五 等 分 の 花嫁 97。 【五等分の花嫁の結末最終回ネタバレ】四葉とラストはどうなる?|ワンピースネタバレ漫画考察

【ネタバレ注意】『五等分の花嫁』名シーンプレイバック&花嫁レース大予想!【推しを愛でまくれ】

五 等 分 の 花嫁 97

ここに来てとんでもない展開が投下されることになりました。 あまりにも衝撃が強過ぎて、完全に涙腺がやられています。 まさに 「ベストエピソード」そのもの。 これまでのストーリーがこの1本のお話に収束していくかのような、そんな圧倒的なパワーさえ感じられる本当に素晴らしい回でした。 物語を表から動かしてきた三玖達とは違い、動く物語の中でずっと上杉郎を見つめてきた中野という女の子。 再会を果たした高校二年のあの日から、彼女は一体どれだけの哀切を抱えて今日まで至ったのか。 今回はその点を中心にお話を振り返っていきましょう。 <関連記事>• 「特別」になろうとして失敗し、姉妹たちと共に旭高校へ転校することとなったちゃん。 偶然にも、その転校先には郎が在籍しており、2人は5年の時を経て再びの出会いを果たすことになったわけですが、やっぱり ちゃんはすぐに気が付いていたのですね。 目の前にいる少年が、 京都で出会ったあの「上杉郎君」である、という事実に。 なるほど.....。 ある程度予想はしていたものの、再度ちゃん視点でこうして描かれると、この1話におけるやり取りは本当に趣深いシーンだと思わされますよね。 言葉を交わす前から、ただ一目見ただけであの時の郎君だと、彼女は気付いていたわけですから。 もちろん、答案用紙に書かれた名前を見ていただろうことも理由の一つだとは思いますが、それでも、何の疑いもなく 「やっぱり郎君だ!」と確信を持って言ってのけるその姿は、それだけ 彼女の「想い」の強さ(=「愛」)が表れているようでもあって最高に泣けるというものです。 実際、金髪の姿を見るまで「5年前の少年=郎」という事実に一花さんは気付けていなかったわけですし、 「思い出」の深さという観点で推し量るのなら、やはりちゃんが抱えてきた感情は相当に大きいものだったと言えるのでしょう。 郎の努力と変われていない自分 もしかしてあれからずっと頑張り続けていたの? それに比べ私は... でも、その想いの強さが影響して、彼女は自分との過去を郎に打ち明けることが出来ずにいたんですね。 「再会」できたことを嬉しく思う一方で、 郎と自分との間にある絶対的な「差」を否応なく痛感させられてしまったから。 テストで100点を取るまでに成長してなお惜しみない努力を続けている彼に対し、落第を突きつけられ姉妹達をも巻き込んで転校沙汰にまでなってしまう有様な自分。 5年前のあの日、 「頑張ろう二人で!」と手を取り誓い合ったはずなのに、自分だけが"約束"を果たせずにいることがとてもとても「恥ずかしくて」。 何も言うことができなくて.....。 郎くんは覚えているの... ? だから彼女は、彼のことを 「郎君」と呼ぶことが出来なかった。 伝えたい想いと伝えられない自分。 目が合った瞬間、 もしかしたら郎君は自分のことに気が付くのではないか... と「ドキ」っとさせられるも、どうやら彼は過去の出来事を覚えてはいなかった様子で.....。 笑顔の裏に隠された葛藤 そうだよね... 私のことなんか覚えてないよね 私は知ってるよ君のこと ずっと前から あぁ....... 、かつてこれほどまでに切ない言葉があったでありましょうか。 湧き上がる葛藤の全てを心の中に抱え込み、毅然と笑顔を浮かべて見せるちゃんの在り方。 何度も何度も名乗り出たいと思いながら、その度に隠してきた本当の想い。 そんな裏事情を汲み取ると、0点の答案用紙を郎に見せたことも、 悲しみを紛らわすための一種の"逃避"だったのかもしれませんね。 いずれにせよ、今の自分を見せたくないという感情と、自分のことを認識してもらいたいという欲求の狭間で揺れ動くその姿には、溢れんばかりの切なさが見事に表現されていたと思います.....。 