茨城県 雨雲。 茨城県南部を震源とする地震情報 (日付の新しい順)

茨城県南部を震源とする地震情報 (日付の新しい順)

茨城県 雨雲

茨城県(いばらきけん)は、日本の県の一つ。 関東地方の北東に位置し、東は太平洋に面する。 県庁所在地は水戸市。 都道府県人口は全国11位、面積は全国24位である。 茨城県は、関東地方の北東部に位置する県で、もとの常陸国全域と下総国北部(明治以降、千葉県より移管)にあたる。 県の人口は2,914,531人(2016年2月1日)で、日本の総人口の約2. 政令指定都市を持たない県では最も人口が多いが、人口が分散されており、人口30万人以上の都市は存在しない。 面積は6,094km2(霞ヶ浦・北浦・牛久沼・涸沼などを含めない場合は5,874. 20km2)で、国土の約1. 県内の市町村数は44で、うち市は32、郡は7で、その下に10の町と2の村がある。 2008年度の県内総生産は11兆5157億円。 県北部は日立市・ひたちなか市で工業化が進むほか、太平洋や八溝山地のある緑豊かな地域を形成する。 県中央部は水戸市に茨城県の県庁が置かれ、小美玉市に茨城空港がある。 県東部の鹿嶋市・神栖市では鹿島臨海工業地帯を形成し、工業化が進んでいる。 茨城県のより詳細な地域の地図と雨雲レーダー 雨雲レーダーの見方・使い方 地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。 雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。 雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。 拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。 降水量の見方 雨雲は色によって降水量を表示しています。 0~1• 1~2• 2~4• 4~8• 8~12• 12~16• 16~24• 24~32• 32~40• 40~48• 48~56• 56~64• 64~80• 80~• 地図(雨雲レーダー) 検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。 Yahoo! 地図では雨雲レーダーも見ることができます。 住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー).

次の

茨城県那珂市の天気(3時間毎)

茨城県 雨雲

竜巻にそなえる 竜巻注意情報が発表されたら• 周囲の空の様子に注意してください。 空が急に真っ暗になる、大粒の雨が降り出す、雷鳴が聞こえるなどの場合には特に危険です。 早めに避難してください。 頑丈な建物に避難するなど身の安全を確保する行動をとってください。 特に人が大勢集まる屋外行事や高所作業のように避難に時間がかかる状況では早めの避難を心がけてください。 竜巻以外にも、急な大雨、雷、ひょうなどの激しい気象現象に注意してください。 竜巻が発生したら 次のような場合、竜巻が発生している可能性があります。 雲の底から地上に伸びる漏斗状の雲を見た。 飛散物が筒状に舞い上がるのを見た。 ゴーという音がした。 気圧の変化で耳に異常を感じた。 竜巻は、時速70~80キロほどと自動車並みのスピードで移動するため数分程度で通過します。 竜巻によって巻き上げられた飛来物などに当たってケガをするおそれもあります。 すぐにコンクリート製などの頑丈な建物の中に入り竜巻の通過を待ってください。 窓際から離れて、頑丈な家具や建造物の下に入り、身を小さくして頭と首を守ってください。

次の

【一番詳しい】茨城県小美玉市の雨雲レーダーと直近の降雨予報

茨城県 雨雲

伊豆諸島では強風や高波、濃霧による視程障害に、伊豆諸島、小笠原諸島では竜巻などの激しい突風や急な強い雨、落雷に注意してください。 梅雨前線が、東シナ海から日本の南を通って日本の東へのびています。 東京地方は、おおむね曇りとなっています。 16日は、上空の気圧の谷や湿った空気の影響により、曇りで雨の降る所があるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となり、激しく降る所がある見込みです。 17日は、前線が伊豆諸島付近に停滞するでしょう。 また、前線上に低気圧が発生し、伊豆諸島付近から三陸沖に進む見込みです。 このため、雨時々曇りとなるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となり、激しく降る所がある見込みです。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、曇りで、雨や雷雨の所があります。 16日は、上空の気圧の谷や湿った空気の影響により、曇りで雨や雷雨の所があるでしょう。 伊豆諸島では、前線が伊豆諸島付近に北上するため雨で、雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 17日は、前線が伊豆諸島付近に停滞するでしょう。 また、前線上に低気圧が発生し、伊豆諸島付近から三陸沖に進む見込みです。 このため、雨や曇りで、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。 関東地方と伊豆諸島の海上では、16日から17日にかけて、うねりを伴い波が高いでしょう。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の