イタチ 被害。 イタチ豆知識

深刻な被害!なぜイタチは人家へ棲みつくのか?

イタチ 被害

イタチの習性と特徴! イタチの外見と大きさは? イタチの大きさは、オス30~40cm、メス20~30cm程度です。 家に住み着く生物として、一般的なネズミと比べると大きな身体を持っています。 色は茶っぽく全身が毛に覆われており、顔には黒い模様があります。 イタチの外見は、ペットとして人気があるフェレットと似ていますが、全く違う習性を持っています。 イタチはとても凶暴! イタチは丸い目と模様のある顔で一見「可愛い」と言われることもあります。 ですが、その外見とは裏腹に、とても凶暴な生き物です。 鋭い歯を持っておりネズミや小鳥を捕食することもあります。 ですので、ペットのハムスターや小鳥が知らない間に住み着いていたイタチに捕食される可能性もあるのです。 そして、イタチは身体能力がとても高く、壁を垂直に登ることもできます。 そして、わずか数センチのすき間からでも侵入できる柔軟性な身体を持っており、更に、機敏性も兼ね供えているというとても手ごわい相手です。 見た目が可愛いからと言って油断していると取り返しがつかない事態になることも多々あるのが、イタチなのです。 イタチが住み着くとどんな被害があるの? 強烈な悪臭の原因に! イタチが家に住み着くと、糞尿がたまり強烈な悪臭の原因になります。 イタチの糞尿から発生する悪臭はとても強烈。 中には「とても家にいられないほどの臭い」とおっしゃる方もいるほどの激しい悪臭が家や家の周辺に広がることもあります。 噛まれて怪我をすることも イタチの習性でも触れましたが、イタチはとても凶暴で鋭い歯と爪を持っています。 イタチは基本的には夜行性ですが、空腹時には昼間でも活動することもあり、食べ物を求めて家の中を徘徊するケースも報告されています。 そんなイタチにばったり遭遇して、噛まれたり引っ掛れたりすると怪我のリスクもあります。 イタチは凶暴ですので、出血を伴う怪我をすることも珍しくありません。 そして、イタチは様々な病気の原因になる菌やウイルスを持っている可能性も否定できません。 ダニやノミ、ハエなどの害虫発生 イタチが家に住み着くと、ダニやノミ、ハエが発生する原因になります。 イタチの糞尿が屋根裏などに蓄積し、そこに虫が湧くと普通の生活ではあり得ないほど大量に害虫が発生します。 そして、イタチの身体にもたくさんのノミやダニや付着しているため、イタチがいるということは、ダニやノミが室内に侵入することにも繋がるのです。 そして、室内に侵入したダニやノミ、ハエなどの害虫をいくら駆除しても、原因はイタチにあるわけですから、次から次に虫が発生するという悪夢のような状態になってしまいます。 家を傷めてしまう イタチの糞尿が屋根裏などに溜まったままになると、家を腐らせることもありますし、悪臭が染みついてしまうこともあります。 腐ってしまった場所の修理が必要となると、家の補修に大きな出費が必要となります。 イタチの被害は臭いや怪我のリスクだけでなく、家を傷める原因になることもあるのです。 こうなったら注意! イタチがいると起こる現象とは 屋根裏から大きな音がする イタチは屋根裏や床下に住み着くことが多く、基本的に夜行性です。 ですので、イタチがいると夜になると屋根裏を走り回ってかなり大きな音を立てます。 イタチの体重は、メスで150gオスは450g程度となるので、虫やネズミが屋根裏を徘徊する音とは比べ物にならない位の大きな音がします。 もし、夜中に屋根裏から大きな音がしている…という場合は、イタチが侵入している可能性大です。 正体不明の悪臭がする 被害の項目でも触れましたが、イタチは悪臭の原因になります。 糞尿だけでなく、イタチはお尻にとても強烈な臭いがする分泌物を持っています。 イタチは、この臭いで家族と意思疎通をしているのです。 そして、臭い原因は、イタチですので室内をどれほど掃除しても消臭剤を置いても元から絶たない限り解決することはありません。 どこからともなく正体不明の強烈な悪臭がしているときは、イタチが住み着いている可能性があります。 庭やゴミが荒らされている イタチは穴掘りがとても得意な生き物です。 ですので、家にイタチが住み着いていると庭が荒らされることがあります。 畑やゴミが荒らされることがあって困っている…てという場合は、いたずらなどではなくイタチが原因という可能性もあります。 イタチ駆除の方法とは? 自分で駆除できる? 様々な被害をもたらすイタチですが、もし家にイタチがいる場合にはどうすればいいのでしょうか。 とりあえず自分で駆除したいと考えてしまいますよね。 ですが、イタチはとても凶暴ですし、ピンチになると自分を守るためにお尻から強烈な悪臭を放ちます。 