伝承 リーフ。 【FEH】トラキアを継ぐ者リーフ攻略(アビサル)の適正キャラ・パーティ【伝承英雄戦】|ゲームエイト

伝承リーフのスキルを飛空城攻撃用に構成してみた!

伝承 リーフ

もくじ• タイプは「弓・騎馬」ユニット。 専用武器は「マスターボウ」です。 【ボーナス】• ダブル 次回登場は、【1月末頃】の予定です。 『トラキア776』水の伝承英雄の詳細 トラキアを継ぐ者 リーフ キュアンの子でレンスター王国の後継者。 教団の野望を阻止しレンスターを開放した。 通常版に続く2バージョン目が、伝承英雄として登場しました。 武器は「剣」から「弓」へ、移動タイプも「歩行」から「騎馬」へ変更です。 専用武器は、2回攻撃ができる「マスターボウ」。 剣ラインハルトの「マスターソード」と同じように、攻撃を受けた時も2回攻撃が可能となっています。 さらに、自分からしかけた時は、相手は追撃不可というおまけつきです。 専用の奥義「ノヴァの聖騎士」は、自分を再行動可能にするスキル。 「疾風迅雷」と違うのは、カウントが3と短く、自分とダブル相手の移動が最大1マスに制限されるというところです(単独で切り込んで逃げる、ということはできない)。 また、通常リーフの持っていた専用Bスキル「Sドリンク」もあります。 この効果で奥義発動カウントが2となり、マスターボウで2回攻撃をするので、1ターン目から「ノヴァの聖騎士」が発動することになります。

次の

【FEH】伝承英雄召喚の当たりキャラと排出確率|4月ピックアップ予想【FEヒーローズ】

伝承 リーフ

もくじ• タイプは「弓・騎馬」ユニット。 専用武器は「マスターボウ」です。 【ボーナス】• ダブル 次回登場は、【1月末頃】の予定です。 『トラキア776』水の伝承英雄の詳細 トラキアを継ぐ者 リーフ キュアンの子でレンスター王国の後継者。 教団の野望を阻止しレンスターを開放した。 通常版に続く2バージョン目が、伝承英雄として登場しました。 武器は「剣」から「弓」へ、移動タイプも「歩行」から「騎馬」へ変更です。 専用武器は、2回攻撃ができる「マスターボウ」。 剣ラインハルトの「マスターソード」と同じように、攻撃を受けた時も2回攻撃が可能となっています。 さらに、自分からしかけた時は、相手は追撃不可というおまけつきです。 専用の奥義「ノヴァの聖騎士」は、自分を再行動可能にするスキル。 「疾風迅雷」と違うのは、カウントが3と短く、自分とダブル相手の移動が最大1マスに制限されるというところです(単独で切り込んで逃げる、ということはできない)。 また、通常リーフの持っていた専用Bスキル「Sドリンク」もあります。 この効果で奥義発動カウントが2となり、マスターボウで2回攻撃をするので、1ターン目から「ノヴァの聖騎士」が発動することになります。

