母乳 が 出 ない。 産後に母乳が出ない原因は?初産・経産婦や体質による違いはある?

母乳が出ない8つの原因・母乳で育てるにはどうしたらいいの?

母乳 が 出 ない

1.授乳回数の不足 おっぱいが出ない原因の多くが 授乳回数の不足です。 母乳は赤ちゃんに吸われることで作り出されていくので、はじめは母乳が出ない、量が少ないのは当たり前のことです。 あまり気に病む必要はありません。 赤ちゃんが乳頭を吸った刺激が脳に伝わることで、母乳を作り出す「プロラクチン」というホルモンと母乳を乳頭まで運ぶ働きをする「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。 これを繰り返すことで、安定して母乳が出るようになりますが、どのくらいの期間で安定するかは 個人差がありますので焦らないでください。 逆に、赤ちゃんに乳頭を吸わせないと、脳が母乳はもう必要ないと判断し、分泌をやめてしまいます。 母乳が足りているのかどうか心配になる気持はよくわかりますし、ミルクを足すことは悪いことではありませんが、 まずはおっぱいを吸わせてみましょう。 2.赤ちゃんの吸い方 赤ちゃんは、口の中に入ってきたものをくわえて吸う「吸てつ反射」によって、本能的におっぱいの吸い方を知っています。 しかし、 吸い方があまり上手くない子もいるようで、吸う力が弱かったり、途中で疲れて眠ってしまったりということも珍しくありません。 また、ママの乳首の形が陥没型や扁平型などの場合は、どうしても赤ちゃんが吸いにくいこともあるようです。 その場合は、まず 授乳姿勢を工夫してみましょう。 出典: 例えば、赤ちゃんをママの太ももにまたがらせて首を支えるたて抱きは、乳輪までしっかりくわえこむことができるので、乳首が短い人におすすめです。 赤ちゃんをラグビーボールのように小脇に抱えて授乳するラグビー抱きは、母乳への吸いつきが弱い赤ちゃんに適しています。 他にも乳頭保護器やニップルなど、 母乳育児を助けてくれる道具はだいたい1,000円以下で買えますので、乳首の形や赤ちゃんの吸い方が気になる方は頼ってみてもいいのではないでしょうか。 赤ちゃんは少しずつおっぱいを吸うのが上手になり、吸う力も強くなります。 赤ちゃんが頑張って吸ってくれることで、ママの体はおっぱいを作れるようになります。 焦らず授乳を続けましょう。 吸啜反射とは赤ちゃんが生きていくために必要な原始反射の1つです。 この吸啜反射はいつから始まりいつまでに消失するのか具体的な時期を解説します。 またおしゃぶりのメリットとデメリットも解説します。 3.乳管のつまり 初産では母乳の通り道である 乳管が十分に開いていないことがあります。 何度も授乳し、刺激を与えることで、乳管の通りもよくなります。 おっぱいマッサージも効果的です。 自己流で効果がないときや不安な時には、母乳外来などを訪問するとよいでしょう。 マッサージによって、驚くほど母乳が出るようになることもありますし、プロに話を聞いてもらうことで不安が解消されます。 乳管が詰まってしまうと、痛みや発熱を伴う乳腺炎になってしまうこともあります。 甘いものや脂っこい食べ物は乳管を詰まらせる原因になりますので、母乳の出が落ち着くまでは控えた方が無難です。 母乳育児が軌道に乗るまでは、 野菜中心の和食を意識して食べるようにしましょう。 4.貧血、栄養不足 栄養たっぷりのおっぱいを作るためには、 ママがたくさん栄養をとらなくてはいけません。 授乳中の女性は、妊娠していない女性より 1日450キロカロリーほど多くとることが推奨されています。 タンパク質、カルシウム、鉄分などをバランスよく摂取しましょう。 母乳にいい食べ物、悪い食べ物を食材からご紹介!おっぱいの質はママの食べ物で変わります。 良い母乳を出す食べ物を積極的に摂り赤ちゃんにとって質の良い母乳育児とするため食材から食事への取り入れ方までご紹介! また、 母乳は血液から作られています。 出産の際には、大量の血液が身体から流れ出ています。 産後すぐのママやもともと貧血気味の人は、レバーやホウレン草など 鉄分を多くとることを心がけてください。 5.水分不足 母乳の約8割は水分です。 母乳育児をするママは、授乳によって自分でも気づかない間に大量の水分を失っています。 