ラズベリー 花 言葉。 ラズベリー

ラズベリー

ラズベリー 花 言葉

ラズベリーを育てる前に知っておきたいこと ラズベリーは、初心者でも比較的簡単に育てることができる果樹です。 栽培を始める前に、丈夫に育て、おいしい果実をたくさん収穫するために、知っておきたい基本をまとめました。 ラズベリーの基本データ 学名:Rubus spp. 一般に栽培されているものは、ヨーロッパや北アメリカ原産のものを改良したもので、品種によって果実の色には赤、黄、黒、紫があります。 また一季なり性の品種と二季なり性の品種があって、二季なり性の品種は夏の初めと秋の2回、収穫を楽しめるため人気があります。 栽培にあまり手間がかからず、1本でも果実がつくため受粉樹を植える必要がなく、初心者向きの果樹といえるでしょう。 ラズベリーは、もともとどんな植物? ラズベリーは、キイチゴの栽培種のひとつのグループで、欧米で品種改良が進められた果樹です。 他の栽培種のグループとしてブラックベリーがありますが、ラズベリーとの違いは、果実が熟したとき、果実が花托から離れて内部が空洞になっているのがラズベリー、花托がついたまま果実の芯となって詰まった形でとれるのがブラックベリーです。 果実の様子だけでなく、その味わいも、ラズベリーとブラックベリーでは異なっています。 なお、ラズベリーにも黒色の果実がなる品種があり、果実が小さいキイチゴをブラックベリーと呼んでいるわけではありません。 ブラックベリー そもそも、キイチゴってどんな植物? キイチゴとは一種類の植物を指すわけではなく、バラ科キイチゴ属に分類され、木になるイチゴの総称名です。 日本には、ナワシロイチゴ、カジイチゴ、モミジイチゴ、ニガイチゴなどいくつかのキイチゴが自生していますが、これらはラズベリーではありません。 ラズベリーの原種は欧米原産 ラズベリーは欧米で栽培、改良されてきました。 ヨーロッパでは、Rubus idaeus L. など、アメリカでは、R. idaeus L. Occidentalis L. などから改良されたといわれています。 ラズベリーの品種の特徴や選び方は? ラズベリーには、いくつもの品種があります。 それぞれの品種によって、果実の色は赤、黄、黒、紫、とさまざま。 それらはその色から、赤ラズベリー、黒ラズベリー、紫ラズベリーに大きく分けられています。 果実が黄色のラズベリーは、赤ラズベリーの変異種だといわれています。 また品種によって、一季なり性のものと二季なり性のものがあり、二季なり性のものは夏だけでなく秋にも収穫が楽しめます。 ラズベリーの代表的な品種 ヘリテージ 二季なり性。 果実は赤色で、2〜3g。 収穫量がとても多く、収穫期間が長いのも特徴です。 サマーフェスティバル 二季なり性。 果実は赤色で、3〜4g。 枝は開帳性で、横に広がるように伸びます。 ファンタジーレッド 一季なり性。 果実は赤色で、6〜10gにもなる極大実種。 株が大きく育つので収量も期待できます。 インディアンサマー 二季なり性。 果実は赤色、2〜3g。 枝は開帳性で、横に広がるように伸びます。 ジョイゴールド 二季なり性。 果実は黄色で、5〜8gと大粒。 食感がよく生食向きの品種です。 ファールゴールド 一季なり性。 果実は黄色で、4〜5g。 枝は直立性です。 ブラックキャップ 一季なり性。 ブラックラズベリーと呼ばれる品種で、赤い果実が黒く熟し、3〜5g。 甘くコクがあります。 品種の選び方 品種を選ぶ際、重要なポイントとなるのは、収穫が年1回なのか2回なのか、つまり一季なり性なのか二季なり性なのかということでしょう。 また、豊富な果実の色や果実の大きさなども、品種を選ぶ際の大きなポイントになります。 ラズベリーは枝に細かな硬い毛やトゲがありますが、品種によってはそれらがないものもあり、管理のしやすさからいえば、そういった毛やトゲのない品種のほうがよいかもしれません。 なお、ラズベリーは自家結実性で、苗木1本でも果実をつけます。 ラズベリーの種類、品種によって育て方は違いがあるの? ラズベリーのそれぞれの品種は、収穫時期や、耐寒性の違いが若干あるくらいで、その性質が大きく異なることはありません。 そのため、育て方が品種によって異なるということもほとんどないでしょう。 人気のあるラズベリーの品種を知りたい ラズベリーを栽培するもっとも大きな目的は、その果実を収穫することです。 同じ収穫をするなら、大きな果実を数多く収穫したいものです。 そういったことから、二季なり性の大粒種であるマリージェーン、ジョイゴールドなどが人気です。 インディアンサマー 二季なり性で、立ち性の品種のため、枝を誘因引する必要がありません。 枝にはトゲがありますが、寒さに強く丈夫で、育てやすい品種です。 果実はそれほど大きくありませんが、数多く結実します。 マリージェーン 夏と秋の2回収穫ができ、その紅色の果実は甘く濃厚で、大きさも平均的なラズベリーよりも大きく、食べ応えがあります。 ジョイゴールド 二季なり性の大粒品種です。 果実は美しい黄色をしていて、甘みが強く生食向きの品種です。 これらの人気品種に限らず、ラズベリーには魅力的な品種がいくつもあります。 そのなかから、大きさ、色、味わいなど、お気に入りの品種を見つけて育て、収穫を楽しんでください。 ラズベリーの育て方のポイントやコツ 一般的に果樹を結実させるためには受粉が重要です。 果樹のなかには受粉樹といって、異なる品種の苗木を近くに植えないと実つきが悪くなるものもありますが、ラズベリーは苗木1本でも結実します。 そのため、受粉樹は不要です。 日光を好むので、鉢植えは年間を通してなるべく日当たりのよい場所に移動させます。 水やりさえしっかり行っていれば、多少の暑さにも耐えられるので、特に日陰に移動させる必要はありませんが、 猛暑で株が傷む場合のみ、日陰に置き場を一時的に移動させるとよいでしょう。 庭植えの場合もなるべく日当たりのよい場所に植えつけます。 ラズベリーに適した土作りが栽培の第一歩 ラズベリーは比較的土に対する適応性が高く、痩せ地でも育つほどで、用土にそれほど気を使う必要はありません。 しかし本来は、水はけと水もちがよい、有機質の多く含まれた弱酸性の土壌を好みます。 そのような条件の用土が用意できれば、よりいっそう生育がよくなり、おいしい果実が収穫できるようになります。 鉢植えの土作り 市販されている「果樹・花木用の土」が入手できる場合は、購入して利用するのがおすすめです。 入手できなれば、「野菜用の土」と鹿沼土(小粒)を7:3程度の割合で混ぜたものを使うとよいでしょう。 Credit 記事協力 監修/三輪正幸 1981 年岐阜県生まれ。 千葉大学環境健康フィールド科学センター助教。 専門は果樹園芸学。 NHK「趣味の園芸」の講師をつとめ、家庭でも果樹を気軽に楽しむ方法を提案している。 構成と文・童夢.

