鎌倉大仏 写真。 『写真に残せる仏様』鎌倉(神奈川県)の旅行記・ブログ by ドクターキムルさん【フォートラベル】

鎌倉大仏 【グレゴリウス写真館】

鎌倉大仏 写真

鎌倉大仏及び大仏殿は、勧進の裁許をはじめ、鎌倉幕府の全面的な支援で造営されたと考えられる。 鎌倉大仏は、建長四年(1252年)八月十七日に鋳造を開始した金銅の「八丈釈迦如来像」(『吾妻鏡』)であるとされており、文永元年(1264年)八月在銘の金峰山寺蔵王堂鐘銘に「新大仏鋳物師丹治久友」とあることから、遅くともこれ以前には完成していた。 同五年の日蓮書状に「大仏殿別当」とあることから、寺院名は「大仏殿」で、大仏殿建物もこの頃には完成していたと考えられる。 大仏殿は、嘉元三年(1305年)頃に倒壊し、元徳元年(1329年)には翌年の関東大仏造営唐船の発遣が決まり(『金沢文庫文書』)、再建が図られたが、建武元年(1334年)に大風で倒壊した(『太平記』)。 応安二年(1369年)にも大風で倒壊し、これ以降は再建の記録がない。 文明十八年(1486年)に大仏を訪れた万里集九は、堂宇はなくて露坐であったと記している(『梅花無尽蔵』)。 大仏は、南北朝期頃から江戸前期にかけて建長寺の管理下に置かれていた。 元禄十六年(1703年)の大地震で破損したが、正徳二年(1712年)に江戸浅草の豪商、野島新左衛門から寺地屋敷等の寄進を受けた増上寺祐天上人によって復興され、別当寺は新左衛門の法名から高徳院と命名された。 享保十八年(1733年)に養国上人が高徳院初代住職となり、元文二年(1737年)に大仏修理が行われた。 江戸時代初期にはヨーロッパ人宣教師や平戸商館長などが訪れて、大仏をヨーロッパに紹介している。 江戸末期には外国人の横浜居留地からの鎌倉遊覧が許可され、多くの欧米人が大仏を訪れている。 平成十二年度から十三年度に、鎌倉市教育委員会が大仏周辺の発掘調査を行い、大仏鋳型の周囲に順次土を盛り上げていった斜めの土層の鋳造遺構を確認した。 この堆積土は大仏鋳造後に削平され、大仏殿の礎石を据えるための根固め工事が行われていた。 根固め遺構は、直径約3メートル、深さ約2メートルの穴を掘り、砂利と凝灰岩を交互に突き固めており、大仏を中心に方形に配置されている。 大仏殿跡は、桁行145尺(43. 94メートル)、梁行140尺(42. 42メートル)、中央柱間27尺(8. 18メートル)、脇柱間22尺(6. 67メートル)の五間四方で、周囲に柱間15尺(4. 55メートル)の裳階が付く建物であると復元された。 大仏殿跡は大仏と同様に南面しており、根固め遺構と大仏との位置関係も整合することから、大仏は創建以来位置も向きも不変であること、創建当時の大仏殿の東側から南側は広い沼や湿地帯が広がっていたこと、南側は十三世紀末頃に埋め立てられて参道が造られたことが確認された。 現在、高徳院境内には直径約2メートル、厚さ約60センチメートルの円盤状の安山岩製礎石が53個散在しており、これらが根固め遺構の上に据えられていたと推定される。 この形式の礎石は建長寺や極楽寺の礎石と共通しており、大仏殿も中国から導入された建築様式であったと考えられる。 鎌倉市教育委員会による発掘調査でも、これまでの遺物採取調査でも瓦片が確認されていないことから、大仏殿屋根は初期の建長寺と同様の杮葺ないしは桧皮葺であったと推定される。 鎌倉大仏殿跡は、関東鎮護のために鎌倉幕府が造営した大仏の鋳造過程を示す遺構と大仏殿建物跡の遺構などが良好に遺存しており、背景の山稜までも含めて史跡に指定して保護を図ろうとするものである。

