空腹 こそ 最高 の クスリ。 『「空腹」こそ最強のクスリ』(青木厚)

疲れない強靭な体をつくる「空腹」を利用した食事術とは? 『「空腹」こそ最強のクスリ』

空腹 こそ 最高 の クスリ

【いま、テレビで話題の健康法がコレです! 」 「頭がさえる! 」 「疲れにくい体になる! 」 ガン、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、 しつこい疲れ・だるさ、老化にお悩みの方、 ぜひ読んでください! 最新医学エビデンスに基づく 本当に正しい食事法は、 「何を食べるか」ではなく、 「食べない時間 空腹の時間 を増やす」 たったこれだけがルール! 睡眠時間を上手に組み合わせて 「半日断食」 1日16時間は食べない だけで、 細胞内の悪いタンパク質や細菌が除去され、 全身の細胞がみるみる修復! この食事法なら、 炭水化物も、脂肪も、甘い物も、お酒も、 ガマンせず好きなだけ食べられるから ストレスなく健康になれます! 【具体的にはこんな効果が期待できます】 ・血圧、血糖値、コレステロール値が正常に戻る ・クスリを使わず、ガン・認知症・糖尿病を予防・改善できる ・アレルギーや花粉症からラクになる ・慢性的な疲れやだるさが解消される ・集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる ・肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する ・おいしく食べながら、ダイエットに成功できる 【いま、テレビで話題の健康法がコレです! 」 「頭がさえる! 」 「疲れにくい体になる! 」 ガン、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、 しつこい疲れ・だるさ、老化にお悩みの方、 ぜひ読んでください! 最新医学エビデンスに基づく 本当に正しい食事法は、 「何を食べるか」ではなく、 「食べない時間 空腹の時間 を増やす」 たったこれだけがルール! 睡眠時間を上手に組み合わせて 「半日断食」 1日16時間は食べない だけで、 細胞内の悪いタンパク質や細菌が除去され、 全身の細胞がみるみる修復! この食事法なら、 炭水化物も、脂肪も、甘い物も、お酒も、 ガマンせず好きなだけ食べられるから ストレスなく健康になれます! 【具体的にはこんな効果が期待できます】 ・血圧、血糖値、コレステロール値が正常に戻る ・クスリを使わず、ガン・認知症・糖尿病を予防・改善できる ・アレルギーや花粉症からラクになる ・慢性的な疲れやだるさが解消される ・集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる ・肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する ・おいしく食べながら、ダイエットに成功できる 内容(「BOOK」データベースより) 医学博士。 あおき内科 さいたま糖尿病クリニック院長。 自治医科大学附属さいたま医療センター内分泌代謝科などを経て、 2015年、青木内科・リハビリテーション科 2019年に現名称に を開設。 糖尿病、高血圧、高脂血症、生活習慣病が専門。 糖尿病患者の治療に本書の食事術を取りいれ、 インスリン離悦やクスリを使わない治療に成功するなど成果を挙げている。 自身も40歳のときに舌がんを患うも完治。 食事療法を実践してガンの再発を防いでいる。 ライザップの医療監修ほか、「行列のできる法律相談所」 日本テレビ 、 「直撃! コロシアム! ズバッとTV」 TBS などメディア出演多数。 1つ、ページ数は200ほどあるけど文字が大きくて余白も多いので、文字数的には実質140ページくらいと思っておいた方がいいです。 まあ、見やすいんですけどね。。 少食についてあれこれの他に、糖質についてや少食が病気(ガン)を予防することなどについて書かれています。 最近「少食が健康にいい」というのをちょくちょく目にするようになって1日1食や少食系の本を色々読んでいます。 芸能人や歌手なんかでも1日1食を実践している方が結構いますね。 有名人の場合、どちらかというと男性の方が多く、年齢は中高年(40代~70代 に多い印象ですね。 私は今までの1日2. 5~3食からようやく2食にすることができました。 1日1食は興味はありますが、中々難しそうだな。 いずれは一定期間は試してみる予定ですが。 最近は1日2食でも就寝4時間以上前~起床後4時間くらいの16時間以上は固形物は食べないようにしています。 元々食事にはアホなくらい超気を使っているし毎日運動もしているので風邪1つ引かない超健康体ですが、最近はより疲れにくく日中眠くなりにくく、そしてよりぐっすり眠れるようになった気はする。 元々疲れにくく昼寝もしないし睡眠も特に問題なかったので、そこまで大きく変わったというわけでもないですが。 食べない時間を長くしているのが影響しているかはまだ定かではないが、1日中スタンディングデスクで立ちっぱなしでデスクワークをしていてもほっとんど疲れない。 脚も腰も。 今は1日1時間座るかどうか。 (エアロバイク漕いだりお風呂入ったり便器に座ってる時間は除く)単純に脚の筋トレ(ジャンプスクワット)増やしてるから足腰が強化されてるのかと思ってたが、もしかしたら空腹時間を長くしてるのが関係しているのかもとも思ったり。 まあとりあえず調子はやばいくらいいです。 「これ以上伸びしろはあるのだろうか?」というくらいに。 こうなってくると1日1食もますます試してみたくなるね。 考え甘い? あ、ちなみにこの本には「1日1食がいい」と書かれているかは分かりません。 まだ全部読んでないので。 追記:16時間以上食べない時間を作るのがよく、別に1日1食がおすすめとかはこの本には書かれていませんね。 それでも24時間とか食べないのも(より?)いいようです。 どれくらい少食にするかは年齢や普段の自分の活動量も考慮した方がいいです。 成長期の子供(未成年)、妊婦さん、食が細くなりがちなお年寄り、偏食の方は普通に朝食から1日3食食べた方がいいです。 栄養不足(失調)も怖いですから。 1日1回しか食事で栄養を摂れないわけですから、1食の場合は毎食しっかり身体によくて栄養のあるものをたくさん食べる必要があります。 1度に食べられる量もある程度決まってますから、揚げ物、菓子パン、インスタント麺、ジャンクフード、スイーツ、アイス、お菓子全般他加工食品など余計なもの食ってる余裕はないですからね。 筋トレやランニングなど割とハードまたは長時間の運動習慣のある方や仕事などでよく動く方は1日1食(24時間食べない)は止めておいた方がよいかもしれません。 筋トレだと栄養を摂らないと筋肉は付きませんし、長時間の有酸素運動もそれなりにカロリーを消費するので(体重60kgで10km歩くまたは走って600kcal消費)1食だとカロリー不足でカラダがやせ細っていく可能性が高いです。 私も適度に筋トレやランニングをするのでやはり今まで通り1日2食を継続しようかなと思っています。 追記2:1日1食試してみることにしました。 まだ始めたばかりですが、2食だった時と体調は特には変わらないかな。 今のところは。 どちらかというと1食の方が総合的に体調はいいかな。 とにかく1食はデメリットがほとんどないですね。 適度に有酸素と無酸素運動もしてますが、動けないとか疲れるとか気力がなくなるとかは全くないですね。 まあ食べないので今まで以上に日中眠くならないですしね。 夜は今まで通りで普通にぐっすり眠れますし。 体重も少しずつ減っていきそうな感じ。 どこかでピタッと止まるだろうけど。 1日1回の食事なので24時間とか食べないわけですが、食べてから24時間とか経過しても不思議とあまりお腹が空きませんね。 身体も少食に慣れるようです。 これは意外でした。 あと、食べることをあまり考えなくていいのはとても楽ですね。 買い物、調理、片付けなどの時間や食費も節約できるし。 とりあえず1ヶ月くらいは試してみます。 その後もずっと継続するかは体調次第ですかね。 これからは食事の「質」だけではなく「量」も意識していきたいと思います。 追記3:「1日1食」1ヶ月以上継続中。 といっても、週に1回ほど1日2食食べていますが(笑)そこまで制限はしてないです。 体調は相変わらずやばいくらいよいです。 元々毎日超絶好調でしたけど。 他に1日2回ホエイプロテインほかサプリメントを摂って全身の筋トレもしているからか体重は横ばいです。 細マッチョなので別にこれ以上減量したいわけでもないですが。 あくまでも「健康や長生き、人生の生産性を上げる」ために少食(食べ過ぎない)を実践しています。 色んな食事術、健康本読んでいますが、食事の回数に関しても1日1食、2食をすすめる人もいれば、普通に3食をすすめる人も結構いますね。 あとは朝食は消化がよくて栄養があり身体にもよい果物程度にして朝から熱々の白米とかはがっつり食べない方がいいとか、朝からしっかり食べた方がいいとかも意見が分かれていますね(笑)睡眠時間なんかと一緒で個人差あると思いますので、色々試してみて1食~3食(以上)で1番自分の体調がよくて体調管理がしやすいものでいいと思います。 私は朝軽め(ほぼサプリ)で1日1~2食が1番調子がいいかな。 食事の7割以上は野菜と果物ですけど。 運動もランニングや筋トレで1日500kcalくらいは消費していますが、全然問題なく動けます。 運動以外も1日中立ってる時間が長く、座る時間は2時間もないです。 あとは栄養の吸収とかも大事ですが、消化についてもよく考えるべきです。 回数が増えればそれだけ胃や腸が活動しっぱなしで休む時間がなく、そこにエネルギーが奪われ眠くなったり疲れたりやる気が出ないとかもあると思いますので。 例えば「夜寝る前3、4時間は食べない」というだけでも胃を休ませて熟睡するという意味では結構大きいです。 あと、少食にする場合、一気に1日3食(以上)から1食とかにするのではなく、ある程度時間をかけて食べる回数や量を減らした方がいいです。 ダイエットなんかと一緒で、最初に頑張りすぎるときつくてお腹空いてストレスになりやすいです。 1ヶ月で0. 5食減らすとか、ゆっくり1年かけて1食減らすくらいでも全然いいと思います。 てか、減量ではなく健康や長生きのためなら1日2食の方がよい気がしなくもないですけどね。。。 そしてその分よく動く、と。 1日1食や軽めのファスティング(断食)は週1回とか月1回とかの方がよい気はします。 