成人女性は1日に2リットルの水が必要と言われていますが、 母乳育児をしているママは、それ以上に水分をとる要があります。 更に水分には血液をさらさらにする効果もありますので、母乳を作るために水分の摂取は非常に重要です。 ただし、冷たい飲み物は、身体を冷やすで注意してください。 白湯やカフェインの入っていない麦茶やルイボスティー、たんぽぽ茶などを温めて飲むといいでしょう。 6.血行不良、冷え 母乳は血液からできていますので、 血の巡りが悪くなると母乳も出にくくなってしまいます。 血行不良の原因として、1番に考えられるのは からだの冷えです。 ママは周りの人に協力してもらって、お風呂に入るときはできるだけ湯船につかりましょう。 足湯だけでも、血行促進効果があります。 また、食事は生姜や根菜など、身体を温める作用があるものを積極的に取り入れましょう。 足首や首などを冷やさない服装も大切です。 無理しない程度に、軽くストレッチをするのもおすすめです。 7.ストレスや子育てのプレッシャー 睡眠不足からくる疲れ、周囲の人からの子育てのプレッシャーなど、 ストレスはホルモンバランスの乱れや血行不良を招き、母乳が出ない原因になってしまいます。 赤ちゃんが寝たらママも一緒に身体を休める、時には1人になれる時間を持つなど、ママはできるだけストレスを溜めないようにしましょう。 また、母乳が出ないことを気にしているママの中には、母乳が出ないことを悩むことがストレスとなり、ストレスから母乳が出なくなるといった悪循環に陥っている方もいます。 「出ないときはミルク!」と割り切って、 自分を追い詰めないようにしてください。 母乳外来とは母乳にまつわる悩みやトラブル全てをサポートする母乳育児ママの心強い味方です。 母乳の悩みを抱えるママのためにある母乳外来、実際にみんなが受診している具体的ケースや費用など母乳外来について詳します。 8.もともと「差し乳」タイプ 本当は十分に母乳が出ているにもかかわらず、母乳が出ないと思い込んでいる人がいます。 搾ってもほとんど母乳が出ないし、乳房も張らないので、母乳が作られていないと考えてしまうようなのですが、 もともと「差し乳」タイプなのかもしれません。 「差し乳」とは、普段はあまり乳房が張らずに、赤ちゃんが飲み始めると同時に母乳を作り出すおっぱいのことです。 産後すぐは、授乳をしていなくても母乳が作られ、乳房が張る「溜まり乳」タイプの方が多いようですが、やはり個人差があります。 もともと「差し乳」タイプの方もいますし、母乳育児が軌道に乗ったことで、「差し乳」に変わっていくケースもよくあります。 自分ではおっぱいが出ている実感がわかず、赤ちゃんの飲んでいる量もわからないため、最初から「差し乳」タイプのママは不安になりやすいようです。 体重が減らずに、赤ちゃんの機嫌もいいのなら、心配はいりません。 母乳はミルクと違い、授乳感覚を気にする必要はありません。 赤ちゃんが欲しがったら、欲しがった分だけ与えてあげれば大丈夫です。 焦らず、マイペースに赤ちゃんと向き合う とにかく赤ちゃんにたくさんおっぱいを飲んでもらうこと、そしてママが自分を大事にしてあげることが母乳を出す近道のように思います。 赤ちゃんにそれぞれ個性があるように、ママのおっぱいにも個性があります。 焦らずに、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんと向き合っていましょう。 頻回授乳もしているし、からだにも気を付けている。 それなのに、どうしても母乳がでないという方もいます。 そういう時は、原因を追究することはやめましょう。 無理せず粉ミルクをあげて、赤ちゃんがすくすく育ってくれればOKです。 粉ミルクには、母乳だと不足しがちなビタミンDなどを多く含んでいる商品がたくさんあり、栄養的にも安心です。 また、ミルクだとママ以外に、パパや祖父母など、だれでも赤ちゃんとコミュニケーションがとれるという利点もあります。 離乳食がはじまり、1歳を過ぎれば、多くの子が食事から栄養をとります。 ある程度の年齢になれば、「母乳で育ったか」「ミルクで育ったか」なんて気にしている人は誰もいません。 ママと赤ちゃんが笑顔で過ごせること、それが1番大切です。