次の

ローズマリーの花言葉や由来|色別(赤色・白色・ピンク色・黄色・青色)の意味から怖い意味まで丸わかり

ラズベリー 花 言葉

コロコロとした小さな果実がとっても可愛らしい北米原産のブルーベリーは、6月から9月の初夏から夏にかけて旬を迎える果物であり、高い抗酸化活性や視機能改善効果などが期待される アントシアニンなどのポリフェノール類をはじめ、ビタミンやミネラル、食物繊維といったからだに嬉しい栄養成分がたっぷり含まれています。 そのため、 「ブルーベリー=健康や美容維持に欠かせない果物」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ブルーベリーは食べるだけではなく、紅葉や銀杏などと同じく季節に合わせてその姿を変化させる落葉樹であるため、温かな春を迎えるとスズランのような可憐な白い花を咲かせ、夏にはコロンとした青紫色の果実を実らせ、秋には葉を赤く色付かせます。 ブルーベリーの名前の由来 日本では6月から9月に旬を迎えるコロンとした可愛らしい小さな青紫色の果物「ブルーベリー」は、 英語で青色を意味する「Blue」と核の無い果肉の柔らかな食用小果実という意味を表す「Berry」を組み合わせて誕生した言葉であり、花が枯れた後に青色の食用小果実が実ることからこの名が付いたとされています。 ちなみにドイツでは「Blaubeere ブラオベーレ ・Heidebeere ハイデルベーレ 」、イタリアでは「Myrtille ミルティユ 」、フランスでは「Mirtillo ミルティッロ 」と、 それぞれ国によってブルーベリーの呼び方が全く異なります。 ブルーベリーは世界におよそ150種類以上の品種が存在しており、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される品種を「ブルーベリー」と呼んでいます。 ブルーベリーを含むシアノコカス節に分類される植物は、中南米を起源としており、カリブ海諸島を経由して北アメリカへと渡り、ゆっくりと進化を進めながら大陸東部の沿岸地帯に沿って北方へと広まっていったとされています。 よくブルーベリーの1種として北欧を中心に自生している「ビルベリー」が紹介されることがありますが、ビルベリーはツツジ科スノキ属ミルティルス節に分類される植物のため、 正確に言うとブルーベリーとは異なる植物となります。 ブルーベリーの花言葉 春になるとスズランのような愛らしい白やピンク色の花を咲かせるブルーベリーには、その花が持つ特徴や香りなどから象徴的な意味を表す花言葉が付けられています。 ブルーベリーの花言葉は、『知性』『知恵』『信頼』『実りある人生』『親切』『思いやり』『有意義な人生』『好意』『幼い恋』となっているのですが、 なぜこのような花言葉が付けられたのでしょうか。 『知性』『知恵』 ブルーベリーの果実は青紫色の美しい色彩の果皮のなかにたっぷり果肉が詰まっていることから『知性』『知恵』が詰まっているという意味を込めてこの花言葉が付けられました。 『信頼』『親切』『思いやり』『幼い恋』 この花言葉の由来ははっきりとされていませんが、白く可憐な花を咲かせることから付けられたのではないかとされています。 ちなみにブルーベリーは8月5日と8月21日の 誕生花とされておりますが、 ブルーベリーの 誕生果は8月31日となっていますので、ブルーベリーの苗木やブルーベリーがデザインされた品物を誕生日プレゼントとして用意される際は、 花と果実を混同しないように気を付けましょう。 まとめ 果実を収穫する楽しみはもちろんのこと、四季を通して私たちを楽しまれてくれる魅惑的なブルーベリーは、とても素敵な花言葉を持つ果樹となっています。 あなたの周辺で8月に誕生日を迎える方がいるのであれば、この機会に花言葉を書いたバースデーカードを添えてブルーベリーの花や果実がデザインされた誕生日プレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