食事の回数や量を少しずつ少なくしていくと、身体も少食に慣れてきます。 誰しもが「1日3回食べないとお腹が空く」ってわけではないです。 それが習慣となってるだけです。 この本の要点をまとめようとしたら、3ページくらいで用足りてしまうだろう。 話したとしても、5分もあれば十分。 本の文字も大きく、15分あれば読めてしまう。 内容的には、以前『空腹力』で述べられていたことと同じ。 というか、『空腹力』の方が内容的には充実しているし、説得力もある。 ただ、それをより端的に、「16時間以上の空腹時間をつくる」、「できたら週1回、24時間の空腹時間を」 という言葉で集約しきっている点が新しく、明快さも増している。 それを近年の研究「オートファジー理論」で裏付けている。 それだけではあるけれど、重要な指摘ではあるし、実践する人も増えるだろう。 あるいはここから、新しい食生活の流れが生まれるかもしれない。 ただ、年齢や生活パターンなどで、週に何回できるかとかは、違いが出るだろう。 実際、私もやり始めているが、それほど徹底した実践にはなっていない。 本文中に、「空きっ腹になったら、ナッツかヨーグルトを食べればいい。 この2つは大丈夫」 と書いてあったから(ナッツは狩猟採取時代の主食の一つだった)、 そうやって空腹時間を伸ばして、食事につなげたりしている。 という感じで、時間が経過した。 その間、こうした「空腹奨励本」や、その紹介番組などは数を増している。 「食べない」ということをデフォルトにして、食べなかった時の方が仕合わせ、という状態になると、 あることに気づく。 それは日本の資本主義社会の全体的風潮。 つまり人間は食べずにいられないから、 そこに企業努力が集中する。 スーパーやコンビニなどの棚を見ると、人に食べさせよう・食べてもらおう という品物であふれている。 いつの間にか、それにどっぷり浸かっている、全面的に乗っかっている 自分がいるし、社会がある。 それは「健康に快適に生きる」こととは、全く関係がない。 最後にものを食べて10時間ほどたつと、肝臓に蓄えられたグリコーゲンがなくなって脂肪が分解されて、エネルギーとして使われるようになります。 そして、16時間ほどたつと、今度は体の中でオートファジーが機能し始めます。 オートファジーとは、「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる仕組み」で、細胞が飢餓状態や低酸素状態に陥ると、活発化すると言われています。 空腹は1日3食の習慣や食べ過ぎが体に与えたダメージをリセットし、体を内側から蘇らせてくれます。 まさに空腹こそが最強のクスリなのです。 オートファジーによって、ミトコンドリアも新たに生まれ変わります。 するとガン細胞を発生させる原因の一つである活性酸素の働きが抑制されます。 新しく元気なミトコンドリアが細胞内にたくさんあればあるほど、たくさんのエネルギーを得られ、人は若々しく、健康でいられます。 オートファジーには、ガンや糖尿病をはじめとする生活習慣病、アルツハイマー型認知症、感染症などの予防効果や、肌や筋肉などの老化防止の効果があると考えられています。 東京工業大学の栄誉教授、大隅良典さんがオートファジーの仕組みを解明した功績によって2016年にノーベル生理学・医学賞を授与されています。 空腹時間中にどうしてもお腹が空いたら、 ・素焼きナッツ ・生野菜 ・ヨーグルト ・チーズ などでお腹を満たしてもかまわないそうです。 高齢者の場合、筋肉量の減少を防ぐために、腕立て伏せ、腹筋、スクワット、ウォーキング等を日課にする方がいいでしょう。 じつは、約2年前から、同じような食事スタイルを私は実践していました。 50代で境界型糖尿病、60代で脂質代謝異常症と診断された私は、それまで水泳、ウォーキングを日課にしてましたが、年齢とともに基礎代謝量が落ちているため、体重管理が難しくなっていました。 以前から1日3食に疑問を持ち、糖質を摂ると、どこか体の重さを感じていました。 きっかけは、マレーシアで始めたロングステイ独り暮らしでした。 難しい食事管理より、朝は生野菜とヨーグルトだけ、昼はご飯や麺などの糖質、夜は6時頃に肉や野菜のおかずと好きなアルコールだけ、そして就寝は8時くらいという、シンプルな食事と生活スタイルに変えてみました。 お腹が空けば途中で素焼きナッツを摘まむ程度。 結果的に、夜の食事のあと、次の糖質摂取までは16時間という、著者の青木先生が推奨している方法を実践していたことになります。 本を読んで驚きました。 現在、体調はすこぶる良くて、体重管理も安定しています。 ただし、残念なのは持病のアレルギー性鼻炎が原因で、喉の状態が良くないため、悪化因子である塩素の刺激を避けるため、長年続けてきた水泳を最近になって諦めることにしました。 〈追加情報〉 2020年3・11にコロナウィルス禍の真っ最中ですが、大腸カメラで見つかったS状結腸癌の腹腔鏡切除術を受けました。 術後1日目よりリハビリのため歩行し始めました。 硬膜外鎮痛剤は投与されていましたが、ほとんど痛みは感じませんでした。 術後4日目に鎮痛剤から離脱し、主治医の先生、リハビリのスタッフも回復の早さに驚いています。 回復力=組織再生の強さに、私はオートファジーとの関連性を感じています。

