同人 あんてな サイト。 同人誌まとめサイト「同人あんてな」に同人作家が1000万円請求 香港企業装い運営か

[B! サーチ] 同人系サイト総合検索サーチ よろずりんく

同人 あんてな サイト

著者に無断で漫画同人誌をインターネットに公開したとして、愛知県警は、著作権法違反の疑いで自営業の男を逮捕した。 この影響か、「18禁」同人漫画を無断公開していたサイトが、更新停止を発表するなど、ネットではこれらの違法サイトが次々に閉鎖されるのでは、との見方が強まっている。 二次創作者が強く出られなかった理由 毎日新聞オンライン版2013年9月3日の記事によると、容疑者の男は画像投稿サイトに31歳の女性が描いた漫画作品を無断で公開し、公衆送信権の侵害による著作権法違反の容疑で逮捕された。 県警の公式発表では、容疑者は自身の運営する画像投稿サイトで、他の1人と共謀して同人誌2点を公開した、としている。 容疑者は「身に覚えがない」と否認しているという。 原作者の許諾を得ず二次創作した漫画にも著作権が発生するが、「自分の作品自体も著作権的にはグレーゾーン」という負い目もあるため、作品が無断転載されても強く出られないケースが多かった。 今回の逮捕が、二次創作の著作物を対象としたものであれば、影響は少なくないとみられる。 こうした動きを受けてか、別の大手18禁同人漫画の無断公開サイトも更新停止に踏み切った。 更新停止を知って、これまで違法同人サイトを利用していたユーザーからは、「ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおお」「はいはい嘘おt 嘘だろ…」「終わった・・・」と残念がるコメントが出ている。 国外の違法サイトでの無断公開は続いている 違法同人サイトの閉鎖は、アフィリエイト広告の掲載条件などをめぐる問題もあり、ここ数か月で続いているという。 今回の著作権法違反による逮捕事件が、さらに閉鎖に追い討ちをかける可能性もあり、「これを期にどんどん同人の無料アップロードサイトが閉鎖されていきそう」という見方がネットであがっている。 その一方で、日本の法律が及ばない国外の違法サイトでの無断公開は続いている。 違法公開サイトの閉鎖を知った一部ネットユーザーは、「海外のサイト使うから大丈夫」「最悪海外があるし無駄な努力やな」と発言している。

