虫刺され 腫れ ブヨ 対処。 ブヨに刺されたら対処方は?市販薬で放置しても良い?

ブヨ(ブト)に刺されたら?写真やおすすめの薬、症状と対処法は?

虫刺され 腫れ ブヨ 対処

痒みや腫れが出る虫刺され。 腫れが強いと自然に治るまでに時間がかかり、黒っぽい色素沈着で跡が残ってしまうこともあります 公園やキャンプなどでのアウトドアではもちろん、普通の通勤路や室内でも虫に刺されやすい季節。 軽い症状でも、赤い腫れや痒みが続くのはつらいものです。 蚊に刺されて赤く腫れてしまったと皮膚科を受診されるケースが最も多いですが、虫刺されの原因となる虫は、ダニ、ブヨ、アリ、ハチ、毛虫など様々です。 刺された時にチクっとした痛みを感じることもありますが、気づかないうちに赤く腫れ、痒みが出てから虫刺されに気づく場合もあります。 虫刺されの腫れの場合、腫れの中心に虫の差し口である小さな穴があり、やや紫がかって盛り上がっているものや、中央がじゅくじゅくしたりカサブタがついたりしているものが多いです。 <目次>• 虫刺されの症例画像……湿疹・蕁麻疹との違い・見分け方 虫刺されを湿疹などと間違える方もいますが、見分け方は難しくありません。 湿疹は平坦でがさがさしているのに対し、虫刺されは中心がやや盛り上がって腫れ、触ってもがさがさしないことがほとんどです。 以下で実際の症例写真を見較べてみましょう。 虫に刺されると唾液などの虫の成分が皮膚の中に入りアレルギー反応を起こすため、赤くなり、痒くなる反応が起きます。 刺した虫を実際に見た場合は特定が簡単ですが、上記の反応は基本的にどの虫に刺されても同じなので、症状だけを見てどの虫が原因かを特定するのはほぼ不可能です。 症状が出た状況で判断するしかありません。 ハチに刺された場合は、反応が強く表れて痛みが強い場合が多いです。 屋外のキャンプ、アウトドアの後で症状が出た場合はブヨや蚊による虫刺されのケースが多いですし、家で寝て起きたら症状が出ていたという場合は、ダニやアリが原因の可能性が考えられます。 虫刺されの中でも特徴的な症状が出るのは、毛虫による虫刺されです。 公園や庭の木に毛虫がいるので毛虫自体が付着した場合はもちろん、毛虫の毛や毒針が風で飛ばされて付着しただけでもアレルギー反応が起きることがあります。 その場合は、通常の大きく赤く腫れる虫刺されではなく、小さな点がポツポツと一箇所にまとまった出方をして非常に痒いので、毛虫に限っては症状を見ればすぐにわかります。 虫刺されの跡を残さない対処法・皮膚科受診での治療法 虫刺されの症状が軽く、小さく赤く腫れている程度で痒みも少ない場合は、何もしなくても5日ほどすれば自然に赤みがひきます。 もしも痒みが強ければ、服やガーゼ越しにアイスノンや氷水を使って冷やすと痒みが落ち着きます。 症状がごく軽ければ自然治癒を待つのもよいかもしれませんが、皮膚科で治療した方がより早く治り、跡が残る確率は減らすことができます。 もし症状が強い場合は、赤みも自然には治まらず、さらに悪化してしまうこともありますので、皮膚科を受診しましょう。 皮膚科で行う虫刺されの治療法は、ステロイドの塗り薬を塗ることが一般的です。 