次の

鎌倉観光の定番“鎌倉大仏”を見に行こう!「高徳院」の見どころをチェック♪

鎌倉大仏 写真

僕の住んでいる鎌倉市ですが、いわゆる鎌倉とは南側を海、東西北の三方を山に囲われた地形になっています。 そのため、陸路で鎌倉に出入りするには、山を切り開くしかなく、昔利用されていた7つの出入り口が、鎌倉七口(かまくらななくち)と呼ばれています。 鎌倉七口• 大仏切通し• この中から今回紹介するのが大仏切通しです。 地図でいうとこの辺り。 鎌倉の大仏から藤沢方面に向かうトンネルの脇に入り口があり、少し階段を登って行くと二手に分かれます。 これを右に進むと、銭洗い弁天や、に繋がります。 今回は大仏切通しに行くので、こちらを直進します。 緩やかな山の散歩道。 普通の山道ですね。 ちょっと歩くとこんな感じ、完全にきり通してますね。 17時くらいだったので西日がさして来ています。 この辺は緑がもじゃもじゃ。 藤沢側の入り口付近(常盤口)には史跡の看板が立っています。 看板によるといつ作られたものか正確にはわからないそう。 大仏切通はいわゆる鎌倉七口の一つに数えられ、梶原・山崎を経て武蔵・京都方面へ通じる道路です。 記録がないため正確な開削時期は不明ですが、北側にある北条市常盤亭の存在や、朝夷奈切通や巨福呂坂の整備時期との関係から、仁治2年 1241 から建長2年 1250 ごろに整備されたと考えています。 看板の近くには岩窟もあります。 鎌倉の寺社仏閣などで使う石を切り出したりしたんでしょうか。 (詳しくはわかりません。 ) まとめ 大仏切通しは高低差もそれほどないですし、距離も短く、足場もそれほど悪くないので、体力に自信のない方でも比較的簡単に通過することができます。 写真だと山の奥深くのように見えるかもしれませんが、地図でみるとわかるように割と近くに住宅街があったりもします。 ゆっくり歩いても10分〜15分くらいで通過できるものの、雰囲気はとてもいいので、鎌倉に来たことあってもまだ行かれたことがないって人には散策がてらちょっと見てもらいたいところです。 雨が降った後とかはぬかるんでるところもあったりするので、女性の方はヒールのある靴はやめて置いた方がいいと思います。 大仏切通しという名の通り、も近いので合わせて観光してみてはいかがでしょうか。 最近の投稿• カテゴリー• 203• 102•

