ニュース ゼロ あい みょん。 NEWS ZERO(ニュースゼロ)オープニングテーマ&エンディングテーマ曲

NEWS ZERO(ニュースゼロ)オープニングテーマ&エンディングテーマ曲

ニュース ゼロ あい みょん

株式投資では「これから買おうかな」と思っていた銘柄が、ある日急騰してストップ高をつけたり、急落してストップ安になる場合があります。 ストップ高安まではいかなくても、株価がある日突然、普段よりも大幅に上昇したり、下落したりすることもあります。 買おうと思っていた銘柄が急騰して、「あれ?何があったのだろう?」「あのとき買っておけば…」と疑問や後悔を抱いた経験のある人は多いのではないでしょうか? 決算発表や投資家向けの説明会といった企業イベントがあらかじめ計画されている場合には、株価が上昇しても「よいコメントが出た可能性が高い」などと想像することができますが、こうしたイベントが何も予定されていない場合には、その銘柄に関するニュース、いわゆる株価を動かすような「材料」が発表、または報じられた可能性が高いと考えられます。 お目当ての銘柄があやしい動きをみせた場合には、その銘柄に関するニュースが出ていないのかを、すぐにでも確認しなければなりません。 今回は株探を利用して、銘柄に関する材料が何か出ていないのかを調べてみましょう。 いつものように調査の出発点となるのは全てのページの上部にある「株探検隊」の検索窓です(図1参照)。 ここではわかりやすいように皆さんご存じのファーストリテイリング を例にして調べてみましょう。 「株探検隊」の検索窓に4桁の証券コード「9983」を入力し「検索」ボタンをクリックします。 図1 銘柄探しの旅の出発点となる検索窓 ちなみに、証券コードを覚えていない場合には、銘柄名の一部、もしくはすべてを入力して検索します。 名称が正確でなければ検索結果を表示することはできません。 ただし、一部でも正確に入力できれば、お目当ての銘柄そのものや、よく似た名前の銘柄が一覧で表示されますので、その中から選択することもできます。 銘柄を選んだら、まずは個別銘柄のページを表示させましょう。 最初に、銘柄名などの基本情報が表示されている囲み(以下、銘柄欄)の下にある決算発表日(もしくは予定日)を確認します。 例として表示しているファーストリテイリングの場合には、「決算New! 決算発表が1月9日に行われたことがわかりますね(図2参照)。 図2 決算発表日(予定日)を素早くチェック! もし決算発表予定日まで時間があるような場合(銘柄欄の下に発表日、または発表予定日の表示がないケース)には、決算発表以外のニュースで株価が動いている可能性が高いことになります。 株価を動かすようなニュースが出ていないかを確かめるために、銘柄欄の下にある6つに分かれているタブ「基本情報」「チャート」「時系列」「ニュース」「決算」「大株主」のなかから、「ニュース」を選んでクリックします。 すると、お目当ての個別銘柄のニュースをまとめたページに移動します。 この個別銘柄のニュースのページでは、その銘柄に関わるニュースすべてが「全件」のボタンによって表示されます。 ニュースの内容ごとに「全件」「材料ニュース」「決算速報」「開示情報」の4つの項目に分けられており、ボタンをクリックすることで表示内容を切り替えることができます。 図3 個別銘柄のニュースページ(オレンジ色の文字の「全件」に注目).

次の

NEWS ZERO(ニュースゼロ)オープニングテーマ&エンディングテーマ曲

ニュース ゼロ あい みょん

株式投資では「これから買おうかな」と思っていた銘柄が、ある日急騰してストップ高をつけたり、急落してストップ安になる場合があります。 ストップ高安まではいかなくても、株価がある日突然、普段よりも大幅に上昇したり、下落したりすることもあります。 買おうと思っていた銘柄が急騰して、「あれ?何があったのだろう?」「あのとき買っておけば…」と疑問や後悔を抱いた経験のある人は多いのではないでしょうか? 決算発表や投資家向けの説明会といった企業イベントがあらかじめ計画されている場合には、株価が上昇しても「よいコメントが出た可能性が高い」などと想像することができますが、こうしたイベントが何も予定されていない場合には、その銘柄に関するニュース、いわゆる株価を動かすような「材料」が発表、または報じられた可能性が高いと考えられます。 お目当ての銘柄があやしい動きをみせた場合には、その銘柄に関するニュースが出ていないのかを、すぐにでも確認しなければなりません。 今回は株探を利用して、銘柄に関する材料が何か出ていないのかを調べてみましょう。 いつものように調査の出発点となるのは全てのページの上部にある「株探検隊」の検索窓です(図1参照)。 ここではわかりやすいように皆さんご存じのファーストリテイリング を例にして調べてみましょう。 「株探検隊」の検索窓に4桁の証券コード「9983」を入力し「検索」ボタンをクリックします。 図1 銘柄探しの旅の出発点となる検索窓 ちなみに、証券コードを覚えていない場合には、銘柄名の一部、もしくはすべてを入力して検索します。 名称が正確でなければ検索結果を表示することはできません。 ただし、一部でも正確に入力できれば、お目当ての銘柄そのものや、よく似た名前の銘柄が一覧で表示されますので、その中から選択することもできます。 銘柄を選んだら、まずは個別銘柄のページを表示させましょう。 最初に、銘柄名などの基本情報が表示されている囲み(以下、銘柄欄)の下にある決算発表日(もしくは予定日)を確認します。 例として表示しているファーストリテイリングの場合には、「決算New! 決算発表が1月9日に行われたことがわかりますね(図2参照)。 図2 決算発表日(予定日)を素早くチェック! もし決算発表予定日まで時間があるような場合(銘柄欄の下に発表日、または発表予定日の表示がないケース)には、決算発表以外のニュースで株価が動いている可能性が高いことになります。 株価を動かすようなニュースが出ていないかを確かめるために、銘柄欄の下にある6つに分かれているタブ「基本情報」「チャート」「時系列」「ニュース」「決算」「大株主」のなかから、「ニュース」を選んでクリックします。 すると、お目当ての個別銘柄のニュースをまとめたページに移動します。 この個別銘柄のニュースのページでは、その銘柄に関わるニュースすべてが「全件」のボタンによって表示されます。 ニュースの内容ごとに「全件」「材料ニュース」「決算速報」「開示情報」の4つの項目に分けられており、ボタンをクリックすることで表示内容を切り替えることができます。 図3 個別銘柄のニュースページ(オレンジ色の文字の「全件」に注目).

