門田 隆 将。 根本博

門田隆将

門田 隆 将

先日ZAKZAKに米軍が『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)という映画に撮影協力と出ていました。 そういえばあれから8年になるけれど、直接事故を扱った映画はまだ見たことが無くぜひ見たいと思いました。 原作の門田隆将さんの「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」は評価も高く、事故の真相を今更ながら知りたいと思いました、特に当時は評価されたなかったような菅元首相の果たした役割とか。 kindleでも単行本より文庫本のほうが安いのが不思議です。 小泉元首相が主張されるトモダチ作戦での米兵被爆被害を心配していましたが、Wikipediaによれば、『アメリカの国防総省が2014年に公表した報告書で、作戦参加者の被曝は「極めて低線量」とし、健康被害との因果関係には否定的な見解を示しており、』とのことでちょっと安心。 俳優の佐藤浩市(58)が第1原発の1、2号機当直長役、渡辺謙(60)が第1原発所長役で出演している。 同作では米軍が行った被災地支援「トモダチ作戦」が描かれ、米国大使館関係者を通じた米側安全保障チームとの交渉の末、米軍の協力が実現し、米軍横田基地を日本映画で初めてロケ地として使用。 施設内の会議室で作戦会議シーンが再現され、支援に向かう場面では米軍所有のヘリを実際に飛ばし、リアリティーを追究。 米兵もエキストラとして参加した。 さらに、自衛隊の要人輸送ヘリも使用され、総理役の佐野史郎(64)が乗り込んで福島第1原発を訪問するシーンも再現した。 横田基地第374空輸航空団将校を演じた米国出身のタレントで山形弁研究家、ダニエル・カール(59)は「基地での撮影はとても楽しいものでした。 東北に強い絆を持つアメリカ人の1人として、『トモダチ作戦』の発令を行った司令官役を演じさせていただけたことを本当に誇りに思います」と充実感をにじませた。 キャスト 伊崎利夫(福島第一原発1・2号機当直長):佐藤浩市 吉田昌郎(福島第一原発所長):渡辺謙 前田拓実(福島第一原発5・6号機当直長):吉岡秀隆[4] 野尻庄一(福島第一原発発電班長):緒形直人[5] 大森久夫(福島第一原発管理グループ当直長):火野正平[5] 平山茂(福島第一原発第2班当直長):平田満[5] 井川和夫:萩原聖人 伊崎遥香(伊崎利夫の娘):吉岡里帆[5] 伊崎智子(伊崎利夫の妻):富田靖子 滝沢大(遥香の恋人):斎藤工[5] 内閣総理大臣:佐野史郎[5] 浅野真理(緊急対策室の総務班職員):安田成美[4] 福原和彦:田口トモロヲ 樋口伸行:皆川猿時 福島民友新聞記者:ダンカン 松永:泉谷しげる ジョニー:ダニエル・カール 抜粋 トモダチ作戦(トモダチさくせん、英語: Operation Tomodachi オペレーション・トモダチ[3][4])は、アメリカ軍の作戦名の一つである。 概要 2011年(平成23年)3月11日、日本で発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震とそれを原因とする災害)に対して行う災害救助・救援および復興支援を活動内容とする。 作戦名は日本語の「友達」にちなんでいる[5]。 この語は、アメリカ太平洋軍司令部に北東アジア政策課日本担当として在籍中のアメリカ空軍退役軍人ポール・ウィルコックス Paul Wilcox を名付け親として、太平洋軍司令官ロバート・F・ウィラード大将 Admiral Robert F. Willard が採用した[6]。 