テセウスの船黒幕誰。 テセウスの船の本当の真犯人は誰?黒幕予想と考察!99人アンケート | エンタメチェンジ

『テセウスの船』黒幕は誰?最終回予告映像に鈴がなぜ?ネットの反応

テセウスの船黒幕誰

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった 文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の 加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されてました。 連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・ 馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れます。 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てます。 一方、罪を着せられ行方不明になっていた文吾は犯人に拉致され、山の中のとある小屋に目隠しをされ椅子に縛られ監禁されていました。 しかし、TVの音から外で何が起こっていたのかは知らせていました。 音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう・・・心は、手がかりがつかめない中、何かできることはないかと加藤みきおが入院している病院へと向かうのでした。 そこで 木村さつき(麻生祐未)に遭遇し、さつきが文吾に深い憎しみを抱いていることを知ります。 帰宅した心は、駐在所で「 由紀のノート」を発見します。 そしてそこには 12年前の「音臼村祭」のチラシが挟まれていました。 主催は 音臼小学校の校長(笹野高史)。 犯人に仕向けられていることを知りながらも、心は校長に会いに行きます。 帰り道、心は何故か犯人に解放された文吾と遭遇します。 帰宅した文吾は無事家族との再会を果たします。 そこへ徳本と 井沢(六平直政)が通りかかり、佐野家族と心をイノシシ鍋に誘うのでした。 その夜、文吾は馬渕を話をするため仙南署へ向かいます。 馬渕は文吾の話は聞いたが、一晩留置所で過ごすように言うのでした。 翌日、馬渕は音臼駐在所のワープロの中から、犯行記録を見つけます。 そこには、「 青酸カリは家の裏庭に埋めた」というメッセージが! そして、メッセージ通り、裏庭で青酸カリが発見されます。 留置所から戻ってきた文吾は馬渕によって連行されてしまいました。 馬渕(小籔)さんという新キャラが出て来たり、 12年前の「音臼村祭」のことが出てきたり・・・ 今回も心と文吾、そして私たち視聴者も翻弄させてくれました! いろんな新情報が出てくる中、みなさんはどんな考察を上げてくれているでしょうか? みきおの部屋、捜査されないの? 今回は昏睡状態で最後にやっと目を開いただけの 加藤みきおくん。 誰が犯人でもおかしくないし全員なんじゃないかとすら思える• 井沢と徳本が鍋を振舞ったのは家に誰もいないようにする為の時間作りだったのか。 その間に誰かがワープロと庭に青酸カリを仕込んだ・・と。 つまり犯人は村人がみんなグルって事??• 徳本 今野 と井沢 六平 がおびき寄せて鍋を振る舞い、家に誰も居ないようにして青酸カリを裏庭に埋め、ワープロを細工する。 村人全員が共犯な気がする。 鍋をみんなで食べてる時に家を留守にさせてその間に青酸カリとワープロを仕組んだのか??だとしたら村人全員グルだな• 佐野家みんなが鍋食べてる間に、何者かが裏庭に青酸カリ埋めたんじゃ…?!ほんで正志が次に電話をして…みきおが本当のこと言わないようにさつき先生が見張りをする…え?!村人全員説?!そしたら黒幕の黒幕は校長っぽいけど?!• <感想>すみません、滑舌が悪すぎてセリフが聞き取りにくかったです(泣)。 馬渕は味方であって欲しい・・・。 過去に因縁はあったけど、捜査に私情を挟むような人ではないと願います!優秀な監察官(?)なので、金丸刑事と同じように、「何かおかしい」と感じて、文吾を追い詰めたふりをして真犯人をあぶり出そうとしている・・・だといいな・・・• ワープロに罠をしかけるのと、青酸カリを裏庭に埋めるためにイノシシ鍋で文吾を足止めしたというような考察がありましたが、同じ日に馬渕によって一晩留置所に拘束されている・・・。 突然解放された文吾。 解放された理由が分からない。 もっと言うと拉致監禁されていた理由も分からない。 さらに言うと、前回和子と子どもたちが拉致監禁された理由もよく分からない・・・大きなイベントの割にはその設定が生かされていないように思う。 (それともこれから「なるほど!」というような伏線の回収があるのでしょうか?)• 前回、犯行文のプリントアウトされた紙を文吾が素手で触ってしまいました。 「犯人が文吾の指紋をつけるための罠?」かと思いましたが、今回は特に触れられていませんでした。 鈴が、帰ってきた文吾に「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」と不自然に謝っていた。 鈴は黒幕に指示され、文吾を陥れるための罠(ワープロ文書、裏庭の青酸カリ)に加担してしまった。 鈴は黒幕に操られ、これまでの殺害事件に何らかの形で関わっている。 次回、文吾と心はそれを知り、文吾の濡れ衣を晴らしても、鈴が殺人犯になってしまうことになる。 令和2年でも、刑務所にいる文吾は、鈴の面会の後、再審をやめると言っている。 しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。 「俺が犯人だ」。 心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。 すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。 大きく揺れる心と家族。 バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……? そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。 それは、心に究極の選択を迫るものだった。 過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。 やがて迎える黒幕との対峙。 そこで事件のすべての真相が明らかにされる。 心と家族の未来はどう変わるのか……? 来週はいよいよ最終回!どんな結末になるのか、伏線はちゃんと回収してくれるのか、ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか?黒幕はいったい誰なのか?心と由紀の恋の行方は?・・・ハラハラドキドキ。

次の

テセウスの船でみきおの共犯者黒幕は誰?原作とは異なる結末に衝撃か!?

