背中 が 痛い 肺炎。 これが一番「痛い死に方、苦しい死に方」医師は本当の事は言いません(週刊現代)

【日記】肩が痛いと思ったら、肺炎でした。: sak's weblog

背中 が 痛い 肺炎

肺炎の症状 公開日:2016年7月25日 15時00分 更新日:2019年6月12日 11時47分 肺炎かな?と思ったら 肺炎の症状として代表的なものは、せきや発熱、呼吸困難、くしゃみ、たん、のどの痛み、胸痛などがあります。 風邪の症状に似ていますが、肺炎と風邪とのの違いは症状の重さです(表)。 細菌性肺炎の場合は、湿った咳が黄色や緑色などの痰とともに出てきます。 非定型肺炎の場合は乾いたせきが長く続きますが痰はあまり出ません。 非定型肺炎とは、ウイルスより大きく細菌より小さいサイズの病原微生物が原因で起こる肺炎のことで、代表的なものとしてマイコプラズマ肺炎があります。 発熱 風邪の場合は、おおよそ38度前後で治まりますが、インフルエンザでは39度以上の高熱が出ることがあります。 肺炎も高熱が出ますので、一時的に39度や40度の熱が出ます。 しかし、高齢者の場合、あまり高い熱が出ないケースもありますので、自己判断で薬を飲んだりすることは避けましょう。 呼吸困難 肺胞の中に水が溜まると、息が苦しくなり、呼吸困難となることがあります。 重症化すると、酸素をうまく取り込むことができず、体全体が酸素不足になり、チアノーゼ(顔や唇が紫色に変色する)になることもあります。 また、肺に水が溜まっていなくても、気管や肺に炎症が起きている場合は、上手く空気を吸い込むことが難しくなり、呼吸困難となることもあります。 のどのあたりに痰が溜まっている時も、空気の通り道(気道)が狭くなるので、呼吸困難となります。 胸の痛み 肺の炎症が強くなり、肺の組織を覆っている「胸膜」まで炎症が広がると、胸が強く痛むことがあります(図)。 痛みが長く続く時や、呼吸の動きに合わせて痛みの強さが変化する時は、胸膜の炎症が起きているかもしれません。 発症している日数は、風邪の場合は数日から1週間くらいですが、肺炎の場合は1週間以上症状が長く続き、入院治療が必要となるケースが多くなります。 肺炎の症状が起こる仕組み 肺炎は、細菌やウイルスがのどを通過して、肺にある肺胞に侵入し、炎症を起こすことで発症します。 肺胞は、酸素と二酸化炭素のガス交換をする役割をしていますので、肺胞で細菌やウイルスが増殖すると、本来の肺胞が持つ「ガス交換」という機能が上手く働かなくなり、呼吸困難や息切れなどの症状を引き起こします。 一般的に、「風邪」はのどに感染し、細菌やウイルスが増殖して起こる病気です。 そのため、咳とともに痰が出るものの、のどのあたりで作られる痰なので、痰の量が多いことはあっても、比較的、出しやすい痰であることが多いです。 風邪の時に発熱するのは、私たちの平常時の体温よりも、少し高い体温の方が、免疫機能が働きやすくなるためです。 一方で「肺炎」は、肺の奥の方で感染し、細菌やウイルスが増殖して起こる病気です。 そのため、咳や痰は肺の奥からこれらを排出しようとして起こりますので、強い咳、粘度が高い痰を出そうとします。 痰の量も多く、粘度が高いためなかなか吐き出すことが出来ません。 肺炎の時に発熱する理由は風邪と同様ですが、より強い免疫力で細菌やウイルスと戦おうとするため、高熱が続くことになります。 人数にすると、およそ12万人です。 その中でおよそ95%が65歳以上の高齢者であるといわれています。 その理由はいくつか考えられますが、もっとも分かりやすい理由は、免疫力の低下や、もともと持っている慢性的な疾患の影響です。 高齢者が肺炎で死亡する理由 もともとの慢性的な疾患があると、免疫力は常に低下気味となります。 慢性的な疾患があると、それに対抗すべく、体はより多くのエネルギーなどを必要とします。 さらに高齢になると食事などからエネルギーを上手く取り込むことが難しくなり、免疫力にまでエネルギーが行きわたりにくくなります。 この状態で肺炎を発症させるような細菌やウイルスに感染すると、免疫力が十分に働くことができません。 高齢者が肺炎になっても、あまり高い熱を出さない理由もここにあります。 人の体を発熱させるには多くのエネルギーを必要としますが、高齢者になるとこの「発熱させる」機能が十分に働かず、免疫力がその機能を十分に発揮するまで、体温を上げることが難しくなるのです。 その結果、肺炎の原因となる細菌やウイルスなどの病原微生物を、早期に排除することが出来なくなり、周囲の人が気づいた時には、すでに命にかかわる状態になっていることも珍しくありません。 例えば、呼吸が浅い、呼吸が速い、無口になる、食欲不振が3~4日続くことです。 このような変化は、普段の様子を知っている身近な人しか気がつくことは出来ません。 高齢者が自分自身で気づくうちは良いのですが、「何だか体調がおかしい」「いつもとは違う」「風邪が治らない」などに気づいたら、肺炎を疑ってみることが必要です。 すぐに専門医を受診して、検査を受けましょう。 画像引用元 1 画像は、生命科学教育シェアリンググループコーディネータから文面で胸膜に関する「一歩一歩学ぶ生命科学(人体)」コンテンツの使用許可を得て、掲載しています。