2013年に駐日大使として着任したキャロライン・ケネディ氏は、このトモダチ作戦実行の発端について、2015年10月17日、在日米軍管理施設 New Sanno U. Force Center にて米海軍司令部により主催された日米消防フレンドリーシップパーティー開会式挨拶の中で、『3. 11トモダチ作戦は、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロに、日本の消防救助隊が駆けつけてくれた事に起因する』と公の場でコメントした[注 3]。 乗員および艦艇の放射線被曝 第7艦隊の報道官によると、展開中のアメリカ軍艦艇が放射線に曝露していることが、監視装置の測定によって判明した。 別機材による測定でも、乗員17人が放射線被曝したと述べた。 しかし、ジェフ・デービス海軍中佐は、露出は少なく乗員は洗浄後に行った放射線検査では陰性反応を示したと明らかにした。 これは日常生活上で1ヶ月間に被曝する放射線量未満とされ、今後は念のため露出部位を最小に抑えて救援活動を実施するとした[41]。 東京電力に対する訴訟 2012年12月、トモダチ作戦に従事した空母「ロナルド・レーガン」の乗組員8名が、福島第一原子力発電所事故に関する正確な情報を得られずに被曝したとして、東京電力に総額1億1000万ドル(約94億円)の損害賠償などを求める訴訟を米連邦地裁に起こしたと報じられた[42]。 2016年5月に、提訴に元兵士らとその家族が加わって約400人に達した。 同年5月中旬、カリフォルニア州サンディエゴ近郊を訪れ健康被害を聞いた小泉純一郎元首相は「見過ごせない」と涙を見せた[43]。 同年7月、小泉氏は支援基金設立を発表した[44]。 しかし、アメリカの国防総省が2014年に公表した報告書で、作戦参加者の被曝は「極めて低線量」とし、健康被害との因果関係には否定的な見解を示しており、科学的なデータや根拠に基づく検証が必要とされると述べている[45]。 さらに国立がんセンターにて診療・研究に従事してきた上昌広も広島の原爆被害者の被曝の研究で既に違うと判明している死因が被曝や白血病によるものだとの偏見であり、小泉氏は自身の原発への考えに基づく誤った判断をしていると反論している[46]。 アメリカ軍の医者 軍医 を以前に務めていたジョナサン・ウッドソン国防次官補 健康部門 [47]も2014年に議会に招致された際に極一部の兵士らだけが主張する健康問題が放射線によるものだという客観的証拠はないことして関連性を否定している[48]。 謝意 4月4日に三陸沖で支援活動中の空母「ロナルド・レーガン」を訪れた防衛大臣北澤俊美は、「米軍に感謝と称賛を申し上げたい。 今ほど米国が同盟国であったことを頼もしく、誇りに思う時はない」と述べ、「米国の迅速かつ力強い支援は、半世紀にわたる日米同盟により、両国が培ってきた絆の証しだ」との菅直人首相のメッセージも代読している[49][50][51]。 作戦に対する反応 気仙沼市大島においては、4月6日の海兵隊の撤収時に多くの住民が見送りを行い、上陸用舟艇には別れのリボンが付けられた[52]。 航空機向けの標識とともに宮城県女川町では"THANK YOU USA"の文字が描かれ[53]、仙台空港そばの海岸には、住民により「ARIGATO」(アリガトウ)の文字が作られた[54][55]。 