次の

同人漫画を無断公開した男が逮捕 「違法同人サイト」が次々閉鎖される?: J

同人 あんてな サイト

スマホ対応の日本語テーマなので、おしゃれなデザインがすぐに導入できて、 設定も運営も非常に簡単です。 また商用利用の制限もありませんので、安心して使えるテーマばかりです。 同人サイト・同人誌・同人サークルは公式ホームページが必要ですか? そもそも同人サイト・同人誌・同人サークルで公式サイトが必要でしょうか? インスタグラム、Facebook、TwitterなどのSNSで十分じゃないか? と思われるかもしれませんが、 WordPressブログを使ったホームページがあると、信用・安心感がまるで違います。 そしてその信用は新規集客や固定ファンの獲得に繋がり、 ブランディングの確立、売り上げアップ・収入の安定に貢献します。 しかも始めるのは早ければ早いほど、信用蓄積の効果も期待できます。 ネットで一番大事なのは「信用」です。 ですので、広告付きの無料ブログや無料テンプレートよりも、 他社とかぶることの少ない有料テンプレートを利用することをお勧めします。 どういった内容のWordPressサイトを作ればよいですか? 同人サイト・同人誌・同人サークルの公式ホームページは、 ライティング技術やSEO対策よりも、 作品の良さがダイレクトに伝わるようなブランディングの確立を目指すことや、 信頼を獲得できるシンプルでおしゃれなサイトであることの方が重要です。 ですので、基本情報(プロフィールや経歴紹介)、各種SNSへのリンクを基本に、 作品が見れるようになっているごくごく簡単なサイトでも問題ありません。 多くの同人サイト・同人誌・同人サークルは公式サイト自体の重要性に気づいていないので、 サイトがあるだけで信用の面からはすでに差をつけることができます。 SNSや口コミで初めてあなたを知った人も、公式サイトがあるかは必ず確認します。 そしてそこにしっかりとした情報が掲載されていれば安心できます。 投資としてはかなり低コスト(月額数百円程度)なのに、リターンは無限大です。 同人サイト・同人誌・同人サークルサイト向きWordPressテンプレートおすすめ5選(国産有料テーマ) Holiday PC・タブレット・スマホに自動最適化するレスポンシブwebデザインに対応した、 WordPressテーマ「Holiday(ホリデー)」。 トップページに画面いっぱいに広がる写真・イラストのスライドショーと、 新着のお知らせ記事のサムネイル画像が並ぶ、WordPressテンプレート。 イラスト画像や写真さえ用意できれば、誰が作ってもおしゃれなサイトに仕上がります。 新着情報をブログ記事として更新することで、 自動的にSEO効果が高まり、検索サイトからの見込み客の流入が見込めます。 記事の内容は、通常のお知らせの他に、新作紹介、製作中の話や、 ファンに向けた季節ごとのメッセージなど、何でもOKです。 細々とした情報が信用を蓄積していきます。 デザインや機能が徹底的に省かれたミニマルデザインなので、 複雑な初期設定も完全に不要、非常にシンプルです。 ワードプレス・ホームページ初心者にもとても使いやすいテーマです。 My Song PC・タブレット・スマホに自動最適化するレスポンシブwebデザインに対応した、 WordPressテーマ「My Song(マイソング)」。 トップページには大きなイメージヘッダーが掲載され、 あとは基本情報(プロフィールと連絡先等を自由に掲載)だけという、 ランディングページ・シングルページタイプ、いわゆるペライチサイト。 ブログ記事は一切更新しない!またはできる担当者がいない!という場合や、 新着情報は、普段活用しているinstagram、Facebook、Twitterにまかせて、 最低限必要な基本情報、連絡先、SNSリンクを掲載したい、という要望に最適な、 プロフィールサイト・自己紹介サイト向けのWordPressテンプレート。 SNSでの情報発信がしっかりできている場合は、 公式サイトをできるだけ簡単に作り、基本情報のみにしておくというのも、 コストカット・人件費節約の面から見ても一つのナイスアイデアです。 Folclore PC・タブレット・スマホに自動最適化するレスポンシブwebデザインに対応した、 WordPressテーマ「Folclore(フォルクローレ)」。 トップページには大きなイメージヘッダーと、 新着のお知らせ記事のサムネイル写真が並ぶ、WordPressテンプレート。 こちらもイラストさえ用意できれば、誰が作ってもおしゃれなサイトに仕上がります。 WEBマガジンタイプのデザインを採用したWordPressテンプレートなので、 ブログを情報発信にキッチリ使って行きたいという場合に最適です。 検索サイトから続々訪れる新規見込み客の獲得など、 公式ホームページ作成の効果がもっとも現れやすく、 長期にわたってリターンが得られる資産サイトが作成できます。 Flora deux PC・タブレット・スマホに自動最適化するレスポンシブwebデザインに対応した、 WordPressテーマ「Flora deux(フローラ・ドゥ)」。 トップページに写真のスライドショーと、 簡単なお知らせや基本情報だけを掲載するような、 非常にシンプルなホームページ向きのWordPressテンプレート。 写真さえ用意できれば、誰が作ってもおしゃれなサイトに仕上がります。 デザインや機能が徹底的に省かれたミニマルデザインなので、 複雑な初期設定も完全に不要、非常にシンプルです。 ワードプレス・ホームページをはじめて作る初心者にも使いやすいテーマです。 Minimaga ウェブマガジン・ブログ型のスマホ対応レスポンシブWordPressテーマ。 コンテンツに集中できるシンプル&ミニマルなデザイン、 読者の導線や巡回のしやすさを考えたレイアウト+関連記事の自動表示、 広告クリック率の高い場所へのウィジェット配置など、 ウェブマガジンに必要な要素が的確に盛り込んであります。 ブログが成長すればファン獲得はもちろん、サイト経由の仕事の依頼も増え、 プロモーションや営業の必要すらなくなります。 このテーマを使って継続的にブログを更新すればアクセスアップは簡単です。 WordPressホームページのメリット WordPressを使った公式ホームページは、 24時間365日自動で働き続ける集客装置であり、 蓄積された記事が信用を生む資産にもなります。 これらの効果はSNSでは期待できないものなので、 やはり公式ホームページは必要です(SNSとの組み合わせこそが最強)。 WordPressでの信用蓄積• SNSでの情報拡散 この両輪の組み合わせをうまく活用できれば、 他社に差をつけ、多くの見込み客を獲得し、固定ファンを増やし、売上を増大させ、 あなたのビジネスの成功に繋がります。 ただし、ホームページを作ればすぐに集客に繋がるというわけではないので、 ある程度の浸透期間(3ヶ月〜程度)は必要となります。 しかし、一度検索サイトからの集客に成功すれば、そのリターンは圧倒的です。 まずは小さく、できるだけ早く、今すぐ動き出すことが重要です。 関連記事:.

次の

[B! サーチ] 同人系サイト総合検索サーチ よろずりんく

同人 あんてな サイト

同人あんてな(モザイク加工は編集部によるもの) 被告の1人はWebサイト制作会社の代表取締役、もう1人は仮想通貨ニュースサイト運営会社の取締役。 「同人あんてな」上では運営者は明らかにされておらず、ドメイン登録も香港企業の名前で行われていましたが、原告側が広告代理店を通じて広告費の支払先を照会するなどしたところ、上記2人が実質的な共同運営者であることが分かったとのこと。 ただし記載通りに使用料を算出した場合、天文学な金額となってしまうため、その一部として1000万円を請求したとしています。 作者側が定めた「利用規約」が裁判でどのように判断されるかという点においても今後注目を集めそうです。 関連記事• 福岡市のWeb制作会社「エニセンス」とその代表を提訴しています。 実体験を交えて語っていただきました。 これは心強い。 彼らの行為について「集団リンチを見せて見物料を取っているようなもの」と強く批判。 弁護士や関係者に聞きました。 自分のペットをお勧めするリプライが多数。 メーカー側は「出演者のプライバシーを十分に確保できないことも違法アップロードの大きな問題の一つ」と苦しい胸の内を語りました。 被害者側とnetgeek側、双方に取材を試みました。 ITコンサルタント、永江一石さんが中心となり、「被害者の会」結成を呼びかけています。

次の