中野の葛藤 ブランコを漕ぐちゃん また、そんな彼女の揺れ動く内面が ブランコを漕ぐ姿を通して描かれていた点も最高にグッとくる演出になっていましたよね。 勤労感謝ツアーでも描かれていた通り、ちゃんがこの公園に来てブランコに乗るのは、。 もちろん、思いもかけず郎君に出会えたこと、更には家庭教師にまでなってもらえたことに嬉しさを感じているのは間違いない。 でも、そこにはどこか、悲しみの感情が付きまとう。 郎君と自分の間にある認識のギャップと、その事実を彼に伝えられない自分自身の不甲斐なさ。 きっと、そういった様々な葛藤が彼女の心の中で渦を巻いていたのでしょう。 希望 だからこそ、また一から懸命に勉強に打ち込むことで郎君に「私のこと」を伝えられる自分になりたいと思う。 、今のダメな自分から 「恥ずかしくない」自分へと変わることができたなら....。 郎君にあの日のことを伝えられる。 それが彼女の胸に灯った唯一の光でした。 募っていく悲しみ でも、気が付けば、姉妹たちもどんどん彼の魅力に惹かれていく。 再びブランコを漕ぎながら、 「皆が上杉さんの素敵なところに気がついてくれてよかったよかった」と言葉にする彼女の姿があまりにも儚げで、本当に涙が止まらなくなってくるわけです。 五年もの間、ずっと大切にしてきた淡い気持ち。 上杉さんの味方として、また、姉妹達の幸せを守ろうとして、その気持ちに「嘘」をつき、パイプ役を買って出る。 そんな彼女の自己犠牲の裏にあった想いが、こんなにも切ないものだったなんて....。 流石に今週のお話は胸が苦しくなるシーンのオンパレードでした.....。 望めない幸せ 郎の想いを知る しかしその後、病院における郎と五月の会話を聞き、彼が自分との思い出を大切にしてくれていたことが発覚。 実際、五月と郎が「過去」の話をしている時にタイミングよく登場していたことが気になってはいましたけれど、既にここでちゃんは郎の口から直接、彼の認識を聞いていたのですね。 想いの封印 でも、だからこそ彼女は、 「あの思い出」も「この想い」も消さなくてはいけないんだという思考に陥ってしまったわけでもあって。 だって、自分だけが「特別」であることは罪だから。 「特別」であることを求めて迷惑を掛けた自分がみんなの大好きな上杉さんの「特別」になっていいはずがない。 それは決して望むことを許されない幸せ。 自分には 「特別」である資格も 「一番」になる権利もない。 第81話で郎と彼女が2人で議論していた 「幸福論」の描写通り、それが彼女が持つ答えでした。 だから............。 それゆえに.....................。 さよならの真相 未だ拭い去れていない自身の罪に対する贖罪を求め、彼女は写真の子としての中野に 「さよなら」を告げようと決めたのですね。 そして、第41話で茂みの陰から郎と五月の会話を聞いていたのも、 やはり家出中の五月に荷物を届けに来たちゃん(昨日偶然会ったという五月の台詞をストレートに信じるなら、ちゃんは五月の後を尾けていた... ?)であり、結果、「さよなら」を伝える役目を彼女は五月に依頼することにした.... なるほど。 これが第42話における「さよなら」の裏にあった正真正銘の真実だったわけですか.....。 正直なお話、五月と郎の楽しそうな姿を複雑な眼差しで眺めていたちゃんの姿があまりにも悲痛過ぎて、読むのが辛かったまでありますね。 表舞台に立てない自分 なにせ、ここで描かれている「さよなら」の主目的は、郎のことを励ますためではなく、 ちゃんが自身の気持ちを封印するためにあったわけですから............。 もちろん、結果としてこの「さよなら」が 郎にとって転機になったことを僕ら読者は知っていますけれど、ちゃんサイドから見ると、想像以上にしんどい構図になっていたんだなと。 改めて、春場先生のストーリーメイキングの妙に感服させられるばかりでした...........。 