抜粋 最悪のシナリオ 政府の事故調査・検証委員会が福島第一原発の吉田昌郎所長から聴取した内容(通称「吉田調書」)によると、2号機の注水が停止しベントもできない危機的な状況に陥っていた3月14日から15日にかけて、吉田所長は、このままでは格納容器が破壊され核燃料が全て出てしまう、原子炉の圧力破壊が起きると考えていたという[285]。 「放射性物質が全部出てしまうわけですからわれわれのイメージは東日本壊滅ですよ」と語っている。 このような恐怖感は、同じ頃総理官邸も共有していて、例えば枝野内閣官房長官は、福島第一から福島第二原発、東海第二原発へと連鎖的に事故が進むシナリオが頭の中にあったとのちに語っている[286]。 2号機の格納容器が破壊され、放射性物質が大量放出される最悪のシナリオが現実に迫っていた[287]。 実際には、2号機は圧力破壊には至らず、格納容器の配管の繋ぎ目が壊れたり蓋に隙間が出来たりして、部分的に放射性物質が漏れ出したのではないかとみられる[288]。 なぜ2号機が決定的に壊れなかったのかは、十分解明されていない[289]。 菅直人総理大臣は、最悪の場合に何が起きるか具体的なイメージをつかむため、3月22日、近藤駿介原子力委員長に「最悪シナリオ」の作成を要請した。 3日後の25日、「福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描」と題する資料が細野首相補佐官に提出され菅総理に報告された[290]。 この資料は閲覧後回収されて存在自体が秘密に伏されたが、2012年2月初めに、内閣府の情報開示で公開された[291][292]。 この資料で示されたシナリオでは、1号機で再び水素爆発が発生した場合、放射線量上昇により作業員が全面撤退を余儀なくされ、他の号機への注水も止まり、4号機の使用済み燃料プールの燃料損傷が発生、使用済み燃料プールでコアコンクリート相互作用(溶融燃料コンクリート相互作用、MFCI)が発生する[293]。 この場合、4号機の使用済み燃料プールからの放射性物質の放出量が最も多く、避難規模を大きく左右することになる。 その結果、チェルノブイリ事故で適用された基準を当てはめると、170km圏[294]で強制移住、東京を含む250km圏[295]で避難を求めることが必要になることが示されている。 菅直人も2013年11月8日、ハフィントン・ポストにて、最悪の場合東京を始め首都圏を含む5000万人の避難が必要となる可能性があったと述べた[296]。 この4号機の燃料プールは、事故収束宣言後の2012年4月12日にも、冷却装置の警報が作動し、温度上昇が発生した。 水漏れや異物の混入などの可能性が懸念されている[297]。 共同通信配信の産経ニュースほか国内多くの報道機関や米国ビジネスウィークなどは、2012年2月21日発表されたNRCの事故当初10日間の3200ページ[298]からなる自動録音の電話会議記録文書について報じた。 3月16日グレゴリー・ヤツコ委員長は「最悪のシナリオはおそらく、3つの原子炉がメルトダウンすること。 格納容器が壊れ、放射性物質の漏出が起きそうだ。 漏れの規模を予測するのは難しい」一方、「風が東京に向かって吹いている場合、東京にどう影響が及ぶのか」と懸念する出席者に「現時点で米国民の退避範囲は、50マイル(約80キロメートル)でいこうと思うが、不確実であり、拡大する可能性はある」と答えた。 これらのことはメルトダウンの可能性を認めようとしなかった日本政府のリスクに対する危機意識の違いがあった[299][300]。

