お 兄ちゃん だって 甘え たい ゾ 何 話。 #3 甘えたい

クレヨンしんちゃんのある回で・・

お 兄ちゃん だって 甘え たい ゾ 何 話

オススメのクレヨンしんちゃん クレヨンしんちゃんが大大大好きです。 子供の頃よりも、大人になった今の方が面白く感じます。 最近懐かしくなり、ひまわりが生まれる前後のDVDをレンタルしたんです。 「母ちゃんが死んじゃうゾ」 「お兄ちゃんだって甘えたいゾ」 を観て泣きました…。 そこで!!!!! 映画は全部観たので、テレビ版でオススメがあったらタイトルを教えてください。 できれば野原一家が出てくる話を希望です。 あと1つ。 『しんちゃんが運動会で、転んで泣いている友達と一緒にゴールする』 といる話があるそうなんですが、タイトルをわかる方いますか? しんちゃんに詳しい方教えてください。 ひま妊娠~またずれ荘編終了あたりまではほぼ見た&録画してたのでそこら辺なら大体覚えてます。 まぁ、検索の力を借りた結果、タイトルまでたどり着いたわけですが。。 感動系じゃなくてもオススメならいいんですよね。 実家に帰らせていただきますだゾ シップ薬はキョーレツだゾ 後は、二人のじーちゃん関係の話とか、定番ですが、ぶりぶりざえもんシリーズですかね。