次の

🎵「空腹」こそ最強のクスリ🎵青木厚 著

空腹 こそ 最高 の クスリ

仕事のパフォーマンスを最大化させるために、毎日の食事の内容に気をつかっているビジネスパーソンは多いだろう。 健康だからこそ仕事も充実する。 だからこそ、「体にいい食材」や「体に悪い食材」の情報をすぐに実践する。 ただ、そうした情報を毎日食事の中に的確に落としこめている人はごく少数であるはずだ。 糖質制限、カロリー制限にしてもしかり。 付き合いで食べないといけないこともあれば、食べたいものを我慢できないこともある。 何よりも面倒で続かない。 多忙なビジネスパーソンが、毎食の食材を吟味したり、糖質量やカロリーを計算したりすることはあまり現実的ではない。 そんな忙しい人向けの食事術が、(アスコム刊)を上梓した医学博士の青木厚さんが提唱する「空腹の力を活用した食事術」だ。 「何を食べるか?」よりも、「食べない時間を増やす」ことに注力したほうが、はるかに人体にとっては有益だと青木さんは主張する。 「それって、断食では?」と思う人も多いだろう。 それは違う。 この食事法は、好きなものをいくらでも食べられるのが最大の特徴。 実際、青木さん自身はこの食事法をはじめて2年が経つが、疲労がたまりにくい強靭な肉体を手に入れたという。 では、青木さんはどんな「食事術」を実践したのだろうか。 「睡眠8時間+8時間の空腹」を守るだけ その方法は「連続16時間の空腹時間」を確保するというものだ。 青木さんによれば、その16時間には睡眠時間を入れても良いという。 つまり、睡眠時間が8時間の人ならば、起きている間の8時間、ものを食べなければいいということだ。 たとえば、朝6時に朝食をとる人ならば、昼食を抜いて、夜の22時に夕食をとる。 これで16時間の空腹が達成される。 あるいは、朝10時に朝食をとる人ならば、昼食を抜いて、夜の18時に夕食をとってもいい。 いずれにしろ、24時間のうち16時間連続の「空腹時間」を確保できればOK。 また、もし「空腹時間」にどうしてもお腹が減ったら、ミックスナッツやヨーグルトなどを口にしてもいい。 食事の際はカロリーや栄養素を気にせず、好きなものを食べていいと青木さんは述べる。 それは、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した東京工業大学の大隅良典栄誉教授の研究テーマだった「オートファジー」にある。 そして最新の医学研究により、「食べない時間が16時間に達する」と、このオートファジーが活性化することが判明したという。 ただ、いきなり毎日16時間の空腹時間を作るのがつらいという人もいるはず。 そこで週に一度でも、「16時間の空腹」を達成しておこう。 日常の「食べすぎ」がもたらす害が取り除かれ、蓄積した疲労が解消するのである。 また、青木さんはこの食事法を試す時は必ず、簡単な筋トレを、並行して行うように語っている。 空腹の時間をつくると、自然と一日の総摂取カロリーが減ってくる。 そうなると筋肉量も減ってくることになる。 そして、基礎代謝量が減り、逆に太りやすい体質になってしまう可能性があるのだ。 「無理のない範囲でやる」ということを心がけつつ、1日の中に筋トレを取り入れてみてほしい。 もし、最近疲れやすくて、食べ過ぎで胃腸が疲労していて、と感じているなら、「16時間の空腹」と「簡単な筋トレ」、これをまずは1日実践してみてはどうだろう。 自分の食生活習慣を見直す良いきっかけになるはずだ。

