は ま 寿司 海鮮 丼。 海鮮丼

若竹寿し (わかたけずし)

は ま 寿司 海鮮 丼

近年では大手チェーンが営業する回転レーン式の店が台頭し、より身近な存在となった寿司。 しかし最近では、回転レーン式でなくても安くて手軽に寿司が楽しめる店が急増しています。 GetNavi webでは、そんな名店の数々を定期的に紹介してきましたが、今回は「海鮮丼」に注目しました。 新鮮なネタの数々を一度に楽しむことができる寿司店の人気メニュー「海鮮丼」。 昼帯にはランチメニューとして提供する店も多く、寿司よりお得かつ手軽に食べられるのが特徴です。 日向丸(ひなとまる) 水道橋店/水道橋 【店舗情報】 住所:東京都千代田区三崎町2-20-10 勝又ビル1F 交通:JR総武線ほか 水道橋駅徒歩1分(西口改札横) 最近の回転寿司は、酒をゆっくり飲みながら本格的な寿司も食べられる店が増加中。 「日向丸 水道橋店」もまさにそんな店です。 魚の鮮度は抜群で、社長が自ら川崎北部市場の仲買人を務めるため、まぐろは国内外問わずに季節で最もおいしい本まぐろを使用。 のどぐろや金目鯛など、回転寿司では珍しい高級ネタも提供しています。 ランチタイムはみそ汁付きで、通常価格よりお得な値段で提供しているとのこと 一品料理は刺身はもちろん、揚げ物、焼き物など品数豊富。 ランチメニューも人気で、海鮮丼はランチタイムなら夜の営業時よりも安く食べることができます。 なお、寿司の注文はひと皿二貫ですが、別々のネタで二貫注文してもOK。 いろいろな組み合わせが楽しめるのもうれしいポイントです。 回転寿司酒場 銀座沼津港/銀座一丁目 【店舗情報】 住所:東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ8F 交通:東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅徒歩1分 デカネタで有名な「沼津港」が、銀座で回転寿司店としてオープンさせたのがここ。 店内は白木の内装や大理石のカウンターを使うなど、優美なデザインが特徴です。 鮮度が高く、甘み・うまみが存分に楽しめます。 小鉢とみそ汁付きで、平日11〜14時限定商品 ネタは、駿河湾直送で新鮮な桜えびやしらすなどが入るほか、築地経由で全国の旬のものも仕入れています。 シャリは口の中で軽くほぐれ、ネタとの一体感は抜群です。 また、日本酒やワインは、寿司に合う銘柄を厳選。 さらに個室は無料で利用でき、室内から回転レーンの寿司を取れるといったうれしいサービスも用意しています。 すし台所家(だいどこや) 渋谷本店/渋谷 【店舗情報】 住所:東京都渋谷区道玄坂2-15-1 ノア道玄坂1F 交通:JR山手線ほか 渋谷駅徒歩5分 1979年創業の「すし台所家」は、渋谷で最も古い回転寿司店。 道玄坂で午前11時から翌朝5時まで営業する同店は、渋谷で働き、暮らす様々な人々に愛されてきました。 メニューは全部で百数十種。 ランチや一品料理も充実しており、「まぐろの目玉」など、社長が築地で見つけたレア食材を使った料理が突発的に出ることも。 魚の種類は日によって変わりますが、これを目当てに訪れる客も多く、開店後にすぐ売り切れるほどの人気を誇ります そんな同店で、特に有名なのが「ばらちらし」です。 寿司飯も刺身もボリューム満点で540円というハイコスパな一品。 毎日仕入れる鮮魚の切り落としの部分が、数種類も盛り込まれる数量限定の絶品丼です。 そして、流行や客の嗜好の変化をリアルタイムに感じて仕入れを変え、新メニューを投入。 そんなフットワークの軽さも、同店の魅力といえるでしょう。 それがこの「江戸前びっくり寿司」。 いちばんの魅力は、つけ場で腕を磨いた板前が客のペースに合わせて握る高級寿司のもてなしを、良心価格で受けられることです。 また、シャリは人肌の温度でふっくら。 しょうゆは関東の濃口を、わさびは風味高いものを使うというこだわりようです。 さらに、職人の繊細な技が光る本格和食が楽しめるのも同店の特徴のひとつ。 訪れた際にはぜひ「本日の逸品料理」を試してみてください。 まぐろだけボーノ 白川/六本木一丁目駅 【店舗情報】 住所:東京都港区六本木2-3-3 三重ビル1F 交通:東京メトロ南北線 六本木一丁目駅徒歩3分 同店は店名からわかる通り、メニューがまぐろだけの店。 握りは赤身、とろのみ、丼物は5種類と実に硬派な店です。 店主は寿司と日本料理の道を歩み、高級料理店の板長も経験。 その過程で「もっと気軽にまぐろを食べてほしい」と考え、この店を開きました。 同店のまぐろネタがすべて味わえます まぐろは三崎漁港から、店主も敬愛する目利きが厳選した1本をまるごと入荷。 種類は本まぐろ、インドまぐろ、ばちまぐろから、その季節に最も味のいいものを選んでいます。 さらに店では、まぐろの質を見つつ12~24時間熟成。 こうして提供されるまぐろは、他店のものとはひと味違います。 廻鮮寿司処タフ あざみ野店/あざみ野 【店舗情報】 住所:神奈川県横浜市青葉区あざみ野南2-11-19 アクシスあざみ野1F 交通:東急田園都市線ほか あざみ野駅徒歩6分 同店は、他店では出さないレアな地魚が食べられる店。 オーナーは川崎北部市場の仲卸で、キャリア48年の鋭い目利きで全国各地から旬の魚や珍しい魚を買い付けています。 通常、生ではありつけないかますは、同店では看板メニュー。 平塚沖で夜明け前に揚がったしらすは昼前には食べることができます。 ネタの種類は日によって異なります そんな絶品ネタが多数揃う同店で、迷ったらまずは「おすすめボード」をチェック。 大きな黒板にその日入荷した旬の魚の名前や産地が記してあります。 寿司初級者は食べたことのないネタを、上級者は産地を見ながら気になるネタを選んでみましょう。

