アイフォン ストレージ その他 削除。 容量不足?iPhone ストレージから「その他」を削除する方法まとめ

iPhoneのストレージにある「その他」とは?その他のデータを削除して残り容量を増やす方法を解説!

アイフォン ストレージ その他 削除

要約: iPhoneを長く使うと、「その他」データがいっぱいになってストレージを圧迫したことがよく発生しますから、どのように削除して容量を増やせますか?この記事はiPhoneストレージの「その他」を削除する方法を3つまとめて紹介しますから、参考にしてください。 iPhoneを使用していると、様々なアプリをインストールしたり、写真や音楽をたくさん保存したりして、つい容量を圧迫して空きストレージが不足になりました。 iPhoneやiTunesで容量をチェックすると、写真や動画の他に、「その他」データが溜まってiPhoneストレージを圧迫しています。 その場合に、どのようにその他データを削除して空き容量を増やしますか?従って、今回の記事では、iPhoneストレージ「その他」を削除する方法を3つまとめてご紹介します。 iPhoneストレージの「その他」とは アップルの公式サイトより、「その他」データはシステムファイル、ソフトウェアアップデート、Siri の音声、キャッシュ済みのファイル、ログなど、その他すべてのデータの総合です。 なので、iPhoneを長く使うと、このようなiPhoneの中に見えないゴミが溜まっていきます。 そして、「その他」データの詳しい情報を確認したいなら、iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続した後、iTunesで をクリックして下部の黄色の帯で確認してください。 方法一: iPhone本体を再起動してストレージの「その他」を削除する iPhoneの「その他」を削除したいなら、最も手軽な方法はiPhone本体を再起動することです。 異なる機種で再起動する方法が違いますから、次の記事でiPhoneの再起動方法をまとめて紹介します: 方法二: iPhoneを初期化してストレージの「その他」を削除する iPhone「その他」を削除することについて、一番確実な方法は、iPhoneを初期化して復元することですから、ここで、具体的な操作手順をご紹介します。 Step 1: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > iTunesを起動して をクリック > 「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてパスワードを設定 > 「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneをバックアップします。 iPhoneの「その他」を削除 追加Tip: iTunesバックアップからデータを個別に復元する方法 しかし、iTunesでデータを完全復元する際に、「その他」内の一部データも復元しましたから、ここで、iTunesバックアップからデータを個別に復元する方法を紹介したいです。 それは、iOSデバイス向け専用の復元ソフト-を利用してiTunesバックアップからデータを個別に復元します。 そして、このソフトは次のようなメリットやデメリットがあります: メリット: 1. iTunesバックアップ内のデータを17種類に分けれて、個別に復元することができる。 連絡先、メッセージ、通話履歴、写真など大切なデータだけをiPhoneに復元する際に、「その他」データを完全に削除できる。 バックアップ内のデータが展示されてプレビューできるので、復元したいデータだけを選択できる。 データをそのままにデバイスに復元して、アプリ内で再確認することができる。 デメリット: 1. 一時的にLINEやAppドキュメント、App画像のデータをデバイスにに復元することが支持していない。 iPhoneの設定を復元することもできない。 もし「その他」データを徹底的に削除したいなら、BackupNinjaでの復元をおすすめしますが、復元する際のデメリットも十分に注意してください。 とりあえず、次では、BackupNinjaでの復元方法を画像付きでご紹介します。 Step 1: iPhoneを初期化した後、USBケーブルでパソコンと接続 > BackupNinjaをダウンロードして起動 > ホーム画面の中の「復元」ボタンをクリックします。 iPhoneの「その他」を削除 簡単な操作でiTunesバックアップを復元できますから、初心者でもすぐに使えます。 それでは、さっそく体験しませんか。 方法三: iPhone内のアプリを整理してストレージの「その他」を削除する iPhoneを初期化して復元する方法は確実に「その他」を削除できますが、かなり時間がかかっています。 実は、インストールされている各アプリ内に溜まっている不要ファイルも「その他」に含まれているから、iPhoneで各アプリの使用容量を確認して整理することもおすすめします。 手順: お使いのiPhoneで「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」という順でタップして、各アプリのストレージ使用状況を確認します。 iPhoneの「その他」を削除 不自然に容量の多いアプリを削除して再インストールしたり、使っていないアプリをアンインストールしたりして、アプリごとのデータを消去して「その他」も削除できます。 だが、多くのアプリがあったら、一つずつでアプリを削除するのは面倒ですから、ここで、パソコンでiPhone上のアプリをまとめて管理できるソフト-をおすすめします。 そして、このソフトは次のようにメリットがあります: 1. 複数のアプリを選択して一括に削除することができる。 検索ボタンがあるので、アプリが多いでも迅速に探せる。 削除したアプリの再インストールも支持している。 数クリックでできるから、初心者やパソコンに苦手な方も使える。 なので、お使いのiPhoneでアプリストレージ使用状況を確認する際に、パソコンのAppSitterでアプリを削除や再インストールすることをおすすめします。 それでは、さっそく使ってみてください。 具体的な使用方法は以下の部分をご参考ください。 Step 1: パソコンでAppSitterをダウンロードして起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。 iPhoneの「その他」を削除 削除したアプリの再インストールは2つの方法があって、App管理の「このデバイスで購入済みApp」で、または、Appライブラリの「App Store」検索でアプリをライブラリにダウンロードした後再インストールすることもできます。 なので、もしiPhone内のアプリを整理して「その他」を削除したいなら、今すぐパソコンでアプリをまとめて管理しましょう! 最後に 以上はiPhoneストレージの「その他」を削除する3つの方法です。 どうでしょうか?もし「その他」データがiPhoneの容量を圧迫しているので、削除したいなら、ぜひ上記の方法を利用してみてください。 最後まで読んでありがとうございました。 この記事がお役に立ったら、シェアしてくれると嬉しいです。

