を楽しめる「ハイレゾ音源」。 対応する機種は再生周波数帯域が40kHz以上であることが条件となります。 日本オーディオ協会認定のハイレゾマークが目印となるので、音質を重視したい方はぜひチェックしてみてください。 航空機内のような場所でも快適に音楽を聴けます。 なお、ノイズキャンセリングの効果はバッテリーで駆動しており、充電が切れると使えなくなるためその点は留意しておきましょう。 操作性を重視するなら「マイク・リモコン付き」が便利 By: 最近ラインナップが増加しているのがマイクとリモコン機能を搭載したイヤホン。 スマホの普及によりハンズフリー通話と音楽操作ができるので便利です。 特に、ノイズキャンセリング機能がマイク部に10mm搭載されているモデルであれば、人混みのなかでも通話相手にしっかりと声を届けられます。 カスタマイズするならリケーブル対応機 By: リケーブル対応とは、イヤホン本体とケーブル接合部の着脱が可能な製品のこと。 業界標準規格である「MMCX端子」のイヤホンなら、通常の3. 5mm径ステレオミニ接続に加えて、2. 5mm径と4. 4mm径バランス接続、さらにはBluetoothワイヤレス接続にもケーブルの付け替えで対応できます。 高級イヤホンの特徴といえる部分なので、音質やカスタマイズ性にこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。 高音質イヤホンのおすすめランキング|5000円以下 第1位 ファイナル final E2000 FI-E2DA どの音域もバランスのとれたサウンドで再生できる完全ワイヤレスイヤホン。 中音域が豊かで聴き疲れしにくく、長時間の使用にもおすすめです。 最長で約5時間使用でき、付属の充電ケースを使えば合計25時間の再生が可能。 AACコーデックに対応しており、ワイヤレスでも高音質で再生できます。 また、複数サイズのイヤーチップが付属しているので遮音性も良好。 IPX5の防水仕様のタフな製品なので、汗や雨も気にせず使えます。 さらに、人間工学に基づいた設計でフィット感に優れ、運動の際などにもおすすめです。 ハウジング部分にはマイクを内蔵しており、テレワークなどでのハンズフリー通話の際にも便利。 簡単に操作ができ、利便性にも優れています。 通話品質に優れたイヤホンです。 主にビデオ会議やテレワークなどで使う方におすすめ。 ノイズキャンセリングマイクを搭載しており、風の強い場所や街中でもクリアな音声を届けられます。 Bluetooth5. 0を採用しているため、接続も安定。 AACコーデックに対応しており、ワイヤレスでも音ズレを抑えて使用可能です。 動画鑑賞や音声通話も快適にできます。 また、専用アプリを使えば、イコライザーで好みのサウンドに設定可能。 音楽再生や音声通話など、使用シーンに合わせて適したサウンドで再生できます。 IP55の防水防塵仕様でタフに使えるので、主に屋外で使う方にもおすすめ。 5時間再生可能なロングバッテリーを搭載しており、長時間使えます。 付属のケースを使えば、合計28時間の再生が可能です。 優れたノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンです。 飛行機や電車内で音楽に浸りたい方におすすめ。 外音取り込みモードもあり、必要な音だけ聞き取れます。 DSEE HXを搭載しているので、ハイレゾではない音源もハイレゾ相当へアップスケーリング可能。 LDACコーデックにも対応しており、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で再生できます。 さらに、付属のケーブルを使えば有線接続でのハイレゾ再生も可能。 充電ケーブルや航空機用プラグアダプターも収納できるキャリングケースが付属し、有線ケーブルの持ち運びも簡単です。 また、イヤホン単体で最大10時間再生できるため、長距離移動中にも便利。 10分の充電で80分再生できるクイック充電にも対応しています。