そして、噛みつかれたり引っ搔かれたりすると、細菌やウイルスに感染して、病気になる事もあります。 ですので、自分でイタチを駆除するのはとても危険です。 イタチは石鹸やお酢の臭いを嫌うため、臭いを利用して追い出すという方法や罠を仕掛けて捕獲するという方法がないわけではありません。 ですか、今後の対策や掃除などのことを考えると、完璧な駆除を自分で完結させるのはかなり難しいと言わざるを得ません。 業者の本格的な駆除が安心 イタチが家に住み着いてしまったら、繁殖しないうちに早めに駆除することを強くオススメします。 「そのうち出て行くだろう」と思っている間に繫殖期が来てしまうと一気にイタチの数が増えて被害が更に酷くなります。 凶暴で悪臭がするイタチは徹底的な駆除が必要な害獣です。 ですので、イタチが住み着いていることに気づいたら、早めに専門の業者に依頼するのが賢明です。 専門の業者の中には、イタチの侵入口を特定し人体に無害な薬剤を使用してイタチを駆除してくれるところもあります。 そして希望があれば、悪臭と害虫発生の原因になっている糞尿の掃除まで請け負ってくれるサービスもあるので、完璧にイタチ駆除が可能です。 そして、駆除と掃除をするだけでなく、再度イタチが侵入しないように侵入経路を塞ぐ対策も可能です。 コストはかかりますが、再発防止にも効果的です。 イタチに荒らされてしまった天井裏の断熱材。 イタチに荒らされてちぎれてしまった状態では断熱効果もなくなってしまっていますが、それも別メニューで依頼をすれば元の様に断熱材を交換してくれます。 イタチ駆除を業者に依頼する場合の費用はどのくらい? イタチ駆除の相場 イタチ駆除の基本料金は、施工箇所1か所で1万5千円から2万円くらいです。 この価格に、清掃作業の費用や再発防止対策の費用がかかります。 複数の箇所に施工をして、清掃と再発防止対策まで行った場合の相場はおよそ10万円から20万円くらいと言われています。 施工箇所や被害の状況によって価格は異なりますが、だいだい20万円くらいあれば清掃と再発防止対策までできると考えて良いでしょう。 但し、イタチの侵入口の大きさや場所もそれぞれの家で様々です。 ですから一概には言えないというのがベストの回答かと思います。 シロアリ駆除のように5年に一度するということもありませんので、一度きちんとした業者で、イタチ駆除を行ってもらい、保証も付けてもらうとすれば、あとは一生安心ということも言えるかと思います。 それだけに、ちゃんとした業者を選んで、天井裏や床下などのイタチ駆除をしてもらいたいものです。 まずは、一度専門のイタチ駆除業者に問い合わせてみて自分の家に来てもらってきちんとした見積を出してもらうことをお勧めします。 上記のページの中でも、 ・イタチ駆除の料金(費用)は? ・インターネット上に出ている、害獣駆除業者さんのイタチ駆除に関する情報 を記載しています。 お役立てください。 イタチ駆除の価格は業者によって違いますので、複数の業者から見積りをとることをオススメします。 まとめ 一見、可愛らしいルックスのイタチですが、悪臭やペットへの被害、騒音や怪我、病気のリスクとイタチの被害はとても大きく看過できるものではありません。 イタチが住み着いていると解った場合には、繁殖しないうちに早めに対策をしましょう。 イタチは凶暴で臭いも強烈ですし、再発防止のリスクなどを考えると、自分で駆除するより専門の業者に駆除を依頼するほうが安心です。 「もしかするとイタチかもしれない」という症状がある場合には、早めの対応をオススメします。 関連している記事• こんにちは。 株式会社あい営繕です。 いつもは害獣・害虫駆除にまつわるあれこれについて書いてい […]• 「自分でイタチ駆除」「業者によるイタチ駆除」の違いをご存知ですか? イタチがわが家の屋根裏に […]• こんにちは。 イタチ駆除業者の株式会社あい営繕です。 こちらの記事にたどり着い […]• イタチ駆除業者を選ぶ時に必ず見ておきたい項目が「保証」です。 もっとも重要と […]• こんにちは。 害獣・害虫駆除歴20年超の株式会社あい営繕です。 こちらは、イタチを自分で駆除し […]• 「天井裏(屋根裏)でドタバタ音がする…」「何かの動物が侵入した形跡がある…」。 これらはもしかし […]• こんにちは。 害獣駆除会社の株式会社あい営繕です。 今日は『アライグマの報償金と正しい捕獲・駆 […]• こんにちは。 害獣駆除業者の株式会社あい営繕です。 今日は『アライグマ』についてお話ししていき […] カテゴリ一覧• 265• 122• 263• 145• 209• 699• 113• 134• 120• 104• 209• 114• 282• 127•

