ビタミン e アセテート。 ベイプ健康被害の「有力な犯人」はビタミンEアセテート

電子たばこに関連するとみられる肺疾患で死亡する事例が多発、専門家は使用の停止を訴える

ビタミン e アセテート

ビタミンEが発見された経緯は、1922年にそれまでわかっていたビタミンを混合した合成飼料でラットを飼育していたところ、そのラットが不妊症になることが明らかとなり、それにレタスを加えることで生殖能力が回復した事実から (文献2:1922)、その有効成分が抽出され、新しいビタミンであるビタミンEとして取り扱われるようになりました (文献3:1924)。 7 0. 8 2. 0 0. 4 綿実油 28. 3 0. 3 27. 1 0. 4 27. 1 0. 6 2. 3 0. 3 25. 5 1. 5 3. 4 0. 4 17. 1 0. 3 70. 3 3. 4 なたね油 15. 2 0. 3 31. 8 1. 0 10. 4 2. 0 80. 9 20. 8 8. 6 0. 4 1. 3 0. 2 7. 4 0. 2 1. 2 0. 1 えごま油 2. 4 0. 6 58. 6 4. 6 0. 5 0 39. 2 0. 6 0. 4 Tr(微量) 43. 7 0. 生体内において、トコフェロールは活性酸素やフリーラジカルによる生体膜の脂質過酸化反応を阻害する中心的な役割を示し、抗酸化ネットワークの中核を担っていると考えられています (文献7:1998)。 このトコフェロールの抗酸化作用のメカニズムは、脂質過酸化を防ぐために自分自身が代わりに酸化し、酸化したトコフェロールは生体内で、グルタチオンおよびシステインのような水溶性抗酸化物質により還元され、再び抗酸化作用を示すというものであり、トコフェロールと水溶性の抗酸化剤は相乗的に抗酸化作用を発揮します (文献8:1998)。 また、トコフェロールの投与により、皮膚血流量の増加による血行促進作用も認められています (文献9:1966;文献10:1994)。 化粧品に配合される場合は、• 製品自体の酸化防止 製品自体の酸化防止に関しては、トコフェロールは天然に存在する抗酸化物質であり、製品中の酸化しやすい成分の代わりにトコフェロールが酸化されることにより、製品そのものの酸化を防止するというメカニズムによる酸化防止目的で、一般的には0. SODおよび還元型グルタチオン増強による抗酸化作用 SODおよび還元型グルタチオン増強による抗酸化作用に関しては、まず前提知識として生体内における活性酸素の構造とSODおよび還元型グルタチオンについて解説します。 発生した過酸化水素は、過酸化水素分解酵素であるカタラーゼによって、また抗酸化物質であるグルタチオンを用いてグルタチオンペルオキシターゼによって水に分解されますが、それでも処理できない場合はヒドロキシラジカルを発生させます。 グルタチオンは、細胞内で酸化型と還元型の2種類の構造で存在し、酸化還元酵素であるグルタチオンレダクターゼにより酸化型のグルタチオンは還元型に変換され、細胞内の還元能力が保持されています。 このような背景から、SODおよび還元型グルタチオンの活性を増強することは、皮膚の酸化防止にとって重要であると考えられます。 このような検証結果が明らかにされており (文献12:1998)、トコフェロールにSODおよび還元型グルタチオン増強による抗酸化作用が認められています。 ただし、マウス皮膚での検証結果のみであるため、ヒト皮膚で効果は不明です。 紫外線照射におけるSODおよびグルタチオンペルオキシダーゼ減少抑制および過酸化脂質増加抑制による抗酸化作用 紫外線照射におけるSODおよびグルタチオンペルオキシダーゼ減少抑制および過酸化脂質増加抑制による抗酸化作用に関しては、まず前提知識として生体内における活性酸素の構造、SOD、グルタチオンペルオキシダーゼおよび過酸化脂質について解説します。 発生した過酸化水素は、過酸化水素分解酵素であるカタラーゼによって、また抗酸化物質であるグルタチオンを用いてグルタチオンペルオキシターゼによって水に分解されますが、それでも処理できない場合はヒドロキシラジカルを発生させます。 健常な皮膚状態においては、発生した活性酸素は活性分解酵素によって適切に処理されますが、皮膚が紫外線照射をうけると、活性酸素が活性化するとともに皮膚中の主たる抗酸化酵素であるSOD、カタラーゼ、グルタチオンレダクターゼおよびグルタチオンペルオキシダーゼの酵素活性が減少することが明らかになっています (文献12:1998)。 このような背景から、紫外線照射をうけた場合に皮膚の酵素活性減少を抑制することが重要であると考えられます。 