次の

重低音イヤホンのおすすめ23選【AV評論家と編集部が選ぶ】有線から無線まで

イヤホン 低音 おすすめ

重低音イヤホンとは、その名の通り、低音を主に聴くことができるイヤホンになります。 通常の低音よりもさらに低い、周波数の重低音は、耳を伝いながら、まるで振動のような音を全身に巡らせる効果も得られます。 なので、より臨場感のあるサウンドを、堪能できます。 また、重低音の効いた楽曲をより楽しむためには、イヤホンもそれに特化したものを選ぶ必要があります。 なので、この機会に専用のイヤホンを購入し、楽曲をもっと楽しく聴けるようにしましょう。 色々なデザインのものが販売されているので、選択肢も広いですよ。 そこで今回は、おすすめの重低音イヤホンをご紹介します。 選び方が分からない方のためにも、しっかりとご紹介していくので、参考にしてみてはいかがでしょうか。 機能性も重視して選ぶことで、自分に適したものが見つかるかもしれませんよ。 イヤホンには、主に2タイプの形状があります。 その一つとしてカナル型は、耳栓型のイヤースピースを、耳の中に入れるようにして装着するタイプになります。 他のものよりも外れにくく、密閉性が高いので、音漏れも少なく済むメリットがあります。 さらに、 低音や細かい音の描写が聴き取りやすいので、重低音を楽しむ際も、最適なタイプともいえます。 ただし、サイズなどが合っていない場合は、長時間使用すると耳が痛くなったり、違和感を感じることもあるので、定期的に休憩を挟むようにしましょう。 カナル型は、電車内など周りに音漏れが気になる場合でも、安心して使用することができます。 また、最新モデルなどハイスペックな商品も数々販売されているので、一度チェックしてみましょう。 インナーイヤー型イヤホンとは、耳の表面の耳介と呼ばれる部分に、イヤホンをひっかけて装着するタイプとなっています。 カナル型に比べて、接着面が少ないため外れやすく、音の出る部分が耳の外に近いので、音漏れをしてしまう可能性が多いです。 なので、電車内などでは、あまり大きな音量で使用しないように、注意しましょう。 ただ、音質面では高い空間表現力を持っているので、本格的な音質を楽しむことができます。 カナル型イヤホンでは、装着時に違和感があり装着できない場合は、一度このインナーイヤー型を使ってみては、いかがでしょうか。 楽器が持つ特有の雰囲気や、録音現場の広さなど、音の響く空間表現を優先的に聴き取ることもできるので、楽器好きには特におすすめです。 イヤホンの駆動方式も重要なポイントとなるので、チェックしておきましょう。 駆動方式には、ダイナミック型・コンデンサー型・バランスド・アーマチュア型などがあります。 ダイナミック型は、一般的なヘッドホンで採用されていて、バランスがとれた音を出すことができます。 低音にも強く、しっかりとしたパワーのある音を再現します。 コンデンサー型は、専用のアンプが必要になるので、高額なものが多いものの、音をとても繊細に聴くことができます。 一方バランスド・アーマチュア型は、中~高音域が特化されています。 なので、重低音を重視して選ぶ際は、ダイナミック型を選ぶと良いでしょう。 ただ、バランスド・アーマチュア型の音質で、重低音も楽しみたい場合は、両方の方式を採用したハイブリッド型が最適です。 特にカナル型イヤホンの場合は、耳にしっかりとフィットさせるためにも、イヤーチップにも注目してみましょう。 より快適に重低音を楽しむためには、サイズの異なるイヤーチップが必要になります。 というのも、人の耳のサイズはそれぞれなので、元々セットされているものでは、大きすぎたり、小さすぎたりします。 なので、できる限りサイズのことなるイヤーチップが、不足として付いている商品がおすすめです。 密閉度が高いほど、低音再生に有利になります。 イヤーチップも、耳とのフィット感が高くて隙間ができにくいタイプを選ぶと、より充実した低音を堪能できるので、一度チェックしてみましょう。 もちろん、サイズさえ合えば、市販で販売されているものでも、問題なく使用できます。 おすすめのメーカーとして、ソニー・JVCケンウッドなどがあります。 ソニーはイヤホンに限らず、色々な商品を販売し、かなり大手の企業となっています。 重低音イヤホンも取り扱い、キレのよい重低音が魅力な商品もあるので、チェックしてみましょう。 もちろん、アフターサービスも充実しているので、万が一の際も、安心して使用できます。 JVCケンウッドは、国内大手オーディオメーカーの一つになります。 特に重低音に特化したイヤホンを取り扱い、低音再生能力が非常に優れています。 さらに、耐久性なども備わっていて、気軽にアウトドアシーンでも活躍するので、色々なシーンで使ってみたい場合は、このメーカーのものを選びましょう。 他にも色々なメーカーがあるので、まずは自分の愛用しているメーカーから、選ぶのもポイントです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 音飛びや音切れも大幅に改善しているので、ノイズなどもしっかりと遮断します。 さらに、 低・中・高のすべての帯域に絶妙なバランスを兼ね揃えているので、重低音以外にも、広い音域を楽しめます。 従来モデルより立体的なサウンドにし、臨場感も味わえます。 目立つデザインなので、失くしにくく安心といった、ロコミが挙がっていました。 自動的に接続することができ、もう一度ペアリングの必要がないので、使う際に手間がかかりません。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. もちろん、 重低音もしっかりと聴き取れて、 繊細で明確な音を体験できます。 この重低音イヤホンは、 遮音性に優れているので、音漏れなどの心配がありません。 通勤・通学・学校・職場など、周りの音をしっかりと遮断し、音楽に集中できます。 装着感も良く、音漏れも気にならないといった、ロコミが挙がっていました。 しっかりと耳の奥までフィットするので、快適に音楽を楽しめます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. なので、外れにくく快適に使用できます。 また、高品質金属筐体の材質で、耐久性にも優れています。 