次の

イタチの足音・フン尿被害を止めたい!自分でできる対策方法を紹介

イタチ 被害

0120-949-085 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! テン・イタチ・ハクビシンの違いと見分け方 テン・イタチ・ハクビシンなどの家に住み着く害獣はよく似ているため、混同されやすい傾向にあります。 しかし、よく見てみると見た目にも違いがあり、その生態や足跡、糞などでも見分けることが可能です。 ここでは、テン・イタチ・ハクビシンの違いについて紹介するので、参考にしてみてください。 見た目の違い テンは、体長44~55cmほどの大きさでイタチより少し大きめな害獣です。 最も特徴的なのが、夏と冬で異なる毛色ではないでしょうか。 夏のテンの毛色は真っ黒な顔に全身はオレンジと焦げ茶色がまだらになったような色をしています。 これが冬になると、顔の毛色は白くなり、体はきつね色に変化するのです。 続いてイタチですが、体は細長く20~35cmと小さめです。 全体的に明るい茶色をしていて、目周りは黒、口の周りは白になっているのが見て取れるでしょう。 この毛色はテンのように季節で毛色が変化することとはなく、1年を通して同じ色をしています。 ハクビシンはテンやイタチとはまったく違った毛色で、暗めで灰色と茶色が混じったような毛色をしています。 名前のとおり、鼻には白い1本の線が入っているのが特徴です。 体長も50~70cmほどとほかの害獣に比べて大きな体をしています。 このようによく見てみると、これらの害獣には毛色や大きさなどに大きな違いがあるのがわかるでしょう。 天井裏に住み着く害獣を見かける機会があったら、特徴を観察して見極めてみてください。 生態の違い テン・イタチ・ハクビシンの違いは、その生育地や食性にもあります。 テンは基本的に平らな土地にある森の中で生息しているようです。 森の中にある木の実や果物だけでなくネズミなどの動物も食べるため、雑食性といわれています。 ときに市街地に出没し、生ごみを漁って食べる姿も目撃することもあるでしょう。 イタチもテンと同じく、平地にある森林で生活していますが、池などの水場でも目撃されることがあります。 基本的には魚やねずみ、鳥、カニなどを食べる肉食性です。 ほかにも、昆虫なども好んで食しています。 そのため、外でニワトリなどを飼育しているとイタチに襲われてしまうこともあるようです。 ハクビシンは、雑木林などの木々が生い茂った場所で生息しています。 大好物は甘みのある果物で、ミカンやブドウなどを食べるようです。 ほかにも、植物の種や野菜などが主食となっていますが、ときに鳥の卵や昆虫なども食べています。 そのため、畑で育てている作物が食い荒らされてしまうといった被害も見られるでしょう。 鳴き声の違い テンやイタチ、ハクビシンは夜行性なので、夜になると天井から鳴き声が聞こえてくることがあります。 どの害獣も鳴き声が違うため、鳴き声を聞けば家に住み着いている害獣が何なのか見分けることができるでしょう。 テンの鳴き声は特徴的で、「フィヤフィヤー」といった鳴き声を発します。 また、敵などを威嚇する際は、「ギューウーギュギュ」と鳴くようです。 イタチは普段「キーキー」や「クククク」といった声で鳴きますが、危険が迫ったりすると「キッキッキーッ」といった甲高い声をあげるようになります。 ハクビシンの鳴き声は、通常「キューキュー」「キーキー」と聞こえるようです。 足跡の違い なかなか害獣の姿を見ることができなくても、残された足跡からどんな害獣がいるか判別することができます。 まずこれらの害獣は、5本指をしっかりつけて歩く動物です。 そのため、どの害獣の足跡も5本の指跡がくっきり残っているのがわかります。 それぞれの違いを見分けるには、足跡の大きさに注目してみましょう。 ハクビシンの足跡は最も大きく、5~6cmほどあります。 かかとまでぺったりとつけて歩くので、指より手前の部分の跡が大きく残って見えるでしょう。 次に大きいのがテンの足跡で、3~4cmほどの大きさです。 最も小さいのがイタチで、足跡は2~3cmほどとなっています。 もし天井裏や家の外で足跡を見つけたら、じっくり観察してみてください。 糞の違い どの害獣も1カ所に集中して糞をする習性がありますが、テンやイタチ、ハクビシンは糞の状態に違いがあります。 テンの糞はイタチより少し大きい10mmほどで、水っぽいのが特徴です。 よく見ると、動物の毛が混じっているのがわかります。 