次の

母乳が出ない原因は?出ない人の割合って?影響は?詳しく解説します|母乳育児のすすめ♪

母乳 が 出 ない

よく 「母乳が出ない!!」っと お困りのママがいますが、 それは、本当に母乳が出ていない状態ですか? 本当に、母乳が出なかったり、 張らない状態であれば、 何が原因なのか考えなければなりませんね。 母乳を出すことって、 こんなにも大変だったんですね。 わたしも実際に完母で育てましたが、 母乳って自然に出てくるものだと思っていました💦 今回は、 自分の体験談とともに、 母乳が出る人と出ない人の原因と違 いを 追究してみることにしました。 また、 完母にするための方法も伝授しますので、 この機会に母乳についての知識を 付けておきましょう。 Contents• 母乳が出ないし張らないのは何が原因なの? まず母乳についてですが、 2種類のタイプがあるってご存知ですか? それは、• 溜まり乳:胸が張るタイプ• 差し乳:胸が張らないタイプ よくあるのが、 溜まり乳で、胸が張って痛かったり、 カチカチに張ってしまうタイプです。 でも、差し乳の場合は張ることがないので、 溜まり乳のように、にじみ出ることがなく、 母乳が出るのか出ないのか分かりません。 差し乳の特徴としては、• 絞っても少ししか出ない• 一度に5cc~10ccくらしか出ない• 時間が経たないと張らない といった状況から無意識に、 「自分は出ないタイプだ、、、」 と思い込んでいるように感じます。 その勘違いが、 母乳が出にくくしている原因でもあるのです。 また、最近では、 母乳育児を取り扱っている産院か、 そうでない産院かで、 差が付いているように感じます。 友人に聞いてびっくり。。。 出産後、乳腺は張り出して、 それを放っておくと、とんでもなく痛いですよね。 マッサージを通して、 乳腺の道を作ってあげることで、 母乳の出がよくなるので欠かせないことです。 母乳で育てないと赤ちゃんはどうなるの? 母乳で育てるのは当たり前、、、 と考えるのはちょっと違うかな。。。 確かに、 初乳には他にはない栄養分が たっぷり詰まっていることには間違いありません。 だけど、それだけではありません。 母乳を与えることは、 ただ吸われているだけでなく、 愛情や安心感も伝わっているんです。 母乳で育てたいけど 育てられない人もしますし、 本当に出ない人もいます。 人それぞれ、、、 母乳で育てられないからと言って、 赤ちゃんの健康が悪くなることはありませんし、 それによって自暴自棄にならないでほしいです。 母乳で育てなくても、 しっかりと抱っこしてあげてくださいね。 それだけで、赤ちゃんには愛情が伝わっています。 【授乳するときの正しい抱っこ】 助産師さんが優しく教えてくれます。 そのミルクの混合栄養から完母にするには、 ちょっとした努力が必要なんです。 ただし、これは1日2日でできることではないので、 長い期間を要しながら、 赤ちゃんの状態やママの健康管理を確認しながら ゆっくりと進めていきましょう。 ストレスを溜めない ストレスは、血行を悪くするだけではなく、 精神面にも影響していきます。 母乳が出ないからと言って、 悩んだり落ち込みむ必要はありませんよ。 出なくてもとにかく頻回授乳 出ないからこそ、 授乳をし続けることが大切なんです。 