ヨン ミンジョン。 復讐のカルテット : 韓国俳優DATABASE

私はチャンボリ あらすじ62話

ヨン ミンジョン

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ62話 ミンジョンが自分の物だと言いはったジェファ母の指輪に、偽の鑑定書を付けて、安物だったとボリが芝居を打つと、ファヨンは本妻と自分の指輪は全く同じ高級品だったとペラペラ喋ってしまい、隠れて聞いていたジェファや会長に真相がバレてしまう。 情の熱いファヨンに騙されてしまった会長は、先妻を死に追いやりジェファを苦しめたファヨンを責めるが、ジェヒは、日陰の女を作った父に責任があると怒りドンフは、ただただジェファにすまなかったと心の底から謝罪する。 ミンジョンが余計な嘘をついた事で大事になってしまったボリは、彼女を責めるが言い逃れの上手いミンジョンは、「あの指輪は本当にジェヒさんに贈られた物よ。 」とシラを切り、ジェヒは母を窮地に追いやったミンジョンに「君に、あんな指輪はあげてない。 」と恥をかかせる。 口を開けば嘘ばかりつくミンジョンにファヨンも愛想を尽かし、家族をバラバラにしたミンジョンを会長も冷たい目で一瞥する。 自分の立場が悪くなると、すぐ人のせいにするミンジョンは、ボリに真相を話したイナが悪いと彼女に仕返しを考える。 ジョンハの消息が分からないように彼の携帯をすり替えていたミンジョンは、ジョンハに成りすましてスボンにメール送り、ジョンハとイナが恋愛関係だったと思わせる。 イナからウンビを守るためにミンジョンを懲らしめたいと説得されたジサンは、子供に迷惑をかけないという条件でミンジョンの母子手帳の記録を渡す。 予想通りミンジョンが出産していたと知ったイナは、彼女がサラシを巻いて出血した頃を思い出し、子供は6歳ぐらいになっているはずだとジサンに確認する。 ジョンハに直接会って真相を確かめたいスボンは、行方不明になっている彼の所在を探してくれるようジェファに頼む。 ソウルから遠く離れた全州でヘオクに拾われた経緯が分からないボリは、ヘオクに聞いても拉致があかず、何かを隠しているオクスに相談してみる。 20年前、夫を交通事故で亡くしたというオクスは「ボリはイナさんと一緒に事故現場にいたはずよ。 」と彼女の記憶に期待するが、何も思い出せないボリは、「憶測だけで人を疑ってはいけません。 」と母の味方をしてしまう。 「伯母夫婦は仲睦まじかったから今でも伯父さんの事が忘れられないのよ。 」と母の話にオクスを気の毒に思うボリであったが、走り去る母の車を見て、滝のような雨の中、走り去る母の車を必死で追いかける光景を思い出す。 ピザ店で思いがけずジサンおじさんに会えたピダンは「楽しい時間が過ごせたね。 」と喜び、オクスの店に来ていたボリは、ピダンを引き取りジサンに家まで送ってもらう事に。 ピダンが来ていると聞きつけたヘオクは孫に食べさせるお菓子を袋いっぱいに詰め駆け寄るが、母の事を信用できないボリは、ピダンを預かりたいというヘオクの願いを断る。 母さんの心配が分かるピダンは、「ごめんね トーストおばあちゃん。 」とヘオクにさよならを言い、次、いつ会えるか分からない祖母に期待を持たせないように気を使う。 母子手帳を持って産婦人科に行ったイナは、ミンジョンの通院記録をやすやすと手に入れ、彼女を脅しに行く。 ジェヒからジサンの子供を探すように命じられたカン秘書は、ピダンとの親子鑑定までして証拠を突き止めるが、なぜジサンの娘をト・ボリが育てているのかと不思議に思う。 ジサンに送ってもらったボリ母娘が、あまりにも家族らしく見えたジェファは、ピダンの父親はジサンなのかと突拍子のない考えがよぎってしまう。