次の

根本博

門田 隆 将

11月2日朝、自身のFacebookからの発信だった。 安倍氏はこう続けている。 〈左翼暴力集団が猛威をふるい、平然と人の命を奪った時代、敢然と立ち向かった人たちがいた。 その執念の物語でもあります。 朝日新聞の吉田調書報道が捏造であると最初に告発し、勇気を持って巨大組織に論戦を挑んだ門田隆将氏渾身の作品。 お薦めです〉 同書は2013年10月に刊行されたノンフィクション作品である。 1974年8月30日に東京・丸の内で起こった三菱重工爆破事件。 彼らは政治闘争の名を借り、連続11件の企業爆破を繰り返した。 この謎の犯人グループに真っ向から勝負を挑み、追い詰め、爆破事件から9か月後に一網打尽としたのが警視庁公安部だった。 門田氏は当時の捜査官を数年にわたって訪ね歩き、実名での証言を得て、犯人逮捕までの全貌を明らかにした。 では、安倍氏はなぜ今、この本を手にとったか。 どうやら直前の国会での答弁が影響しているようだ。 全国紙政治部記者が解説する。 「小渕優子、松島みどりという看板女性閣僚を政治資金問題で失い、後任の宮沢洋一経産相にもSMバーへの政治活動費の支出が発覚した。 政治とカネで揺さぶられ続ける官邸サイドが、反撃の狼煙としたのが民主党の枝野幸男幹事長の政治献金だった」 安倍氏は10月30日の衆院予算委員会で、革マル派との関係が指摘される連合傘下のJR総連やJR東労組から枝野氏が政治献金を受けていることを問題視して批判した。 11月1日のFacebookでは秘書名義で、JR総連やJR東労組について、民主党が政権をとっていた鳩山内閣時代に政府として「影響力を行使し得る立場に、革マル派活動家が相当浸透している」と認めた団体であると説明。 これに対し枝野氏は、献金は合法だとし「何ら批判される筋合いはない。 これこそ誹謗中傷そのものではないか」と反論した。 「政治とカネ問題は団扇など配布物の解釈などをめぐってどんどん些末な方向へ流れつつあった。 著者である門田隆将氏は以下のようにコメントしている。 「突然のことで驚いている。 『知名もなく、勇名もなし』の思いで捜査にあたった人々の姿を書き残さなければとの一心でまとめあげた本。 一国の総理が深く読み込んでくれたことについては光栄に思います」•

次の

門田隆将のジャーナリストの評判は?

