かねてから 意味。 「かねてから」とは?誤用だから使えない?意味や漢字表記の仕方・例文・英語表現を解説

「かねてより」の意味と使い方・漢字表記・例文・誤用のされ方

かねてから 意味

「かねてより」の意味 「かねてより」は 以前から、前もって、予め、などの意味があります。 ビジネスなど 少し形式的なシーンで頻繁に使用され、この言葉に触れる機会も多いでしょう。 一般的には場合ひらがなで表記し、動詞と組み合わせて使用します。 使用する際には 「かねてより〜だった」という風に、続く動詞は過去形で使用することがほとんどです。 「兼ねて」と「予て」書き方はどっちが正しいのか 「かねてより」を漢字で表記する時に思いつくのが「兼ねて」と「予て」の二つ。 この二つの表記は どちらも間違いではありませんが、一般的には 「予て」と表記する場合が多いです。 「兼ねて」の場合には、あわせ持つという意味の「兼ねる」という言葉と同じ漢字になるため、意味が紛らわしくなってしまうことが理由でしょう。 ちなみに、「かねてより」を漢字で表記する場合の「兼ねて」は古語である「兼ぬ」の連用形に接続助詞の「て」が付属したもの。 「兼ぬ」には現代語の「兼ねる」よりも幅広い意味があり、予期する、予測する、 一定の区域に わたる、などをあらわします。 ビジネスで使う際の例文 「かねてより」に似た言葉「かねて」「かねてから」 「かねてより」に似た言葉として 「かねて」や「かねてから」があげられます。 「かねて」は「兼ねて」または「予て」と表記し、 以前から、以前に、とい った意味 です。 かつて、かねがね、といえばわかりやすいでしょう。 そして 「かねてから」という言葉は「かねてより」と同じ意味 の言葉。 「かねてより」の方が古い時代から使われているといわれています。 新聞記事で「かねてから」といわない理由 「かねてより」と同じ意味で使用される「かねてから」ですが、 新聞記事で使用されることはほとんどありません。 これは以前からという意味を持つ「かねて」と「から」の重複語であり、「から」にも以前からというニュアンスが含まれることが理由です。 ただし、「かねてから」も古い時代から使われており、 日常会話では許容されています。 重複語とは 重複語とは、重言・重複表現とも言われ、 同じ意味やニュアンスを持つ言葉を重ねて使用することをさします。 聞き手から「言葉の意味を正しく知っていない、正しく使えていない」と思われてしまうことから、また「くどい」と思われることから 重複語は基本的に避けなければなりません。 ただし本来は重複語となってしまう表現でも、 あまりにも頻繁に多くの人が使用する言葉や表現である場合はその用法が許容されます。 英語での言い方 英語で「かねてより」を表現する場合には以前より、予めという意味を持つ 「in advance」やしばらく前からという意味を持つ 「for some time」などが適切です。 ただし日本語の「かねてより」とは少し使い方に違いがあるので注意が必要。 「advance」には進める、前進させるなどの意味の他に早める、繰り上げるといった意味もあります。 かねてよりの英文.

次の

「かねてから」とは?