次の

【FEH】リーフの評価!個体値とおすすめスキル継承【FEヒーローズ】

伝承 リーフ

総合評価 9. 定期的に開催される伝承英雄召喚 神階英雄召喚 で排出される。 ピックアップ時でないとガチャからの入手はできないので注意。 所持スキルやステータスを評価基準とし、スキル継承後や限界突破も加味した評価となっています。 初心者オススメ度 キャラの活躍させやすさを評価したものです。 評価が高いほどステータスや所持スキルが整っており、戦闘やイベント攻略などで活躍できるキャラです。 「役割別評価」の評価基準 同一兵種のキャラ全体で見たときの、キャラ個人の各役割における評価です。 スキル継承と限界突破も加味していますが、限界突破前のステータスや所持スキルを評価基準としています。 ほとんどの場所で活躍が期待できます。 その役割において、全キャラでもトップ10以内のキャラです。 全キャラの中でもかなり優秀な部類の性能です。 ステータスや所持スキルがその役割に向き、育成次第でさらに性能が伸ばせます。 その役割を担えます。 突出して優秀ではなくとも、仲間のサポートや育成次第では十分な性能となります。 その役割で活躍させるには平凡な性能で、あまり向いていません。 その役割では活躍はあまり期待できません。 全体の中でも下位で、他のキャラに負けることがほとんどです。 その役割ではかなり厳しい性能です。 その用途で使うのはおすすめできません。 「役割」の評価基準 キャラを個別で見たときに、どのような役割を担えるかを判断しています。 「攻撃性能」で 評価SS〜A がつくキャラが該当。 他に居ない特殊な兵種や、珍しい効果を持つ専用スキルを持つキャラなど、代わりが効かないキャラが該当。 見た目やキャラ設定は除きます。 剣、槍、斧、弓、暗器の攻撃を受ける役割を担える。 遠距離魔法の攻撃を受ける役割を担える。 所持スキルによって「遠距離反撃」「近距離反撃」が可能なキャラ。 スキル継承なしで全距離反撃を行えるキャラが該当。 評価しているライター 編集者B 三度の飯よりガチャが好き。 育てたキャラのステータスを見て楽しむタイプの人間。 軍で一番、オーブを貯められない。 編集者C 報酬ハンター。 一時期、ものすごい量のオーブが溜まって喜んでいた。 軍で一番、指が乾燥してタップミスする。 「攻撃魔防の渾身4」により戦闘中は攻撃54で連続攻撃が可能だ。 安全に敵の撃破を狙える高火力・高機動力アタッカーと言える。 奥義で再行動できる弓キャラ 伝承リーフは専用奥義「ノヴァの聖戦士」の発動により再行動ができる騎馬弓。 遠隔キャラは再行動奥義を継承できないため、 伝承リーフは唯一自力で再行動して連続で敵を狙える遠隔キャラと言える。 編集部 Sドリンクにより、最初に限り2カウントで「ノヴァの聖戦士」による再行動を行えます。 スコア査定が高い 伝承リーフは伝承英雄効果により、闘技場やフレンドダブル戦のスコア査定がどの騎馬弓よりも高い。 同じ限界突破数の遠隔キャラと比較するなら伝承リーフを入れた方がスコアが伸びるため、引けた場合はコロシアム要員としての活躍を見込める。 伝承リーフを使う上での注意点 奥義発動後に移動制限 伝承リーフは「ノヴァの聖戦士」発動時に、ダブルの相手ともども移動力が1の状態異常になる。 再行動しても敵の攻撃範囲から逃げられないこともあるため、味方はリーフの移動補助ができるような準備をしておこう。 敵から追撃を受けやすい 伝承リーフは武器効果も含めて速さが低い。 自分から攻撃時は武器で追撃を封じられるが、敵から攻撃された場合は追撃をまともに受ける。 反撃できない近接からの攻撃で撃破されやすいので注意。 伝承効果や奥義効果などの特殊性も踏まえて、伝承リーフを引くかどうかを決めよう。 伝承リーフの総合評価 特殊な能力を持つ騎馬弓 アタッカーとしては攻撃力が突出した連撃型の騎馬弓。 「ダブル」の伝承効果と「ノヴァの聖戦士」による再行動が他の騎馬弓と異なる点で、価値が高い。 引ければ扱いやすく、活躍させやすいキャラだ。 継承素材としての伝承リーフ 伝承リーフの継承できるスキルの中では、「攻撃魔防の渾身4」が特に価値が高く有用。 次点で「守備の支援3」が物理攻撃を通しやすくなる弱化スキルとして優秀。 ただし、伝承リーフ自身が優秀なキャラなので、継承に使う場合は慎重に。 ある程度HPが減ると大火力 伝承リーフはAスキル「攻撃魔防の渾身4」により、戦闘後にダメージを受ける。 HPが4分の1を切らなければ大覚醒と渾身4を同時発動し、猛烈な連続攻撃で敵の撃破を狙うことが可能だ。 発動は自分から攻撃時に限られるが、伝承リーフは移動力が高く自分からガンガン攻撃できるため、鬼神金剛の一撃の効果を活かしやすい。

次の