サニー レタス の 育て 方。 リーフレタス

レタスの育て方|howto情報

サニー レタス の 育て 方

夏の水やり サニーレタスの苗を植える時期によって、水やりの適処は違います。 3月から4月に植えた場合は、まず幼苗を植えて、その幼苗に直接水をかけずに、手で水をうけとめ、株のまわりに水を与えて下さい。 水の量は幼苗の段階では多めです。 草の丈が8センチを超えるようになったら、土が乾けば水をあげるようにしてください。 なお、水の与え過ぎは病気の元なので、お気をつけ下さい。 冬の水やり サニーレタスは、植えてから2ヶ月ほど経つと、収穫できます。 8月か9月に植え付けると、収穫は10月か11月です。 冬であっても水やりの頻度は一緒で、成長するまでは多めに、十分に定植したら、土の表面が乾いたのちに水を与えて下さい。 サニーレタスの肥料・追肥 サニーレタスを植え付ける1周間ほど前に、野菜用の緩効性化成肥料を用土の混ぜ込みます。 元肥を用いない方法だと、植え付けた2週間後に化成肥料を追肥する方法もあります。 その後、ひと月に2回ほど化成肥料をほどこすか、10日にいっぺんほど、液体肥料を施してもいいです。 サニーレタスを植え付ける時期は、種まき、苗植えともに、3月から4月、または9月から10月が適しています。 初心者には苗植えをおすすめしています。 苗植えをプランターでやる方法は、まず底が16センチ以上の小型あるいは標準対応のプランターを用意します。 そこに、バーミキュライトなどを混ぜた用土か、通常の野菜用培養土を用意し、プランターの底に赤玉土をびっしり敷き詰めて下さい。 そして、土をプランターに入れたあと、苗の周りに土を投入するように植え付けていきます。 植え付けたあとは、プランターをかるくゆすって、株元が安定するようにします。 このとき、株と株の間は15センチ以上は空けて下さい。 この間隔が狭いと日光を奪い合うことになり、結果的に収穫量が落ちてしまいます。 そして、1マスごとに何粒かタネをまいていきます。 発芽には光がスイッチを押す必要があるので、うすく覆土してあげて下さい。 葉が出始めたら、発育の悪い株を間引いていきます。 そして、本葉が2枚か3枚になったら、育苗ポットの植え替えて下さい。 その植え替えた株の本葉が4枚から5枚になったら、プランターあるいは地植えに切り替えて下さい。 サニーレタスの増やし方 サニーレタスは、自家採種による増やし方が可能です。 また、この際に葉を通常のレタスのように株どりするのではなく、葉かき収穫によって、より多くの収穫が可能です。 サニーレタスを植えてから、気温の上がってくる5月ころになると、サニーレタスは花芽分化を始めます。 その後、いわゆる「とう立ち」を始めます。 野菜としては食べごろを過ぎましたが、これからサニーレタスは種子をつくらねければなりません。 とう立ちすると、タネに綿帽子がついて、あちこちに飛んでいきます。 とう立ちしてもう食べられないと、サニーレタスを引き抜くのではなく、そうなる前に、花茎ごと切り取って、袋の網の中に入れて、軒下などの雨をしのげる、風の吹く場所に2週間ほど干します。 乾いたら、種子を脱粒して、手で綿帽子をもみほごすように払い落として、採取します。 