次の

鎌倉観光の定番“鎌倉大仏”を見に行こう!「高徳院」の見どころをチェック♪

鎌倉大仏 写真

太平洋に臨む神奈川県の鎌倉は、1180年ごろからおよそ150年間、鎌倉幕府として日本の中心地でした。 現代でもこの時代の面影が非常に濃く残っています。 今回は変わらずに活気が溢れる 鎌倉 をご紹介しましょう!! 【鎌倉の特徴は?】 現在の鎌倉は、関東において東京に並ぶ外国人観光客からの 人気観光スポットになっています。 鎌倉大仏をはじめ、長谷寺や円覚寺などはこの地域のシンボルです。 鎌倉市は三方を山に囲まれ、南方には 相模湾(さがみわん)があります。 かつての幕府が鎌倉に置かれた理由は、これらの自然が要塞の働きをしていたため、地理的に利点があったからとされているんです。 そのため、地理的な防御が働く一方、当時は鎌倉へのアクセスがとても困難でした。 山や峠に跨がる狭い道などが造られ、これらは 鎌倉七口 とも呼ばれています。 寺社 鎌倉は幕府として京都に並ぶ日本の第二首都となり、権力的にも芸術的にも非常に栄えました。 鎌倉時代を代表する著名人の一人は 日蓮 です。 彼は仏教の日蓮宗を開き、政治の中心地であった鎌倉で布教活動を行いました。 日蓮が書いた有名なものに、 立正安国論(りっしょうあんこくろん) が挙げられます。 この貴重な作品は彼が鎌倉に滞在した時に記したものです。 また、日蓮が活躍した場所には現在多くのお寺が建立されています。 安国論寺(あんこくろんじ) や 苔寺(こけでら) はその代表例ですよ。 一般に八幡宮と訳される 鶴岡八幡宮 (つるがおかはちまんぐう) は、鎌倉を代表する大切な寺社です。 八幡宮は神社でありながら建物の様子は仏教の寺院に似ており、天台宗のお寺でもあります。 八幡宮へ続く1800mの参道には、樹齢1000年以上のイチョウ並木がありました。 しかし2006年の嵐によって倒されてしまったそうで残念です…。 高徳院 は鎌倉の西側にあり、有名な 鎌倉大仏 で知られています。 この仏像は阿弥陀仏と呼ばれ、1252年に彫られたとされています。 大仏の高さは13. 35m、奈良の大仏に次いで 日本で二番目に大きな仏像 です。 ちなみに鎌倉の大仏は 阿弥陀如来(あみだにょらい) 、奈良の大仏は 盧舎那仏(るしゃなぶつ) だそうで、仏様の種類が異なります。 鎌倉大仏はもともと奈良ののように木の建物の中に保管されていましたが、15世紀に起こった津波によって、建物だけが流されてしまいました。 北鎌倉駅の近くに 瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくざんえんかくこうしょうぜんじ)(通称、 円覚寺 、えんがくじ )があります。 谷戸(やと)という丘陵地が浸食されて形成された谷に沿って造られました。 ここは鎌倉を代表する禅寺で、中国の「宋朝」に感化された舎利殿には「仏様の歯」らしきものが保管されています。 海と自然 寺社の他にも、鎌倉は長い 砂浜 で有名です! 駅から約20分で行けるのは、小さな川に隔たれている二つの砂浜。 東側にあるのは 材木座浜(ざいもくざはま)で、西側にあるのが 由比ヶ浜(ゆいがはま)ビーチです。 夏は多くの観光客で溢れており、周辺にはたくさんのお店が並びます。 鎌倉のビーチではサーフィンを楽しむ方も多いですよ! さらに西へ移動すると 江ノ島 があります。 この島は砂州で内陸とつながっており、土日にはフェリーでも行くことができます。 江の島には観光施設が多く、洞窟やお寺、そして水族館もあります。 島の南はごつごつした海岸になっており、美しい景色が広がります。 そしてここの名物は シラス丼 がです! また、江の島については別の記事で詳しくご紹介しますね! 歴史ある寺院の散策やショッピングの他にも鎌倉にはおすすめの楽しみがあります。 それは山歩きです! 鎌倉の山の中には、森林を歩みながらお寺や神社を巡るトレイルコースがたくさんあるのでご紹介しますね。 祇園山 では高所から鎌倉の町と海の景色が一望できます! このエリアでは、歴史に名高い 北条政子(ほうじょうまさこ)のお墓や、 腹切り櫓(はらきりやぐら)、日蓮宗の 妙本寺(みょうほんじ)などを訪れることができます。 高徳院(鎌倉大仏)の近くにある、 銭洗い弁天 へ向かうトレイルコースもおすすめです。 銭洗い弁天には小銭を湧水で洗う伝統があり、ここで洗ったお金は倍に増えるという伝承があります! 