次に過酸化脂質については、以下の細胞膜の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、 皮脂や細胞間脂質、細胞膜を構成しているリン脂質などの酸化が進んだ脂質のことで、皮膚に過酸化脂質が増えると様々な物質の変性・損傷が起こり、肌はくすみ、ハリはなくなり、色素沈着は濃くなり、老化が促進されます (文献13:2002)。 皮膚において過酸化脂質が生成される主な原因のひとつが紫外線であり、紫外線により発生した活性酸素のひとつである一重項酸素が脂質と結合することで過酸化脂質の生成が促進されます (文献13:2002)。 このような背景から、紫外線照射をうけた場合に過酸化脂質を抑制することが重要であると考えられます。 また紫外線照射による表皮の過酸化脂質の増加を抑制した。 このような検証結果が明らかにされており (文献12:1998)、トコフェロールに紫外線照射におけるSODおよびグルタチオンペルオキシダーゼ減少抑制および過酸化脂質増加抑制による抗酸化作用が認められています。 ただし、マウス皮膚での検証結果のみであるため、ヒト皮膚で効果は不明です。 0 その他の薬用化粧品、腋臭防止剤、忌避剤 1. 0 薬用口唇類 1. 0 薬用歯みがき類 1. 0 浴用剤 1. 0 実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の1998-2014年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品というのは、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。 トコフェロールの現時点での安全性は、• 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載• 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載• 10年以上の使用実績• 皮膚刺激性:ほとんどなし• 眼刺激性:最小限• 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし• 皮膚感作性(皮膚炎を有する場合):ほとんどなし-ごくまれに感作性が起こる可能性あり このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。 以下は、この結論にいたった根拠です。 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:2002)によると、• 05mLを24時間パッチ適用し、0-5のスケールでスコア2(明確な紅斑)を上回る陽性反応を有する被検者の数の割合を測定したところ、陽性率は55人中0人であり、トコフェロールは主な皮膚刺激性ではなかった (Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1972)• 9、7. 0、0. 0であった• 試験データをみるかぎり、皮膚刺激性および皮膚感作性なしと報告されているため、 皮膚刺激および皮膚感作が起こる可能性はほとんどないと考えられます。 — 皮膚炎を有する場合 — Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:2002)によると、• 試験データをみるかぎり、ごくわずかな患者において皮膚感作が報告されていますが、一方で多くの患者において皮膚感作性なしと報告されているため、 皮膚炎を有する場合において皮膚感作が起こる可能性は低いと考えられます。 眼刺激性について Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:2002)によると、• [動物試験] 3匹のウサギの片眼の結膜嚢にトコフェロール0. 1mLを無希釈で点眼し、眼をすすいだあとDraize法に基づいて点眼1および4時間後および1,2,3,6および7日後に評価したところ、最大眼刺激スコア110のうち1時間後に6. 0で最大スコアが示された。 トコフェロールは最小限の眼刺激剤であった (Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1972)• 1mLを注入し、注入2分後に3匹の眼をすすぎ、残りの眼はすすがず、注入後1,2および7日目に評価したところ、7日間ですすぎおよびすすいでいない眼の両方で非常に僅かな結膜の発赤およびケモーシスが観察された。 