サニーレタスの種子は、一見しただけではゴミのかたまりのようにしか見えませんが、タネ以外の付属物を取り除いていくと、抽選系の細長い種子が見えます。 採取できた種は、透明な密閉できる袋の中に入れて、冷蔵庫で保存します。 タネは酸素と光と加湿によって劣化するので、それを避けることによって、タネを長持ちさせることができます。 サニーレタスは春と秋に栽培することができますので、夏に採取できたタネを秋に蒔くと、降雪地帯でもない限りは、土をポリトンネルなどで覆うことによって、サニーレタスは再び年内に収穫することができますよ。 つきやすい虫 サニーレタスの栽培で気をつけるべき害虫は、アブラムシとナメクジです。 サニーレタスの発育する4月から6月、または9月から10月にかけて多く発生し、植物に害をもたらします。 アブラムシは新芽や、花や葉、つぼみなどのやわらかい部分を好んで食し、針を出して植物の汁を吸います。 またアブラムシの排泄物は甘露といって、ネトネトして液を植物に付着させます。 このベタベタした箇所が菌床となって、カイガラムシのようにすす病を誘発する原因となってしまいます。 こうなると、すす病が畑全体に広がる前に、その発症した個体を処分するよりほかありません。 ナメクジは、アブラムシと同じように植物の柔らかい部分を好み、そのまま食べてしまいます。 サニーレタスに穴を空けます。 アブラムシの対策としては、室内で育てる場合は必要ないのですが、地植えするのでしたら植え付け直後に防虫ネットをかけることが一番の対策です。 隙間ができないように杭などで固定しましょう。 もしくは光の反射するものを設置したり、天然由来成分の農薬を使うのも効果的です。 かかりやすい病気 かかりやすい病気としては、軟腐病があります。 土壌の加湿によって引き起こされ、レタス全体がしおれ、黒ずみ、病斑が全体に広がっていきます。 悪臭も放ちます。 軟腐病は土壌を介してつたわる細菌病で、その名の通り、植物の組織を軟化させます。 水はけのよい環境づくりをするか、農薬を散布して対策して下さい。 サニーレタスの種類・品種 いわゆるレタスと呼ばれる球レタスには、半分結球するサラダ菜、先端がこまかく縮れているフリルレタス、太い茎を食用とする茎レタスなどの種類があります。 サニーレタスはどんな花を咲かせる? 芯が伸び、一本の茎が抜き出て、小さな黄色い花をたくさん咲かせます。 サニーレタスの花言葉 サニーレタスの花言葉には、「陽気な心」、「明るい未来」という意味があります。 収穫物としての特性が、花言葉に現れています。 サニーレタスの名前の由来 「レタス」はラテン語で牛乳を意味する単語から由来していて、切ると白い液ができるところから名付けられました。 サニーレタスはアメリカではレッドリーフレタスと言うのですが、より日本人に親しみやすい名前をつけようと、サニーレタスを日本に普及にさせた朝倉昭吉さんという方が、名付けました。 家庭菜園でサニーレタスを栽培し、たくさん収穫しよう! サニーレタスは初心者にも育てやすく、栄養価も高くて、お手軽に自宅で家庭菜園を楽しむにはぴったりの種です。 一度お気軽に育ててみて下さい。