次の

【日記】肩が痛いと思ったら、肺炎でした。: sak's weblog

背中 が 痛い 肺炎

背中の痛み【左側・右側・肩甲骨】は内臓が原因? 背中は、肩のように凝ったり腰のように張ったりと、 痛みが出やすい部位です。 よくあるのが、スポーツをした時に痛むのと、寝過ぎて痛む場合です。 どちらも筋肉の疲労が原因で起こる背中の痛みですが、 背中の痛みの原因はこの他にもあるのでしょうか。 また、背中の痛みは背中のどの部分が痛むかによっても原因が異なると言われています。 「背中の左下辺りが痛い・・」と言うと「胃が悪いのでは?」と言われた経験はありませんか?背中が痛いのにどうして胃が原因だと思うのか、不思議ですよね。 そこで今回は、背中の痛みについて調べてみました。 背中の痛みの原因や、背中の痛む部位によって注意すべき点などをご紹介していますので、是非ご一読頂けたらと思います。 背中の痛みの原因は? 背中の痛みの原因として、最も多いのが「 筋肉疲労」です。 背筋を使ったスポーツ・トレーニングを行った時や、過度の緊張、長時間デスクワークを続けたことにより筋肉が硬直してしまうもので、これらは「 筋筋膜痛症候群」と呼ばれています。 次に考えられるのが、骨の異常です。 背骨がズレたり歪むことで神経を圧迫し、痛みが生じます。 また、骨折やヒビ、打撲でも痛むことがあり、息を吸ったり吐いたりする時に痛みが強く出る、背中が痛い他に下半身のしびれなどが症状としてあります。 さらに、 内臓に疾患があると背中に痛みが出る場合もあります。 左側の背中の痛みの原因は? 背中の左側だけが痛む原因には、以下のことが考えられます。 筋肉疲労• 姿勢の悪さによる筋肉の緊張、コリ• 骨の異常• 狭心症• 心筋梗塞• 胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍• 胃がんや膵炎、膵臓がん 主に体の左側にある臓器に疾患があると、背中の左側だけが痛むことがあるようです。 また、上記の疾患が原因の場合には、背中の痛みだけではなく、吐き気や頭痛、動悸、胸やけや胃のむかつき、下痢や便秘といった症状も合わせて発症します。 右側の背中の痛みの原因は? 背中の右側だけが痛む原因には、以下のことが考えられます。 筋肉疲労• 姿勢の悪さによる筋肉の緊張、コリ• 骨の異常• 肝炎、肝臓がん• 胆石、胆のう炎、胆のうがん、胆管がん 主に体の右側にある臓器に疾患があると、背中の右側だけが痛むことがあるようです。 肝臓は、腹部の上の右側に位置しているため、肝臓に疾患があると背中の右側が痛みます。 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、病気になってもかなり進行しないと症状が出ないとも言われており、背中の右側の痛みというのは肝臓の状態を知るためのバロメーターともなっています。 肝炎や肝臓がんは風邪に似た症状(発熱や嘔吐、食欲不振など)なため、放値してしまったら病院でも誤診されるケースもありますが、加えて背中の右側に痛みがある場合はすぐに診てもらうようにしましょう。 また、胆石や胆のう炎は脂っこい食べ物を食べた後にお腹に痛みや違和感があるようです。 肩甲骨の痛みの原因は? 肩甲骨とは、肩から少し下がったところにある、左右に骨が出っ張った部分です。 ここが痛む場合は筋肉が疲労を起こしているケースが多く、パソコンやデスクワークで長時間同じ姿勢をしていたり、猫背によって引き起こされます。 