イタチは6mmほどの糞をし、テンと同じく水分が多いものです。 小動物などの肉類を中心に食べているため、小さくてもそのにおいはとても強く、悪臭を発しています。 ハクビシンの糞は5~10cmほどと最も大きく、果物の種をそのまま飲み込んで食べるため種があちらこちらに混ぜっているのがわかるでしょう。 0120-949-085 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! テン・イタチ・ハクビシンによる被害は強烈! テンやイタチ、ハクビシンが家に住み着くと夜の騒音以外にもさまざまな被害をもたらします。 被害が深刻になれば、大切な家が傷んでしまい修繕を余儀なくされるのです。 ここでは、テンやイタチ、ハクビシンが及ぼす被害について見ていきましょう。 糞害による悪臭 テンやイタチ、ハクビシンが家に住み着くと、当然糞や尿をするようになります。 また、同じ場所に糞や尿をする習慣があるので、住み着く期間が長くなるほどどんどんたまっていくようになるでしょう。 そのうち、天井裏などに溜まった糞や尿が悪臭を放ち、部屋の中まで臭くなってしまいます。 やはり生活空間が常に嫌なにおいがするのは、苦痛でしかありません。 また、イタチは肛門の近くに臭腺と呼ばれる悪臭を放つ器官があるため、刺激するとさらに強烈なにおいに悩まされることになるでしょう。 天井にシミができる 先ほどもため糞の話をしましたが、同じ場所に糞や尿をすることでしだいに天井にシミとなって現れるようになります。 もしかしたら、尿などが部屋にしたたり落ちてくることもあるかもしれません。 そのうち、天井の板が湿気や重みなどで劣化し、ある日突然落ちてきてしまうこともあるでしょう。 健康被害を引き起こす テンやイタチ、ハクビシンの体には、ダニやノミ、雑菌などが無数についています。 そんな害獣が天井裏を走り回ると空気中に舞い、部屋の中に落ちてきてしまうでしょう。 そうなると、住民にアレルギー症状が出るなどの健康被害を引き起こすことがあります。 また、糞の中にも寄生虫や雑菌などが含まれているおそれがあり、あやまって体内に入ってしまうと重大な病気に悩まされるかもしれません。 襲われることもある 害獣は自分の縄張りに無断で入ろうとしたり、不用意に近づいたりすると攻撃してくることがあります。 見た目は可愛く感じるかもしれませんが、実はとても凶暴な動物なのです。 噛まれたり引っ掛かれたりすれば、当然けがは避けられません。 それ以上に、害獣がもっている病原菌などが体内に入り、体調などに重大な影響をもたらすおそれがあるでしょう。 人間だけでなく、飼っているペットも同様です。 むやみに手出ししないようにしましょう。 0120-949-085 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! それぞれの効果的な退治方法 家に住み着いている害獣が何なのかわかったら、その害獣に合わせて適した駆除方法をおこないましょう。 適した駆除をおこなえば、より効果的に害獣の追い出しや捕獲をすることができます。 ここでは害獣別の駆除方法を見ていきましょう。 テンの退治方法は2つ テンを家から追い出すには、2つの方法があります。 まずは、忌避剤を使った方法です。 忌避剤は、テンの天敵であるオオカミの尿のにおいがするものを使いましょう。 この忌避剤をテンの足跡がある場所などにまいておくと、「オオカミが来た」と勘違いして逃げ出してしまうはずです。 ただし、そのにおいに慣れ危険がないとわかれば、忌避剤の効果は半減してしまうので注意してください。 もうひとつの方法は、テンに向かって強い光を当てるという方法です。 テンは光を嫌う習性があり、光を当てるとその場に立ち尽くしてしまうでしょう。 天井裏にLEDライトなどを設置しておけば、光を嫌がり家から出ていってくれるはずです。 テンがいなくなったら、再び戻ってこないように糞を掃除してテンの痕跡を消すようにしてください。 ダニやノミなどの心配もあるので、きちんと消毒していきましょう。 イタチの退治方法は1つ イタチを退治するには、イタチが嫌がるにおい成分が入った忌避剤や焦げ臭い木酢液が有効です。 イタチは鼻がよく効くため、嫌なにおいをいち早く察知して逃げ出してしまうでしょう。 イタチがいなくなった後も再び入り込まれないように、侵入口付近に置いておくと効果的です。 また、テンと同じようにしっかりと清掃して、イタチの痕跡をなくすようにしましょう。 