次の

第216話 1997年1月24日

お 兄ちゃん だって 甘え たい ゾ 何 話

CV:林玉緒 しんのすけの友人で級友。 かすかべ防衛隊の紅一点である。 見た目は良いが性格は自分勝手で勝ち気。 美味しい部分だけをちゃっかり持っていく抜け目のない性格でもあるが、思い通りにならないとすぐキレる傾向があり、うまくいかないことも多い。 常に兎のぬいぐるみを持ち歩いており、ストレスが溜まると殴って発散している。 これは母の影響であり、親子揃ってぬいぐるみを殴ったこともある。 趣味はリアリティのある(というより昼ドラのような)展開が特徴の「リアルおままごと」。 ネネは手を変え品を変え友人たちを参加させているが、ネネの仕切りが厳しいためみんないつも辟易している。 ちなみに、ネネはおままごと用の脚本を用意している。 佐藤マサオ CV:一龍斎貞友 しんのすけの友人で級友。 坊主頭を「おにぎり」(あるいは「おにぎり頭」)といじられるいじられキャラ。 優しく素直だが気が弱く泣き虫な性格である。 風間と同様の常識人だが、彼の場合は周囲に圧されて意見を取り下げる場面も多い。 いじめられっ子で、普段から貧乏くじを引いてしまう運のない人物。 特にネネには頭が上がらす、ネネの「リアルおままごと」の一番の被害者である。 そんな性格の反動か、たまに豹変し、ヤクザ口調の熱血漢に一転する。 クラスメイトの酢乙女あいに惚れている。 映画では彼女が偽物とすり替えられていることを見抜いたこともある。 几帳面な性格で、散らかった部屋が嫌い。 様々なもののコレクションが趣味。 しんのすけはよく彼の家に遊びに行くと言って外出するため、しんのすけと遊ぶことが多いことがわかる。 CV:佐藤智恵 しんのすけの友人で級友。 名称は基本的に「ボーちゃん」で一貫しており、他の登場人物がフルネームで紹介される場合にも彼のみ「ボーちゃん」と紹介される。 一度だけ「石橋ボー」と呼ばれたことがあるが、これが設定上の本名なのかすら判然としない状況である。 いつもたれている鼻水は彼のトレードマークであり、好きなように操ることができる。 一発芸に利用されたことも。 名前の通りいつもぼーっとしており、おおらかな性格。 口数は多くないが、たまに的を射るような発言をする。 幼稚園の送迎バスの運転に関する知識を持ち、漢字に詳しく書く文字も達筆である。 珍しい形をした石を集める趣味を持つ。 しんのすけとは気が合うらしく、彼の奇妙な遊びに一緒に興じたり、協力技を見せることもある。 用語 本作を象徴する単語。 体を大きく前屈させ、ズボンをずらして尻を出す。 絵としては突き出された尻に足が生えている格好となる。 尻だけなので「ケツだけ」というあんばいである。 本作を代表するギャグで、しんのすけが多用する。 この格好のままうねうね左右に動く様子が笑いを誘う。 特にテレビアニメ版で多用されており、現在ではお下劣ネタはほとんどこの「ケツだけ星人」を遺すのみとなっている。 放映開始当時に多用されたギャグには他に局部を晒して「ぞうさん」というものもあったが、テレビ放送全体の倫理観が厳しくなり、子どもであっても局部の露出は避けられるようになって消滅した。 インパクト・オリジナリティ共に非常に強く、このネタは知っているという人も多い。 本作が低俗番組と言われる理由ともなっている、もっとも本作らしいギャグである。 かすかべ防衛隊 しんのすけが幼稚園の友人と結成した組織。 といっても子どもの遊びの延長線上であり、組織然とした決まりなどはない。 隊員は野原しんのすけ以下、風間トオル、桜田ネネ、佐藤マサオ、ボーちゃんの5人。 しんのすけ以外の4人は幼稚園を舞台にする短編ではレギュラーとして登場することの多いキャラクターである。 この集まりは子供同士の絆の象徴として、映画で特に大きな活躍を見せる。 特に印象に残るのが『夕日のカスカベボーイズ』。 同作はかすかべ防衛隊を中心に据えた友情物語である。 発破をかける際の合言葉「かすかべ防衛隊、ファイヤー」は映画の宣伝などでも多用され、本作をよく知らない視聴者にも知られている。 印象的な回 アニメ「エンピツしんちゃん」編 売れないシナリオライター・石臼登代の前でいつもの通り自由気ままに振る舞い、彼女の邪魔をするしんのすけ。 しばらくして、テレビアニメ「エンピツしんちゃん」が放送開始される。 この作品は瞬く間に大ヒットとなり、幼児たちの間でブームとなる。 この作品、実は石臼が脚本を書いており、キャラクターのモデルはしんのすけである。 現実のしんのすけ同等に破天荒で下品な行動を取る「しんちゃん」を真似る幼児が現れ、同作は保護者から不評を買った。 しんのすけもまたこのアニメを真似し始め、みさえはしんのすけを外食に連れ出してまでこの作品を見せないように努力する。 これに異を唱えたのがひろしだった。 神経質になる必要はないという彼に、あんなアニメの真似をしていたらどんな大人になるのかと心配を見せるみさえ。 対してひろしは冷静に、自分たちも小さな頃はテレビの真似をしていたじゃないかという。 しばらくしてブームは去り、しんのすけ以下幼児の様子ももとに戻るのだった。 本作に対する保護者の不評に対する反論とも言え、『クレヨンしんちゃん』とその視聴者の状況を自らパロディ化したとも言える作品である。 風間君とお別れだゾ ある日、風間が転園すると告げられる幼稚園の生徒たち。 父がアメリカに栄転になったのだという。 彼は英語塾に通っていたのが活かされると言い、気丈に振る舞う。 翌日、幼稚園に登園してきた風間。 しんのすけに振り回されながらも、やさしく振る舞う風間。 程なくしてお別れ会が開催される。 お別れの言葉を聞かされ涙をにじませた風間をおちょくるしんのすけに激昂する風間。 しんのすけはそれを見て、いつもの風間君に戻ったと喜び、今日の日はさようならを歌い、彼を送り出す。 三日後、父の転勤が中止となり、風間は幼稚園に戻ってくるのだった。 純粋な感動編として視聴者の間で評価の高い作品。 ほんのりと感動を誘う話は多いが、この話はストレートに視聴者の感情を揺さぶるストーリーとなっている。

