シンフォギア2スペック。 【大人気シリーズのスペックが進化!】Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2

PF.戦姫絶唱シンフォギア2|演出信頼度・保留・スペック・ボーダー

シンフォギア2スペック

絶唱予告発生時などに可動。 当落時に可動すれば大チャンス。 電チュー当たり時は10R時のみ電サポ振り分けが複数あり。 00円 18. 4 19. 3 3. 57円 19 20 3. 33円 20 21 3. 03円 20 21 2. 50円 21. 7 22. 00円 14. 7 15. 5 0. 92円 15 16 0. 89円 15 16 0. 75円 16 17 0. 60円 17. 8 18. 電チューの下にスルーポケットがあるので、 こぼれ球が出にくい設計になってますが、 ・アタッカーの右上のOUT穴 ・愛ポケットの右上のOUT穴 の二つのこぼしがあるため、 打ち出す球は最小限度に抑えた方がいいでしょう。 特にアタッカー右上のOUT穴は 広げている店もありそうなので注意が必要です。 今作はアタッカーが電チューより上にあるので、 電サポ作動中の小当たり当選時も、 パンクしづらい設計になっています。 アタッカーからこぼれた玉のほとんどは、 賞球1個のスルーポケットに入賞するため、 玉減りしにくくなってます。 V入賞してから2R目以降が始まるまで ラウンド告知演出が発生し、 その間はアタッカーが開かないので打ち出しを止めましょう。 アタッカーが開くときに、 「フルオープンだー!」みたいなことを言ってくれます。 V入賞時と同じ場所。 デュランダル保留に変化すれば激アツ! 今作は手紙保留出現時は、 台枠右側の手紙ランプがフラッシュ。 全手紙保留なら高速点滅する。 赤くフラッシュすれば大チャンス。 エクスドライブなら激アツ。 連続予告は3回発生するとチャンス。 金文字なら期待大。 赤・金文字なら期待。 左・右に3・9が停止すると発生。 パネルを破壊して発展先を決定。 ルーレットでSPリーチを決定。 GXパターンなら抜剣リーチに発展。 金セリフなら大チャンス。 約15回転ほど滞在。 前回と同じキャラに発展すると上位リーチ発展濃厚。 響・キャロルならチャンス。 前半に抜剣演出発生で抜剣or絶唱リーチ発展。 絶唱煽り後に役物落下で後半or絶唱リーチ発展。 タイトル・当落デバイスなどにチャンスアップあり。 6話verと11話verの2パターンあり。 11話verなら大チャンス。 ライン数が増えるほどチャンス。 ロングリーチ・装者前半中の抜剣演出や、 抜剣 イグナイト モードから発展。 絶唱演出から発展する激アツリーチ。 Vのオーラは緑以外なら10Rに期待。 今作は突入時に2種類のタイプの中から演出タイプを選択。 バトルタイプは前作同様バトル演出が発生。 振動タイプはデバイスを押し続けて図柄揃いを狙うゲーム性。 パネルの色で期待度示唆。 キャラ登場時の文字やハズレ後の画面にも注目。 大当たり獲得ごとに演出タイプは変更できる。 内部的に時短11回・99回の場合は告知が発生する。 6回転目~10回転目は抜剣演出がメイン。 11回転目以降はバトル演出が発生。 告知発生後は変動速度が速くなり 即当たりメインの演出が展開。 赤文字ならチャンス。 G指令室予告 S. 対戦相手・技に注目。 対戦相手は5種類。 技は4種類。 大当たり図柄の数に注目。 回想チャンスアップ発生でチャンス。 SPリーチ中にボタンを連打するとイルミ色が変化。 赤になればチャンス。 絶唱リーチ・装者後半・抜剣リーチが多い。

次の

【大人気シリーズのスペックが進化!】Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2

シンフォギア2スペック

信頼度 てがみ 約7. また開封タイミングにも注目で、回転開始時にいきなり開封されると激アツだ。 響ランプ前兆予告 パネル別信頼度 クリス 約7. たとえクリスや翼でも、攻撃時の文字色が赤なら大チャンスだ。 時短11回転の場合は6回転目に抜剣演出(時短6〜10回転を消化)が、時短99回転の場合はリザルト画面後にV-STOCKが発生することで告知される。 注目すべきはチャージ中のオーラの色で、緑ではなく赤なら激アツだ。 新演出の「可能性にゼロはないッ!」は、通常時と同じく発生すれば激アツだ。 信頼度 可能性にゼロはないッ!予告 約82. 司令室予告信頼度 弦十朗・赤 約70. 響、翼、クリス、マリアの4モードは敵キャラがガリィor強攻撃発動で期待大。 調&切歌とキャロルモードはガングニールデバイス発生で激アツだ。 2回目の攻撃が必殺技or当落演出がガングニールデバイスなら激アツ! 10連チャン以上で選択可能なキャロルモードは、当り図柄の数と当落演出のパターンで信頼度が変化するので要注目だ。 全回転や7図柄でのリーチはその時点で10R濃厚だ。 大当り中演出 より『シンフォギア2』を楽しめる裏ボタン技を大公開。 これらを使えば激アツを察知したり、10連チャン以上しないと選べないキャロルモードもすぐに遊べるぞ。 なお、強リーチなのに白のままなら超激アツだ。 デジタル回転中にガングニールデバイスを操作すると発生。 大当りを引いていれば、約半数で発生するので激アツ演出時に押してみよう。 羽の色が赤く光れば灼熱! もし虹色なら大当り濃厚だ。 「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」に関連する機種一覧.

次の

CRF戦姫絶唱シンフォギア

シンフォギア2スペック

釘見・釘読み攻略 ストローク P戦姫絶唱シンフォギア2のストロークは、基本的には 緑矢印のストロークで大丈夫だと思います。 ストロークで回転率に大きく影響はでませんが、矢印部分のところで勢い良く跳ね返る玉筋が理想ですね。 寄り釘 P戦姫絶唱シンフォギア2の寄り釘について解説します。 今作もステージが強そうな印象があるので、ワープ周辺の釘もチェックしておいて損はないと思います。 道釘〜ヘソ周辺 P戦姫絶唱シンフォギア2のヘソ周辺の釘について解説していきます。 ヘソは矢印調整が理想となります。 そのほかの注意点としては道釘のマイナス調整です。 そこまで意識して見る必要はないかもしれませんが、ベテランになればなるほどチェックしがちになります。 スルー P戦姫絶唱シンフォギア2のスルーについて解説していきます。 緑四角がスルーになりますが、ここを極端にマイナスにするホールは少ないと思うので、オマケ程度に見ておきましょう。 電チュー・アタッカー P戦姫絶唱シンフォギア2の電チューとアタッカーについて解説します。 緑四角がアタッカーになり、水色四角が電チューとなります。 釘はないので見る必要はありません。 まとめ P戦姫絶唱シンフォギア2の釘読み攻略ついてまとめさせていただきます。 この機種も右関係の釘は見る必要はほぼありません。 寄り>ヘソ>道釘の順番で見ていきましょう。 特に寄り釘は見る部分がたくさんありますが、先ほど説明した通り見ていけば大丈夫のはずです。 ボーダーもそこそこ甘めとなっていて、ライトミドルということもあり打てる機会が多いと思うのできちんと釘読みをして、より期待値の高い台で稼働するようにしていきましょう。

次の