ハクビシンの退治方法は3つ ハクビシンを退治するには、えさを入手できる場所をなくすこと、寝床を作れないようにすること、侵入経路を絶つことの3つが大切です。 ハクビシンにとってのえさ場は、農作物を育てる畑などになります。 農作物が実っても収穫しないでそのままにしたり、状態がよくないからといって畑に放置したりするとハクビシンのえさ場と化してしまうでしょう。 畑の作物をきれいに収穫するだけで、ハクビシンのえさ場をなくすことにつながります。 もうひとつは、昼間に眠る場所を作らせないことです。 ハクビシンは日が高い日中眠って過ごすため、天井裏や倉庫などに暗くて暖かい場所に潜り込んで寝床とします。 眠る場所に入られないように隙間をなくしておきましょう。 最後は、ハクビシンの侵入経路を絶つことが大切です。 ハクビシンが天井裏に侵入する際、庭木などを足掛かりにしています。 そのため、家の近くに高い木があると、侵入経路になってしまうことがあるのです。 木を切らなくてはと考えるかもしれませんが、ハクビシンは身を隠せない場所には寄り付かない傾向があるのできれいに剪定をして見通しをよくしておくだけで問題ありません。 注意!自分で捕獲するのはNG テンやイタチ、ハクビシンは被害があるからといって、勝手に捕獲したり殺処分したりすることは禁止されています。 なぜなら、鳥獣保護管理法で守られている動物だからです。 鳥獣保護管理法では、指定されている鳥獣類を捕獲、飼育、殺処分などの行為を勝手におこなってはいけないと定めています。 そのため、無断で駆除してしまうと懲役や罰金の対象となってしまうでしょう。 個人で駆除したい場合は、お住まいの自治体に申請して許可をもらう必要があります。 いちいち申請するのは手間がかかるという方は、許可を受けている業者に依頼して駆除してもらいましょう。 0120-949-085 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! なかなか追い出せない!そんなときは業者へ 自分で忌避剤などを使用して害獣を追い出したにもかかわらず、再び戻ってきてしまうことがあります。 これは、自分の尿や糞のにおいを感知して、縄張りだった場所に戻ってくる習性があるからです。 また、何度も忌避剤で追い出していると、そのにおいに慣れてしまい、一向に追い出せなくなってしまうでしょう。 自分でおこなうのは難しいと判断したら、害獣駆除業者に依頼して駆除してもらいましょう。 ここでは、害獣駆除を業者依頼したときにかかる費用や業者の選び方について紹介します。 害獣駆除にかかる費用 害獣駆除を業者に依頼した場合にかかる費用の相場は、およそ10~30万円 税抜 となっています。 この費用には、害獣の捕獲や追い出しの作業料金、侵入口の封鎖、駆除後の清掃や消毒、消臭、材料費や出張料などが含まれているようです。 しかし、相場はあくまで目安であり、作業をおこなう範囲や駆除する害獣の種類などによっても費用が大きく左右されます。 ご自宅の害獣駆除にかかる費用を知るには、業者に事前調査をしてもらい、見積りを出してもらうとよいでしょう。 害獣駆除を業者に依頼するときのポイント より優秀な害獣駆除業者を選ぶには、3つのポイントがあります。 まずは、害獣駆除を専門にしているかどうかです。 害獣駆除をメインにおこなっている業者は、家に住み着く害獣に生態などにも詳しく、適した駆除方法を選んでおこなってくれるため、効果が期待できます。 業者がしっかりと知識をもっているか確認するためにも、ご自身でも害獣に関して情報収集をして事前知識をつけたうえで話すようにしましょう。 そうすれば、きちんとした知識をもった業者か判断することができます。 もうひとつは、資格をもったスタッフが在籍している業者かどうかです。 狩猟免許をもっている業者であれば、的確な方法と正確な知識で駆除をおこなってくれます。 また、駆除後の予防や消毒に関しては、防除作業監督者やペストコントロール技術者などの資格をもっているとより安心してまかせることができるでしょう。 ほかにも、費用が明確かどうかも業者を選ぶうえでとても大切です。 見積りを出してもらった段階で、作業内容と料金が明確になっている業者であれば余分な費用がかかる心配はないでしょう。 もし見積りを見て不明な金額があるなら、業者に尋ねることをおすすめします。 弊社には優秀な害獣駆除業者が多数加盟しているため、ご要望に合った業者を紹介させていただきます。 また、事前調査や見積りは無料となっていますので気軽にご連絡ください。