さらに、 磁器吸引式を採用しているので、使わない場合には、右耳と左耳のイヤホンの頭同士をくっつけれて、失くしにくくなっています。 長時間使用しても疲れないので、使い勝手に優れているといった、ロコミが挙がっていました。 高品質収納ポーチ袋と、イヤーピースが付属されていたりと、付属品も充実しています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 音の立ち上がり・立ち下りが非常に良く、音の分離や細かな音を、鮮明に届けてくれます。 また、聴き取りにくい音も拾うので、しっかりと音を堪能できます。 シンプルなデザインなので、プレゼントとしてもおすすめです。 お値段以上の価値があり、低音が重視されているといった、ロコミが挙がっていました。 全体的に柔らかな音色で、温かみやボーカルの、艶っぽさも感じ取れます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. ハイレゾ音源のきめ細かい高温域から、迫力ある低音域まで、細部にわたるディテールを余すことなく再生できます。 また、 CDでは再生できない空気感を、より感動的に体感できるので、音楽好きには得におすすめの商品です。 ノイズキャンセリングマイクを採用しているので、ノイズをしっかりと抑えます。 格別な音を感じれて、本当に素晴らしいといった、ロコミが挙がっていました。 リモコン操作も可能なので、手元で自由に音量調節などが行えます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. また、 グルーヴ感をダイレクトに伝達する、ベースブースター搭載していたりと、機能性がかなり充実しています。 快適な装着感と高音質を両立する、アングルドイヤーピース方式を実現しているので、外れにくく、耳にもフィットさせることが可能です。 耐久性が高く、衝撃にも耐えれるといった、ロコミが挙がっていました。 カラーバリエーションも豊富なので、ファッションに合わせたりと、自由にコーディネートが楽しめます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 低音・高音の伸びも良く、色々な音域を楽しめます、音場はより広く、そしてより臨場感を感じられます。 IPX5防水性が備わっているので、急な雨や風にも耐えきれます。 そのため、汗をかくスポーツ時などにも、安心してお使いいただけます。 故障などを気にせずに、スポーツやトレーニングに集中できますよ。 ワイヤレスなので、コードが無く快適といった、ロコミが挙がっていました。 220時間の待機状態を実現し、バッテリーの残量は、接続したスマホで確認が行えます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. ドライバーユニットから、鼓膜までの気密を高めつつ、ハウジング上に設けたダクトにより、低域の振動板の動作を最適化しています。 また、 高遮音性に優れているので、電車内などでも音が漏れにくくなっています。 周囲の騒音を遮断する、交換用イヤーピースも搭載されています。 なので、 自分に合ったサイズのものを使うことで、柔らかいシリコンゴムがしっかりと耳にフィットします。 臨場感が凄いので、音に迫力が生まれるといった、ロコミが挙がっていました。 電話も行えるので、使い勝手も良く、便利でおすすめの重低音イヤホンです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. そのため、ジャンルの異なる楽曲も、それぞれに特化した音質を堪能できるでしょう。 また、 強力な低音域ドライバーによって迫力ある低音が楽しめるとともに、高音域の細部も逃すことはありません。 アフターサービスが充実しているので、安心して購入できるといった、ロコミが挙がっていました。 ウォークマン、iPhoneやスマホの音楽を楽しめながら、通勤・通学・スポーツまでも同時に行えます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. また、その他色々な機能を搭載し、かなりハイスペックな重低音イヤホンです。 この商品は、 衝撃に強いエラストマー素材の、 タフラバープロテクターを採用していたりと、耐久性にもこだわれています。 探していたものが、やっと見つかったといった、ロコミが挙がっていました。 大きなボディでも安定して快適に装着できるように、 音筒部に最適な角度をつけた、 エルゴノミックアングルドフォルムを採用しています。 商品名• XXシリーズ HA-FX3X-B• ARKARTECH T6• 重低音イヤホン JEB-101• ワイヤレス重低音イヤホン BZ-C3• 重低音モデルイヤホン MDR-XB55• 重低音イヤホン H3• WOOeasy• 重低音イヤホン T5• 重低音イヤホン AS06• ワイヤレス重低音イヤホン YJ0007• ハイスペックで、細かい部分にまで工夫が施されています。 しっかりと音を掴むので、色々な場面で手軽にお使いいただけます。 交換用のイヤーチップが付属されているので、耳に合わせれます。 高い防水性を持っているので、スポーツにも最低です。 機能性が充実しているだけでなく、カラーバリエーションも豊富です。 手元で操作できるので、無駄な作業が必要ありません。 普段聴き取りにくいことばも、鮮明に聴くことが可能です。 失くしにくく、快適に使用できます。 音漏れの心配がないので、いつでもどこでも活躍します。 幅広い音域に対応し、接続にも手間がかかりません。 2980円 税込• 2980円 税込• 2890円 税込• 2980円 税込• 3024円 税込• 3980円 税込• 1399円 税込• 2599円 税込• 4800円 税込• 2980円 税込• タイプ• カナル型• カナル型• カナル型• インナーイヤー型• カナル型• カナル型• インナーイヤー型• インナーイヤー型• カナル型• カナル型• コードの有無• カラー• 3カラー• 1カラー• 4カラー• 2カラー• 5カラー• 2カラー• 1カラー• 4カラー• 1カラー• 3カラー• 重低音• 重低音~高音質• 重低音~高音質• 重低音~高音質• 重低音• 重低音~高音質• 重低音~高音質• 重低音• 重低音~高音質• 重低音~高音質.

次の