すすがなかった6匹のうち2匹のウサギで注入2日後に明確な結膜の赤みを示した。 トコフェロールは非常に軽度の眼刺激を起こすと述べられた (Roche,1999)• [動物試験] 3匹のウサギの左眼の結膜嚢に0. 5mLを点眼し、1,2,8,24および48時間後および4,5,6および7日後に評価したところ、結膜の発赤は24時間観察され、3匹すべてに2時間後にわずかなケモーシスが観察された。 この混合物は眼の周りに塗布しても安全であると結論付けた (IBR,1972) と記載されています。 試験データをみるかぎり、最小限の眼刺激性が複数報告されているため、 最小限の眼刺激性が起こる可能性が高いと考えられます。 成分一覧は以下からお読みください。 H M Evans, et al(1922)「On the Existence of a Hitherto Unrecognized Dietary factor Essential for Reproduction」Science 56 1458 ,650-651. B Sure(1924)「Dietary requirements for reproduction. The existence of a specific vitamin for reproduction」The Journal of Biological Chemistry 58 ,693—709. O H Emerson, et al(1936)「The Isolation from Cottonseed Oil of an Alcohol Resembling Alpha Tocopherol from Wheat Germ Oil」Science 83 2157 ,421. 平原 文子(1999)「ビタミンE」日本臨床 57 10 ,2236-2241. 杉田 浩一, 他(2017)「食用油脂のビタミンE(トコフェロール)」新版 日本食品大事典,904. N Haramaki, et al(1998)「Networking Antioxidants in the Isolated Rat Heart are Selectively Depleted by Ischemia-Reperfusion」Free Radical Biology and Medicine 25 3 ,329-339. N Noguchi, et al(1998)「Dynamics of Vitamin E Action against LDL Oxidation」Free Radical Research 28 6 ,561-572. 神村 瑞夫(1966)「ビタミンEと皮ふ微細循環機能」ビタミン 33 2 ,166-173. S Tanaka(1994)「Vitamin E and Peripheral Circulation」Jikeikai Medical Journal 41 4 ,367-387. 田村 健夫, 他(1990)「酸化防止剤」香粧品科学 理論と実際 第4版,222-225. M Lopez-Torres, et al(1998)「Topical application of alpha-tocopherol modulates the antioxidant network and diminishes ultraviolet-induced oxidative damage in murine skin. 」The British Journal of Dermatology 138 2 ,207-215. 朝田 康夫(2002)「過酸化脂質の害は」美容皮膚科学事典,163-165. スポンサーリンク.

次の

アメリカで死亡者続出?電子タバコが危ない理由は大麻の成分THC!?

ビタミン e アセテート

読みたいところから読める目次• 1.トコフェロール(ビタミンE)の効果で美肌になりたいあなたへ トコフェロールとは、一般的にビタミンEのことです。 ビタミンE(vitamin E)は、脂溶性ビタミンの1種です。 つまり、油に溶けやすくに溶けにくいのです。 ビタミンEは、医薬品、食品、サプリメント、飼料などに使われるほか、疾病の治療、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として生活のさまざまな場面で活用されています。 もちろん、化粧品の成分として、などに配合されています。 なぜなら、トコフェロールには、健康やアンチエイジング、ためのよい効果があるからです。 