次の

リーフレタス(サニーレタス)の栽培、育て方:プランターで家庭菜園

サニー レタス の 育て 方

サニーレタスは、結球してないリーフレタスで、葉先が少し赤茶色で縮れて波打っているのが特徴です。 正式名はプライツヘッドといって、一般的に呼ばれるサニーレタスとは品種名ではなく、商品名です。 味は淡白で苦みが少なく、歯ざわりはやわらかいので、サラダに向いています。 栄養的には、玉レタスと比べてビタミン類が多く、とくにビタミンAは10倍も含まれています。 サニーレタスの育て方 サニーレタスは結球しないリーフレタスのひとつで、玉レタスに比べて生育期間が短く、栽培が容易です。 冷涼な気候を好み、25度以上になると生育は抑制され、病気の発生が多くなるので、秋の栽培が適しています。 比較的暑さ寒さに強く、生育期間も短いので、初心者でも育てやすい野菜です。 土壌酸度 6. 0~6. 連作障害 あり。 1~3年以上あける。 育てやすい品種 レッドファイヤー、レッドウェーブなど。 元肥 苦土石灰と元肥を入れる。 種まき時期(苗作り) 春と秋。 苗の植え付け時期 苗の本葉が3~4枚になったころ。 苗の植え付け方法 畝幅:90cm。 黒マルチ:有効。 株間:2列、25~30cm間隔。 栽培中の管理 害虫対策:苗を植えたら防虫ネットなどでトンネルする。 手入れ:こまめに観察して、害虫は見つけしだい取り除く。 収穫時期 株の直径が25~30cmの大きさになったら収穫する。 病害虫 害虫:アブラムシ、オオタバコガ、ナモグリバエ(ハモグリバエ)、ヨトウムシなど。 病気:斑点細菌病、腐敗病、すそ枯病、根腐病、灰色かび病など。 ポイント• 種が小さいのでペレット種子が種まきしやすい。 苗を深めに植えると病気が出やすくなるので、浅めに植える。 外葉をかきとって収穫すると長期間収穫できる。 サニーレタスは冷涼な気候を好むので、秋の栽培が適しています。 育てやすい品種 レッドファイヤー、レッドウェーブなど。 [レッドファイヤー] 耐暑性、耐病性にすぐれ、生育は旺盛で作りやすいサニーレタスです。 葉は幅が広く、周辺から内部へと色鮮やかな赤褐色と若草色になり、表面はちりめん状になります。 葉質はやらかくて味もよく、家庭菜園にも向いています。 [レッドウェーブ] 耐寒性にすぐれ、冷温化でも旺盛に育ち、尻腐れも少なく、作りやすいサニーレタスです。 葉色は鮮やかで厚みがあり、葉質はやわらかくて味もよく、初心者でも育てやすいです。 苗を作る 畑に直接種まきをして育てることもできますが、苗を作って畑に植えつけた方が管理が楽に行えます。 サニーレタスはレタスの仲間で、発芽適温は15~20度です。 涼しい気候でよく育ちます。 好光性の種子で光があった方が発芽が促進されるので、土はうすめに被せます。 トレーやプランターなどに種を筋(すじ)まきやばらまきします。 覆土が厚いと発芽しないので、土を薄くかけ、発芽するまでぬれ新聞をかけて涼しい場所に置きます。 芽が出はじめたらすぐに新聞紙を取り除き、涼しい場所で育てます。 本葉2枚ぐらいで9cmポリポットに2~3本ずつ植え替えます。 苗が本葉3~4枚になったら、畑に植えつけます。 畑の準備 サニーレタスは連作すると障害がでやすくなるので、サニーレタスを含むキク科の野菜を1~3年は育てていない場所を選びます。 また、酸性の土壌を嫌うので、サニーレタスを育てる場所はかならず苦土石灰で中和します。 苗を植える2週間前までに、畝に苦土石灰を施して耕しておき、1週間前に、畝に元肥を入れてよく耕し、畝を立てて黒マルチを張ります。 黒マルチは、雑草の抑制や、地温を上げる効果に期待できます。 苗を植える 苗の本葉が4~5枚になったら、準備しておいた畝に植えつけます。 2列で、株間を25~30cmとし、畝に根鉢と同じ大きさの穴を掘ってたっぷり水をやり、水がひいたら、根鉢を崩さないように丁寧にポットから苗を取り出し、植えます。 深植えすると病気がでやすくなるので、浅めに植えます。 植え終えたら、まわりの土を株元に寄せて押さえて株を安定させ、水やりをします。 害虫対策 サニーレタスは病害虫の少ない作物ですが、アブラムシ、オオタバコガ、ハスモンヨトウなどがつくことがあります。 生育初期に葉を食害されると生育が著しく悪くなるので、防虫ネットでトンネルした方が安心です。 手入れ 防虫ネットでトンネルしていてもアブラムシなどがつくことがあるので、こまめに観察して、見つけしだい取り除きます。 収穫 株の直径が25~30cmの大きさになったら収穫します。 外葉を倒し、株元にハサミを入れて切り取ります。 外葉をかきとりながら長く楽しむ 株数が少ない場合は、外葉をかき取りながら収穫すると長く楽しめます。 一度にたくさん取ると株が弱ってしまうので、外葉を数枚かき取って収穫します。 かき取りながら長く収穫を続けるためには、生育の様子を見ながら、生育が落ちているようであれば、株のまわりに化成肥料をまきます。 暑い時期に種をまくには サニーレタスの発芽温度は15~20度です。 20度以上の気温のときに種をまく場合は、種を一日水につけ、3日間冷蔵庫に入れてからまくと発芽しやすくなります。 ペレット種子が便利 レタス類の種は非常に小さいため、一粒ずつ種をまくのが大変ですが、種にコーティングを施したペレット種子はまきやすくて便利です。 コーティング種子は、粒が大きいので、一粒ずつ簡単に種をまくことができます。

