アークナイツ 王の杖。 【アークナイツ】★5術師「スカイフレア」紹介! スタンも狙える範囲攻撃! 現在水着も販売中

鉱石病?感染者?主人公たちは誰と戦っているの?『アークナイツ』の奥深くも複雑な世界設定をわかりやすく整理してみよう

アークナイツ 王の杖

CV:さん 2020年5月15日 金 4:00に更新された常設スカウト。 「スカイフレア」は遠距離から術攻撃が可能な術師オペレーター。 範囲攻撃が可能なので、複数の敵が重なっていると効果的に機能します。 特に素質により「配置中、ブロック中の敵が受けるダメージが上昇」するため、他のオペレーターが止めた敵に対してダメージがアップ。 複数の敵に攻撃できる範囲術攻撃とよく噛み合った素質ですね。 通常攻撃の威力が上がるスキル1に対して、スキル2はやや異質。 攻撃の間隔が延びる一方で、 敵をスタンさせる効果が攻撃に付与され、より広範囲の敵にダメージを与えることが可能になります。 攻撃のエフェクトまで 隕石が降ってくるものに変わるなど非常に凝っているので、入手したらぜひ使ってみてください。 ちなみに現在、が購買部で販売中。 普段は見られない赤面や高い露出が魅力的なので、これ狙いでスカウトに挑戦するのもアリ! アーツ研究団体「王の杖」に所属する、レユニオンに復讐を誓った術師。 地質学とアーツに精通している。 炎を使ったアーツは強力だが、服装を含め周りの物が燃えやすいのが悩みの種。 「弱者の先には、破滅が待つのみですわよ。 」 ゲーム内での仕草もご紹介! 強力なスキルを持つ範囲攻撃術師オペレーター「スカイフレア」(CV: )は、現在常設スカウトにてピックアップ中! さらに、専用コーデの<温度差>も購買部のファッションショップで5月20日(水)3:59まで販売中! ぜひお見逃しなく! — アークナイツ公式 ArknightsStaff アークナイツ情報・攻略 更新中!