次の

「空腹」こそ最強のクスリ

空腹 こそ 最高 の クスリ

仕事のパフォーマンスを最大化させるために、毎日の食事の内容に気をつかっているビジネスパーソンは多いだろう。 健康だからこそ仕事も充実する。 だからこそ、「体にいい食材」や「体に悪い食材」の情報をすぐに実践する。 ただ、そうした情報を毎日食事の中に的確に落としこめている人はごく少数であるはずだ。 糖質制限、カロリー制限にしてもしかり。 付き合いで食べないといけないこともあれば、食べたいものを我慢できないこともある。 何よりも面倒で続かない。 多忙なビジネスパーソンが、毎食の食材を吟味したり、糖質量やカロリーを計算したりすることはあまり現実的ではない。 そんな忙しい人向けの食事術が、『「空腹」こそ最強のクスリ』(アスコム刊)を上梓した医学博士の青木厚さんが提唱する「空腹の力を活用した食事術」だ。 「何を食べるか?」よりも、「食べない時間を増やす」ことに注力したほうが、はるかに人体にとっては有益だと青木さんは主張する。 「それって、断食では?」と思う人も多いだろう。 それは違う。 この食事法は、好きなものをいくらでも食べられるのが最大の特徴。 実際、青木さん自身はこの食事法をはじめて2年が経つが、疲労がたまりにくい強靭な肉体を手に入れたという。 では、青木さんはどんな「食事術」を実践したのだろうか。 「睡眠8時間+8時間の空腹」を守るだけ その方法は「連続16時間の空腹時間」を確保するというものだ。 青木さんによれば、その16時間には睡眠時間を入れても良いという。 つまり、睡眠時間が8時間の人ならば、起きている間の8時間、ものを食べなければいいということだ。 たとえば、朝6時に朝食をとる人ならば、昼食を抜いて、夜の22時に夕食をとる。 これで16時間の空腹が達成される。 あるいは、朝10時に朝食をとる人ならば、昼食を抜いて、夜の18時に夕食をとってもいい。 いずれにしろ、24時間のうち16時間連続の「空腹時間」を確保できればOK。 また、もし「空腹時間」にどうしてもお腹が減ったら、ミックスナッツやヨーグルトなどを口にしてもいい。 食事の際はカロリーや栄養素を気にせず、好きなものを食べていいと青木さんは述べる。 それは、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した東京工業大学の大隅良典栄誉教授の研究テーマだった「オートファジー」にある。 そして最新の医学研究により、「食べない時間が16時間に達する」と、このオートファジーが活性化することが判明したという。 ただ、いきなり毎日16時間の空腹時間を作るのが辛いという人もいるはず。 そこで週に一度でも、「16時間の空腹」を達成しておこう。 日常の「食べすぎ」がもたらす害が取り除かれ、蓄積した疲労が解消するのである。 また、青木さんはこの食事法を試す時は必ず、簡単な筋トレを、並行して行うように語っている。 空腹の時間をつくると、自然と一日の総摂取カロリーが減ってくる。 そうなると筋肉量も減ってくることになる。 そして、基礎代謝量が減り、逆に太りやすい体質になってしまう可能性があるのだ。 「無理のない範囲でやる」ということを心がけつつ、1日の中に筋トレを取り入れてみてほしい。 もし、最近疲れやすくて、食べ過ぎで胃腸が疲労していて、と感じているなら、「16時間の空腹」と「簡単な筋トレ」、これをまずは1日実践してみてはどうだろう。 自分の食生活習慣を見直す良いきっかけになるはずだ。 (新刊JP編集部).

次の