次の

知りたい! ラズベリーの種類や品種、それぞれの特徴と選び方

ラズベリー 花 言葉

イエローラズベリーまたは、ゴールデンラズベリーと呼ばれている種。 raspberry や framboise とは本来はヨーロッパに自生するラズベリーをさしていたのであろうが、果樹としては特に Rubus idaeus L. subsp. idaeus を原種や交配親とする栽培品種を指すことが多く、また広義には果床が木質化し、熟すと果床上に形成される集合果と果床が分離するキイチゴ属および栽培品種群全体を raspberry や framboise の名で呼ぶ。 この観点に立てば、日本に自生するキイチゴ属の植物は全てがラズベリーに分類されることになる。 現に、日本にもヨーロッパキイチゴの亜種であるエゾイチゴ R. idaeus L. subsp. melanolasius Focke やミヤマウラジロイチゴ R. idaeus L. subsp. nipponicus Focke、エゾイチゴの変種のカナヤマイチゴ R. idaeus L. subsp. melanolasius Focke f. concolor Kom. Ohwi、ミヤマウラジロイチゴの変種のシナノキイチゴ R. idaeus L. subsp. nipponicus Focke f. marmoratus H. et Vaniot Kitam. 、イシヅチイチゴ R. idaeus L. subsp. nipponicus Focke var. shikokianus Ohwi et Inobe Kitam. et Naruh. が分布する。 Rubus phoenicolasius Idaeobatus 亜属の主な種をあげる。 ただしこのほかにも、名前にラズベリーを含む種は多い。 栽培化されているのはこれらのうちごく一部である。 Rubus arcticus - Arctic Raspberry, Arctic Bramble• Rubus chingii -• Rubus corchorifolius -• Rubus coreanus -• - Korean Raspberry• Rubus croceacanthus -• Rubus grayanus -• Rubus hirsutus -• - 、フランボワーズ European Raspberry, Framboise• Rubus illecebrosus -• - Blackcap Raspberry, Black Raspberry, Whitebark Raspberry• Rubus mesogaeus -• Rubus microphyllus -• Rubus minusculus -• - Mysore Raspberry, Ceylon Raspberry, Hill Raspberry• - 、クロミキイチゴ Black Raspberry• Rubus palmatus - (var. coptophyllus変種)、(var. palmatus本種 ナガバモミジイチゴは西日本に分布する本種。 モミジイチゴは東日本に分布する地理変異種。 Rubus parvifolius -• Rubus peltatus -• - Japanese Wineberry, Wineberry• Rubus pungens -• - West Indian Raspberry• - Salmonberry• - American Red Raspberry, American Raspberry• Rubus sumatranus - フクロイチゴ• 苗木も簡単に入手でき、様々な土壌に対応する。 ただしの食害による枯死や地下茎による過度の繁殖に気をつけるべきである。 を一切使わずに栽培できるが日本では収穫時期がと重なるため雨によるなど病気の発生が起こる。 罹病した果実の除去や通気性の確保などが対策として挙げられるが 営利栽培において商品価値を向上させるためにはなどの利用が好ましい。 国内における営利栽培はラズベリーやなどがほとんどである。 黒ラズベリーの栽培も見られるが、紫ラズベリーは皆無である、尚苗木の流通も同じである。 食用 [ ].

次の