次の

news zero

ニュース ゼロ あい みょん

出典)松尾豊「人工知能は人間を超えるか」(KADOKAWA)p. 45 今日のAIは、機械学習という技術とともに注目されています。 AIブームを牽引しているディープラーニングも機械学習のひとつの技術です。 機械学習とは簡単にいうと、データをコンピュターがくり返し学習することで、そのパターンを導く手法のことです。 この分析したパターンに則り、未来の推論を行うことが出来ます。 このような技術的な発展とともに、AIのブームを引き起こした要因にビックデータがあります。 ビックデータは、文字通り膨大で複雑なデータを指します。 例えばこの記事を読むうえでも、検索した言葉も、閲覧している時間も、この次にクリックする記事もデータとして蓄積されています。 インターネットが生活に必要不可欠になった現代、あらゆるの行為がデータとして記録されているのです。 この膨大なビックデータを分析するのに機械学習はもってこいで、注目されています。 IoTとは IoTが指すもの IoTとはInternet of Things の略で、日本語では「モノのインターネット」と言われています。 例えば、スマートフォンを考えてみてください。 スマートフォンはインターネットに接続されていて、データが絶えず送受信されています。 「Google Home」や「Amazon Echo」が有名なスマートスピーカーも同様です。 これらは、インターネットに接続しないと全ての機能を使用することができません。 インタネットから、絶えず情報を送受信することで、簡単な会話したり、天気予報を聞いたりすることができます。 このようにIoTとは、モノがインターネットの接続されていること、あるいはインターネットに接続された端末自体を指します。 IoTによってできること IoTは内閣府にも第4次産業革命を牽引する技術として位置付けられています。 果たしてIoTでは何ができるのでしょうか。 それはデータを収集することに尽きます。 あらゆる端末がインターネットに接続された社会をご想像ください。 冷蔵庫をいつ空けて、何を取ったか。 エアコンの温度を何度にして、いつ変えたか。 スケジュール帳には、誰といつ会って、何をしていたかが記録されます。 これらが膨大なデータであり、AIを生み出す資源になります。 このデータを分析して、個々人に最適化されたサービスを享受することができます。 Iotの事例 それでは実際にどのようなIoTがあるのでしょうか。 一緒にみていきましょう。 スマート農業 農業はIoTが進んでいる一つの分野です。 農業は、人々の生活に密接に関わる産業である一方で、深刻な人手不足が問題となっています。 そこで、AIやIoTの出番です。 例えば、農場の温度・湿度をセンサーが管理して、自動で調整したり、そのデータを元に美味しい作物を作るに適切な判断を下したりすることが可能です。 例えば「 有 アグリードなるせ」では、WEBカメラや水田センサを駆使して、見回り回数の削減や除草効果の安定化を実現しています。 参照: スマートスピーカー 先ほど例にもあげたスマートスピーカーはIoTデバイスの典型です。 特に使用されている技術は音声認識で、ユーザーが手を触れることなく様々なサービスを利用できます。 スマートシティ IoTが普及するのは家の中に限りません。 街のさまざまなものもインターネットに接続されつつあります。 国土交通省はスマートシティを「都市に抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画・整備・管理・運営など)が行われ、全体最適が図られる持続可能な都市または地区」と定義しています。 例えば、タイムズパーキングの駐車場もオンライン化によって、空き情報を常にユーザーが把握することができます。 今後は、交通面でも道路や信号に、あるいは車内にあるカメラやセンサーが互いに連携し、交通管理を行う未来が予想されます。 AIとIoTのつながり AIとIoTは密接な関りを持っています。 AI・IoTが厳密な定義を有していないため、その関りを一枚岩に説明することはできません。 その中で、AIを機械学習・またそれによって生み出されたモデルとして、IoTとの関りを考えると IoTデバイスがデータを集めて、(AI)で統計的に処理する。 また、そのように学習させたモデル(AI)をIoTデバイスに搭載される。 と関わりを考えることができます。 また、IoTデバイスのことを指してAIと呼ぶこともあります。 5G-AI・IoTの活用が更に加速する理由 このAIとIoTによって、今後産業のあり方が変わるとされています。 その理由の一つは「5G」によって活躍の下地が整う点にあります。 5Gとは、第5世代移動通信システムを指しており、2020年より普及していくとされています。 これによって、4Gをはるかに超える通信速度や同時接続数が実現します。 総務省の資料では5Gの特徴を3つあげています。 超高速• 超低遅延• 多数同時接続• 5Gの実現によって、さらにIoTの普及が進んでいくでしょう。 ソフトバンクは、2019年7月に開催されたロックフェスティバル「フジロック」で5Gのプレサービスを提供しました。 参考: 5Gが既に実装のフェーズに入っていることが伺えます。 おわりに AIとIoTは政府が第4次産業革命のコア技術に位置付けているように、今後の産業の在り方に多大な影響を及ぼすと言われています。 一方で、一つの流行り言葉として、AIやIoTが使われている面があります。 その意味やポテンシャルを適切に理解したうえで活用を進めていきましょう。

次の