切なく響くモーグ さて、そういった経緯を経て、姉妹のために生きるべく郎への想いを封印したちゃんでしたが、一方、全ての事情を知っている五月からすれば、 五月とちゃん 本当にこのままでいいのですか?............ と言いたくなるのは、もはや至極当然なんですよね。 彼女だって本当は郎のことが好きで好きで大好きで。 6年も前からずっと彼との 「思い出」を大切に思い続けてきて。 それなのに、自分の気持ちを押し殺して、姉妹達のために自ら身を引こうとしているだなんて......。 そんなのこのままでいいはずがない。 幸せを願う権利 誰だって自分の幸せを願う権利はあるはずです ゆえに五月は、ちゃんにこう語り掛けるわけです。 もちろん五月だって、郎に相応しいのがちゃんだ... という意味でこんなことを言っているわけじゃない。 きっと純粋に、郎とちゃんの双方から「過去」に関する話を聞いている身として、 大切なことはきちんと語り合うべきだとそういう想いがあるだけ。 しかも、誰ひとり欠けることなく「幸せ」な毎日を過ごして欲しい... と願っていたであろう零奈さんの想いと照らし合わせても、今のちゃんの生き方は全く真逆そのものでしかないんですよね。 約束を果たせなかったこと、姉妹達を不幸に巻き込んだ意識、そんな「過去」の失敗に縛られたままでは「未来」になんて進めない。 ブランコと鎖 「過去」と「未来」。 「枷(=鎖)」のメタファーでもあるブランコに揺られながら、彼女が独り寂しげに呟いた 好きだったよずっと 好きだったよずっと の言葉はあまりにも儚く、ただただ軋むチェーン(=枷)の音だけが鳴り響くのでありました...............................。 それぞれの進路と夏休み お料理の学校 さて、最後に個人的にちょっと気になった点に関して言及を。 今週のお話でようやく 三玖の進路が「お料理」関係に定まりそうな様子でしたが、こうなると姉妹達の中で進路が判然としていないのはもうちゃんだけなんですよね。 であれば、やはりここから先のストーリーは本格的にちゃんが新しい夢や目標を見つけていく方向で舵を切っていくことになるのかなという予感もあったりで。 もちろん、郎に対する「恋心」方面の動きも注目ですけれど、ちゃんがどういう進路を選択するのかに関しても、それなりに想像の幅が広い部分だと思うので、 郎の進路と合わせて今後の展開が気になるところかなと。 夏休みに突入 また、今週のお話を見るともうじき夏休みが到来する... 母親繋がりとして郎のお母さんやらいはについても一緒に触れられそうな気もしますが、郎が母親の死に何を感じどう乗り越えたのかといった内容は、五月の物語に関わってきそうな気も。 最近の展開を踏まえると、零奈さん関係のエピソードはちゃんの「枷」にも多少なり関係してくる可能性もありますし、夏休みのお話はストーリー的にも一つ大きな山場になっていくのではないでしょうか。 いずれにしても、もう3年生の夏休みまで物語が進んできたわけなので、「恋」と「夢」の結末がどう描かれていくのか、1話1話大切に読んでいきたいですね。 というわけで今週の感想をまとめると、 ちゃんに救いを! ちゃん救われてほしい..... 恋心を封印しているちゃんがどうしようもなく切なすぎて泣ける!ってことですよ。 よくよくストーリーを振り返ってみると、らいはを妹にする方法として、第8話では 「私が上杉さんと結婚すれば... 」と語っていたのに対して、第68話では 「戸籍の改ざん」に変わっていたりもしていて、姉妹達の想いを知って彼女が郎を諦めようとしている様子がちょっとしたやり取りにも暗示されていたんですよね。 こういうところ本当に構成が上手だなぁ... と感心しつつ、らいはとちゃんが本当の義姉妹関係になる未来が訪れてくれたら嬉しいなと。 今回はそんなことを強く強く思わせてくれた回でした。 当ブログは今後のちゃんの成長に期待しております。 huwahuwa014.