次の

イタチ対策 豆知識 イタチの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店

イタチ 被害

イタチの生態・特徴 イタチとは イタチとは 当社への駆除依頼の大半が、チョウセンイタチによる被害です。 イタチは日本全国に生息していますが、特に大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取などの関西エリアが駆除依頼の多い地域です。 イタチは、ハクビシンなどに比べとても獰猛で肉食性が強い動物です。 愛くるしい姿をしていますが、むやみに手を出すのは大変危険です。 蛇やネズミ・モグラなどの小動物、また時には池の鯉やニワトリなど自分よりも大きなものまで襲って食べることも多々あります。 そのため排泄物は、ハクビシン等の糞よりも強い悪臭を放ちます。 ただ肉食のみというわけでもないので、農作物を荒らすという被害も報告されています。 水辺を好み、木登りや泳ぎが得意です。 体重は2kgを超えるものは少なく、ネコ目の中でも最も小型です。 イタチ類は、オスに比るとメスが特別小さいのが特徴です。 体格は小柄ですが、小動物や自分より大きなニワトリや鳩なども単独で捕食する非常に凶暴な肉食獣です。 天敵は猛禽類とキツネ等。 習性・行動 屋根裏で食べた鳥 昼間にイタチを見かけることもありますが、基本的に夜行性です。 夜に獲物を捕えることが多く、木登りなどを得意としています。 敵に追い詰められると臭腺と言う肛門付近の肛門腺から強い臭気のある液を分泌します。 これが付着すると悪臭は何日もとれませんので、注意が必要です。 近年、人里に降りてきたイタチが、家畜小屋や養殖用の池または畑などを荒らす被害が大変多くなっています。 イタチによる被害 騒音被害 屋根裏で活動するハクビシン イタチは気が付かないうちに家の天井裏に侵入しているケースが大変多く、気が付くと天井の方から騒音がするなんてこともよくあります。 住み心地の良い屋根裏で営巣・繁殖活動をするイタチは、夜活動する動物ですので、人間が寝静まる頃に活動は活発になり、その騒音で住人が睡眠不足になってしまったと言う声もよく聞きます。 また、ハクビシンが屋根裏を走り回ることで、天井が歪んでしまったり、ひどい場合は天井が抜け落ちる等の被害も発生しています。 臭い 天井裏、イタチののフン・尿被害 イタチの住み着いた屋根裏は強烈な悪臭を放ちます。 排尿、排便による臭いや、イタチ自身の臭い、マーキングのために臭腺から分泌される臭いなどで家屋に異臭が立ち込めます。 また、イタチは一定の場所にまとめて排泄(ため糞)するため、糞の量や被害期間が長いと天井板が腐り、抜け落ちてしまう場合もあります。 また、排尿・排便は様々な食中毒や感染症の原因にもなります。 ダニ・ノミ ダニ・ノミの二次被害がおこることも。 イタチの体には多くのダニやノミが寄生しています。 屋根裏などに営巣されるとそこから家庭内に飛び散り住人がその被害に遭うことが多々あります。 特に女性や小さなお子様など、肌が弱い方、柔らかい方は刺されやすく、刺されると1週間以上激しい痒みに襲われる為、肉体的・精神的被害は甚大です。 また、ダニの死骸はぜんそくやアトピー等を引き起こすアレルゲンになりますので注意が必要です。

次の