ポケモン go どく タイプ 弱点。 【ポケモンGO】どくタイプ一覧!弱点・耐性まとめ

【ポケモンGO】どくタイプ一覧!弱点・耐性まとめ

ポケモン go どく タイプ 弱点

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、ドクロッグなりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [27. 54] 27. 4 [26. 08] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [146. 2] 4. 4 [126. 2] 5. 1 [125. 9] 5. 9 [125. 7] 5. 7 [125. 4] 5. 1 [123. 7] 5. 1 [122. 7] 5. 4 [120. 8] 6. 5 [119. 9] 6. 7 [111. 5] 6. 1 [108. 7] 7. 0 [108. 6] 7. 0 [108. 6] 7. 4 [108. 0] 7. 8 [104. 2] 6. 3 [101. 4] 7. 1 [101. 2] 7. 7 [100. 8] 7. 2 [100. 3] 8. 0 [99. 0] 8. 4 [92. 9] 9. 7 [92. 2] 9. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

【ポケモンGO】タイプ相性について解説! 弱点を覚えてトレーナーバトルを有利に進めよう【単体タイプ編】

ポケモン go どく タイプ 弱点

ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 それぞれのタイプには 相性が存在し、この有利不利を覚えることはバトルでとても重要。 そんな相性の覚え方を紹介する連載企画第7回です。 今回は、現在レイドバトルに登場しているの【どく】タイプについて。 ロケット団の影響で野生ポケモンにも増えているので、この機会にぜひチェック! どくタイプ相性の覚え方 【どく】タイプは名前の通り毒。 殺虫剤や除草剤から、 虫や植物 むし・くさ は毒が苦手です。 逆に 生き物以外 いわ・じめん・はがね・ゴースト には毒の効果はイマイチ。 ご注意ください。 【どく】タイプとは 初代『ポケットモンスター赤・緑』においては、メジャーな【じめん】と強力な【エスパー】に弱かったためか、あまり活躍したタイプではありませんでした。 ほとんどのポケモンがわざ「どくどく」を使えたことも、【どく】ポケモンが不遇だった要因のひとつ。 しかしながら実は耐性が5種類とトップクラス。 特に対【フェアリー】では攻撃したときに「ばつぐん」を取れることから、現在ではアタッカーとしても注目されるタイプになりました。 どちらも毒物でこれらを死なせるものですよね。 植物や虫は、哺乳類などの動物に比べて毒の致死量が少なめです。 少量の毒であっという間にやられてしまう、と覚えましょう。 ただし気をつけてほしいのは、【むし】は【どく】に攻撃するとき「いまひとつ」になるだけである点。 紛らわしいので覚えておきましょう。 ・対【フェアリー】タイプ 【フェアリー】タイプは妖精です。 つまり昔はありふれていたけれど、現代では見なくなった神秘的な存在ということ。 現代になるにつれて神秘的なものは薄れていきましたが、それに伴って増えたものはなんでしょうか。 そう、 文明です。 【フェアリー】は文明が生み出した人工的なものに弱いので、近現代の 「汚染」にはめっぽう弱いのです。 産業ガスの「ドガース」をイメージするとよいかもしれません。 ・対【かくとう】タイプ 攻撃を受けるときのみ「いまひとつ」となります。 これは、【どく】に 不定形のポケモンが多いためと考えましょう。 ヘドロの「ベトベター」に対して、パワーで殴ってもダメージが少なそうですよね。 化学薬品や産業廃棄物を生物化したものが【どく】タイプと覚えてください。 こじつけですが、そうやって覚えるしかありません。 ちなみに超能力者も毒におかされます。 治せるの耐性は別の話ですから、当然ですよね。 そのため【どく】から【エスパー】への攻撃は等倍です。 ・対【いわ・じめん・はがね】タイプ 無機物に毒が通用するでしょうか? 毒というのは、相手が生き物であって初めて機能するものです。 鉱物であるこれらのタイプには毒は通用しにくいですね。 中でも【じめん】は、毒を含むものを 埋めることで無毒化される例があるくらい。 つまり毒は消されてしまうので、【どく】が攻撃を受けると「ばつぐん」になるのです。 厳密には土が無毒化しているわけではないのですが、あくまでも「覚え方」なのであまり気にしないで! なお【どく】タイプから攻撃を受けたときの【はがね】タイプ耐性は通常よりも強く、となっています。 これは原作で「効果なし」になっていたものの名残です。 ・対【ゴースト】タイプ そもそも幽霊は生き物ではありません。 生き物でないものに毒が通用するとでも? しかしお化けが毒物に有効な攻撃を持っているわけではないので、【ゴースト】から【どく】への攻撃は等倍になります。 最近のロケット団はちゃんと相性を考えているのね。