例えば、体内の脂質のによって、動脈硬化をはじめとする生活習慣病の予防効果が期待されています。 また、トコフェロールの血流改善効果でやが期待できます。 する上では、ビタミンの理解はとても大切です。 今回の記事では、トコフェロールの特性や化粧品としての効果や安全性をご紹介します。 また、どんな化粧品に配合されるかを取り上げます。 さらに、トコフェロール配合のおすすめのエイジングケア保湿クリームもご紹介します。 「ビタミンEってそもそもどんな成分?特徴は?」 「どんな効果があるの?肌悩みにもよいの?」 「トコフェロール配合化粧品はエイジングケアによいの?」 「安全性には問題ないの?使い方で気をつけることは?」 「トコフェロール配合のエイジングケア化粧品でおすすめは?」 などに興味がある方はぜひ、続きを読んでくださいね。 <オススメのエイジングケア保湿クリーム> * <この記事の大切なポイント>• ビタミンE(トコフェロール)は、油溶性のビタミンで、その抗酸化作用から「若返りのビタミン」と呼ばれます。 20世紀に前半に発見された成分です。 ビタミンEは、健康増進や美肌などの効果が期待されます。 そのため、医薬品やサプリメント、化粧品などに幅広く応用されています。 ビタミンEは、化粧品の全成分表示ではトコフェロールと表記されます。 黄色または黄褐色の透明のやや粘性のある液体です。 トコフェロールの化粧品成分としての効果は、酸化の予防や肌荒れの予防などです。 そのため、エイジングケア化粧品などにも配合されます。 トコフェロールは、刺激性がなく安全性が高い成分です。 そのため乾燥肌や敏感肌を含め、どんな肌質でも使うことができます。 2.ビタミンEの基礎知識 1)トコフェロールの歴史 1820年にアメリカのマッティルらが、ラットを脱脂粉乳で飼育すると不妊症になって繁殖力が低下することを発見しました。 1922年、そのことを知っていたアメリカ合衆国のハーバート・エバンスとキャサリン・ビショップは、不妊症のラットにレタスや牧草を加えることにより改善することを発見しました。 二人は、その因子(成分)を因子Xと名付けましたが、これを後にビタミンEと改称したのです。 これが、ビタミンEの発見です。 その後、1936年にエマーソンらが小麦胚芽油などから最も活性のあるビタミンEを単離することに成功しました。 これが、トコフェロールと名付けられたのです。 その1年後の1937年には、別のトコフェロールが発見されました。 その後も、研究が進み現在では8種類のトコフェロールがあることがわかっています。 トコフェロール(tocopherol)という名は、発見の歴史からギリシア語に由来しています。 次のような意味があります。 tocos = 子どもを産む• phero = 力を与える、獲得する• ol = 水酸基をもつ化合物() その後も研究が進み、抗酸化作用をはじめさまざまな効果があることがわかってきました。 そして、今では、ビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれています。 2)ビタミンEとトコフェロール ビタミンEは、油溶性ビタミンなので油には溶けやすくにとけにくい性質があります。 また、熱、酸には強く、光、紫外線、鉄などには弱い性質を持っています。 ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールの2種類に分けられます。 さらに、トコフェロールとトコトリエノールには、それぞれアルファ、ベータ、ガンマ、デルタの4種類があり、この8種類の総称がビタミンEです。 そのため、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」のビタミンEの量として決められています。 5~7. 0mgで、その上限は650mg(30~60代は700mg)です。 また、屋外でスポーツをする機会が多い方やハードなスポーツをする方、が多い方、紫外線に当たる機会が多い方、のある方は、積極的に摂ることをオススメします。 ビタミンEが不足すると血行不良によるや手足などのしびれや知覚異常などの神経症状、筋肉の萎縮などの原因になってしまうこともあります。 さらに、が進むことで老化が促進して生活習慣病のリスクが高くなったり、女性の場合は不妊や流産の原因になってしまうこともあります。 お肌では、、、などの肌悩みの原因になることがあります。 脂溶性のため体内に蓄積されますが、ほかの脂溶性ビタミンと比べて過剰症のリスクは少ないことが理由です。 