塩化 アンモニウム 水 酸化 カルシウム。 弱酸・弱塩基の遊離|化学基礎【高校化学Net参考書】

水酸化カルシウム

塩化 アンモニウム 水 酸化 カルシウム

発熱反応 発熱反応とは、熱が発生する化学変化です。 燃焼 鉄やマグネシウムなどの金属の燃焼、有機物(水、アルコール、メタン、プロパンなど)の燃焼、炭(炭素)や水素などの燃焼。 化学かいろ 熱が空気中の酸素と化合して酸化鉄になるときに熱を発生し、温度が上昇することを利用したもの。 酸化カルシウムと水の反応 火を使わずに加熱できるため、携帯食品などに使われている。 <手順>• 蒸発皿に、鉄粉と活性炭をよく入れて、かき混ぜそこに食塩水を加えて混ぜる。 1分ごとに温度を測定し、温度変化を記録する。 <結果>• 食塩水を加えると温度が上昇して湯気が出る• 温度測定の記録をグラフに表すとなめらかな右上がりになる。 <考察>• 鉄粉が空気中の酸素と化合して、熱が発生されたと考えられます。 吸熱反応 吸熱反応は、熱を吸収する化学変化。 アンモニア発生させる反応 塩化アンモニウムと水酸化バリウムに水を加える• 反応熱 化学変化に、ともない出入りする熱。 一般に化学変化では必ず熱の出入りがあります。 燃焼熱、中和熱、溶解熱などがあります。 燃焼熱 物質の燃焼にともなって発生する熱量のことである。 燃焼は、代表的な発熱反応である。 中和熱 うすい水酸化ナトリウム水溶液にうすい塩酸を滴下していくと、ちょうど中和したときにもっとも温度が高くなる。 溶解熱 物質の溶解にともなう熱量のことである。 発熱反応…硫酸や水酸化ナトリウムを水に溶解させると、多量の発熱が観察される。 吸熱反応…硝酸アンモニウム、尿素などを水に溶解させると、温度が低下するのが観察される。 そのほかの反応熱• 鉄の酸化…鉄粉と活性炭を混合し、これに食塩水を加えると、鉄が酸化され、熱が発生する。 アンモニアの発生…水酸化バリウムに塩化アンモニウムを加えると、アンモニアが発生し、熱を吸収する。 生石灰と水の反応…生石灰 酸化カルシウム に水を加えると激しく発熱して、水酸化カルシウムCa OH 2。 を生じる。 日常生活の中での活用• 市販の瞬間冷却パック…水が入ったふくろと硝酸アンモニウムや尿素の粉末が入っており、水が入ったふくろを破ると、これらの物質の溶解熱のために冷却される。 市販の化学カイロ 使い捨てカイロ …鉄の酸化を利用している。 熱を吸収する化学変化 アンモニアの発生で熱を吸収する化学変化を調べる実験です。 <手順>• 試験管に塩化アンモニウムと水酸化バリウムを瓶に入れ、そこに水を加えてアンモニアを発生させる。 フェノールフタレイン液を染み込ませた脱脂綿ですばやくふたをし、温度変化を観察する。 <結果>• 特有の匂いがして、脱脂綿が赤色に変色し、温度が下がる。 <考察>• アンモニアが発生して周囲の熱が吸収したことがわかる。 まとめ• 発熱反応…熱を発生する反応(化学変化)。 化学かいろ…鉄が水や酸素と反応すると熱が発生し、温度が上昇することを利用したかいろ。 活性炭…空気中の酸素吸着するはたらき。 食塩は、鉄に起こる酸化を促進するはたらきをしている。 吸熱反応…周囲の熱を吸収する反応(化学変化)。 アンモニア発生させる反応…塩化アンモニウムと水酸化バリウムの粉末を混ぜ合わせる。 ろ過の水にアンモニア溶けて、においが少なくなる。

