お前 たち の 平成 っ て。 「仮面ライダージオウOver Quartzer」を見て平成を終わらせた|螺子巻ぐるり|note

常磐SOUGO、平成最後の敵として美しい存在だったと思う【仮面ライダージオウ】

お前 たち の 平成 っ て

どうも、しぶやです。 学生の人はもう夏休みに入ったころですかね。 僕は夏休み始まってから基本的にポケGOしかしてないです。 皆さん対策はしっかりしましょう。 さて、ジオウの夏映画公開から1週間以上が経ちましたね。 皆さんもう見ましたか?面白いかつまらないかは賛否両論ですよね。 公開から日が経ってから多少考えたんですけどもしかしておもんなかったのでは…?と思うことが多々あります。 はっきりとおもんなかったと言い切れないのは多少なりとも面白いと感じたところがあったのではないだろうか。 自分はドライブが大好きなので剛とクリムの出演があったため良いと感じたのではないか。 思うところはたくさんあります。 正直な感想としてはストーリーは おもんなかったです。 とりあえず出しとくべって感じです。 平ジェネでまあまあ売れたからかそのノリを使いまわされても満足できない。 強い刺激で一時的には満たされるがさらに強い刺激を求めてしまう。 いわばオクスリです。 キメてます。 前作,前々作の作品単体の映画はとても面白かったです。 それ故に今作の映画のつまらなさが引き立っていました。 良くも悪くもジオウという作品はありきな作品です。 記念作品名乗るだけはありますよね。 いったい誰が出るんだろうと楽しみにもなるわけです。 でもそれってジオウのストーリーが面白いというよりも自分の好きなレジェンドが出てくるから楽しいってなるんじゃないですかね?ここまで言うと僕がジオウのことが嫌いなのでは?と思われるかもしれないですけどそんなことはないです。 映画での多くのメタ発言、あれを面白いととらえることができる人は今回の映画はとても満足いくものだったと思います。 結局のところどうやって物語を着地させるんだろうなとか思ってたんですけど着地しないでお空に飛んでいきましたね、、は消えてしまいウォズは死亡。 これで最後は悲しいのかなとおもいきや何故かみんなピンピンしている。 なんやこれ…もうわからん… それと!!! もう一つ気になることが!!! 剛、お前いつ記憶が戻った…? 剛がソウゴにウォッチを渡した後に全部のウォッチが取られてなんやかんやしましたよね、そのときに剛はソウゴ達に関する記憶が消えています。 実際にその描写もありましたよね。 しかし、ソウゴを助けに行った時に何故か自分がウォッチをなぜ渡したのか覚えていましたね。 いや、どのタイミングで戻ったんだよ記憶。 そこから少しの間の敵との戦闘。 平成ダイソン破壊。 このタイミングで剛の手にシグナルバイクが戻ってきます。 ISSA「お前たちの平成って醜くないか?」 ぼく「醜いというよりかは見にくい」 最高のできにしてくれなんて贅沢は言わないからせめてもう少し細かくやるか丁寧な説明が必要なんじゃないの?おいらバカだからわかんねだよ… ジオウ本編も残すところあと数話です。 ラスボスはこのままスウォルツで確定ですかね。 じゃあオーマジオウって何だったの?ってなる人もいるかと思います。 今週のジオウでスウォルツが言ったことから考えるとスウォルツを倒したらが消えちゃう、でもスウォルツに負けて王になられるのはいや。 せや!オーマジオウになったろ!! そうです、オーマジオウルートに入ってしまうのです。 まあこんな なんじゃないでしょうか。 こんなかんじであってほしいですね。 しかし来週出てくるキャラにはびっくりしましたね。 ですよ。 映画に剛を出して本編にはってか、しかもと剛は会えないんか ????? は…?むり…辛くて死んじゃう… 剛くんが頑張って復活させようとしてるのに勝手に復活させられてしまった。 なんていうか全部が辛い、死にそう。 情報量が多すぎるだろ。 オタクくんのキャパなんてとっくに超えてますよ??? そんな感じで次回まで嬉しいやら辛いやら色んな感情が混ざりながら待ちたいと思います。 今回の記事はここまでです。 ジオウが終わりが始まる。 どうなるかとても楽しみです。 それではまた次の記事でお会いしましょう! shiburinnzombie.