鶴ヶ丘八幡宮の北側には 建長寺 というお寺からは、鎌倉で最も距離の長い(1時間半前後が必要です)トレイルコースがあります。 ここは特に秋の紅葉が綺麗で、雄大な森林を歩いた先は石の庭がきれいな瑞泉寺へ出ます。 【 鎌倉への行き方】 アクセス情報はこちら! 【鎌倉を訪ねてみた感想】 鎌倉は大好きな場所なので何度も訪れています! 初めての時はバスツアーでしたが、二回目からは電車で行きました。 連休や祝日の鎌倉は 観光客がとても多いです! そのため、もしコインロッカーを利用したい場合は注意してくださね。 私が訪れたときにはロッカーの空きがなく、駅員さんにアドバイスをいただいて西口の商店街にあるカメラ屋さんで荷物を預かってもらえました! 駅員さん、教えてくださってありがとう!! 感想に戻りますね! 鎌倉は駅前から賑やかでした。 東口の外から始まる商店街を歩き、鶴ヶ丘八幡宮に向かいました。 この商店街は、ほとんどが観光客向けのお土産屋さんや食堂です。 お洒落なお店や、かんざし等の伝統的な小物を売っているお店が並びます。 鶴ヶ丘八幡宮 の広い境内はいつもたくさんの人々で溢れかえっています。 境内には池があり、さらに進むと舞殿がありました。 この建物では結婚式が行われるのを見かけました。 外国人観光客をはじめ、多くの人たちがこの伝統的なシーンの写真を撮っていました。 舞殿の後ろには、長い階段がありました。 この長い階段を登りだしたとき、左手側には前述の樹齢1000年といわれるイチョウが見えました。 長らくこの場所を見守ってきた樹木は残念ながらなくなってしまいましたが、嬉しいことに新しいのが植えられましたよ! きっとまた1000年、この場所を見守ってくれることと思います。 階段の先は上宮でした。 この木造の建物は非常に大きく、お賽銭をする人たちが非常に多かったです。 ここにいると、祈りで大勢の手が叩く音が聞こえました。 八幡宮を出てから、海までまっすぐに伸びる広い道を歩きました。 この道には長い桜並木があります。 春に行けばきっときれいだと思いますよ!! 海に着くと由比ヶ浜という長い 砂浜 がありました。 ここを訪れたのはまだ早い春の季節で、ちょっと冷たい風も吹いていましたがそれが気持ちよかったです。 空気が澄んでいれば、遥か遠方に伊豆大島なども見えるそうですよ! 渚をしばらく散歩してから、砂浜を抜けてまた町に入りました。 次の目的地は鎌倉の有名な大仏がある 高徳院 です。 江ノ電というレトロな路面電車の長谷駅付近の踏切を越えて、もう一度商店街っぽい道を歩きました。 長谷寺 というお寺が左手側にありました。 長谷寺は庭園の紅葉がとても高く評価されている場所です。 また、お寺の中には約10mの高さを誇る木像があります。 残念ながら、長谷寺に立ち寄る時間があまりなかったので次回こそは訪れてみたいです! 道を進みながら大仏に着くまでの時間をソフトクリームを食べて楽しみました。 この辺りはやはり観光客で最も賑わっていました。 拝観料を納めて高徳院に入ると、大きな大仏が目の前に現れます。 この場所は3回ほど訪れましたが、やっぱり初めて鎌倉大仏を見たときは一番感動しました。 その時の気持ちを上手く表す言葉はなかなか見つかりませんが、厳格で荘厳な大仏の姿を前にして戸惑いました! 私が初めて鎌倉を訪れたときは他のヨーロッパの学生たちと一緒にいたのですが、 修学旅行で西日本から来たような日本人の高校生たちと一緒に記念写真を撮り、仏像の周りを一緒に歩きました。 初めて高徳院を訪れた際には気づきませんでしたが、二回目の際には大仏の中にも入ってみました。 私が訪れた時は20円の拝観料で大仏内に入ることができ、実際に中が・・・空洞だと分かりました! 別の機会に鎌倉で訪れたのは、北方にある 円覚寺 でした。 円覚寺は観光客が多いエリアの外にあり、割と静かで穏やかな雰囲気があるので癒されます。 さらに円覚寺の周りは緑や山が多く、ひっそりとしていました。 ここは、美しい木造の建物が多く立ち並んでいました。 以上は、私が訪れた鎌倉の感想でした。 鎌倉は本当に数えきれない見どころを誇る街なので、一度で全てを巡るのは不可能に思います。 観光客はたまに多すぎると思われるかもしれませんが、それはこの鎌倉が日本の首都から一番近い「歴史や寺社がいっぱいの町」だからなのです。 鎌倉はゆっくりと巡っていただきたい場所なので、もしよかったら東京から訪れるのであっても一泊ほど宿泊して、山に隠れているお寺などの雰囲気も思いっきり堪能してみてはいかがでしょうか?.

次の