それでもリスクがないわけではありません。 過剰摂取でビタミンEの過剰症になると、軽度の肝障害、下痢、吐き気、筋力低下の原因になってしまうこともあります。 また、過剰摂取は、血が固まりにくくなるので、出血しやすくなります。 だから、抗凝固薬 (特にワーファリン)を服用している方は注意が必要です。 4)ビタミンEが豊富な食べ物 ビタミンEは、です。 ビタミンEは植物油や種実類をはじめとする多くの食品に含まれています。 植物油の中では、サフラワー油が最も多く、次いでコーン油、オリーブオイルの順です。 他にも、ひまわり油、ベニバナ油にも豊富です。 種実類では、や落花生などのナッツ類に豊富です。 他でもビタミンEは、カボチャやホウレンソウ、アボカド、ジャガイモなどの、キウイフルーツやアボカド、マンゴーなどのにも豊富です。 さらに、魚介類では、ウナギやタラコ、ニジマス、アユ、イワシ、真鯛などに豊富です。 3.トコフェロールのはたらき 1)抗酸化作用 細胞膜は不飽和脂肪酸でおおわれています。 不飽和脂肪酸は酸化しやすく、ストレスなどで体内に活性酸素が増えると、その影響で過酸化脂質に変化します。 これが細胞の酸化であり、身体やの原因となります。 関節節炎、ガン、白内障、糖尿病、アルツハイマー病などは、すべて酸化が原因の1つです。 トコフェロールは、酸化した不飽和脂肪酸を安定した物質へと変化させ、酸化が進まないようにするはたらきがあります。 つまり、酸化による老化や病気の予防効果が期待できるのです。 2)動脈硬化など生活習慣病の予防 酸化した悪玉コレステロールが増えすぎると、血管内に溜まってしまい動脈硬化の原因になります。 トコフェロールは、抗酸化作用によって、悪玉コレステロール(LDL)の酸化を防ぎます。 その結果、血管のしなやかさを保つことができるのです。 つまり、トコフェロールには、動脈硬化を予防するはたらきがあるのです。 血管の老化や動脈硬化は、高血圧や心筋梗塞、脳卒中などとも関係があります。 だから、トコフェロールには、これらの生活習慣病の予防や改善の効果が期待できるのです。 3)貧血の予防 赤血球の膜も不飽和脂肪酸でおおわれています。 だから、活性酸素で赤血球の膜が酸化すると、溶血性貧血を起こすリスクが高まります。 トコフェロールには、抗酸化作用により膜の酸化を防ぐはたらきがあります。 つまり、貧血を予防するはたらきが期待できるのです。 4)血流の改善 トコフェロールは、血管の収縮を促す神経伝達物質の生成を抑えて毛細血管を広げる作用を発揮します。 そのはたらきで、血流を改善する効果が期待できます。 その結果、肩こり、腰痛、冷え性、頭痛、しもやけ、痔など、末梢血管の流れの障害から起こる症状を改善します。 5)生殖機能の維持 トコフェロールは副腎や卵巣にも蓄えられています。 そして、の生成や分泌の調整をする脳下垂体によい影響を与え、生殖機能の維持をサポートします。 また、月経前のイライラ、生理痛、生理不順などの予防や改善をサポートします、 もちろん、女性だけでなく男性の生殖機能の維持にもはたらきます。 4.化粧品成分としてのトコフェロール 1)化粧品成分としてのトコフェロールの基本情報 化粧品成分としては、天然ではなく合成のトコフェロールです。 油溶性成分なので、水には溶けませんが油分とはよく馴染みます。 においはなく、黄色または黄褐色の透明のやや粘性のある液体です。 の名称は、トコフェロールです。 なお、トコフェロールを改良して水溶性の性質を持たせた成分が、です。 そのため、するので、肌荒れの予防が期待できます。 また、お肌のカサカサ感を改善したり、やが出るといった効果も期待できます。 による活性酸素を除去することで、やのに役立ちます。 また、紫外線のダメージで起こるを防ぐので、次のようなの予防につながります。 そのため、、炎症を伴う肌荒れ、ニキビ、などの予防に役立ちます。 その結果、のにあるであるなどを増やします。 さらに、お肌のバリア機能が高まることで外部の刺激から肌を守る力も向上し、へと導きます。 つまり、化粧品の品質維持のはたらきもあるのです。 3)トコフェロールは安全性に問題はないの? トコフェロールには、への刺激性はほとんどありません。 また、アレルギーもほぼありません。 また、眼刺激性は全くないわけではありませんが、最小限と考えられています。 これらからトコフェロールは、安全性の高い化粧品成分であると言えます。 したがってやだけでなく、や、、など、どんなの方でも使うことが可能です。 しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えませんし、肌荒れなどになる可能性を100%否定することはできません。 