次の

第216話 1997年1月24日

お 兄ちゃん だって 甘え たい ゾ 何 話

「なぁ、ゾム兄、トン兄」 「ん?どうしたんや、鬱?」 「... 僕って、甘えてええん?」 「急にどうしたんや?w」 「弟達がいる時は兄で居ないと、ゾム兄やトン兄に迷惑かけるやろ?でも、俺も甘えたい時があるんよ」 「ほうほう」 「... い、嫌やったらええよ? 別に無理にさせたくは... !」 トントンは鬱の頭を撫でる。 「弟が甘えたいって思っとるのに嫌がるわけないやろ?鬱にはいつも助けられとるしなぁ... いつでも言ってええんやで?」 ゾムも鬱の頭を撫でる。 「弟は甘えたいもんやで?俺やって、トントンに甘えたくなるしな!」 「... ホンマにええの?」 「んな遠慮せんくてえぇよ」 「んふふ!いつでも甘えさせたる!!」 「... ありがと!」 鬱はトントンとゾムに抱きつく。 トントンとゾムは目を合わせ、「俺らの弟は可愛ええなぁ」と微笑んでいた。 「ん!吹っ切れたわ! これから甘えたい時は甘える!!」 「我慢すんなよ〜?」 「分かっと〜よ! んじゃ、ちょい本屋に行ってくるわ!」 「ん?なんか買うんか?」 「大学で必要な本を買ってくる!多分、弟達と一緒に帰ってくるわ!昨日言われたしなw」 「分かったわ。 気ぃつけろよ?」 「は〜い」 そう言うと、鬱は階段を上がって行った。 しばらくすると、外出用の服に必要なものを入れたカバンを持った状態で降りてきた。 そのまま玄関に行くと 「行ってきま〜す!」 と言ったので 「「行ってら〜!」」 と返しておいた。 鬱が出て行ったあと、なにか飲もうかとキッチンへ行こうとした。 が、ゾムによって動けなくなってしまった。 「どうしたん?」 「... 俺も甘えたいんや」 「あ〜... 鬱に影響されたか?」 ゾムがこくこくと頷く。 「とりあえず、なんか飲もうや」 そう言うと、ゾムも立ち上がる。 ゾムは甘えたくなった時には、トントンから殆ど離れない。 弟達がいる時にはこんなことは無いのだが、トントンとゾムの2人だけになった時にのみ、ゾムは甘え出す。 唯一の兄であるトントンにだけ、ゾムは本音を打ち明ける。 珈琲を2人分持ち、ソファに座る。 で?どうして欲しいん?」 「... 撫でてぇや」 トントンは笑顔でゾムの頭を撫でる。 この時のみトントンは「本当はゾムが末っ子なんじゃ?」と錯覚してしまうそうだ。 「いつも弟達の世話、頑張っとるなぁ... 俺も助かっとるわ」 「... ん」 「でもな?ゾムは俺の弟やし、甘えたい時は甘えてええんやで?」 「...... んぅ」 「... 親のことなんか、あんな奴らのことなんか忘れてまえ」 「... うん」 「昼ご飯、食う?」 「... 食べる」 「俺が作るか?」 「一緒に... 作ろ?」 「ん。 分かったわ」 そう言うと、ゾムとトントンはキッチンの方へと向かっていった。 何?」 「僕は、なんのために生まれてきたの?」 「僕は必要とされてるの?」 「... 僕なんて...... 」 「... ゾム!!!!!」 「... 兄、ちゃ... ?」 「ゾム!この傷は... !? それに、今飛び降りようとして... !!?」 「ねぇ、兄ちゃん。 僕の生きる意味って... 何?」 「ゾム...... ?」 「何で、僕は生きなきゃ行けないの?兄ちゃんだけで良かったじゃん!!俺に... 生きがいなんて... !!!!」 「ゾム!!!!!」 「... っ!!?」 「俺にとってはお前が生きがいなんや!!!お前に生きがいがないんやったら、俺がお前の生きがいになってやる!!!やから!!... 頼むから... 死なんでくれ... 」 「にぃ... ちゃ、ん?な、泣いて... ?」 「ゾム... 逃げよう。 俺らが楽しいと思える場所へ」 「... えぇの?僕のせいで... 」 「ゾムが苦しむぐらいなら、俺は何でもするで?」 「... ありがとう... あ、りが、と... グスッ」 「... さぁ、行こう」 「...... ゾム」 「... 何?」 「今は、幸せか?」 「... 2人の時は"兄ちゃん"って... 呼んでええ?」 「!当たり前や!!」 「大好きやで!兄ちゃん!」 「俺もや!ゾム!!」.

次の