テセウスの船黒幕誰

第9話では黒幕の新たな計画が放送される予定です。 28年前(ドラマは31年前)の平成元年の北海道の音臼小学校で起きた 青酸カリによる無差別毒殺事件で逮捕されたのは主人公の父親である佐野文吾。 主人公・田村心が自分が生まれる前にタイムスリップし、 父親の無実を信じて事件の謎に挑み奔走するお話です。 実は ドラマのイベントで原作者から「原作とドラマでは真犯人(黒幕)は違う」と明かされています。 ドラマの6話で子役の加藤みきおが犯人だと判明しましたが、 共犯者がいたことが分かりました。 その共犯者はすでに登場していることも分かっています。 (ネタバレを含みますので注意してください!) 原作の犯人は子役時代の加藤みきお 以下、原作のネタバレになります。 (画像引用元:Twitter) 音臼小学校での毒殺事件の犯人は子役時代の加藤みきおです。 (ドラマ版も実行犯としては同じです) みきおは主人公・田村心の姉である鈴の同級生で、事件当時はなんと小学生でした。 彼は幼少期に両親を亡くしており、北海道の祖母の家に引き取られました。 そんなみきおに優しく接してくれたのが鈴で、みきおは次第に鈴のことが好きになります。 しかし、ある時に鈴に好きな人について聞いたときに 好きな人はいないが 理想のタイプは父親(佐野文吾)のような正義感のある人だと言いました。 これ以降、みきおは佐野文吾が殺人犯になる夢を見るようになります。 そして、みきおはパラコート(除草剤)や青酸カリを手に入れて動物や子供(千夏、明音)で効果を試し、 無差別毒殺事件の罪を佐野文吾になすりつけました。 自分も死なない程度に青酸カリを舐めて被害者を装います。 28年後、後遺症で半身不随になったフリをして鈴に近づき付き合うようになります。 ドラマ版が原作と黒幕(真犯人)が違うとなると、 一体誰が黒幕なのでしょうか。 気になる原作はこちらから。 スポンサーリンク 『テセウスの船』黒幕はTwitterでは佐野文吾へ恨みがある人と予想! 第9話の予告で少し流れましたが、1977年の事件がきっかけで 黒幕が佐野文吾を恨むようになったそうです。 そのためTwitterではこのような予想があがっていました。 あの事件とか、いきなり新たなエピソード出てきて、これあと何回かでどう回収されるのか全く読めない。 共犯者は佐野家というか警察に恨みでもある?でもなー子どもみきおとタッグを組んで事件を起こす理由がわからん。 やっぱ大人みきおが黒幕か? — yoshi BELIEVER. タイムスリップの言葉が みきおから出たし…犯人は大人みきおしか考えつかない。 — とりょうのぎ Toryonogi gunso64toryogi 大人みきおが黒幕だとして、子みきおをどう説得したのか — 🧽 YMIMSKP 黒幕は、 未来からきた大人のみきお。 すずを助けたのは、 大好きなすずにとってのヒーローになる為。 かな?? — 8 2lQFdM5idPwg0Wp しかし、過去に子供のみきおを殺したのであれば 大人のみきおも消えてしまうのでその可能性はないのでは?との声もありました。 子ミキオが話かけていたのは大人ミキオではないかな。 『テセウスの船』黒幕 まとめ 日曜劇場『テセウスの船』の黒幕についてまとめました。 原作とは黒幕が違うようですが、一体誰なのか気になります。 Twitterでは色々な予想があげられていました。 次回の放送が今から楽しみです^^.

次の

テセウスの船考察!犯人黒幕が原作違う理由は?さつき先生最終回は?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

テセウスの船黒幕誰

参加者は職務柄、素顔を明らかにできないため全員マスクとサングラスを着用という異様な光景だ。 会場には、主演の竹内も登場。 参加者たちの異様ないでたちに「皆さんマスクとサングラス姿で、雰囲気が怖すぎる! 笑 」とたじろぐ場面もあったが、「プロの皆さんの考察が聞けるということで駆けつけました。 どんな考察をされるのか大変気になっています」と興味津々。 さらに、ドラマプレゼンターの赤ペン瀧川も登場。 ドラマに登場する人物たちの「怪しすぎる行動」を得意の3分間プレゼンで披露。 改めてすべての登場人物に犯人の可能性があると確認したところで、原作者・東元俊哉から届いた手紙が紹介された。 そこには、竹内への労いの言葉と共に 「原作と犯人が違うと聞いている」という衝撃の事実が…。 これは、主演の竹内も知らされていなかったようで「初めて知りました。 原作は読んでいますが、ドラマの台本では原作にない展開もあったので、どうなるのかなと思っていたんですが…」と驚いた様子。 テセウスの船ネタバレ考察!さつき先生最終回の最後はどうなる? 考察 1話視聴後 犯人は 麻生祐美さん演じる木村さつき? 覗いていた目と一番近いよ…!父親の死の回避後に犯人が文章を打っていて、超能力?という文は木村さつきの発想と考えられるし — むささび yiYO61kfzCeNzvT.

次の