門田 隆 将

先日ZAKZAKに米軍が『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)という映画に撮影協力と出ていました。 そういえばあれから8年になるけれど、直接事故を扱った映画はまだ見たことが無くぜひ見たいと思いました。 原作の門田隆将さんの「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」は評価も高く、事故の真相を今更ながら知りたいと思いました、特に当時は評価されたなかったような菅元首相の果たした役割とか。 kindleでも単行本より文庫本のほうが安いのが不思議です。 小泉元首相が主張されるトモダチ作戦での米兵被爆被害を心配していましたが、Wikipediaによれば、『アメリカの国防総省が2014年に公表した報告書で、作戦参加者の被曝は「極めて低線量」とし、健康被害との因果関係には否定的な見解を示しており、』とのことでちょっと安心。 俳優の佐藤浩市(58)が第1原発の1、2号機当直長役、渡辺謙(60)が第1原発所長役で出演している。 同作では米軍が行った被災地支援「トモダチ作戦」が描かれ、米国大使館関係者を通じた米側安全保障チームとの交渉の末、米軍の協力が実現し、米軍横田基地を日本映画で初めてロケ地として使用。 施設内の会議室で作戦会議シーンが再現され、支援に向かう場面では米軍所有のヘリを実際に飛ばし、リアリティーを追究。 米兵もエキストラとして参加した。 さらに、自衛隊の要人輸送ヘリも使用され、総理役の佐野史郎(64)が乗り込んで福島第1原発を訪問するシーンも再現した。 横田基地第374空輸航空団将校を演じた米国出身のタレントで山形弁研究家、ダニエル・カール(59)は「基地での撮影はとても楽しいものでした。 東北に強い絆を持つアメリカ人の1人として、『トモダチ作戦』の発令を行った司令官役を演じさせていただけたことを本当に誇りに思います」と充実感をにじませた。 キャスト 伊崎利夫(福島第一原発1・2号機当直長):佐藤浩市 吉田昌郎(福島第一原発所長):渡辺謙 前田拓実(福島第一原発5・6号機当直長):吉岡秀隆[4] 野尻庄一(福島第一原発発電班長):緒形直人[5] 大森久夫(福島第一原発管理グループ当直長):火野正平[5] 平山茂(福島第一原発第2班当直長):平田満[5] 井川和夫:萩原聖人 伊崎遥香(伊崎利夫の娘):吉岡里帆[5] 伊崎智子(伊崎利夫の妻):富田靖子 滝沢大(遥香の恋人):斎藤工[5] 内閣総理大臣:佐野史郎[5] 浅野真理(緊急対策室の総務班職員):安田成美[4] 福原和彦:田口トモロヲ 樋口伸行:皆川猿時 福島民友新聞記者:ダンカン 松永:泉谷しげる ジョニー:ダニエル・カール 抜粋 トモダチ作戦(トモダチさくせん、英語: Operation Tomodachi オペレーション・トモダチ[3][4])は、アメリカ軍の作戦名の一つである。 概要 2011年(平成23年)3月11日、日本で発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震とそれを原因とする災害)に対して行う災害救助・救援および復興支援を活動内容とする。 作戦名は日本語の「友達」にちなんでいる[5]。 この語は、アメリカ太平洋軍司令部に北東アジア政策課日本担当として在籍中のアメリカ空軍退役軍人ポール・ウィルコックス Paul Wilcox を名付け親として、太平洋軍司令官ロバート・F・ウィラード大将 Admiral Robert F. Willard が採用した[6]。 2013年に駐日大使として着任したキャロライン・ケネディ氏は、このトモダチ作戦実行の発端について、2015年10月17日、在日米軍管理施設 New Sanno U. Force Center にて米海軍司令部により主催された日米消防フレンドリーシップパーティー開会式挨拶の中で、『3. 11トモダチ作戦は、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロに、日本の消防救助隊が駆けつけてくれた事に起因する』と公の場でコメントした[注 3]。 乗員および艦艇の放射線被曝 第7艦隊の報道官によると、展開中のアメリカ軍艦艇が放射線に曝露していることが、監視装置の測定によって判明した。 別機材による測定でも、乗員17人が放射線被曝したと述べた。 しかし、ジェフ・デービス海軍中佐は、露出は少なく乗員は洗浄後に行った放射線検査では陰性反応を示したと明らかにした。 これは日常生活上で1ヶ月間に被曝する放射線量未満とされ、今後は念のため露出部位を最小に抑えて救援活動を実施するとした[41]。 東京電力に対する訴訟 2012年12月、トモダチ作戦に従事した空母「ロナルド・レーガン」の乗組員8名が、福島第一原子力発電所事故に関する正確な情報を得られずに被曝したとして、東京電力に総額1億1000万ドル(約94億円)の損害賠償などを求める訴訟を米連邦地裁に起こしたと報じられた[42]。 2016年5月に、提訴に元兵士らとその家族が加わって約400人に達した。 同年5月中旬、カリフォルニア州サンディエゴ近郊を訪れ健康被害を聞いた小泉純一郎元首相は「見過ごせない」と涙を見せた[43]。 