次の

領議政(ヨンイジョン)の階級!どれくらい偉い人?|韓国ドラマmania

ヨン ミンジョン

ジサンから電話をもらっていたピダンは、当分忙しくて会えないという彼の指示に従いタクシー運転手に絵を渡したことをジェファ夫婦に説明する。 幼い頃の誤解が解けたジェファは、ジェヒを疑ってしまった事を後悔する。 弟の本当の優しさを知るジェファは、ミンジョンに騙されているジェヒが間違った道へ進まないかと心配し、兄に勝つためミンジョンと結婚してしまったジェヒにすまなく思う。 母さんたちの話を聞いてしまったピダンはジサンおじさんが事故に遭ったと焦り、彼に電話するが連絡がつかず仕方なくイナの携帯を借りてメールを送る。 ピダンとムン・ジサンの異常な関係に気づいたイナは、二人が親子関係かと疑ってしまうがボリの最愛の娘がミンジョンの子であるはずがないと疑惑を否定する。 ジョンハの行方を探しているパク先生は、彼が取引している薬剤店に行き、ジョンハが現れるのをひたすら待ち続ける。 秘密裏にジサンを議政府病院へ移送したミンジョンは、意識不明の彼に安心しこのまま死んでくれる事を願う。 しかし、とっくに意識を取り戻していたジサンは、看護師に協力してもらいミンジョンの前では重体のフリを。 ムン・ジサンの事故はジェヒの仕業かと疑うドンフは、息子を責めてしまい、何をやっても上手くいかないジェヒは「父さんとジェファのせいで僕はこんな人間になった。 」と責任逃れする。 ミンジョンのせいで息子の立場が悪くなってしまったファヨンは、彼女をジェヒから引き離そうとするが、開き直ったミンジョンはジェヒがジサンを殺そうとしたと彼に罪をきせ私を捨てるなら全てバラしてやると義父母を脅す。 人の命に関わることで取引するような人間を許せないドンフは、孤児と偽り実母を隠していたミンジョンを責め協議離婚が出来なければ法定に持ち込むと宣言する。 ジェファに連絡してきたジサンは、ピダンのメールを見ているときに倉庫の荷物が崩れてきたと、ミンジョンに意図的に殺されかけた事を報告する。 ミンジョンのせいで弟が取り返しのつかない事をしてしまったかと悩んでいたジェファは、ジサンの言葉に救わる。 薬剤店でヨモギを買ってきたパク・スミはジョンハの仕事を見ていたオクスなら、自分でヨモギ染めが出来るだろうと彼女に期待し、良質のヨモギを贈る。 大量のヨモギを見て何に使うのか不思議になったヘオクは、パク・スミがヨモギを持ってきた事をミンジョンに話してしまう。 逐一、娘に報告するヘオクを見かねたオクスは、娘の育て方を間違った彼女を責め「娘の人生を壊してるのはあなたなのよ。 」とヘオクを説教する。 パク先生がオクスをひいきしたと思ったミンジョンは、ヨモギ染色をすれば競技会に勝てると思いジョンハに材料や染め方を教えてもらう事に。 人の命まで利用しようとするミンジョンと同じ空気も吸いたくないジェヒは、夫婦の部屋に鍵をかけミンジョンを締め出す。 娘たちの顔が見たいヘオクは、早朝にイ家を訪れワタリガニのスープを作ろうとするとヘオクを追いだそうとしたミンジョンは、生物に吐き気をもよおし念願の妊娠が出来たと母娘で喜ぶ。 ヘオク母娘を追いだそうとしていたファヨンは、嫁の妊娠話に焦りジェヒを問い詰める。 検査薬反応で妊娠を確かめたミンジョンは、「お義母さま産婦人科に連れて行ってくださいね。 」と会長に聞こえるように話しかける。 ジサンから話を聞いたジェファは、彼が犯人の証拠を持っていると家族に報告し、ジェヒの力になる事を約束する。