次の

【アークナイツ】スカイフレア(天火 Skyfire)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

アークナイツ 王の杖

客観的経歴 スカイフレアは、民間のアーツ研究会「狐尾」の中心グループ「王の杖」に所属している。 地質学と源石地質学の二つの学位を所持するヴィクトリア上級職業術師で、アーツ運用及び理論研究方面では特に造詣が深い。 現在王の杖のロドス駐在首席術師の任にあり、ロドスとの協力協議を結んでいる。 またロドスの源石理論研究や殲滅作戦等多くの任務へ協力を提供している。 基本ステータス ブロック数 1 攻撃速度 遅い 2. 循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。 以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。 【源石融合率】0% 鉱石病の兆候は見られない。 【血液中源石密度】0. 言わせてもらうけど、まるっきり世間知らずのお嬢様だ。 ちょっと苦労をしたほうが戦場の過酷さとか、感染者の大変さがわかるだろう。 こっそり面倒事を押しつけて、アイツの鼻をへし折ってやるべきだな。 彼女は火を操り巨大な炎にすることを得意とし、その炎の塊を目標に向かって落とせば、戦場の敵はことごとく燃え尽きる。 この過程で流れまわる熱がスカイフレアの服飾品を燃やすとともに、彼女の髪の毛先はひらりと舞い上がるが、炎は彼女を傷つけることはおろか触れることすらできない。 かなりの高温といい燃え盛る光といい、スカイフレアが駆使するアーツは太陽を直接大地にたたきつけるようなもので、彼女のコードネームの由来にもなっている。 実際、このような膨大なパワーは、まだ人生経験の浅い術師として、天賦の才に恵まれていても、彼女は未だ完全には操り切れていない。 くれぐれもスカイフレアがいるエリアの火災警報には注意を払うように。 資料2 「王の杖」とロドスの協力関係の契機となったのは、ほんの些細な出来事だったが、王の杖のメンバーにとっては、それはどうしても許せないことだった。 過激派感染者による組織、レユニオンは幾度かの暴動のなかで、王の杖が飼っていたペットの「フィル」を誤って殺してしまい、王の杖のメンバーたちは激怒した。 現地のレユニオンメンバーが予想できなかったのは、王の杖のメンバーはみな戦闘においては天才的で、強い闘争心と行き場のない若さゆえの力を抱えているということだ。 この一匹のペット、あるいは家族、親友の逝去により、王の杖はレユニオンに対する報復を展開し、現地のレユニオンに深刻な打撃を与えた。 王の杖はたったの五人グループだが、彼女たちは感染者問題解決の専門組織を探し、その組織と協力し、卑劣な仇たるレユニオンを完全に撲滅しようと決めたのだ。 以上が王の杖がロドスと協力関係を結ぶに至ったあらましだろう。 資料3 スカイフレアは決して横暴で薄情な人間ではない。 ただ多くの人間は彼女の速すぎる頭の回転と何手先も読んだ行動についてこれず、それゆえに彼女とコミュニケーションをとる際に行き違いが起こってしまうのだ。 そしてこれこそが彼女を悩ませている。 おそらく、スカイフレアは他人を叱責したり批難したいと思っているわけではない。 自分の考えを適切に伝えられないことがもどかしく、その結果、大半の時間を彼女自身を落ち着かせるために充てている以外に考えられない。 安心できるのは、彼女には志を同じくする友がおり、ロドスにも多種多様なオペレーターがいる点だ。 もしスカイフレアが本当に寂しさを感じているのなら、彼女たちが不自由さや喪失感を少しでも和らげてくれるはずだ。 一部のオペレーターによれば、少なくとも自分の不注意でドクターの任務報告書を燃やしてしまった時、彼女は顔を赤くして謝るということだ。 昇進2解放 音声記録 秘書任命 火災報知器が鳴った?あら、失礼。 私は執務室の前を通っただけですのよ。 体温がまた上がり過ぎていたのかもしれませんわ。 しかし、フィルが謀殺されてからは、あの忌々しい奴らを消し去ることが、最優先事項として私のスケジュールに組み込まれましたわ。 会話3 いまのロドスの軟弱なやり方では、我ら『王の杖』の足を引っ張るだけですわ。 昇進後会話1 あなた、アーミヤには何も話していませんの?それではあまりにも気の毒ですわ。 優しさなど、ただ一時的に現実を覆い隠しているだけ。 悪徒が迎える結末は、結局、破滅しかありませんわ。 昇進後会話2 あなた、この程度では、まだまだ我ら『王の杖』の足元にも及びませんわ。 ふふ、そう、私は強い。 というよりも私達五人の強さは別格、ということを覚えておいてくださる? 信頼上昇後会話1 ルミナリエスが持っている刀、あれは白から譲り受けたものですのよ。 白の前の持ち主は、刀一振りで国中の桜を散らすと恐れられた剣豪だったそうですけれど、それでも白に敗れて、この刀を差し出したというお話ですわ。 信頼上昇後会話2 まあ、何事ですか、その服の有様は?は?私が燃やした?有り得ませんわ、私の体の制御は完璧で……間違いない?それは……し、失礼致しましたわ。 信頼上昇後会話3 あなたと私の考えは根本的に異なるもの、ですが、いまのロドス全体が一丸となって努力しながら前進する姿……悪くありませんわ。 ええ、そうですわね、褒めていますのよ。 放置 だらしのない姿ですわ。 このまま惰眠を貪って、時間を無駄にするおつもりかしら? 入職会話 『王の杖』所属、スカイフレアと申しますわ。 私が目的を果たすまで、このロドスに居させてもらいますわ。 私の目的ですか?それは勿論、レユニオンを燃やし尽くすことですわよ。 経験値上昇 この程度では、まだまだ私の真の力を引き出したとは到底言えませんわ。 昇進I 当然の結果ですわね。 昇進2 ふふ、偶には身分相応の待遇を受けるのも心と体によいですわね。 編成時 戦場の温度、足りませんわね。 隊長任命 日輪の輝きが私を守りますわ。 作戦準備 出撃いたしますわ。 戦闘開始 私の威光にひれ伏しなさい。 配置2 よろしくってよ。 選択2 どうするおつもり? 配置2 弱者の先には破滅が待つのみですわよ。 配置2 賢者は常に先んじるものですわ。 作戦中1 行きなさい。 作戦中2 ファイヤー、ブレイズ、インフェルノ! 作戦中3 日輪の炎に焼かれなさい! 作戦中4 空があなたを焼き尽くしますわ! 星3で戦闘終了 日輪に焼き尽くせない魂はありませんわ。 星3で戦闘終了 あなた方、焼け野原になってしまいましたが、何か残したかったのかしら? 星2以下で戦闘終了 この程度……ですわね。 任務失敗 有り得ませんわ……この私が……どうして…… 基地配属 もう少し涼しいお部屋をご用意してくださらない? タッチ これは、手品ですの? 信頼タッチ あなた、この理論について少し解説を頂けませんこと?十二分もあれば十分ですわね。 タイトル アークナイツ 挨拶 あら、ご機嫌いかが?.