Sponsored Link また、鎖骨と一番上の肋骨との間(胸郭出口と言います)を通っている神経が、骨の異常や筋肉の硬直などによって圧迫されることで起こる「 胸郭出口症候群」も、肩甲骨から首に掛けて痛みが生じます。 この場合、腕を頭の上まで伸ばしたり首を曲げる動きをすると痛みが増します。 さらに、肩甲骨が痛くなる原因として腎臓の疾患の可能性も考えられます。 腎臓は背中の下側に位置しているので、腰痛と誤認される場合も多いのですが、背中から肩甲骨に向かって痛みが走ることもあるので注意が必要です。 腎臓疾患には、尿路結石や腎炎、腎臓がんがありますが、背中の痛みと共に尿が出にくい、もしくは血尿や頻尿といった症状も起こります。 背中の痛みと内臓の関係は?病気の心配はないの? 背中の痛みの多くは、筋肉の疲労やコリが原因と考えられます。 しかし、疲労やコリが原因の背中の痛みは、マッサージやストレッチ、ツボ押し、お風呂で温めるなどをすると症状が改善するものですが、このような処置をしたにも関わらず痛みが治まらない、もしくは痛みがもっと強くなっていたという場合は注意が必要です。 なぜなら、内臓疾患が原因の背中の痛みにはこれらの方法は効かないからです。 むしろ、刺激をすることによって症状が悪化するケースもあります。 ではなぜ、内臓疾患が背中の痛みに繋がるのでしょうか。 内蔵に疾患があるのに、背中のように全く別の部位が痛むことを「 関連痛」と言います。 関連痛とは、ある部位から送られてきた痛みの信号を脳が誤認をして、別の部位の痛みとして情報を送ってしまうことを言います。 関連痛の有名なものに「アイスクリーム頭痛」があります。 冷たいアイスクリームやかき氷を食べた時、頭が痛くなったことはありませんか? これは、喉の神経が刺激をされて脳に信号を送ったのに、脳はその信号をこめかみの痛みと誤認して痛みの信号を送ってしまうことから発生します。 これと同じことが、内蔵と背中の間でも起こりうるのです。 また、筋肉疲労やコリによる背中の痛みは睡眠時にはあまり感じませんが、内臓疾患による場合は睡眠時であっても痛みが出るのも特徴です。 背中が痛い時の対処法は?痛みが続くときは、病院は何科? 背中が痛い時の対処法としては、 温めるのがよいでしょう。 背中の痛みの原因の多くは、筋肉の疲労やコリです。 これは血行不良で起こっているため、温めることで血の流れがよくなり痛みが軽くなります。 お風呂にゆっくり浸かる、温湿布をするなどがおすすめです。 また、ストレッチを行うのもよいでしょう。 特に肩甲骨の固まりをほぐすように意識をすると背中全体の痛みがとれます。 ただし、重い荷物を持ち上げた時に急に痛みが走った、物にぶつかった、などの痛みの原因の場合は、炎症を起こしているため温めるのはよくありません。 そのような時は、 湿布で患部を冷やしましょう。 筋肉疲労による背中の痛みは一過性の場合が多く(稀に慢性化する方もいらっしゃいます)、殆どが数日で治ってしまいます。 背中の痛みが続く場合は、筋肉疲労以外の原因が考えられるので病院へ行くようにしましょう。 受診する科の目安として、体を動かしたり体勢を変えると痛みが生じ、寝ている時や安静時には痛みを感じない場合は 整形外科を、安静にしていても痛みがある場合は 内科を受診しましょう。 背中の痛みのまとめ 背中が痛むからといって全てが内臓疾患が原因とは限りませんが、背中の痛みが内蔵によって引き起こされる可能性があると知っておくだけでも、対処のスピードが異なるのではないでしょうか。 慢性的に続く痛みや痛みがだんだんひどくなる場合には内臓疾患を疑って早めに病院へ行くのがよいでしょう。