次の

試験・テストに出る化学反応式一覧|中学理科・高校入試の要点まとめ

塩化 アンモニウム 水 酸化 カルシウム

Q この質問を御覧下さって有難うございます。 科学の実験でチョークをいじくりまわしていたところ、どうにも理解できない現象がおきたので皆様のお知恵を拝借したく書き込んだ次第です。 この後、Ca OH 2aqにフェノールフタレインを入れ Ca OH 2は水溶性で、強塩基性なので反応しました 、 呼気 CO2 を吹き込んだところ、白色沈殿 CaCO3 が見られました。 更にこれに呼気を吹き込み続け、CO2を送り続けたところ、フェノールフタレインの紫色が徐々に薄くなり、最後には無色透明になりました。 本題: このCa HCO3 2aqを、ガスバーナーで加熱したところ、沸騰する前後でフェノールフタレインが反応して水溶液が紫色になりました。 また、それを観察した後水道水で水溶液を冷やすと、無色透明に戻りました。 Ca HCO3 2が、加熱されると分解してCaCO3とCO2とH2Oが出来るのは知っていますが、この中に塩基性を示す溶質はありませんし、CaCO3が冷やすだけでCa HCO3 2に戻るとは思えません。 なぜこのような反応が起こったのかを分かる方、どうぞご教授ください。 この質問を御覧下さって有難うございます。 科学の実験でチョークをいじくりまわしていたところ、どうにも理解できない現象がおきたので皆様のお知恵を拝借したく書き込んだ次第です。 この後、Ca OH 2aqにフェノールフタレインを入れ Ca OH 2は水溶性で、強塩基性なので反応し... A ベストアンサー CaCO3はフェノールフタレインを発色させる程度の塩基性を示すと思います。 つまり、CaCO3の溶解度は低いですが、強塩基と弱酸の塩ですのでわずかながらも溶けて加水分解され弱いアルカリ性を示すと思います。 高温では、CaCO3の溶解度が高くなるでしょうから上記の変化が起こりやすくなると思います。 温度を下げると、CaCO3の溶解度が低下し、CaCO3の加水分解も起こりにくくなるために、中性に近づくものと思われます。 フェノールフタレインの変色域はアルカリ性側によっていますので、中性に近づけば色が消えるはずです。 また、空気中の二酸化炭素を吸収して、中性に近づくということも考えられます。 要するに、主たる要因はCaCO3の溶解度の温度変化であると思います。 また、従たる要因として空気中の二酸化炭素が水に溶け込むことが考えられると思います。

次の

アンモニアの性質と製法まとめ(上方置換、乾燥剤、ハーバー・ボッシュ法)

塩化 アンモニウム 水 酸化 カルシウム

気体に関する化学変化 2年生では化学反応式を習います。 反応前の物質と反応後の物質とのつくりの関係がわかりやすく表せますので、化学変化後にどうしてその物質ができたか、理解しやすいです。 ここでは、気体に関する化学反応式を集めて紹介しておきます。 このページは2年生の化学反応式を習ってから参考にしてください。 このページで登場する化学反応式は中学では習いませんが、反応前後の物質の化学式だけわかれば中学生でも化学反応式をつくる練習にはなります。 なお、物質のモデルは、各原子の数の確認のためにつくったもので、実際の物質のつくりと形が異なることがあります。 気体の発生に関する化学反応式 前ページにて中学で覚えるべき気体の発生方法の一例を紹介しましたが、その方法でどうして気体が発生するのか気になる方は以下を参考にしてください。 これは「二酸化炭素と石灰水が反応して、水にとけない白い沈殿ができた」という状況です。 なお、石灰水は水酸化カルシウムの水溶液です。 炭酸カルシウムは水にとけにくい白い物質なので、石灰水が白くにごります。 さらに二酸化炭素を通すと、炭酸カルシウムと水と二酸化炭素が化合して炭酸水素カルシウムができます。 炭酸水素カルシウムは水にとけてしまうので、あまり二酸化炭素を通しすぎると、また石灰水は透明になってしまうのです。

次の