次の

五等分の花嫁展

五 等 分 の 花嫁 97

ここに来てとんでもない展開が投下されることになりました。 あまりにも衝撃が強過ぎて、完全に涙腺がやられています。 まさに 「ベストエピソード」そのもの。 これまでのストーリーがこの1本のお話に収束していくかのような、そんな圧倒的なパワーさえ感じられる本当に素晴らしい回でした。 物語を表から動かしてきた三玖達とは違い、動く物語の中でずっと上杉郎を見つめてきた中野という女の子。 再会を果たした高校二年のあの日から、彼女は一体どれだけの哀切を抱えて今日まで至ったのか。 今回はその点を中心にお話を振り返っていきましょう。 <関連記事>• 「特別」になろうとして失敗し、姉妹たちと共に旭高校へ転校することとなったちゃん。 偶然にも、その転校先には郎が在籍しており、2人は5年の時を経て再びの出会いを果たすことになったわけですが、やっぱり ちゃんはすぐに気が付いていたのですね。 目の前にいる少年が、 京都で出会ったあの「上杉郎君」である、という事実に。 なるほど.....。 ある程度予想はしていたものの、再度ちゃん視点でこうして描かれると、この1話におけるやり取りは本当に趣深いシーンだと思わされますよね。 言葉を交わす前から、ただ一目見ただけであの時の郎君だと、彼女は気付いていたわけですから。 もちろん、答案用紙に書かれた名前を見ていただろうことも理由の一つだとは思いますが、それでも、何の疑いもなく 「やっぱり郎君だ!」と確信を持って言ってのけるその姿は、それだけ 彼女の「想い」の強さ(=「愛」)が表れているようでもあって最高に泣けるというものです。 実際、金髪の姿を見るまで「5年前の少年=郎」という事実に一花さんは気付けていなかったわけですし、 「思い出」の深さという観点で推し量るのなら、やはりちゃんが抱えてきた感情は相当に大きいものだったと言えるのでしょう。 郎の努力と変われていない自分 もしかしてあれからずっと頑張り続けていたの? それに比べ私は... でも、その想いの強さが影響して、彼女は自分との過去を郎に打ち明けることが出来ずにいたんですね。 「再会」できたことを嬉しく思う一方で、 郎と自分との間にある絶対的な「差」を否応なく痛感させられてしまったから。 テストで100点を取るまでに成長してなお惜しみない努力を続けている彼に対し、落第を突きつけられ姉妹達をも巻き込んで転校沙汰にまでなってしまう有様な自分。 5年前のあの日、 「頑張ろう二人で!」と手を取り誓い合ったはずなのに、自分だけが"約束"を果たせずにいることがとてもとても「恥ずかしくて」。 何も言うことができなくて.....。 郎くんは覚えているの... ? だから彼女は、彼のことを 「郎君」と呼ぶことが出来なかった。 伝えたい想いと伝えられない自分。 目が合った瞬間、 もしかしたら郎君は自分のことに気が付くのではないか... と「ドキ」っとさせられるも、どうやら彼は過去の出来事を覚えてはいなかった様子で.....。 笑顔の裏に隠された葛藤 そうだよね... 私のことなんか覚えてないよね 私は知ってるよ君のこと ずっと前から あぁ....... 、かつてこれほどまでに切ない言葉があったでありましょうか。 湧き上がる葛藤の全てを心の中に抱え込み、毅然と笑顔を浮かべて見せるちゃんの在り方。 何度も何度も名乗り出たいと思いながら、その度に隠してきた本当の想い。 そんな裏事情を汲み取ると、0点の答案用紙を郎に見せたことも、 悲しみを紛らわすための一種の"逃避"だったのかもしれませんね。 いずれにせよ、今の自分を見せたくないという感情と、自分のことを認識してもらいたいという欲求の狭間で揺れ動くその姿には、溢れんばかりの切なさが見事に表現されていたと思います.....。 中野の葛藤 ブランコを漕ぐちゃん また、そんな彼女の揺れ動く内面が ブランコを漕ぐ姿を通して描かれていた点も最高にグッとくる演出になっていましたよね。 