次の

iPhone内「ゴミデータ」を削除する5つの方法

アイフォン ストレージ その他 削除

写真や動画などそんなに沢山入れていないのに、なぜかiPhoneストレージが一杯になっていることってありますよね? その原因は 「その他」という謎の項目が原因であることが多いのですが、 そもそも「その他」って何やねん?とイライラしますよね。 Appleの公式サイトでは「その他」についてこのように記載があります。 その他:システムファイル、ソフトウェアアップデート、Siri の音声、キャッシュ済みのファイル、ログなど、その他すべてのデータ つまり、いらないデータが蓄積したのが「その他」になるようです。 というわけで今回は、iPhoneストレージ内の「その他」を削除する方法についてご紹介していきます。 システムファイル• ソフトウェアアップデート• Siri の音声• キャッシュ済みのファイル• ログなど• その他すべてのデータ 「その他」は人間でいう垢と同じものです。 普段使用しているデータのカスが溜まり、圧迫すると下記の画像のような状態になります。 この画像はつい最近までの私のiPhoneストレージですが、「その他」だけで30GB以上も溜まってしまい、データ容量が多すぎてiCloudストレージプランを超えていました。 そのせいで、iCloudストレージプランを50GBにアップデートしていたにも関わらずバックアップが作成できない状態でした。 「その他」に含まれるデータは設定から手動で消すことができず、消し方も Appleの公式サイトには記載がありません。 唯一記載があったのは下記の一文です。 バックアップの作成が終わりましたら、次は実際にパソコンのiTunesを使って復元を実施します。 iTunesを起動後、iPhoneを純正のUSBで接続し下記の画像にある 【iPhoneを復元】を押します。 画像出典: 復元を押した後、下記画像のようなポップアップが表示されますので、【復元】を押します。 画像出典: この方法で復元を実施し、エラーが表示される場合は、リカバリーモードで復元を実施します。 リカバリーモードの方法は各iPhoneシリーズによって若干の違いがあります。 まずはiTunesを起動し、iPhoneを純正のUSBで接続します。 次に、下記の方法でiPhoneをリカバリーモードにします。 画像出典: リカバリーモードが成功すると、iTunesの画面に下記のようなポップアップが表示されます。 このポップアップが表示されましたら、【復元】を押します。 画像出典: 復元が終わりましたら、初期設定からデータの復元をし、元の状態に戻します。 私の場合、元々「その他」項目だけで30GBは溜まっていたのですが、今回の「電源再起動」と「復元」を実施し、下記の画像くらいまで削除することができました。 iPhoneストレージの一番下に【システム】という項目があるのですが、ここに私の場合30GB溜まっていたのですが、6GBまでに減らすことができました。 今回のまとめ 今回は、iPhoneストレージ内の「その他」を削除する方法についてご紹介しました。 iPhoneストレージ内の「その他」は人間でう垢です。 人間と同じく、溜まった垢はスッキリ消してあげましょう! ストレージ内がスッキリすると端末の負担も減りますので、バッテリーの持ちが長くなったり、動きがサクサクになるなど、メリットだらけです。 ただし、iTunesで復元(初期化)をする場合は必ずデータのバックアップを作成することを忘れないようにしましょう。