つまり、()のリスクが全くないわけではないのです。 がある方や肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。 4)トコフェロールはどんな化粧品に配合されるの? なんと、この成分を配合したスキンケアアイテムやコスメは、2万種以上あります。 トコフェロールは、油溶性成分なのでどちらかと言えば、オイルやクリームなどに配合されるケースが多いのですが、に配合されることもあります。 具体的には、、やクレンジングオイルなどの、、、、、、、、ボディオイル、や化粧下地、ファンデーションなどののためのアイテムなどに配合されます。 他にも、アイシャドウやマスカラなどアイメイク用アイテム、リップグロスや口紅などののアイテム、マニキュアなどののアイテムなど幅広く利用されています。 最近では、やなどにも配合されるようになっています。 5.オススメのトコフェロール配合のエイジングケア保湿クリーム トコフェロール配合のオススメのエイジングケア保湿クリームは、。 私たちのでは、第1位です。 1)ナールス ユニバの開発のコンセプト ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「」、 「お肌の内側からの」 、「健やかな」 、「のバリア機能」、「十分な潤い」を実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分をバランスよく配合した高機能な保湿クリームです。 成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。 2)ナールス ユニバのトコフェロール以外の配合成分のポイント ナールス ユニバは、トコフェロールを配合することで、肌荒れの予防や肌の酸化予防を目指しました。 他にもさまざまなエイジングケア化粧品成分を配合しました。 ナールス ユニバには、トコフェロール配合以外に次のような特徴があります。 また、肌の酸化を防ぐ成分であるを増やします。 つまり、ナールスユニバには、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体の3つを配合しているのです。 これは、ビタミンACEを同時に配合することでエイジングケア効果が高まるからです。 なぜなら、ビタミンCには、ビタミンEの抗酸化作用をより高めるはたらきがあります。 また、ビタミンAは、ビタミンEとビタミンCの効果を持続させます。 さらに、ビタミンEには、ビタミンAの酸化を防ぐはたらきがあります。 こうしたはたらきがあるので、ビタミンACEを一緒に使うことのメリットは大きいのです。 また、VC-IPは、ナールスゲンとの相乗効果でコラーゲンをより増やすサポートをするのです。 また、、、で低刺激です。 ナールス ユニバは、トコフェロール以外にやを豊富に配合した保湿クリームです。 特に、やに特にオススメです。 6.まとめ ビタミンEと化粧品成分トコフェロールの特徴や効果、安全性について幅広くご紹介しました。 また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げました。 ご理解いただけましたでしょうか。 さらに、オススメのトコフェロール配合のエイジングケア保湿クリームもご紹介しました。 トコフェロールには、化粧品成分として肌荒れの予防や抗酸化などのエイジングケアにとって有用なはたらきがあります。 そのため、20000種を超える化粧品で使用されています。 ぜひ、あなたのエイジングケアにトコフェロール配合の化粧品を上手に取り入れてくださいね。

次の

ビタミンE

ビタミン e アセテート

米国で電子タバコによる健康被害について、を行った。 すると共通の物質としてビタミンEアセテート(酢酸エステル)が検出されたという。 この物質は何だろう。 なぜ電子タバコに入れられていたのだろうか。 浮かび上がる第3の容疑者 CDCのアン・シュチャット首席副所長によれば、CDCが全米の電子タバコ被害患者(e-cigarette or Vaping Product Use Associated Lung Injury、EVALI)29人の肺の組織(肺胞洗浄液、気管支肺胞洗浄液)から提供され、そのうちの28サンプルについて調査したところ、全てのサンプルからビタミンEアセテートが見つかったという。 