次の

#2 02平成ライダークロスオーバー

お前 たち の 平成 っ て

エルフナイン「ついに平成ライダー最終章 仮面ライダージオウ Over Quartzerです!」 マリア「テレビとはまた違う終わり方をするのね。 未来「すごいさっぱりしてるんだね。 ゼロワンは」 そしてテレビではかの長篠の合戦の屏風図にゲイツが映るという奇妙な現象が確認された。 翼「どういうことだ?長篠は鉄砲隊が関わってたはず…!」 するとテレビが切り替わりベルトさんことクリムスタイン・ベルトが現れる。 マリア「え!?ベルトさん!!」 彼の司令は自分の歴史が変わりつつあるから先祖の品を守れというものだった。 サンジェルマン「十字架?」 するとそこに誤解した詩島剛が迫るもクリムによりその場が収束した。 しかし… カリオストロ「あら、いい男じゃない」 その男はウォッチで変身する。 切歌「これどう見てもアマゾンズデース!」 調「パッと見ただけなら、ネオにアルファはいるみたいだけど…」 プレラーティ「アマゾンズを弄ってザモナスか…」 急襲してきたザモナスの猛攻により目的の物は奪われ過去に逃げられてしまう。 ソウゴたちは剛の目的を知りクリムの祖先を探す。 クリス「長篠の時代か…って、なんだこの信長!?」 信長は世間一般の知る威圧的とも取れるオーラはなくむしろお気楽そうなおじさんであった。 切歌「ゲイツが信長って…」 調「ウォズもとうとうコスプレとか言っちゃったよ」 思わず吹き出しそうになる中ザモナスもその場に乱入してきた。 響「ちょ…タイムマジーンはズルいよ!!」 サンジェルマン「歴史が、壊れていく!」 カリオストロ「あーもうめちゃくちゃよこれじゃあ」 動揺するサンジェルマンたちだった。 一方のソウゴはクララというクリムの祖先を守るべく行動を共にしていたが突如として大柄の男が立ちはだかる。 カリオストロ「うっわメロンみたいなのが出た!」 エルフナイン「ゾンジス…真とZOとJのアナグラムを弄ったやつですね」 ジオウとウォズはザモナスの乱入に遭い不利になるも、ゲイツによって助けられ無事一件を解決しドライブウォッチを得るのだった。 響「フィクションとはいえすっごいカオスだね」 翼「まぁ…歴史とは必ず正しいものではない場合もあるからな」 マリア「ウォッチが全て揃った!」 すると地上に謎の祭壇が出現する。 ウォズの祝福でソウゴが階段を駆け上がる。 上がり終えた玉座にいたのは… [newpage] 未来「さっきの2人!?それに見たことない人たちだ!!」 男は自らを常盤SOUGOと名乗る。 プレラーティ「替え玉!?」 サンジェルマン「しかしオーマジオウはあくまでジオウの方なはず…」 そんな中今までSOUGOはソウゴを替え玉にしていたことが判明する。 切歌「どうしてウォズが裏切ったんデスか!」 牢にソウゴが閉じ込められ、ウォズが平成ライダーは設定や世界観がバラバラという声が多くクウォーツァーが動いたと告げる。 調「まぁ、だいたいバラバラだよね」 そんな中クウォーツァーはそんなバラバラなライダーたちをひとまとめにする存在を生み出したとも告げた。 クリス「ってかそういう声が多いから無理やりそういうのやるって迷惑にも程があるだろ」 ソウゴは自らのせいでライダーの力を奪ってしまったのだと知り動揺する。 マリア「けれどもこのまま指を加えて見ているわけには行かないわ!」 一方、ゲイツは信長のそばにいた牛三の協力を得るもクウォーツァーはダイマジーンを起動させるのだった。 プレラーティ「あの地下で眠ってた奴らはこのためにか!」 そして突如として空に謎の結界が展開した。 すると次々と人々が吸い込まれいく。 エルフナイン「これは…何が起こってるのでしょうか!?」 そんな中街の群衆に紛れて剛が飛ばされた人々たちが平成生まれであることを見抜く。 響「ってことは師匠やお父さんたち危ないじゃん!」 翼「お父様も吸い込まれるのか」 クリス「いやおかしいだろ!なんですぐに平成生まれってわかるんだ!?」 [newpage] そんな中ソウゴは消沈していた。 そして謎の男の励ましを受ける。 マリア「誰?こんな人知らないわよ」 サンジェルマン「この男は!」 調「えっ、知ってるんですか?」 プレラーティ「あの局長が生前風呂入りながら見てたバラエティ番組における仮面ライダーのパロディキャラ、確かタイトルは仮面ノリダーだったな」 そんな中謎の男はソウゴに選ばれなかったものたちがいることとと自らが背負った責任を果たせという激励を残すのだった。 