次の

【ポケモンGO】ドククラゲのおすすめ技と最大CP&弱点

ポケモン go どく タイプ 弱点

ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 それぞれのタイプには 相性が存在し、この有利不利を覚えることはバトルでとても重要。 そんな相性の覚え方を紹介する連載企画第7回です。 今回は、現在レイドバトルに登場しているの【どく】タイプについて。 ロケット団の影響で野生ポケモンにも増えているので、この機会にぜひチェック! どくタイプ相性の覚え方 【どく】タイプは名前の通り毒。 殺虫剤や除草剤から、 虫や植物 むし・くさ は毒が苦手です。 逆に 生き物以外 いわ・じめん・はがね・ゴースト には毒の効果はイマイチ。 ご注意ください。 【どく】タイプとは 初代『ポケットモンスター赤・緑』においては、メジャーな【じめん】と強力な【エスパー】に弱かったためか、あまり活躍したタイプではありませんでした。 ほとんどのポケモンがわざ「どくどく」を使えたことも、【どく】ポケモンが不遇だった要因のひとつ。 しかしながら実は耐性が5種類とトップクラス。 特に対【フェアリー】では攻撃したときに「ばつぐん」を取れることから、現在ではアタッカーとしても注目されるタイプになりました。 どちらも毒物でこれらを死なせるものですよね。 植物や虫は、哺乳類などの動物に比べて毒の致死量が少なめです。 少量の毒であっという間にやられてしまう、と覚えましょう。 ただし気をつけてほしいのは、【むし】は【どく】に攻撃するとき「いまひとつ」になるだけである点。 紛らわしいので覚えておきましょう。 ・対【フェアリー】タイプ 【フェアリー】タイプは妖精です。 つまり昔はありふれていたけれど、現代では見なくなった神秘的な存在ということ。 現代になるにつれて神秘的なものは薄れていきましたが、それに伴って増えたものはなんでしょうか。 そう、 文明です。 【フェアリー】は文明が生み出した人工的なものに弱いので、近現代の 「汚染」にはめっぽう弱いのです。 産業ガスの「ドガース」をイメージするとよいかもしれません。 ・対【かくとう】タイプ 攻撃を受けるときのみ「いまひとつ」となります。 これは、【どく】に 不定形のポケモンが多いためと考えましょう。 ヘドロの「ベトベター」に対して、パワーで殴ってもダメージが少なそうですよね。 化学薬品や産業廃棄物を生物化したものが【どく】タイプと覚えてください。 こじつけですが、そうやって覚えるしかありません。 ちなみに超能力者も毒におかされます。 治せるの耐性は別の話ですから、当然ですよね。 そのため【どく】から【エスパー】への攻撃は等倍です。 ・対【いわ・じめん・はがね】タイプ 無機物に毒が通用するでしょうか? 毒というのは、相手が生き物であって初めて機能するものです。 鉱物であるこれらのタイプには毒は通用しにくいですね。 中でも【じめん】は、毒を含むものを 埋めることで無毒化される例があるくらい。 つまり毒は消されてしまうので、【どく】が攻撃を受けると「ばつぐん」になるのです。 厳密には土が無毒化しているわけではないのですが、あくまでも「覚え方」なのであまり気にしないで! なお【どく】タイプから攻撃を受けたときの【はがね】タイプ耐性は通常よりも強く、となっています。 これは原作で「効果なし」になっていたものの名残です。 ・対【ゴースト】タイプ そもそも幽霊は生き物ではありません。 生き物でないものに毒が通用するとでも? しかしお化けが毒物に有効な攻撃を持っているわけではないので、【ゴースト】から【どく】への攻撃は等倍になります。 最近のロケット団はちゃんと相性を考えているのね。

次の