かねてから 意味

「かねてより」の漢字表記 「かねてより」は漢字表記として 「予てより」と「兼ねてより」の2種類が存在します。 日本語を正しく使うためには漢字表記についてもしっかり確認しておくことが大切です。 「予てより」と「兼ねてより」の意味と使い方 「予てより」と「兼ねてより」は、どちらも漢字表記として間違いではありません。 しかし、 一般的には「予てより」を使用することが多いとされています。 「兼ねてより」の「兼ねて」は、兼用を表す「兼ねる」の漢字としても使われるため、併せ持つなどの意味と勘違いしやすいことが使われない理由として挙げられます。 「かねてより」を漢字で表記する場合は「予てより」を使用すると覚えておきましょう。 「かねてより予定」は誤用のため使えない 「かねてより」は前もって行っていたことに対して使用可能ですが、例外として「かねてより予定しておりました」の使用は避けましょう。 これまでご紹介してきた例文と違い、「かねてより」と「予定」の意味が重複することで、相手に対してくどい印象を与えることになります。 「かねてより予定しておりました」と言いたい場合には「予定」を「計画」などに変更し、より具体的な内容に言い換えると良いでしょう。 「かねてより」と「かねてから」の違い 「かねてより」と 似た表現として「かねてから」も存在します。 この2つの言葉には違いがあるのか確認しておきましょう。 「かねてより」と「かねてから」は同じ意味であるため、 どちらを使用しても問題ないのかと言えばそうではありません。 「かねてから」は新聞でも使われない言葉 「かねてから」は小説などで使われることもありますが、新聞では使用されない言葉となっています。 「かねてから」は重複語であるため、新聞で使われる際は「かねて」と表記されます。 「かねてより」も「かねてから」と同じように重複語であるため、新聞では「かねて」が使用されますが、徒然草などの古文に使用されていた言葉であるため、 「かねてから」よりも使用頻度が多く、言葉遣いとして間違いではないとも言われています。 ・I have something to discuss related to the project I asked you a while ago. ・Please let me go forward with the project I presented you a while ago. 「かねてより」を正しく使おう 「かねてより」は重複語となるため、厳密に言えば誤用となりますが、 古くから現代においても使われている言葉として広く定着しています。 「かねてより予定しておりました」などのように、おかしな形で使うと、誤用を重ねることにもなります。 ビジネスパーソンとして社会で恥ずかしい思いをしないためにも、言葉の意味や使い方を押さえ、正しく使えるように準備しておきましょう!.

次の

日本語で「かねて」の質問です。「かねてから」の「から」は不要なのでしょうか...