赤ちゃんにも吸う力が付きますし、 吸わせないことには母乳も出てきません。 ママのおっぱいは敏感に感じ取り、 母乳を出そうとする力が自然と備わってきます。 、、、て、これは助産師さんの受け売りです。 でも、真実味があるでしょ?(笑) 3. 和食中心の食事にする 母乳が出ない理由とは別に、 完全母乳で育てたいのであれば、 食事の栄養面も考えなくてはいけません。 濃い味ばかり食べたり、 甘いもの、辛いものなど、 刺激が強いものは母乳にとってはよくありません。 和食のように、 バランスの良いものを取るようにしましょう。 母乳マッサージ・乳管開通マッサージをする 母乳マッサージは、 乳腺の通りを良くするためや、 赤ちゃんが吸いやすい乳首にするために とっても大切なことです。 自分でもできるのでやってみてくださいね。 【乳頭のマッサージ】• 乳首をつまむ。 上下、左右を指でつまみます。 乳首を軽く引っ張る。 乳首をねじる。 【おっぱいのマッサージ】• 両手でやさしくおっぱいを包み込むように 胸の周りをくるくるとマッサージする。 もしも、自分でするのが不安でしたら、 乳腺外来で相談してみてはいかがでしょう。 丁寧な指導が受けられるので、 不安も悩みも解決するかもしれませんよ。 Sponsored Links 5. 水分補給が重要! 母乳を出すためには、 水分補給が必要不可欠です。 母乳を出すためには、 約2Lの水が必要だと言われていますが、 なかなか飲めませんよね。 ただ、水を飲むだけだと、 気分も悪くなりますし、 ストレスを溜めては逆効果です。。。 そこで、わたしがやってみて良かった方法が、 『母なるおめぐみ』です。 これは、 オーガニックで無添加のお茶。 わたしは毎朝、 350mlの保温性のボトルを 朝、昼、夜の3つ分を作り置きしていました。 あずきには、 昔から民間療法として使用されていて、 生活習慣病や冷え性にも効果的なんです。 また、妊婦に必要な、、、• 葉酸や鉄分で栄養補給• 豊富な ポリフェノール• 血行を良くする• たっぷりの 食物繊維• ノンカフェイン&カロリーゼロ これらが含まれているので、 水を飲むよりも良い効果が望めます。 また、母乳の出なかった人でも、 これを飲んで改善したという声も多く、 赤ちゃんにもおいしい母乳が届くのは、 ママにとって嬉しいことですよね! とは言っても、、、 「本当に効果あるの?!」 「味はどうなんだろう?」 と、みなさん不安を抱えていると思いますが、 そんな悩みも解決しちゃうのがスゴイところ。 通常価格が5,980円のところ、 1か月分たっぷり入って 初回: 1,980円で試せるのが嬉しいですよね。 まとめ 母乳が出なかったり、胸が張らないと 本当に母乳が出ているのか不安になりますよね。 でも、出ないからと言って、 お乳をあげるのが怖くなったり、 不安に感じていると、 赤ちゃんも伝わってしまいますよ。 母乳は飲ませるだけでなく、 ママからの愛情を受け取る スキンシップにもなっているのです。 母乳をあげることも大切ですが、 おっぱいを吸ってもらうことが ママにとっても赤ちゃんにとっても 大切なことなんです。 もしも母乳のことで不安なことや心配事があったら、 乳腺外来か産婦人科で相談してみてください。