次の

リーフレタスの簡単な育て方

サニー レタス の 育て 方

夏の水やり サニーレタスの苗を植える時期によって、水やりの適処は違います。 3月から4月に植えた場合は、まず幼苗を植えて、その幼苗に直接水をかけずに、手で水をうけとめ、株のまわりに水を与えて下さい。 水の量は幼苗の段階では多めです。 草の丈が8センチを超えるようになったら、土が乾けば水をあげるようにしてください。 なお、水の与え過ぎは病気の元なので、お気をつけ下さい。 冬の水やり サニーレタスは、植えてから2ヶ月ほど経つと、収穫できます。 8月か9月に植え付けると、収穫は10月か11月です。 冬であっても水やりの頻度は一緒で、成長するまでは多めに、十分に定植したら、土の表面が乾いたのちに水を与えて下さい。 サニーレタスの肥料・追肥 サニーレタスを植え付ける1周間ほど前に、野菜用の緩効性化成肥料を用土の混ぜ込みます。 元肥を用いない方法だと、植え付けた2週間後に化成肥料を追肥する方法もあります。 その後、ひと月に2回ほど化成肥料をほどこすか、10日にいっぺんほど、液体肥料を施してもいいです。 サニーレタスを植え付ける時期は、種まき、苗植えともに、3月から4月、または9月から10月が適しています。 初心者には苗植えをおすすめしています。 苗植えをプランターでやる方法は、まず底が16センチ以上の小型あるいは標準対応のプランターを用意します。 そこに、バーミキュライトなどを混ぜた用土か、通常の野菜用培養土を用意し、プランターの底に赤玉土をびっしり敷き詰めて下さい。 そして、土をプランターに入れたあと、苗の周りに土を投入するように植え付けていきます。 植え付けたあとは、プランターをかるくゆすって、株元が安定するようにします。 このとき、株と株の間は15センチ以上は空けて下さい。 この間隔が狭いと日光を奪い合うことになり、結果的に収穫量が落ちてしまいます。 そして、1マスごとに何粒かタネをまいていきます。 発芽には光がスイッチを押す必要があるので、うすく覆土してあげて下さい。 葉が出始めたら、発育の悪い株を間引いていきます。 そして、本葉が2枚か3枚になったら、育苗ポットの植え替えて下さい。 その植え替えた株の本葉が4枚から5枚になったら、プランターあるいは地植えに切り替えて下さい。 サニーレタスの増やし方 サニーレタスは、自家採種による増やし方が可能です。 また、この際に葉を通常のレタスのように株どりするのではなく、葉かき収穫によって、より多くの収穫が可能です。 サニーレタスを植えてから、気温の上がってくる5月ころになると、サニーレタスは花芽分化を始めます。 その後、いわゆる「とう立ち」を始めます。 野菜としては食べごろを過ぎましたが、これからサニーレタスは種子をつくらねければなりません。 とう立ちすると、タネに綿帽子がついて、あちこちに飛んでいきます。 とう立ちしてもう食べられないと、サニーレタスを引き抜くのではなく、そうなる前に、花茎ごと切り取って、袋の網の中に入れて、軒下などの雨をしのげる、風の吹く場所に2週間ほど干します。 乾いたら、種子を脱粒して、手で綿帽子をもみほごすように払い落として、採取します。 サニーレタスの種子は、一見しただけではゴミのかたまりのようにしか見えませんが、タネ以外の付属物を取り除いていくと、抽選系の細長い種子が見えます。 採取できた種は、透明な密閉できる袋の中に入れて、冷蔵庫で保存します。 タネは酸素と光と加湿によって劣化するので、それを避けることによって、タネを長持ちさせることができます。 サニーレタスは春と秋に栽培することができますので、夏に採取できたタネを秋に蒔くと、降雪地帯でもない限りは、土をポリトンネルなどで覆うことによって、サニーレタスは再び年内に収穫することができますよ。 つきやすい虫 サニーレタスの栽培で気をつけるべき害虫は、アブラムシとナメクジです。 サニーレタスの発育する4月から6月、または9月から10月にかけて多く発生し、植物に害をもたらします。 アブラムシは新芽や、花や葉、つぼみなどのやわらかい部分を好んで食し、針を出して植物の汁を吸います。 またアブラムシの排泄物は甘露といって、ネトネトして液を植物に付着させます。 このベタベタした箇所が菌床となって、カイガラムシのようにすす病を誘発する原因となってしまいます。 こうなると、すす病が畑全体に広がる前に、その発症した個体を処分するよりほかありません。 ナメクジは、アブラムシと同じように植物の柔らかい部分を好み、そのまま食べてしまいます。 サニーレタスに穴を空けます。 アブラムシの対策としては、室内で育てる場合は必要ないのですが、地植えするのでしたら植え付け直後に防虫ネットをかけることが一番の対策です。 隙間ができないように杭などで固定しましょう。 もしくは光の反射するものを設置したり、天然由来成分の農薬を使うのも効果的です。 かかりやすい病気 かかりやすい病気としては、軟腐病があります。 土壌の加湿によって引き起こされ、レタス全体がしおれ、黒ずみ、病斑が全体に広がっていきます。 悪臭も放ちます。 軟腐病は土壌を介してつたわる細菌病で、その名の通り、植物の組織を軟化させます。 水はけのよい環境づくりをするか、農薬を散布して対策して下さい。 サニーレタスの種類・品種 いわゆるレタスと呼ばれる球レタスには、半分結球するサラダ菜、先端がこまかく縮れているフリルレタス、太い茎を食用とする茎レタスなどの種類があります。 サニーレタスはどんな花を咲かせる? 芯が伸び、一本の茎が抜き出て、小さな黄色い花をたくさん咲かせます。 サニーレタスの花言葉 サニーレタスの花言葉には、「陽気な心」、「明るい未来」という意味があります。 収穫物としての特性が、花言葉に現れています。 サニーレタスの名前の由来 「レタス」はラテン語で牛乳を意味する単語から由来していて、切ると白い液ができるところから名付けられました。 サニーレタスはアメリカではレッドリーフレタスと言うのですが、より日本人に親しみやすい名前をつけようと、サニーレタスを日本に普及にさせた朝倉昭吉さんという方が、名付けました。 家庭菜園でサニーレタスを栽培し、たくさん収穫しよう! サニーレタスは初心者にも育てやすく、栄養価も高くて、お手軽に自宅で家庭菜園を楽しむにはぴったりの種です。 一度お気軽に育ててみて下さい。

次の