次の

【アークナイツ】スカイフレア(天火 Skyfire)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

アークナイツ 王の杖

客観的経歴 スカイフレアは、民間のアーツ研究会「狐尾」の中心グループ「王の杖」に所属している。 地質学と源石地質学の二つの学位を所持するヴィクトリア上級職業術師で、アーツ運用及び理論研究方面では特に造詣が深い。 現在王の杖のロドス駐在首席術師の任にあり、ロドスとの協力協議を結んでいる。 またロドスの源石理論研究や殲滅作戦等多くの任務へ協力を提供している。 基本ステータス ブロック数 1 攻撃速度 遅い 2. 循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。 以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。 【源石融合率】0% 鉱石病の兆候は見られない。 【血液中源石密度】0. 言わせてもらうけど、まるっきり世間知らずのお嬢様だ。 ちょっと苦労をしたほうが戦場の過酷さとか、感染者の大変さがわかるだろう。 こっそり面倒事を押しつけて、アイツの鼻をへし折ってやるべきだな。 彼女は火を操り巨大な炎にすることを得意とし、その炎の塊を目標に向かって落とせば、戦場の敵はことごとく燃え尽きる。 この過程で流れまわる熱がスカイフレアの服飾品を燃やすとともに、彼女の髪の毛先はひらりと舞い上がるが、炎は彼女を傷つけることはおろか触れることすらできない。 かなりの高温といい燃え盛る光といい、スカイフレアが駆使するアーツは太陽を直接大地にたたきつけるようなもので、彼女のコードネームの由来にもなっている。 実際、このような膨大なパワーは、まだ人生経験の浅い術師として、天賦の才に恵まれていても、彼女は未だ完全には操り切れていない。 くれぐれもスカイフレアがいるエリアの火災警報には注意を払うように。 資料2 「王の杖」とロドスの協力関係の契機となったのは、ほんの些細な出来事だったが、王の杖のメンバーにとっては、それはどうしても許せないことだった。 過激派感染者による組織、レユニオンは幾度かの暴動のなかで、王の杖が飼っていたペットの「フィル」を誤って殺してしまい、王の杖のメンバーたちは激怒した。 現地のレユニオンメンバーが予想できなかったのは、王の杖のメンバーはみな戦闘においては天才的で、強い闘争心と行き場のない若さゆえの力を抱えているということだ。 この一匹のペット、あるいは家族、親友の逝去により、王の杖はレユニオンに対する報復を展開し、現地のレユニオンに深刻な打撃を与えた。 王の杖はたったの五人グループだが、彼女たちは感染者問題解決の専門組織を探し、その組織と協力し、卑劣な仇たるレユニオンを完全に撲滅しようと決めたのだ。 以上が王の杖がロドスと協力関係を結ぶに至ったあらましだろう。 資料3 スカイフレアは決して横暴で薄情な人間ではない。 ただ多くの人間は彼女の速すぎる頭の回転と何手先も読んだ行動についてこれず、それゆえに彼女とコミュニケーションをとる際に行き違いが起こってしまうのだ。 そしてこれこそが彼女を悩ませている。 おそらく、スカイフレアは他人を叱責したり批難したいと思っているわけではない。 自分の考えを適切に伝えられないことがもどかしく、その結果、大半の時間を彼女自身を落ち着かせるために充てている以外に考えられない。 