位置 共有 アプリ。 iPhone/iPadの位置情報共有を設定・解除するには

女子高生がインスタばりに「位置共有アプリ」にどハマりしてるワケ(鵜ノ澤 直美)

位置 共有 アプリ

子供がちゃんと塾に行って、きちんと家に向かって帰ってきているか心配!散歩に出掛けたおじいちゃんが、どこまで遊びに行ってしまったのか心配!友達と待ち合わせしているけど、現在地の情報が言葉で伝えられず会うことができない! 自分の場所を伝えたり、相手の場所を教えてもらったり、スマートフォンの GPS によりピンポイントで位置情報を共有するのは簡単です。 しかし、各々が移動してしまった場合、頻繁に位置情報を送り続けるのは結構大変です。 そこで今回は、お互いの位置情報を通知して、現在地情報を共有できるアプリを紹介します。 docomo、au、SoftBank といったキャリアの用意したアプリではありませんが、皆さんがよく知っている会社がプロモーションしているアプリで、かつ Android でも iPhone でも利用できるアプリです。 電話帳に入っているメンバーを招待できる。 完全招待制でサークル グループ を作成し、メンバー間チャットや、メンバーの位置情報を地図で確認できる。 サークル毎に位置情報の通知/非通知を設定できる。 メンバーが特定のエリアに到達したタイミングで通知を受け取れる。 困った時にメンバー全員へ緊急通知を発信できる。 移動したルートの確認が可能。 無料版では過去1日、有料版 月額 500円~ では最大 30日さかのぼって確認できる。 盗難や紛失時にスマホの追跡・監視ができる• 省電力設計によりバッテリー消費が少ないらしい。 Life360 は常時起動して利用する印象が強いアプリです。 本家のアメリカでは、家族内で利用シーンが多いようです。 友達同士で使うよりも、親が子供を監視するためのツールに近い感じがします。 緊急通知はどれにでも届く アプリ内の「緊急通知」を送ると、サークルのメンバー内全員に通知が届きます。 アプリ通知、電話発信、メール送信、SMSメッセージ送信と、何かしらの方法で通知が届く仕組みになっています。 そのため偶然 Life350 が起動していなかったとしても安心です。 何か危険な目に遭遇しそうなときなど、自らの意思で全員に位置情報を発信できる機能は、身の安全を守るために効果があると思われます。 ボタン1つでメンバー全員へ送れるのは、素晴らしい機能ではないでしょうか。 また、災害時等の安否確認にも利用できます。 実際2011年に起こった東日本大震災でも、安否確認ツールとして利用された実績があります。 消費電力が少ないかどうかは、実際に使ってみて各々感じ方が違うと思います。 位置情報を通知するには、常時 GPS を起動しておくため、一般的な使い方よりは電池の持ちは悪くなります。 でもこれは全てのアプリに言えることです。 定期的にネット回線を経由して情報を伝える必要がありますので、よほど大きく電池が減らない限りは仕方のないものとして受け入れなくてはいけません。 習い事に出かける子供に対して利用したり、飲みに出掛けて何時に帰ってくるかわからない旦那の居場所を知るために利用したり、遠く離れて独り暮らししている親の位置情報を把握したり、利用用途は様々です。 Google マップの現在地共有方法• Google アカウント• 電話番号• メールアドレス• LINE 等のメッセンジャーツール Google マップの位置情報共有方法 左上の メニューアイコンを開き [現在地の共有] を選択。 共有する時間を設定した上で、共有先を選択します。 ここでマップと書かれている宛先に送ると、相手に Google マップアプリに直接通知が届く仕組みになっています。 またメールでも届くので、そのリンクから開くこともできます。 Google マップ利用者でなければ URL 情報を共有し、ブラウザから自分の現在地情報が確認できます。 相手の位置情報を知りたければ、そのままリクエストを送ることができます。 もし設定した時間を迎えず共有を切りたい場合は、右下のスイッチを OFF にすれば共有が解除されます。 共有している最中は、位置情報がずっと更新され続けます。 一時的に現在地を共有するアプリとしては、Google マップのほうが使い勝手は良いです。 リアルタイムで位置を確認するような使い方には向いているアプリです。 友だちとしてつながった人の位置情報が確認できる• 居場所によって家・職場・学校などアイコンが変わる• メッセージ送受信機能がある• 居場所をあいまいにするゴーストモードがある• ゴーストモードであることは相手に伝わる 日本では女子高生から火がついた いまどこにいる?そんなやりとりが要らない時代になってしまいました。 SNS がまた一歩プライバシーを壊していく……。 利便性と引き換えに、相応のリスクがあることはアプリの特性からも想像がつきます。 そして女子高生から人気があるのも、分からなくもありません。 あそこに誰々が居るから合流しよう!とか、待ち合わせ時間になっても来ないけど、まだ家にいるじゃん!とか、学生の立場であれば使いこなして楽しめるかもしれませんが、なかなか諸刃の剣的なアプリではないでしょうか。 要するに使い方次第ということです。 他の SNS と同様に、意味もなく何度もアプリを立ち上げてしまうことだってあるかもしれません。 SNS は上手く立ち回らないと自らを苦しめてしまうので、便利さだけに飛びつくのは少々危険です。 まとめ 位置情報共有アプリはあると便利なツールです。 今すぐ必要なくても、このようなアプリがあることは覚えておくと先々役に立つと思います。 Google マップであれば、わざわざ専用アプリを入れなくても現在地を伝えられるので、それだけでも記憶に残しておいてください。 家族向けに使うなら Life360、友だち同士なら Zenly。 どのアプリもそれぞれ特徴があるので、実際に使って自身の環境にあったほうを選んでみてください。 以上、位置情報を共有できるアプリの紹介でした。

