アイフォン ストレージ システム。 iPhone/iPadの空き容量が復活!ストレージ「その他」を消す方法

【iPhone】ストレージ容量「システム」を減らして空き容量を増やす方法

アイフォン ストレージ システム

「最近削除された項目」を全削除しよう iPhoneの「写真」アプリから「アルバム」を開きましょう。 すると、アルバム一覧の中に 「最近削除した項目」というものがあります。 これは、間違えて削除してしまった写真・動画を削除して30日以内なら復元することができる、という便利な機能。 逆にいえば、 写真・動画を削除しても30日間はiPhone内部にデータが残り続けてしまいます。 「写真をたくさん削除しても、ストレージ空きが増えない」という現象の原因の1つですね。 復元したい写真が無いことを確認したら、「最近削除された項目」にある写真をすべて消してしまいましょう。 画面右上にある 「選択」をタップすると、左下に 「すべて削除」と出ますのでタップし、すべて削除してしまいましょう。 フォトストリームをオフにしよう フォトストリームは「iPhoneで撮影した写真・画像を、パソコンやiPadなどのデバイスでiCloud共有できる機能」です。 最大1000枚、もしくは最大30日間写真を保存することができます。 とても有用に思えるフォトストリーム機能なのですが、ストレージの面では1つ欠点が。 iCloudの容量を圧迫しない代わりにiPhone本体のストレージを多く使ってしまうのです。 「写真が保存されている期間中、同じ写真が重複してiPhone内部に保存されているため」というのがその理由です。 フォトストリームを利用している方で空き容量が少なくて困っている方は、この機会にフォトストリーム機能をOFFにすることも考えてみましょう。 フォトストリームをオフにする設定手順 「設定」から 「写真とカメラ」を選択し、 「自分のフォトストリーム」をオフにしましょう。 その際、「お使いのiPhoneから共有されているフォトストリームの写真はすべて削除されます」という警告が出ますが、「削除」をタップしましょう。 これで、「写真とカメラ」の容量を一気に減らすことが可能です。 再起動をすることでストレージに変化が起きる場合も ここまでやってみても容量が減らない…という場合、 デバイスの再起動をすることでストレージの空き容量がキチンと反映されることがあります。 特に「フォトライブラリ」機能をオフにした際、「設定」の「ストレージを管理」の数値に反映されないことがあるので、あまり減ってないと感じた際は再起動を試してみましょう。 iPhoneの容量は増えてますがまだまだ不十分 最新モデルが発売される度に、ストレージ容量がドンドン増えていくiPhoneシリーズ。 iPhone7では、256GBもの大容量サイズが発売され話題となりました。 256GBもの容量は魅力…なのですが、サイズによって料金も変わってくるのが悩みどころ。 まだまだ32GBや128GBのiPhoneを愛用している方も多いと思うので、iPhoneで削除できるデータはしっかり消して容量と上手く付き合っていきましょう。

次の

消しても減らない!iPhoneのストレージ・容量がおかしい時の対処法

アイフォン ストレージ システム

今のところは[iPhoneストレージ]画面の一番下にポツンと「 システム」タイトルで、その使用容量だけが表示され、ユーザーはオペレーティングシステムが記憶領域をどの程度占有しているかしかわかりません。 が、iOS 11はまだ開発の初期段階ということもあり、今後数か月にわたり追加の分析機能が組み込まれる可能性があります。 AppleはiOSプラットフォーム、特にiOSをインストールしたのちのシステムがストレージに占めるかといったことは明かしてきませんでした。 ユーザーが、どのアプリが大量のデータを保存しているかを正確に把握できるようになったのもつい最近のことです。 ということを考えれば、Appleの今回のこの機能追加は大きな進歩と言えます。 つい最近まで16GBのデバイスがラインナップされていたにもかかわらず、アプリやデータのためにそのスペースの約70%しか使用できないことを知ったユーザーも多かったと思います。 Appleのこの方向転換は、iOSインストールとそれに関連するファイルがどれくらいのスペースを必要とするのか正確にユーザーに教えようとしているように思われます。 この「システム」情報は、使用しているデバイス、それに含まれるストレージ容量、デバイスにインストールされているiOS(11以降)のバージョンによって異なります。 現にiPhone 6sにインストールされたiOS 11のbeta 1とbeta 2を比較しただけでも大きく異なっています。 Appleはこの一点からも、これまでの秘密主義から情報開示する方向に動いていており、ユーザーにデバイスについての情報をより多く伝えることによって、ユーザーにこれまではあり得なかったデバイスのコントロールを担わせようとしているように思われます。 これは決して悪いことではありません。 アーカイブ• 121• 103• 151• 170• 122• 114• 106• 106•

次の

iPhoneのデータをWindowsにコピーする際「システムに接続されたデバイスが機能していません」と出てしまう場合の対処法

アイフォン ストレージ システム

「最近削除された項目」を全削除しよう iPhoneの「写真」アプリから「アルバム」を開きましょう。 すると、アルバム一覧の中に 「最近削除した項目」というものがあります。 これは、間違えて削除してしまった写真・動画を削除して30日以内なら復元することができる、という便利な機能。 逆にいえば、 写真・動画を削除しても30日間はiPhone内部にデータが残り続けてしまいます。 「写真をたくさん削除しても、ストレージ空きが増えない」という現象の原因の1つですね。 復元したい写真が無いことを確認したら、「最近削除された項目」にある写真をすべて消してしまいましょう。 画面右上にある 「選択」をタップすると、左下に 「すべて削除」と出ますのでタップし、すべて削除してしまいましょう。 フォトストリームをオフにしよう フォトストリームは「iPhoneで撮影した写真・画像を、パソコンやiPadなどのデバイスでiCloud共有できる機能」です。 最大1000枚、もしくは最大30日間写真を保存することができます。 とても有用に思えるフォトストリーム機能なのですが、ストレージの面では1つ欠点が。 iCloudの容量を圧迫しない代わりにiPhone本体のストレージを多く使ってしまうのです。 「写真が保存されている期間中、同じ写真が重複してiPhone内部に保存されているため」というのがその理由です。 フォトストリームを利用している方で空き容量が少なくて困っている方は、この機会にフォトストリーム機能をOFFにすることも考えてみましょう。 フォトストリームをオフにする設定手順 「設定」から 「写真とカメラ」を選択し、 「自分のフォトストリーム」をオフにしましょう。 その際、「お使いのiPhoneから共有されているフォトストリームの写真はすべて削除されます」という警告が出ますが、「削除」をタップしましょう。 これで、「写真とカメラ」の容量を一気に減らすことが可能です。 再起動をすることでストレージに変化が起きる場合も ここまでやってみても容量が減らない…という場合、 デバイスの再起動をすることでストレージの空き容量がキチンと反映されることがあります。 特に「フォトライブラリ」機能をオフにした際、「設定」の「ストレージを管理」の数値に反映されないことがあるので、あまり減ってないと感じた際は再起動を試してみましょう。 iPhoneの容量は増えてますがまだまだ不十分 最新モデルが発売される度に、ストレージ容量がドンドン増えていくiPhoneシリーズ。 iPhone7では、256GBもの大容量サイズが発売され話題となりました。 256GBもの容量は魅力…なのですが、サイズによって料金も変わってくるのが悩みどころ。 まだまだ32GBや128GBのiPhoneを愛用している方も多いと思うので、iPhoneで削除できるデータはしっかり消して容量と上手く付き合っていきましょう。

次の