安心できるのは、彼女には志を同じくする友がおり、ロドスにも多種多様なオペレーターがいる点だ。 もしスカイフレアが本当に寂しさを感じているのなら、彼女たちが不自由さや喪失感を少しでも和らげてくれるはずだ。 一部のオペレーターによれば、少なくとも自分の不注意でドクターの任務報告書を燃やしてしまった時、彼女は顔を赤くして謝るということだ。 昇進2解放 音声記録 秘書任命 火災報知器が鳴った?あら、失礼。 私は執務室の前を通っただけですのよ。 体温がまた上がり過ぎていたのかもしれませんわ。 しかし、フィルが謀殺されてからは、あの忌々しい奴らを消し去ることが、最優先事項として私のスケジュールに組み込まれましたわ。 会話3 いまのロドスの軟弱なやり方では、我ら『王の杖』の足を引っ張るだけですわ。 昇進後会話1 あなた、アーミヤには何も話していませんの?それではあまりにも気の毒ですわ。 優しさなど、ただ一時的に現実を覆い隠しているだけ。 悪徒が迎える結末は、結局、破滅しかありませんわ。 昇進後会話2 あなた、この程度では、まだまだ我ら『王の杖』の足元にも及びませんわ。 ふふ、そう、私は強い。 というよりも私達五人の強さは別格、ということを覚えておいてくださる? 信頼上昇後会話1 ルミナリエスが持っている刀、あれは白から譲り受けたものですのよ。 白の前の持ち主は、刀一振りで国中の桜を散らすと恐れられた剣豪だったそうですけれど、それでも白に敗れて、この刀を差し出したというお話ですわ。 信頼上昇後会話2 まあ、何事ですか、その服の有様は?は?私が燃やした?有り得ませんわ、私の体の制御は完璧で……間違いない?それは……し、失礼致しましたわ。 信頼上昇後会話3 あなたと私の考えは根本的に異なるもの、ですが、いまのロドス全体が一丸となって努力しながら前進する姿……悪くありませんわ。 ええ、そうですわね、褒めていますのよ。 放置 だらしのない姿ですわ。 このまま惰眠を貪って、時間を無駄にするおつもりかしら? 入職会話 『王の杖』所属、スカイフレアと申しますわ。 私が目的を果たすまで、このロドスに居させてもらいますわ。 私の目的ですか?それは勿論、レユニオンを燃やし尽くすことですわよ。 経験値上昇 この程度では、まだまだ私の真の力を引き出したとは到底言えませんわ。 昇進I 当然の結果ですわね。 昇進2 ふふ、偶には身分相応の待遇を受けるのも心と体によいですわね。 編成時 戦場の温度、足りませんわね。 隊長任命 日輪の輝きが私を守りますわ。 作戦準備 出撃いたしますわ。 戦闘開始 私の威光にひれ伏しなさい。 配置2 よろしくってよ。 選択2 どうするおつもり? 配置2 弱者の先には破滅が待つのみですわよ。 配置2 賢者は常に先んじるものですわ。 作戦中1 行きなさい。 作戦中2 ファイヤー、ブレイズ、インフェルノ! 作戦中3 日輪の炎に焼かれなさい! 作戦中4 空があなたを焼き尽くしますわ! 星3で戦闘終了 日輪に焼き尽くせない魂はありませんわ。 星3で戦闘終了 あなた方、焼け野原になってしまいましたが、何か残したかったのかしら? 星2以下で戦闘終了 この程度……ですわね。 任務失敗 有り得ませんわ……この私が……どうして…… 基地配属 もう少し涼しいお部屋をご用意してくださらない? タッチ これは、手品ですの? 信頼タッチ あなた、この理論について少し解説を頂けませんこと?十二分もあれば十分ですわね。 タイトル アークナイツ 挨拶 あら、ご機嫌いかが?.

次の