ラッシュ デュエル ルール。 hideの部屋 遊戯王ラッシュデュエル最新情報

あそび方

ラッシュ デュエル ルール

ラッシュデュエル 正式名称は「遊戯王ラッシュデュエル」。 2020年4月より発売中の「遊戯王」を題材とした新たなカードゲーム。 多くのルールはと共通する。 大きな違いとして、ごとにが5枚になるようする点と、の回数に制限がない点がある。 その他にも様々なルールの差異はあるが、全体的により簡略化されているのが特徴。 なお「遊戯王ラッシュデュエル」は「」とは別のゲームという扱いである。 そのため、 のをラッシュデュエルで使用する事も、ラッシュデュエル用カードをで使用する事もできない。 こうした背景から、 遊戯王カードWikiではラッシュデュエルのカードに関する個別のページは設置せず、別サイト「遊戯王ラッシュデュエルWiki」で取り扱う事としている。 裏面は右下のロゴ以外共通で、の大きさも一緒である。 しかし、表面のレイアウトは大きく異なるので、ラッシュデュエル用か用かを見分けるのは容易である。 表面右下の偽造防止用ホログラムはと同じものが使用されている。 ・が公式用語になっている。 ラッシュデュエルのの中には、既存ののも存在する。 その性能はのそれと概ね同一となる(など)。 なお、については構図やデザインは元カードとほぼ同一だが、全て新たに描き下ろされている。 作中でのラッシュデュエルは、ゴーハ・コーポレーションが徹底的に監視・管理する既存のに窮屈さを感じた主人公の遊我がそれを解消するために自分で開発した、という設定になっている。 第3話での描写から、舞台であるゴーハ市で流通するカードのレイアウト自体がラッシュデュエル用のそれと同じであることが分かる。

次の

【遊戯王コラム】ラッシュデュエルは失敗なのか? OCGとの違いと魅力を解説!

ラッシュ デュエル ルール

ラッシュデュエルの基本ルール デッキの枚数は40枚〜60枚 初期の手札は4枚 初期ライフポイントは8000 と初期の手札枚数以外は現在のOCGと変わりません。 初期の手札が4枚ということで後に「エフェクト・ヴェーラー」といった手札誘発系のカードが登場したら、OCGより引きづらいことになるので、先攻のほうが有利なルールではあります。 ラッシュデュエルにおけるフィールド モンスターゾーンが3つ 魔法、罠ゾーンが3つ フィールドゾーンが1つ マスタールールと同じ場所にデッキ、EXデッキ、墓地を置くゾーンがあります。 OCGと違い、 Pゾーンとリンクゾーンは存在しません。 モンスターゾーンと魔法、罠ゾーンがそれぞれ3つのため、OCGと違い、カードを置ける枚数が減ってます。 遊戯王デュエルリンクスのフィールドと同じ枚数になっているのが特徴でしょう。 ラッシュデュエルの進め方 ドローフェイズ 先攻1ターン目も含めて 手札が5枚になるようにドローします。 手札が5枚以上であっても必ず1枚ドローします。 手札の上限はありません。 メインフェイズ 手札からモンスターを何回でも通常召喚ができます。 魔法カードの使用とセット、罠カードのセットもメインフェイズで行います。 バトルフェイズ、エンドフェイズは現在のOCGと名称は変わりませんが、変更が分かり次第、記載します。 ラッシュデュエルでのモンスター効果について テキストには記載されていないので注意が必要ですが、 フィールドのモンスターの効果はそのモンスターがフィールドに表側表示でいる限り、1ターンに一度ずつしか効果を発動出来ません。 ラッシュデュエルのルールのまとめ-OCGとは別物- 初期手札は少なくなっているがドローフェイズに5枚になるようにドローできます。 5枚を上回っていても1枚はドロー出来るので一度にデッキから加わるカードの枚数が多いです。 通常召喚に制限がないので大量のモンスターを一気に出すことが出来ます。 OCGとは比べ物にならないほど自由なプレイが可能になっています。 フィールドに出せるカードは減っているのでカードを使うのに工夫が必要になっています。

次の

【遊戯王SEVENS】ラッシュデュエルとは?ルールを解説

ラッシュ デュエル ルール

デュエルスタート時の手札が4枚• モンスターゾーン、魔法&罠ゾーンはそれぞれ3つずつ• 先攻1ターン目のプレイヤーもドローする• ドローフェイズに手札が5枚になるようにドロー(手札が5枚以上の場合は1枚ドローする)• 召喚権に回数制限がない• スタンバイフェイズ、メインフェイズ2がない• スペルスピード2以上のカードは罠カードのみ• 罠カードの効果のチェーンは1回まで(自分のカードにチェーンすることができず、同じタイミングで発動できるカードはどちらか1枚しか発動することができない) 全部で8つの違いがありますが、どれが気になるでしょうか? 様々な意見があると思いますが、特に気になるのは「ドローフェイズに手札が5枚になるようにドロー」「召喚権に回数制限がない」「罠カードの効果のチェーンは1回まで」の3つではないでしょうか。 このルールでデュエルを進めることでどのような変化があるのかを解説していきます。 ドローフェイズに手札を5枚になるまでドローすることについて 画像 ドローフェイズに最大5枚ものカードをドローすることができ、現代の遊戯王OCGではありえないことを体験することができます。 遊戯王OCGにも遊戯王OCGにしかない楽しさがありますが、「ラッシュデュエル」これからも楽しさが加速していきますよ! まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございました! 今回はOCGプレイヤー向けに、ラッシュデュエルについて以下のことをお話ししました。 ラッシュデュエルとは• ラッシュデュエルは失敗なのか• 遊戯王OCGとの違い• 結局のところラッシュデュエルは失敗なのか?• OCGプレイヤーに伝えたいラッシュデュエルの魅力• 遊戯王OCGにはない戦略性がある• 逆転のデュエルの爽快感が楽しい• 友だちを誘いやすい• 懐かしいモンスターが多数登場!• 遊戯王OCGの集大成ともいえるカードゲ-ム.

次の