同年7月、小泉氏は支援基金設立を発表した[44]。 しかし、アメリカの国防総省が2014年に公表した報告書で、作戦参加者の被曝は「極めて低線量」とし、健康被害との因果関係には否定的な見解を示しており、科学的なデータや根拠に基づく検証が必要とされると述べている[45]。 さらに国立がんセンターにて診療・研究に従事してきた上昌広も広島の原爆被害者の被曝の研究で既に違うと判明している死因が被曝や白血病によるものだとの偏見であり、小泉氏は自身の原発への考えに基づく誤った判断をしていると反論している[46]。 アメリカ軍の医者 軍医 を以前に務めていたジョナサン・ウッドソン国防次官補 健康部門 [47]も2014年に議会に招致された際に極一部の兵士らだけが主張する健康問題が放射線によるものだという客観的証拠はないことして関連性を否定している[48]。 謝意 4月4日に三陸沖で支援活動中の空母「ロナルド・レーガン」を訪れた防衛大臣北澤俊美は、「米軍に感謝と称賛を申し上げたい。 今ほど米国が同盟国であったことを頼もしく、誇りに思う時はない」と述べ、「米国の迅速かつ力強い支援は、半世紀にわたる日米同盟により、両国が培ってきた絆の証しだ」との菅直人首相のメッセージも代読している[49][50][51]。 作戦に対する反応 気仙沼市大島においては、4月6日の海兵隊の撤収時に多くの住民が見送りを行い、上陸用舟艇には別れのリボンが付けられた[52]。 航空機向けの標識とともに宮城県女川町では"THANK YOU USA"の文字が描かれ[53]、仙台空港そばの海岸には、住民により「ARIGATO」(アリガトウ)の文字が作られた[54][55]。 抜粋 最悪のシナリオ 政府の事故調査・検証委員会が福島第一原発の吉田昌郎所長から聴取した内容(通称「吉田調書」)によると、2号機の注水が停止しベントもできない危機的な状況に陥っていた3月14日から15日にかけて、吉田所長は、このままでは格納容器が破壊され核燃料が全て出てしまう、原子炉の圧力破壊が起きると考えていたという[285]。 「放射性物質が全部出てしまうわけですからわれわれのイメージは東日本壊滅ですよ」と語っている。 このような恐怖感は、同じ頃総理官邸も共有していて、例えば枝野内閣官房長官は、福島第一から福島第二原発、東海第二原発へと連鎖的に事故が進むシナリオが頭の中にあったとのちに語っている[286]。 2号機の格納容器が破壊され、放射性物質が大量放出される最悪のシナリオが現実に迫っていた[287]。 実際には、2号機は圧力破壊には至らず、格納容器の配管の繋ぎ目が壊れたり蓋に隙間が出来たりして、部分的に放射性物質が漏れ出したのではないかとみられる[288]。 なぜ2号機が決定的に壊れなかったのかは、十分解明されていない[289]。 菅直人総理大臣は、最悪の場合に何が起きるか具体的なイメージをつかむため、3月22日、近藤駿介原子力委員長に「最悪シナリオ」の作成を要請した。 3日後の25日、「福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描」と題する資料が細野首相補佐官に提出され菅総理に報告された[290]。 この資料は閲覧後回収されて存在自体が秘密に伏されたが、2012年2月初めに、内閣府の情報開示で公開された[291][292]。 この資料で示されたシナリオでは、1号機で再び水素爆発が発生した場合、放射線量上昇により作業員が全面撤退を余儀なくされ、他の号機への注水も止まり、4号機の使用済み燃料プールの燃料損傷が発生、使用済み燃料プールでコアコンクリート相互作用(溶融燃料コンクリート相互作用、MFCI)が発生する[293]。 この場合、4号機の使用済み燃料プールからの放射性物質の放出量が最も多く、避難規模を大きく左右することになる。 その結果、チェルノブイリ事故で適用された基準を当てはめると、170km圏[294]で強制移住、東京を含む250km圏[295]で避難を求めることが必要になることが示されている。 菅直人も2013年11月8日、ハフィントン・ポストにて、最悪の場合東京を始め首都圏を含む5000万人の避難が必要となる可能性があったと述べた[296]。 この4号機の燃料プールは、事故収束宣言後の2012年4月12日にも、冷却装置の警報が作動し、温度上昇が発生した。 水漏れや異物の混入などの可能性が懸念されている[297]。 共同通信配信の産経ニュースほか国内多くの報道機関や米国ビジネスウィークなどは、2012年2月21日発表されたNRCの事故当初10日間の3200ページ[298]からなる自動録音の電話会議記録文書について報じた。 3月16日グレゴリー・ヤツコ委員長は「最悪のシナリオはおそらく、3つの原子炉がメルトダウンすること。 格納容器が壊れ、放射性物質の漏出が起きそうだ。 漏れの規模を予測するのは難しい」一方、「風が東京に向かって吹いている場合、東京にどう影響が及ぶのか」と懸念する出席者に「現時点で米国民の退避範囲は、50マイル(約80キロメートル)でいこうと思うが、不確実であり、拡大する可能性はある」と答えた。 これらのことはメルトダウンの可能性を認めようとしなかった日本政府のリスクに対する危機意識の違いがあった[299][300]。

次の