カリオストロ「まさか平成に放送された仮面ライダーのパロディキャラを出すなんてね」 マリア「…マイナーすぎるんじゃない?」 するとツクヨミが剛や牛三と共にソウゴを脱獄させた。 一方のゲイツは単身変装してウォッチを奪うことに成功したがウォズに敗れてしまう。 しかしウォズの心は戦いを通じて揺らぎつつあった。 響「2人はどうなるんだろう…」 未来「人だけかと思ったら…建物まで飲み込まれてる!?」 クウォーツァーの一員が淡々と語る。 計画の内容は平成の終わった地球を時空トンネルで平成元年の地球と激突させ新たな平静を作り出すというのが目的である。 響「…それは違うよ!」 未来「みんな違ってみんないいっていう言葉があるのに」 クリス「こいつもアダムみてえなのをすっげえ迷惑かけるやり方でやろうとしてやがるな!」 そしてSOUGOは仮面ライダーバールクスに変身する。 エルフナイン「RX…」 [newpage] バールクスにはグランドジオウの力が通用しなかった。 マリア「曲がりなりにもRXの力ということね!」 そして変身が解けてしまうソウゴ消えゆく意識の中で自分が王となることは誰でもない自分の意思であることを思い出す。 響「オーマジオウウォッチ!?」 滅びゆく景色の中王が降り立つ!仮面ライダージオウオーマフォームである。 クリス「ウォズ!」 サンジェルマン「よし、これで!」 調「いえいえ〜!」 切歌「どういたしましてデース!やっぱりウォズはソウゴたちと一緒がいいデース!」 クリス「さてこっから逆襲だ!」 逢魔降臨歴が破られマッハも復活し平成ライダーたちが溢れ出す。 クリス「いつものやつだな。 みんながみんなバラバラだったんだよな」 翼「だがそれでいい」 サンジェルマン「不完全だからこそというやつだな」 カリオストロ「それを溢れ出すとかギャグでしょ!」 そして襲われる人々の元に助けにきたのは… マリア「ブレン!?」 プレラーティ「どっから来たワケだ!」 さらにポスターから斬月カチドキ、タブレットからゴライダー、仮面ライダーG、果ては漫画版クウガという奇妙な展開となった。 響「ちょっと待って 笑 」 マリア「コマで 笑 」 切歌「色々ヤバすぎデース!」 調「やりたい放題でしょこれは」 カリオストロ「芳醇どころじゃないわよ!」 ゲイツとウォズも参戦し反撃から勝利への流れとなる。 翼「リボルケインって…どう見てもサタンサーベルだろ」 ウォズが鼓舞するもバールクスに刺されて倒れてしまう。 そんな中ゲイツがソウゴは王であると人々に呼びかける。 プレラーティ「これは勝ち確定なワケだ」 クリス「みんながいる王様が負けるはずねえんだ!」 カッシーンが一般人たちの群衆に立ち向かう光景にエルフナインが涙する。 エルフナイン「頑張ってください!仮面ライダー!!」 そんな中ザモナスとゾンジスが倒される。 バールクスはなんとバイオライダーにJのウォッチを使う。 カリオストロ「イッチバンめちゃくちゃなのあんたでしょ!」 涙からあっという間に笑いに包まれる。 サンジェルマン「何よこの盾は!」 響「そうだよ!私たちだって瞬間瞬間を!」 そして必殺技が放たれ平成ライダーの番組ロゴを背負ったキックが降り注ぐ。 皆の力が一つとなりバールクスの盾を「平成」の2文字の元で打ち抜く。 これには響たちも愕然とした。 クリス「すげえカオスだな…」 マリア「めちゃくちゃなのにめちゃくちゃなのをぶつけてきてもう頭痛いわ」 ゲイツとツクヨミが消滅してしまうも、クジゴジ堂になぜか戻ってきていた。 さらにはウォズも生きていた。 プレラーティ「いやどういうことだ!」 サンジェルマン「2人も入ってくるんじゃない!」 瞬間瞬間を生きたライダーの物語が終わる。 [newpage] エルフナイン「すごいですね平成って…」 サンジェルマン「というか…元号を私物化しすぎてない?」 クリス「平成をゴリ押ししただけだったけど…最高だったな平成ライダー!」 エルフナイン「よかったです!皆さんが気に入ってくれて!」 響「ありがとうエルフナインちゃん!私ももう一回見て体に動きをしみ込ませるぞ〜!」 未来「そんなことより宿題だよ?」 響「ええ!?嘘でしょ!!」 ある意味シンフォギアも瞬瞬必生なのかも、しれない? 完!.