市販薬には通常炎症を抑える作用のあるステロイドは含まれておらず、含まれていても効果の低いものです。 皮膚科では、炎症、痒みが強い場合、大人の場合は一番強いステロイドの塗り薬をよく使います。 数日間塗り薬を塗れば、赤みと腫れが治まります。 子どもの場合は皮膚が薄いので、少し弱めのものを使うことが通常です。 「強い」と聞くと心配に感じるかもしれませんが、ステロイドは2週間程度なら毎日塗っても副作用はほぼありませんので、不安になる必要はありません。 たかが虫刺されと放置しておくと、なかなか改善していない場合もありますし、赤い反応が残る期間が長いほど跡が残って皮膚が黒ずんでしまうリスクも増えます。 また、足首をブヨに刺された場合に多いのですが、夏にキャンプや旅行に行き、足首がパンパンに腫れて受診される方がかなりの人数いらっしゃいます。 足首が腫れると歩くのも痛いという状態が3日ほど続きますが、これは細菌が入ったというよりも虫の成分に対するアレルギー反応のことがほとんどです。 このような場合は塗り薬だけでなく、飲み薬のステロイドも3日ほど飲むと早めに腫れが治まります。 もしもハチに刺された場合、特に2回目に刺された場合には、まれに強いアレルギー反応であるアナフィラキシーショックを起こして、血圧低下や呼吸困難などの重たい症状が出ることがあります。 ハチに刺された後で体調に異変を感じた場合は、すぐに救急外来を受診しましょう。 虫刺され後、掻きこわしによる「とびひ」の症例画像・写真 また、特に子どもの虫刺されに多いのですが、虫刺されを掻きこわしてしまうことでキズになり、キズ表面に細菌がつくことで、「とびひ」になってしまうこともあります。 抗生剤の飲み薬が必要になります。 そうならないためにも、掻きこわしてしまう前の段階で、早めにステロイドの塗り薬で虫刺されに対処するのがよいでしょう。 虫刺され跡の黒い色素沈着を消したい場合の対処法 虫刺されの跡が黒く残ってしまった経験がある方も多いと思いますが、これは赤い炎症が長引いてしまったり、掻きこわして傷になってしまったことによるメラニンの色素沈着です。 通常、数ヶ月程度すれば黒っぽい色は自然に抜けていきますが、時間がかかります。 跡を残さないためには早めに皮膚科を受診して早めに治すことが最も大切です。 メラニン生成を抑えるハイドロキノンや、メラニンを外に出す作用のあるトレチノインの塗り薬を使うと、虫刺されの跡にできたシミが消えるのを早めることができます。 まとめ……軽度なら冷やして様子見・病院受診は皮膚科を ありがちな症状である「虫刺され」ですが、適切な対処法を知っていれば早く治療することができますし、虫刺されの跡の色素沈着も予防できます。 まずは症状がごく軽く、狭い範囲の赤みであれば、冷やして痒みを抑え、かかないように気をつけること。 症状がひどかったり、なかなか治りそうにないものは、皮膚科を受診すれば虫刺されの炎症を抑える強めのステロイドの塗り薬をはじめ、適切な治療が受けられますので、市販薬で対処するよりも早めの受診を心がけましょう。 【関連記事】•