次の

寿司屋には“安贅沢”ができる隠れメニューがあった! 海鮮丼に定評のある人気寿司店6選

は ま 寿司 海鮮 丼

食べ方 [ ] 丼飯なので特に作法はない。 味付けされていない生魚が用いられている場合は、を全体にふりかけたり、手塩皿に取った醤油に種をその都度つけながら食べたりする。 主な種類 [ ] 単体の食材• マグロ丼• 鉄火丼 - マグロの刺身を酢飯に盛る• 東丼 - 醤油漬けにしたマグロの刺身を白飯に盛る(づけ丼でもある)• 丼 - 醤油漬けにした刺身(マグロ・・など)• 東丼・など• - 生ウニ(ムラサキウニ・バフンウニなど)• イクラ丼 - 塩漬けまたは醤油漬けのイクラ• カニ丼 - 茹でたカニ(・など)のむき身• エビ丼 - 生エビ(・など)のむき身• イカ丼 - イカ(主に・)の刺身 としておろしが添えられる• サバ丼 - を使用。 複数の食材• 海鮮丼 - 様々な具材を載せたもの。 ウニイクラ丼 - 生ウニとイクラを載せたもの。 鮭イクラ丼(鮭親子丼) - の(又は、ほぐし身)とイクラを載せたもの。 巴丼 - ウニ・イクラ・ホタテを載せたもの。 が発祥とされる。 三色丼 - 魚介三種を載せたもの。 - 客のリクエストによる任意の魚介を載せたもの。 が発祥とされる。 - マグロの赤身やに加え、、、などをのせたもの。 具材は地方によって差異が見られる。 ギャラリー [ ]•

次の

「海鮮丼」と「ちらし寿司」の違いは?

は ま 寿司 海鮮 丼

上にぎり(9貫) 2,200円• にぎり(8貫) 1,400円• 大盛りにぎり(12貫) 2,000円• おまかせ丼 1,800円• イクラ丼 2,400円• てっか丼 2,200円• てっか巻(1本) 850円• とろてっか巻(1本) 1,300円• 細巻 各300円• カンピョウ、カッパ、おしんこ、梅しそ、玉子• バッテラ寿し 2,200円• のどぐろ刺身(1人前) 2,750円• のどぐろ寿司(1貫) 550円• さしみ盛り合わせ 時価• お味噌汁 200円• お好み寿司• 季節の新鮮な魚介類を1貫から食べていただけます。 果肉入りりんごシャーベット 200円• お持ち帰りしょうゆ 450円• 日本酒• 加賀鶴 純米 上撰 大 1,000円• 《金沢》 小 550円• 黒帯 大 1,000円• 《金沢》 小 550円• 立山 本醸造 大 1,000円• 《富山》 小 550円• 獅子の里 超辛 純米酒(180ml)• 《加賀》 800円• 冷酒生酒(180ml)• 加賀鶴 純米生酒 750円• 純米大吟醸• 加賀鳶 純米大吟醸(180ml) 1,000円• ビール• スーパードライ生中 600円• 一口ビール 350円• 瓶ビール• アサヒ・キリン 600円• エビス 650円• ノンアルコールビール 400円• チューハイ• ウーロンハイ 450円• レモンハイ 450円• ロック、ソーダ割り 各450円.

次の