次の

お前たちの平成って醜くないか?とは (オマエタチノヘイセイッテミニククナイカとは) [単語記事]

お前 たち の 平成 っ て

仮面ライダー555のファンです。 前々からこちらのたっくんはたっくんと呼ぶにはかなり渋くなっていると聞いていたため、みてみたくなり購入しました。 確かに555の頃と比べるとだいぶ声が低くなり、単純に地声が変わっただけのようですが、かなり渋くなっています。 作中では草加を看取るような回想があり、草加の死に罪の意識を感じており、自らの存在意義を求めているような設定です。 ただ555のドラマでは最後まで木場と人間への考え方をめぐって対立が顕著に描かれていましたので、回想で木場を登場させて再度人間を守ることに意義を見出すといった形でも良かったのではないかなとおもいました。 また555の最終回が巧と真里と啓太郎で芝生で寝転がって夢を語るシーンでしたので、このように巧がひどく贖罪の意識に苛まれて日常を過ごしているという設定は少し切なく感じました。 個人的には平成ジェネレーションズより、よほど平成ライダーの記念映画になっていると思った。 公開当時の現行ライダーの鎧武は当然ながら、ファイズ、電王 モモタロス 、ディケイド、W、ウィザードの5人が登場しているし、それぞれのライダーの個性も生かされていた。 昭和ライダーとのバトルこそ脈絡は無いが、神敬介と乾巧の交流はとても良かったと思う。 ディケイドが主演であった点も作品を面白くしている。 やはり平成ライダーをまとめられるのはディケイド以外考えられない、、、俺様っぷりを発揮しながらも世界の平和のために平成ライダー集めに奔走する姿や、兵器に利用された少年を助け出した際に投げかけた「よく頑張ったな。 」というセリフからも、仮面ライダーとしての成長が伺えた。 巧や翔太郎、紘汰とのやり取りもきちんと描かれていて、異なるはずの平成ライダーの世界観を絶妙に繋げてくれた。 他の方々もレビューしている通り、スーパー戦隊をもってくるのは蛇足だった感がある。 ストーリーの破茶滅茶具合は初見や、ライトなファンにとってはあまり気にならないものだし、客演の豪華さを鑑みればなんてことはないと感じる。 youtubeの配信で昭和ライダーから平成ライダーを見て、色々な仮面ライダーに興味を持ったのがきっかけ、この夢の共演の映画を見ました。 視聴前にAmazonの評価を見ていたので全く期待せずに見たせいか、よくバラバラな世界観のライダーをひとつ話にまとめたなぁと思いました。 序盤のカブト対ストロンガーの入り方が掴みはOKって感じで良かった。 ストロンガーにはチャージアップして欲しかったですね。 それでもカブトのクロックアップに勝てる気がしませんけど。 戦隊が出てくるあたりがちょっと長かったです。 本郷猛が貫禄ありすぎてサングラス姿はヤクザの大親分みたいでしたね。 神敬介はお医者さんで知性的でした。 本郷猛も本来は科学者だったんだけど。 また、批判の種になってるのは、昭和ライダーの側の戦いの動機づけが苦しく、平成ライダーの若者たちが理不尽ないいがかりにたいして全体的に受け身に回ってるみたいだからでしょうか。 映画を作るにあたり、どちらを勝たせるかで史上最大のファンによる選挙が行われたそうで、結果、あの最後のケリをつける大バトルになったんでしょうか? で・・仮面ライダー鎧武は、あの無敵の1号のライダーキックを受けきったと。 でもあれ同じ東映アニメの「グレンダイザー」を知ってる人があの台詞を持ってきたとしか思えません 笑 なんやソレ感。 男の勝負だ!って感じだったので、もういっそのこと個人的には1号が完全に負けて、もう君たちの時代だよ、でもいい気もしました。 その後、仮面ライダー555を全話見まして、あらためて見るとああそうだったんだとやっと意味がわかってことがいくつもありました。 そういう意味で楽しめました。

次の