次の

子供の虫刺され!腫れが大きいけど大丈夫?原因と対処法

虫刺され 腫れ ブヨ 対処

虫刺されの腫れが引かないし固いときどうすれば?? 虫刺されが腫れて固いのはもしかしたら「結節性痒疹 けっせつせいようしん 」かもしれません。 「結節性痒疹 けっせつせいようしん 」とは、詳しい原因はまだはっきりわかっていませんが、 虫刺されがきっかけで起こることが多い症状です。 虫刺されが掻き続けるうちに固くしこり、しだいに茶色く色素沈着したイボのようになる症状です。 掻いているうちに他の場所にもぶつぶつが移って、範囲がどんどん広がってしまうこともあります。 掻くことでさらに痒みが強くなり、放っておくと何年も痒みに苦しむことも少なくないといいます。 やはりアレルギー体質の人は虫刺されが腫れやすいので、この症状にもなりやすいです。 虫刺されの腫れは掻かないで!! とにかくすぐにできることは「掻かない」ということです! 患部を冷やすと痒みが緩和されますので、冷水に当てたり保冷剤を当てたりして堪えましょう。 市販のかゆみ止めを使うのも手です。 しかしかゆみ止めは根本の解決ではありません。 根本の治療にはステロイドを使います。 ステロイドは素人判断で使うには強力な薬ですから、お医者さんの指示に従って使った方が安心です。 皮膚科での治療はステロイドが一般的ですが、他には液体窒素での治療を行っているところもあるようです。 跡を残さないため、痒みを長引かせないためには早い段階での正しい治療がとても大事です。 腫れが固い場合は早めに皮膚科に行った方が良いでしょう。 虫刺されの腫れはブヨの可能性も?? 虫刺されの腫れは「ブヨ刺症」の可能性もあります。 「ブヨ」という虫に刺されて出る症状のことです。 また、「結節性痒疹」は虫刺されがきっかけになることが多いとお伝えしましたが、 その虫とは「ブヨ」であることが多いのです。 ブヨとは? 「ブヨ」とは「ブユ」とも呼ばれ、関西では「ブト」とも呼ばれます。 蚊と同じように人間や動物の血液を吸う虫で、見た目は蚊とハエの中間のような感じです。 ブヨの生息地は水質がきれいな川や草むら。 キャンプやバーベキューをしたくなるような場所とも言えますね。 そのような場所でアウトドアをするときは注意が必要です。 ブヨに刺されたときの症状は蚊に刺されたときよりも激しいものです。 蚊も感染症の媒介になったりして危険ですが、 刺されたときの症状の重さだけで言ったらブヨのほうが何倍も危険と言えます。 ブヨに咬まれるとどうなる? まずブヨは血を吸うとき刺すのではなく皮膚に咬みついて血を吸います。 皮膚を咬み切られますので多少出血しますし、人によっては咬まれたときかなり痛みを感じることもあります。 ブヨの毒は噛まれてから2~3時間後くらいから症状が出ます。 その毒は蚊なんかよりも数倍強力です。 蚊に刺されたときより腫れも痒みも何倍も強く、場所によってはテニスボールくらいにパンパンに腫れあがることも! ブヨは何十匹もの群れで咬みついてくることもあり、 その場合一度にたくさんの毒が体に入ることでアナフィラキシーショックを起こす危険性もあります! とにかく応急処置をして症状を少しでも緩和しましょう。 ブヨに咬まれたときの応急処置 まずは毒を絞り出します。 指で絞り出してもいいですが、 「ポイズンリムーバー」という毒を絞り出すためのスポイトのような道具が便利です。 ブヨが居そうなところに行く場合は用意しておくと良いかもしれません。 次に、咬まれた直後でまだ腫れていないなら傷口を温めましょう。 最後は傷口を消毒してステロイド剤を塗りましょう。 ステロイド剤を使う際はお医者さんに確認をした方が安心です。 お医者さんの指示に従えばより確実 です。 ブヨに咬まれた場合、掻くのを我慢するのは難しそうです。 掻き壊して「ブヨ刺症」から「結節性痒疹」に… なんてことも容易に想像できますし、すぐに病院へ行った方が良さそうです。 恐ろしいですが、自然に虫はつきもの。 登山やキャンプを楽しもうと思うなら避けては通れません。 しかし、刺されて腫れたり固くなったりするのはストレスですよね。 大自然を楽しんで帰ってきて虫刺されに苦しむなんて、せっかくリフレッシュされた気分が台無しです。 そんなときに今回お伝えしたことが役立てばと思います。

次の

ブヨに刺されたら対処方は?市販薬で放置しても良い?