次の

【Googleマップ】新機能「現在地を共有」の使い方。リアルタイムに居場所を送信・表示できる!

位置 共有 アプリ

位置情報共有アプリの精度はバツグン 女子中高生に人気の位置情報共有アプリが「Zenly」。 承認した相手をマップ上に表示して居場所を共有。 滞在時間も表示され、どこにどれだけいたのかも把握できます。 App Store、Google Playで無料で入手可能です。 実際に、位置情報共有アプリの使い方を見ていきましょう。 アプリを起動したら、まずはユーザー登録。 登録が完了すると、マップ上に自分の現在地が表示されるはずです。 ここで相手のスマホにもZenlyを導入してユーザー登録。 友達として追加します。 これでマップ上に相手の現在地が表示されるようになるというわけ。 これで24時間いつでもそっと見守れます。 実際に使用してみると、居場所がリアルタイムに更新されて精度はバツグン。 手軽に相手の行動を監視できます。 なお、地図はGoogleマップとゼンリンの新たな提携先「MAPBOX」を選択可能です。 位置情報共有アプリで移動履歴を確認 なお、Zenlyには自分の居場所を隠したいときのために、地図上のアイコンを止まったままにしておける「フリーズ」機能も用意されています。 位置情報共有アプリ「Life360」は、災害時に家族間で居場所を共有するためのアプリ。 App Store、Google Playで無料で入手可能です。 安否確認用なので、居場所を把握したい相手が家族なら「万が一の時、心配だから」と、ナチュラルに導入を促せるでしょう。 これで妻や兄弟の居場所を地図上で共有可能。 リアルタイムに更新されませんが、移動履歴が保存されるのが利点です。 なお、プレミアプラン(月600円)に加入すると履歴を30日間さかのぼれます。 使い方は、アプリを起動しユーザー登録して現在地を共有。 共有用コードが発行されるのでメモします。 相手のスマホにも「Life360」を導入し、メモした共有用コードを入力。 これで現在地の共有が始まるのです。

次の

「位置情報共有アプリ」でどこまで監視できる?

位置 共有 アプリ

Family Locatorは、ご家族やお子様の位置情報を細かくトラッキングして、安全に守るアプリです。 世界有数のペアレント・テスティング コミュニティである「PTPA(Parent Tested Parent Approved)」からも表彰されています。 またフライトの発着時間に加え、遅延やキャンセルなどのフライト状況も通知されます(搭乗者のデバイスにGPS、データ通信がなくても、情報はすべて「FlightAware」から自動的に取得します)。 本アプリは、定期的に位置情報を確認し続けますが、省電力設計のため、電池消費はわずか4%に抑えられています。 GPS機能について: ・本アプリはGPSをバックグラウンドで利用する場合があります。 ・GPSをバックグラウンドで利用し続けると、より多くの電池を消費します。 Premium: - ロケーションアラート数無制限 - 各メンバー全時間にわたる完全位置情報履 プレミアムサブスクリプションは3日間の無料トライアルが付いており、トライアル終了後有料プランに自動更新されます。 サブスクリプションオプション:四半期ごとのサブスクリプションは49. 99ドル、年間は69. 99ドル、毎週は9. 99ドルです。 お支払いはお試し後7日以内にお支払いください。 自動更新をオフにしない限り、無料試用期間とサブスクリプションが自動的に有料のサブスクリプションに更新されます。 お支払いは、購入の確認時にiTunesアカウントに課金されます。 自動更新は、現在の期間の終了前に少なくとも24時間をオフにされていない限り、サブスクリプションが自動的に更新します。 アカウントが現在の期間の終了前24時間以内に更新のために課金されます。 サブスクリプションを管理することができると自動更新は、購入後にお使いの携帯電話のアカウント設定に行くことによってオフにすることができます。 あなたが別のサブスクリプションを購入する際の無料試用期間の未使用部分は、没収されます。 そこそこ使えるので、一回プレミアムを使ってみようと思い、お試しとして1年間有効のタイプ 3000円 を購入。 しかし、購入してもプレミアムの機能は使えず。 本体再起動等を繰り返したが駄目。 購入自体が失敗していると思い、永年タイプ 9800円 を購入。 その後は問題なくプレミアム機能が使えるようになりました。 が、後から来たAppleからの請求は3000円と9800円の二重請求。 Appleへ問題報告したが、返金不可とのコメント。 課金させといて、機能は使えないってどういう事だ?.

次の