次の

母乳が出ない2つの原因

母乳 が 出 ない

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... はじめから母乳がなかなか出なかったり、順調に出ていたのに急に母乳量が減ったりするなど、母乳に関する悩みは多くのママが抱えています。 理由がわからず、悩んだり落ち込んだりすることもありますよね。 そこで今回は、母乳不足になる原因をはじめ、母乳を増やす方法や母乳量が減ったときの対処法をまとめました。 母乳の量が少ないかどうかの目安は? 母乳不足かどうかを判断するには、赤ちゃんの体重が増えているかをチェックします。 体重に大きな変化がない時期もありますが、しばらくたってもなかなか増えなかったり、反対に減ってしまったりする場合は母乳不足の可能性があります。 他にも、うんちやおしっこの回数が少なかったり、授乳間隔が短かったり、授乳してもなかなかおっぱいを離さず吸い続けようとしたりするのも、母乳が足りていないサインであることもあります。 ただし、これらは母乳育児中によく起きることなので、1度起きただけで気にしすぎないようにしましょう。 赤ちゃんの体重は、新生児期は1日20~30グラム、生後1ヶ月は1日30グラム、生後2ヶ月くらいになると1ヶ月で1キログラム前後など、徐々にでも増えていれば母乳が足りている証拠です。 授乳中は、産後のホルモンバランスの乱れもあり、母乳が出ないことで自信をなくすことや、ストレスを感じてしまうママもたくさんいます。 ママと赤ちゃんのお互いが授乳に慣れていないだけということもあるので、焦らず対処していきましょう。 関連記事 母乳の量が少ない原因は?急に減ることってあるの? 母乳が分泌される仕組み自体は明らかになっており、母乳を生成する「プロラクチン」と、母乳を外に押し出す「オキシトシン」という2つのホルモンが鍵になっています。 これらのホルモンがしっかりと分泌されるかどうかが大切です。 つまり、母乳分泌に関しての仕組みは完全に解明されてはいないが、経験則としての対策が昔から行われているというのが現状だといえます。 母乳は主に血液からできており、アルコールや薬などが母乳を通じて赤ちゃんに影響が出るという調査研究があることからも、食事と母乳の分泌には何かしらの関係があるのではないかと考えられますよね。 以下の内容に心当たりがあれば、生活習慣や母乳を与えるタイミングを見直してみましょう。 イライラするのも、育児疲れが原因のひとつとも考えられるので、パパや両親、地域のサービスを活用し、リラックスできる時間や睡眠時間を確保しましょう。 授乳以外の赤ちゃんのお世話をパパにお願いして、短時間でもまとまった睡眠時間がとれる体制を作ってください。 体を温める 血行が悪いと母乳の流れも悪くなってしまいます。 体を冷やさないよう、薄着をせず、冷たいものを飲まないなど、身近なところから変えていきましょう。 たまにはお風呂にゆっくり浸かるのもおすすめ。 育児で忙しいと、なかなか1人で湯船に浸かる機会も作れませんが、パパがいる日は赤ちゃんのお風呂は任せて、ママが1人でお風呂に入る時間も作ってみてください。 産褥期で湯船に浸かれない場合は、足湯がおすすめです。 お気に入りのアロマオイルを垂らせば、よりリラックスできますよ。 おっぱいマッサージをする せっかく母乳が作られても、乳腺が詰まり、母乳が乳房に溜まってしまっていては出るものも出ません。 「乳腺炎」という、おっぱいトラブルになりやすくなるので、おっぱいマッサージでケアしてあげましょう。 親指と人差し指、中指の3本指で乳首を軽くつまみ、そのままゆっくり体の内側に押し込んで、押し込んだ状態で乳首のつまんでいる指に力を入れてみましょう。 様々な方向から行うことで、乳管が開通しやすくなります。 自分でうまくマッサージできない場合には、母乳相談室や母乳外来に行ってプロにマッサージしてもらうのもおすすめですよ。 関連記事 母乳の量を増やすには、こまめなケアが大切 色々と対処してみてもなかなか母乳の出が安定せず、気が滅入ってしまう場合は、粉ミルクと混合にしてみるのも一つの方法です。 授乳する時間も作りながら少しずつ対処し、気持ちに余裕を持つことも大切ですよ。 また、自己判断をする前に、悩みがあれば母乳外来で相談して方法を一緒に検討してもらいましょう。 日本では「母乳育児の方が良い」というイメージが強いですが、ママのストレスになって体調を崩してしまったり、赤ちゃんの体重が減ったりしてしまっては本末転倒です。 母乳によるメリットはありますが、ミルクが悪いわけではありません。 ママと赤ちゃんのためにも上手に活用しましょう。 粉ミルクは、母乳に近い成分で作られているものがほとんどです。 母乳と同様、抱っこしながらミルクを飲ませたり、たくさんスキンシップをとってあげたりしましょう。 母乳育児は個人差が大きく、正解のないことなので、赤ちゃんとママの状態を専門家に相談しながら、自分にとってベストな方法を見つけられるといいですね。

次の