虫刺され 腫れ ブヨ 対処

[目次]• ブヨの生息地とその生態とは ブヨはハエの仲間ですが、ハエよりも小さく体長2~5㎜程度です。 ハエともっとも違う点は、吸血昆虫であることです。 ブヨは全国各地に生息しています。 しかし、幼虫は渓流で生活しているため、ブヨの被害は山奥のキャンプ場でよく発生します。 逆に川が流れていない住宅地では、ほとんど見られません。 ブヨは一年中いますが、季節としては春や夏などが多く、日中の気温の高いときよりも朝夕の涼しい時間帯に活発に動き回ります。 そして吸血するのは、蚊と同じようにメスだけです。 ブヨは、蚊のように「針」で刺して吸血するわけではありません。 よく「ブヨに刺された」と表現しますが、実際は皮膚をかみ切って吸血します。 そのためブヨに刺された跡を見ると、軽い出血や点状の出血があります。 人の血を吸っている時間は1~2分程度ですが、チクッとした痛みを感じる場合もあれば、全く感じない場合もあります。 ブヨに刺されたときの症状 体質にもよりますが、蚊の場合と違ってブヨに刺さてもすぐにかゆみが襲ってくるということは少ないようです。 多くの場合、刺されて半日から1日くらい経って、激しいかゆみや痛みの症状が出ます。 これは、ブヨの唾液腺物質に対するアレルギー反応です。 蚊の唾液腺物質よりも毒素が強いため、症状も強く出ることも多く、ときには水ぶくれになることもあります。 さらに、ブヨに対するアレルギー反応が強い場合、リンパ系の炎症を起こしたり、最悪の場合「アナフィラキシーショック」を起こして呼吸困難に陥るケースもあります。 ブヨに刺されたら、どう対処すればいい ブヨに刺されたことに気がついたら、まずは応急処置をしましょう。 最初にやることは、傷口から毒を吸い出すことです。 この処置は、時間が経過してしまったものに関してはあまり効果が期待できませんが、刺された直後に行うことで毒の浸透を抑えることができ症状も緩和できます。 注意したいのは、決して口で吸い出してはいけないということです。 口の中に傷があった場合、そこから体内に毒が入り込んでしまう危険性があります。 一番いいのが毒抜き専用のポイズンリムーバーを携帯しておくことです。 また、外用薬としてステロイド系の薬をなるべく早く塗ることもおすすめです。 ブヨによる激しいかゆみを鎮静化させて、掻き崩しを予防するのにも役立ちます。 ブヨの場合、「刺し傷」ではなく「噛み傷」になります。 少し傷が深いという特徴もあるので、蚊に刺された時以上に慎重になって、消毒は念入りに行うといいでしょう。 子供などは、ついつい掻きむしってしまうので、薬を塗った後、絆創膏などを貼ってカバーしておくのもいいでしょう。 病院を受診したほうがいい場合 たかが虫刺されと侮っていると、大変なことになりかねません。 たとえば、ブヨに刺された部分を激しく掻いたり、長期間掻き続けることで、炎症が慢性的になる「結節性痒疹(けっせつせいようしん)」になってしまうこともあります。 こうなると病院で治療を行っても、なかなかすぐには治りません。 ブヨは蚊に比べると激しいかゆみが続きます。 市販の虫刺され薬など効果がない場合や、かゆみや腫れがひどい場合には病院を早めに受診しましょう。 病院では、強めのステロイド薬や抗ヒスタミン薬、内服薬などを処方して症状を緩和してくれます。 ブヨに刺されないために ブヨ対策は「刺されない」ことです。 そのためには、キャンプや登山の時には、肌の露出をできるだけ避けるようにしましょう。 長袖長ズボンはもちろんのこと、手袋も使ったほうがいいでしょう。 とくにブヨは足元を刺すことが多いので、厚手の靴下を履いたりズボンと靴の間にすき間を作らないような工夫が必要です。 また、ブヨ対策として市販の「蚊用虫よけスプレー」などは、あまり効果がありません。 ブヨ専用のものか、薬局で購入できるハッカ油を薄めたものをスプレーすると効果が期待できます。 楽しいはずだったキャンプなのに、ブヨに刺されて夜も眠れなかったといったことがないように、万全の準備を整えていきましょう。 また、単なる「虫刺され」だと思って放置したり、きちんと対処しておかないと、悪化してしまうこともあります。 その場合は早めの病院での治療をおすすめします。

次の