次の

3つの方法でiPhoneストレージの「その他」を削除する

アイフォン ストレージ その他 削除

電源ボタンを数秒押し続けます。 [スライドで電源オフ]が表示されたら電源アイコンを右にスライドします。 完全に電源が切れるまではローディングアイコンが回転しているので、電源が切れるのを待ちます。 電源が落ちたのを確認できたら、アップルロゴが表示されるまで電源ボタンを長押しします。 しばらくすると再起動が完了します。 ロック解除のパスワードを設定してる場合は、パスワード認証が必要になるので、入力してホーム画面に入ります。 「その他」の割合が変化しているか確認してください。 再起動しただけでその他の割合が減っていたら、キャッシュファイルが溜まっていたということになります。 ただし「その他」を占めるデータはすべてはキャッシュファイルというわけではなく、iOSのシステムファイルなども含まれているので、再起動しただけで「その他」の割合がゼロになることはありません。 方法2:Safariのキャッシュを削除する Safariを頻繁に使用するのであればブラウザキャッシュがかなり溜まっていることが考えられます。 ブラウザキャッシュはiPhoneを再起動しても削除されないため、手動で削除する必要があります。 Safariのブラウザキャッシュを削除する手順は以下の通りです。 [設定]アプリを開きます。 少しスクロールしたら[Safari]があるので、それをタップ• [履歴とWebサイトデータを消去]をタップしてキャッシュの削除を実行します。 Safariで保存されていたブラウザキャッシュが無くなり、「その他」の割合がある程度解消されます。 上記の操作を行うと、Safariのブラウザキャッシュを削除するとログイン状態もリセットされるため、SafariからTwitterなどのログインが必要なサービスを利用する際は再ログインが必要になります。 方法3:使用していないアプリを削除する インストールしているアプリのデータは書類とデータを含めて「App」として計算されますが、アプリ使用時に発生するキャッシュファイルは別です。 そのキャッシュファイルは「その他」に割り当てられるので、使用するアプリが多ければ多いほどキャッシュファイルが作成される機会が多くなります。 その場合は、アプリをアンインストールすることで「その他」に蓄積されたキャッシュファイルを削除することができます。 アプリをアンインストールする手段は大きく分けて次の2通りあるので、それぞれの手順を紹介します。 手順1:ホーム画面からアンインストールする方法• iPhoneの設定アプリを開きます。 [一般]をタップします。 [iPhoneストレージ]をタップします。 アンインストールしたアプリをタップします。 [Appを削除]をタップし、アンインストールを実行します。 アンインストールが完了します。 アンインストールが完了したら、iPhoneストレージの画面に戻って「その他」の割合が変化しているか確認してみてください。 ちなみに「その他」の割合を減らしたい場合は「Appを取り除く」ではなく「Appを削除」を選ぶようにしてください。 「Appを取り除く」の場合、「App」の割合を減らすことができますが、その際にキャッシュデータが生成されるため、わずかながら「その他」の割合が増加します。 覚えておくといいでしょう。

次の