かねてから 意味

「かねてより」の漢字での表記には、「兼ねてより」と「予てより」の二種類があります。 「予」は、「与える」や自称の「われ」として使うこともありますが、それ以外の意味は「前もって」だけです。 対して「兼」は多くの意味を持ち、その一つが「前もって」になります。 「予」が持つ意味• 【あらかじめ】前もって。 【かねて】前から。 【あらかじめ-する】前もってそなえる。 【か-ねる】一つに合わせる。 かけもつ。 さらに加わる二人分の働きをする。 つつむ。 【かねて】ともに。 合わせて。 【か-ねる(-ぬ)】遠慮する。 ~しがたい。 【かねて】前もって。 どちらの漢字を使っても良いのですが、現在、漢字表記としては「予てより」を使うのが一般的となっています。 もちろん「兼ねてより」を使用しても間違いではありませんが、「兼ねて」は二つのものを合わせる意味合いが強いため、誤解を避けるためにあまり使われていないようです。 ただし、昔の小説などでは「兼ねてより」が使われていることもあります。 「兼ねてより」が「兼ねる」と紛らわしいためにあまり使われなくなったのは、比較的新しい時代になってからのようです。 QUOTE われ胸を轟かしつゝ、今宵の婿がね、此の片面鬼三郎なりし事、兼ねてより御承知なりしやと尋ねしに、奈美殿、涙ながらに頭を打振り給ひて、否とよ。 引用元:ビジネス文書の森 かねてよりの使い方と例文・ビジネス編の二つ目は、工場や新店舗などの落成の案内状からです。 このような案内状は、送付する相手が取引先や得意先など広範囲になりますので、改まった文章で書くことが多いでしょう。 そのため「以前より」ではなく「かねてより」を使うのが適切です。 必ずひらがな表記にしましょう。 なお例文での「かねてより」はただ「以前から」という意味を持つだけではありません。 例えば案内状を送る相手には、工事開始の段階で工場や店舗の新設について公表していたり、または周知の事実となっていることがあると思います。 そのような相手に対しては、「かねてより」という言葉によって「工事開始の時期から」というニュアンスを持たせる効果があります。 こちらも、送付する相手は取引先や得意先の他、同業他社など広範囲になり、改まった文章で書く場合が多いと思いますので、「かねてより」を使うのが良いでしょう。 ビジネス文書ですので、必ずひらがな表記にします。 また、新製品の開発について情報公開をしていない場合、開発にかかった期間を明確にしたくないということがあるかもしれません。 「かねてより」は具体的な期間を伏せつつ、今まで研究・開発を続けてきた事を表現できる便利な言葉です。 かねてよりの使い方と例文:身内の結婚の話題• 「息子が、かねてよりお付き合いをしていた女性とこの春、結婚することになりました」 かねてよりの使い方と例文・日常編の一つ目は、プライベートな手紙からです。 プライベートな手紙といっても、目上の相手であったり、砕けた言葉遣いが出来るほどには打ち解けていない相手だと、「かねてより」と書いたほうがきちんとした印象になって良い場合があります。 もちろん、気心の知れた相手に使っても問題はありません。 手紙を送る相手との親密度や付き合い方によって使い分けましょう。 プライベートな文書では「予てより」と漢字表記でも構いませんが、「兼ねてより」は意味を取り違えられる可能性があるので、避けた方が無難です。 とはいえ、今の時代ですと、プライベートな事柄は手紙に書くよりも、メールで送ったりSNSに書くことが多いことでしょう。 SNSでの結婚報告の方法や注意点については、こちらの記事でご紹介しています。 QUOTE この男がかねてより深く妖怪を信じ、かつまた日本人を迎うることを喜んでおりますから、 引用元:青空文庫 かねてよりの使い方と例文・小説編の一つ目は、井上円了の「妖怪談」からです。 井上円了は、迷信を打破する目的で妖怪の研究をしたという人で、妖怪博士などと呼ばれていたそうです。 「妖怪談」では、かつてボストンを訪れた際、前々から妖怪を深く信じている日本びいきの男性が市内に住んでいることを教えられ、訪ねてはどうかと勧められたことを語っています。 日本人の来客を喜ぶことだけでなく、妖怪を深く信じていることが知られているほどですから、かなり前から妖怪好き・日本好きとして有名なのでしょう。 「かねてより」という表現は、単に「以前から」という意味を持つだけでなく、その時間の長さも感じさせます。 引用元:青空文庫 かねてよりの使い方と例文・小説編の二つ目は、太宰治の「新ハムレット」からです。 この作品はシェイクスピアのハムレットを翻訳したものではなく、太宰治によるハムレットの翻案(アレンジ)となっています。 例文で取り上げたのは、ハムレットの叔父である現王クローヂヤスと侍従長ポローニヤスの会話の場面です。 先王を殺害したクローヂヤスと、そのことを知っているポローニヤスとの言い合いの中でのセリフで、「自分は、以前からあなたの政治の手腕を凄いと思っている」と皮肉っているようです。 なお、このポローニヤスのセリフだと、舌を巻くのは一再ではないように見えます。 「かねてより」の意味の中に、つねづね・たびたびは含まれていませんが、この場面で太宰治が使った「かねてより」には、以前からという意味だけでなく「つねづね」または「たびたび」というニュアンスも感じられます。 かねてよりとあらかじめの違いは?かねてからが重複表現になる理由は? かねてよりは長期的な時間の流れであらかじめは準備を伴う短期的な時間 日頃、何気なく「かねてから」を使っていることもあると思いますが、例えば報道業界では「かねてから」は重複表現になるので「かねて」を使うように、となっています。 これは、「かねて」の部分が「以前から」という意味であるため、「かねてから」とすると「以前からから」というように「から」の部分が重複してしまうためです。 ただし、辞書で「かねて」を引いた場合、用例に「~からの懸案事項」など「かねてから」という使い方も見られます。 従って、「かねてから」も認められつつあるとは思いますが、「かねてより」に比べるとまだ歴史が浅いため、正式な文書などでは使用を避けるのが無難かもしれません。 あらかじめ。 前々からずっと。 前もって。 以前より。 あらかじめ。 「ーからの懸案事項」 引用元:大辞林 第三版/三省堂 「かねてより」をビジネスや改まった場面で活用しよう! 「かねてより」は、普段の生活ではあまり使う機会がないかもしれませんが、ビジネスの場面では意外と出番のある言葉です。 また、改まった場面でも使えるきちんとした言葉ですから、かねてよりを正しく覚えて活用しましょう!•

次の