勤労感謝ツアーでも描かれていた通り、ちゃんがこの公園に来てブランコに乗るのは、。 もちろん、思いもかけず郎君に出会えたこと、更には家庭教師にまでなってもらえたことに嬉しさを感じているのは間違いない。 でも、そこにはどこか、悲しみの感情が付きまとう。 郎君と自分の間にある認識のギャップと、その事実を彼に伝えられない自分自身の不甲斐なさ。 きっと、そういった様々な葛藤が彼女の心の中で渦を巻いていたのでしょう。 希望 だからこそ、また一から懸命に勉強に打ち込むことで郎君に「私のこと」を伝えられる自分になりたいと思う。 、今のダメな自分から 「恥ずかしくない」自分へと変わることができたなら....。 郎君にあの日のことを伝えられる。 それが彼女の胸に灯った唯一の光でした。 募っていく悲しみ でも、気が付けば、姉妹たちもどんどん彼の魅力に惹かれていく。 再びブランコを漕ぎながら、 「皆が上杉さんの素敵なところに気がついてくれてよかったよかった」と言葉にする彼女の姿があまりにも儚げで、本当に涙が止まらなくなってくるわけです。 五年もの間、ずっと大切にしてきた淡い気持ち。 上杉さんの味方として、また、姉妹達の幸せを守ろうとして、その気持ちに「嘘」をつき、パイプ役を買って出る。 そんな彼女の自己犠牲の裏にあった想いが、こんなにも切ないものだったなんて....。 流石に今週のお話は胸が苦しくなるシーンのオンパレードでした.....。 望めない幸せ 郎の想いを知る しかしその後、病院における郎と五月の会話を聞き、彼が自分との思い出を大切にしてくれていたことが発覚。 実際、五月と郎が「過去」の話をしている時にタイミングよく登場していたことが気になってはいましたけれど、既にここでちゃんは郎の口から直接、彼の認識を聞いていたのですね。 想いの封印 でも、だからこそ彼女は、 「あの思い出」も「この想い」も消さなくてはいけないんだという思考に陥ってしまったわけでもあって。 だって、自分だけが「特別」であることは罪だから。 「特別」であることを求めて迷惑を掛けた自分がみんなの大好きな上杉さんの「特別」になっていいはずがない。 それは決して望むことを許されない幸せ。 自分には 「特別」である資格も 「一番」になる権利もない。 第81話で郎と彼女が2人で議論していた 「幸福論」の描写通り、それが彼女が持つ答えでした。 だから............。 それゆえに.....................。 さよならの真相 未だ拭い去れていない自身の罪に対する贖罪を求め、彼女は写真の子としての中野に 「さよなら」を告げようと決めたのですね。 そして、第41話で茂みの陰から郎と五月の会話を聞いていたのも、 やはり家出中の五月に荷物を届けに来たちゃん(昨日偶然会ったという五月の台詞をストレートに信じるなら、ちゃんは五月の後を尾けていた... ?)であり、結果、「さよなら」を伝える役目を彼女は五月に依頼することにした.... なるほど。 これが第42話における「さよなら」の裏にあった正真正銘の真実だったわけですか.....。 正直なお話、五月と郎の楽しそうな姿を複雑な眼差しで眺めていたちゃんの姿があまりにも悲痛過ぎて、読むのが辛かったまでありますね。 表舞台に立てない自分 なにせ、ここで描かれている「さよなら」の主目的は、郎のことを励ますためではなく、 ちゃんが自身の気持ちを封印するためにあったわけですから............。 もちろん、結果としてこの「さよなら」が 郎にとって転機になったことを僕ら読者は知っていますけれど、ちゃんサイドから見ると、想像以上にしんどい構図になっていたんだなと。 改めて、春場先生のストーリーメイキングの妙に感服させられるばかりでした...........。 切なく響くモーグ さて、そういった経緯を経て、姉妹のために生きるべく郎への想いを封印したちゃんでしたが、一方、全ての事情を知っている五月からすれば、 五月とちゃん 本当にこのままでいいのですか?............ と言いたくなるのは、もはや至極当然なんですよね。 彼女だって本当は郎のことが好きで好きで大好きで。 6年も前からずっと彼との 「思い出」を大切に思い続けてきて。 それなのに、自分の気持ちを押し殺して、姉妹達のために自ら身を引こうとしているだなんて......。 そんなのこのままでいいはずがない。 幸せを願う権利 誰だって自分の幸せを願う権利はあるはずです ゆえに五月は、ちゃんにこう語り掛けるわけです。 もちろん五月だって、郎に相応しいのがちゃんだ... という意味でこんなことを言っているわけじゃない。 きっと純粋に、郎とちゃんの双方から「過去」に関する話を聞いている身として、 大切なことはきちんと語り合うべきだとそういう想いがあるだけ。 しかも、誰ひとり欠けることなく「幸せ」な毎日を過ごして欲しい... と願っていたであろう零奈さんの想いと照らし合わせても、今のちゃんの生き方は全く真逆そのものでしかないんですよね。 約束を果たせなかったこと、姉妹達を不幸に巻き込んだ意識、そんな「過去」の失敗に縛られたままでは「未来」になんて進めない。 ブランコと鎖 「過去」と「未来」。 「枷(=鎖)」のメタファーでもあるブランコに揺られながら、彼女が独り寂しげに呟いた 好きだったよずっと 好きだったよずっと の言葉はあまりにも儚く、ただただ軋むチェーン(=枷)の音だけが鳴り響くのでありました...............................。 それぞれの進路と夏休み お料理の学校 さて、最後に個人的にちょっと気になった点に関して言及を。 今週のお話でようやく 三玖の進路が「お料理」関係に定まりそうな様子でしたが、こうなると姉妹達の中で進路が判然としていないのはもうちゃんだけなんですよね。 であれば、やはりここから先のストーリーは本格的にちゃんが新しい夢や目標を見つけていく方向で舵を切っていくことになるのかなという予感もあったりで。 もちろん、郎に対する「恋心」方面の動きも注目ですけれど、ちゃんがどういう進路を選択するのかに関しても、それなりに想像の幅が広い部分だと思うので、 郎の進路と合わせて今後の展開が気になるところかなと。 夏休みに突入 また、今週のお話を見るともうじき夏休みが到来する... 母親繋がりとして郎のお母さんやらいはについても一緒に触れられそうな気もしますが、郎が母親の死に何を感じどう乗り越えたのかといった内容は、五月の物語に関わってきそうな気も。 最近の展開を踏まえると、零奈さん関係のエピソードはちゃんの「枷」にも多少なり関係してくる可能性もありますし、夏休みのお話はストーリー的にも一つ大きな山場になっていくのではないでしょうか。 いずれにしても、もう3年生の夏休みまで物語が進んできたわけなので、「恋」と「夢」の結末がどう描かれていくのか、1話1話大切に読んでいきたいですね。 というわけで今週の感想をまとめると、 ちゃんに救いを! ちゃん救われてほしい..... 恋心を封印しているちゃんがどうしようもなく切なすぎて泣ける!ってことですよ。 よくよくストーリーを振り返ってみると、らいはを妹にする方法として、第8話では 「私が上杉さんと結婚すれば... 」と語っていたのに対して、第68話では 「戸籍の改ざん」に変わっていたりもしていて、姉妹達の想いを知って彼女が郎を諦めようとしている様子がちょっとしたやり取りにも暗示されていたんですよね。 こういうところ本当に構成が上手だなぁ... と感心しつつ、らいはとちゃんが本当の義姉妹関係になる未来が訪れてくれたら嬉しいなと。 今回はそんなことを強く強く思わせてくれた回でした。 当ブログは今後のちゃんの成長に期待しております。 huwahuwa014.

次の

今週の「五等分の花嫁」、良い最終回だった・・・・・・・【マガジン感想】

五 等 分 の 花嫁 97

【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww 関連記事.

次の