次の

殺されたミンジュ

ヨン ミンジョン

韓国ドラマ・私はチャンボリ・あらすじ71話 ピダンがミンジョンの娘と知った以上、ジェヒは、「あの女の娘なんかと同じ家で過ごせるわけがない。 」とジェファに怒り、「娘を口実にすがりつかれそうで怖い。 」と不安をぶつける。 ムン・ジサンというれっきとした父親が居ながら、ジェファが育てる理由が理解できないジェヒは、このまま両親たちを騙し続けるのかとジェファに詰め寄る。 自分が作った龍補を盗まれたオクスは、チェ先生に頂いた本物の龍補をボリに見せ、公の場で彼女たちの犯行を証明しようとする。 ミンジョンのお腹の子が気になるドンフは、彼女を呼び出し離婚後どうやって生活していくのかと心配する。 ジェヒにすがる気などなく、愛する人の子を一人で育てていきたいという彼女は、ピスルチェの競技会で勝てばおカネが入るから子供の学費だけ援助してほしいと、しおらしい女を演じる。 そこへ、「子供の問題を解決するべきだろ。 」と父に呼ばれたジェヒは、「いない子をどうやって産むんだ?」と彼女をバカにし、流産した事実を父に報告する。 数々の嘘を重ねたミンジョンを恨みながらも情に流されそうになった会長は、「ろくでなしに時間を割いたのが惜しい。 」とコップの水をぶっかけ、罵声を浴びせる。 「死んだ子で取引するとはな! 虫けらめ」 父の怒りにせいせいしたジェヒは、流産したことを喜び「ピダンをきちんと育てろという神様のご意思だ。 」とミンジョンに警告する。 ピダンの存在がバレてしまったミンジョンは、イナが秘密を暴露したと疑い彼女を道連れにしようと企てる。 流産を理由に取引するような女を競技会に出せないと怒ったドンフは、ピスルチェに競技会の中止を要請するが、ボリは、「実力を認められずに後継者になりたくない。 」と気持ちを伝え、「真実はその人が作った衣が証明する。 」とパク先生は競技会の開催を決行する。 義父たちにバレていながらもファヨンに流産を隠すミンジョンは、「お腹の子はジェヒさんに似てよく食べるみたいです。 」と彼女に食事を作らせ大量のご飯を平らげる。 完全に浮かれたミンジョンは、「子供がいるのに、離婚する気なんてありません。 」と笑い飛ばし、「妊娠中は実家の方が落ち着きます。 」と嘘をつき荷物をまとめて出ていく。 龍補を持っていれば必ず勝てると思っているミンジョンは、競技会が終わればピスルチェは自分の物になると固く信じる。 未婚の母と傷つけられたボリを助けるためピダンが彼女の子ではないと報告に来たジョンラン夫妻だが、家族の誰ともまったく血のつながってない子がちやほやされるなど胸くそ悪いファヨン母娘は、会長に告げ口してピダンを追いだそうと意気投合。 ピダンがボリの子でないと知った会長は、他人の子を我が子として今まで育ててきたボリを感心し、事実がバレて心配するジェファに「我が子を捨てる親もいるのに、ボリは、結婚を反対されても他人の子だとは言わなかった。 いい嫁を選んだな。 」と温かく声をかける。 しかし、ピダンを受け入れたくないジェヒは、「誰の子か知ったら父さんも黙ってないはずだ。 」と口を挟みピダンがヨン・ミンジョンの娘で父親がムン・ジサンである事をバラしてしまう。 ジサンを呼び出したジェヒは、なぜ最初に娘の事を知らせなかったと彼を殴り、ピダンがいれば家族が崩壊してしまうとピダンと一緒に遠くへ行くよう要求する。 ピダンに近づかないとジェファに約束したジサンは、娘を連れ去るわけにいかず傷ついたピダンを遠くから見守る。 ピダンを押し付けられ苦労したボリが不憫でならないイナは、娘を留学させてピダンから引き離そうとするが、ピダンへの愛情を理解してもらえないボリは、「母親が、こんな人でつらいわ。 お母さんが一番私を苦しめてるのよ。 」と切ない目でイナを見つめる。 「自分の罪を隠し、人の罪を暴こうとしている母さんが恥ずかしい。 」 ボリは、ミンジョンが警告した通り、こんな家族なら捜さなければ良かったと、実母と再会したことを後悔する。 ミンジョンのかばんから龍補を抜き取ったイナは、「今のうちに燃やしなさい。 」とボリに龍補を渡そうとするが、龍補がなくなった事に気づいたミンジョンは、イナを探し、ボリに肩入れするイナから龍補を奪い取る。 「あれさえ失くなれば、お前が勝てたのに。 」と審査を操れると思っていたイナに、ボリは、「私は実力でおばあちゃんの後継者になる。 」と憤り、娘の力を信じようとしてくれない母を悲しく思う。 「お母さんのように反則は使わないわ。 」 ピスルチェで育ったミンジョンにボリがかなうわけがないと思っているイナは、ボリの強がりを嘆きミンジョンにピスルチェを奪われてしまうと恐れる。 ピダンがミンジョンの娘と分かれば安心して家に置くことができない会長は、ジェファ夫婦に子供をどうするつもりだと責め立てる。 父が反対するならボリと三人で家を出るというジェファに、義父から長男を奪いたくないボリは、「私がピダンを連れて出ていきます。 」と宣言する。 ミンジョンへの思いを断ち切りたいジェヒは、彼女の写真を全て燃やし、ミンジョンを警察に突き出すため殺人未遂事件を訴えるようジサンに催促する。 ボリは、大統領も出席するメディアに注目された競技会でミンジョンが持っている偽物の龍補が騒動になっては大変だと、ミンジョンの犯行を祖母に相談する。 ボリたちの話を盗み聞きしたミンジョンは、本物の龍補がどこにあるのかと悔しがり何としてもこの危機を乗り越えるべきと悪知恵を働かせる。

次の