次の

肺炎 症状 背中 痛みを引き起こす原因とは?

背中 が 痛い 肺炎

椎間関節症かも? 咳をした時に肩甲骨辺りに痛みが ある場合、 筋肉痛や肩こりから、 くる場合もあります。 椎間関節症は肥満や運動不足に加 えて、姿勢の悪さから引き起こさ れます。 肩甲骨は首から肩、腕と繋がってい るので肩こりが酷いと、回りの筋肉 が緊張してコリとなり表れます。 椎間関節の回りには神経が多いので、 身体を捻ったり深呼吸でも痛みを、 感じやすくなります。 咳やくしゃみをすると関節に震動が 走り、痛みとなり表れてしまうので す。 首や肩の骨や関節が問題に! 骨と関節は同時に痛むので、首の骨 が変形すると椎間関節も変性してい きます。 この首の歪みが神経を通じて 『関節以外に痛みを感じる』ように なりそれが背中の痛みになり表れま す。 背中は上から六番目と7番目の頸椎 が 変性する事で痛みがおきます。 咳で首が動くと、背中が痛むのであ れば間違いなく椎間関節症と考えて 良いでしょう。 スポンサーリンク 胸膜炎から起きる背中の痛み 肺炎の合併症で起こりやすく、肺炎 とよく似た症状が表れます。 風邪でも、咳で背中が痛みますが、 痰が絡み発熱があり倦怠感が強い ようなら直ぐに病院で診察を受け ましょう。 肋間神経痛による痛み 肋骨に走る肋骨神経が咳により痛む 事があります。 肋骨に沿って走る神経が筋肉や骨で、 ストレスで起こりやすいと言われて います。 肋間神経は首から背中、そして胸へ と走ります。 この事が、背中にも痛みを出しやす く咳の刺激で強く感じます。 ストレス性のものが多いのですが時 には長引く事もあるようです。 咳をして背中が痛くなったらどうする? 風邪や花粉症のように 『咳の原因』 が特定できているような場合には、 治療先の医師に相談してみましょ う。 激しい咳で肋骨が折れてしまう、 骨粗鬆症で骨折している可能性も あります。 そうなると整形外科での治療とな るので、注意が必要です。 咳と背中 咳は全身を激しく動かすので、背中 だけでなく胸や腰も痛くなりやすい ものです。 自分が思っている以上に全身の筋肉 を使いますから、当然背中の筋肉も ビリビリと動きます。 日本人の多くが 『猫背』で日頃から 首から肩、背中に負担をかけていま す。 この事が骨や筋肉に負担を掛けるこ とになり、咳で痛みを発症しやすい のです。 咳で背中が痛む原因の多くは椎間関 節症からくる二次的なものですが、 中には病気や骨折が隠れている事も あります。 疲れから痛みが発生することもあり ますし、色んな場所が痛みます。 咳で 『ぎっくり腰』になる人もいる ように、咳は身体に負担を掛けやす いものです。 まとめ 咳で背中が痛むのは筋肉だけでなく 骨や神経が関係している事もありま す。 背中の痛みだけでなく、咳で頭痛や 嘔吐などの症状があるようなら、す ぐに病院で診察を受けましょう。 発熱があると、咳で背中が痛む事も ありますが素人判断は危険なもの。 問題がないことが分かれば安心でき ますよ。

次の