EVALIからはこれまでニコチンのほか、THC(Tetrahydrocannabinol、テトラヒドロカンナビノール)が検出され、電子タバコによる健康被害の容疑者に挙げられていた。 当初、ニコチンやTHCが電子タバコの健康被害に大きな悪影響を与えているのではないかと考えられていたが、CDCはその容疑者の候補にビタミンEアセテートを加えた。 これまで容疑者の一つに浮上していたが、ビタミンEアセテートをはっきり名指しで挙げたというわけだ。 実は、電子タバコに含まれるビタミンEアセテートに関する研究は少ない。 ビタミンEは約100年前に発見され、トコフェロール(Tocopherol)とも呼ばれる脂溶性の物質だ。 活性酸素、フリーラジカルを除去する抗酸化作用のある健康補助食品(サプリメント)としても市販されているが、特殊な疾患以外では特に積極的に摂取しなくても通常の食べ物から得られる物質でもある。 このビタミンEをサプリメントとして摂取する場合、エステル化させ、酸化させずに体内へ摂取することが多く行われている。 例えば、酢酸とエタノール(アルコール)を反応させると水分子H2Oが取れて結合し、脱水縮合という現象が起きるが、脱水縮合した物質を酢酸エチル、酢酸エステル、アセテートという。 問題になっているビタミンEアセテート、すなわちビタミンE酢酸エステルというのは、ビタミンE(トコフェロール)を脱水縮合してエステル化させ、トコフェロール酢酸エステルにした物質というわけだ。 加熱式タバコにも? 実は加熱式タバコや電子タバコを含むタバコ製品には、そのままで不味くて味わえないニコチンを摂取しやすくするため、多種多様な物質が添加されている。 アンモニアが有名だがビタミンEアセテート=トコフェロール酢酸エステルもその一つとなる。 また、ビタミンEアセテートは、酸化を防止するためのエステル化によって本来持っている抗酸化作用を失っているのも特徴だ。 日本では日本薬局方と食品添加物として食品衛生法で指定されているが、ビタミンEの誘導体としてサプリメントに使われている。 CDCの発表によれば、ビタミンEアセテートは、ビタミン剤として経口で体内に摂取したり皮膚の一部に塗ったりする分に害はほとんどないという。 まだはっきりわからないが、ビタミンEアセテートは脂溶性なので、肺炎の症状と関係があるかもしれないと述べ、THCとの関係について今回の調査されたケースではビタミンEアセテートを含んだ電子タバコ用のTHCリキッドの使用が28ケースのうち23ケースだったとした。 CDCは、研究が続けられ、その影響についてはっきりと解明されるまで、THCやビタミンEアセテートを電子タバコに入れないように勧告したが、医療用大麻の合法化や鎮痛剤として米国で蔓延しているオピオイドとの関係もあって問題解決については米国特有の複雑な事情があるようだ。 いずれにせよ、ビタミンEアセテートは日本で広がっている加熱式タバコにも含まれている危険性がある。 タバコ会社はタバコ製品に入れている物質を全て明らかにするべきだろう。 , "A Systematic Review of the Effectiveness of Medical Cannabis for Psychiatric, Movement and Neurodegenerative Disorders. " Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Vol. , "Can we make cannabis safer? " THE LANCET Psychiatry, Vol. , "Cannabinoid exposure during pregnancy and its impact on immune function. " Cellular and Molecular Life Sciences, Vol. , "Acute Impact of Tobacco vs Electronic Cigarette Smoking on Oxidative Stress and Vascular Function. " CHEST, Vol. O'Shea, "Potential for Release of Pulmonary Toxic Ketene from Vaping Pyrolysis of Vitamin E Acetate. Balmes, "Vaping-Induced Acute Lung Injury: An Epidemic That Could Have Been Prevented. " AJRCCM Articles in Press ,2019.

次の